西洋史学専修ホームページ

Graduate School and Faculty of Letters, Kyoto University

― News ―

  • 2月21日日曜日午後、服部良久教授の最終講義が文学部校舎2階第7講義室でおこなわれました。この日は京都マラソンが実施され、その交通規制のためにご来聴の皆様にはたいへんご不便をおかけいたしました。お詫びいたします。会場の第7講義室には、立ち見が出るほどの多くの方々がおいで下さいました。ご不便な中で出席くださいました皆様に厚く御礼を申し上げます。  西洋史学専修教員一同(会場風景写真はこちらから)(2016年2月26日更新)
  • 当研究室では、2016年2月21日日曜日 午後2時から、3月に定年退職される服部良久教授の最終講義を開催いたします。会場は京都大学文学部校舎2階の第7講義室です。最終講義の題目は「私の西洋中世史研究」です。ぜひご来聴ください。(2015年12月22日更新)
  • 本専修が刊行している研究成果報告書『西洋古代史研究』の本年度分(第15号)が2015年12月に刊行され、このほど京都大学附属図書館学術情報リポジトリKURENAIに登録されました。こちらにて、同号の本文を読むことが可能です。(2015年12月22日更新)
  • 当専修が主催した国際シンポジウムの成果報告書が、Takashi Minamikawa ed., New Approaches to the Later Roman Empire, Kyoto University, 2015 (ISBN 978-9901929-2-1)として刊行されました。市販はされておりません。閲覧ご希望の方は、当専修か京都大学文学研究科図書館にお申し出ください。なお、表紙目次はこちらからご覧ください。(2015年11月11日更新)
  • 当専修主催の恒例の学会、西洋史読書会大会(第83回)を今年も11月3日(火・祝)に開催いたします。詳しくはプログラムをご覧ください。(2015年10月1日更新)
  • 本専修が共催する国際研究集会The Processes of Dying in the Ancient Greek Worldが、9月1日・2日に関西セミナーハウス(京都市左京区一乗寺)で開かれました。詳しくは、こちらを参照してください。
  • テュービンゲン大学教授ミーシャ・マイヤー博士を招いて、西洋史のセミナーと国際ワークショップを開催しました。詳しくはこちらをどうぞ。国際ワークショップの最終プログラム(英文)はこちらを御覧ください。
  • 2013年12月中旬に開催した、日韓若手西洋史研究者ワークショップの報告記事を公開いたしました。こちらをご覧ください。
  • 当研究室では、3月8日土曜日午後に国際ワークショップNew Approaches to the Later Roman Empire を開催いたします。詳細はこちらのpdfファイルをご覧ください。
  • 2013年12月15日(日)、16日(月)に、京都大学で日韓若手西洋史研究者ワークショップを開催いたしました。当日のプログラムについてはこちらのPDFファイルをご覧ください。
  • 2013年5月11日、12日に京都大学で日本西洋史学会第63回大会が開催されました。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 京都大学学術出版会より、服部・南川・小山・金澤編『人文学への接近法―西洋史を学ぶ―』が出版されました。(紹介はこちら
  • 当研究室の西洋古代史分野の年次活動報告書『西洋古代史研究』(ISSN 1346-8405)が、このほど京都大学附属図書館の学術情報リポジトリに登録されました。こちらにて、同誌の第2号から最新号まで読むことが可能です(創刊号は西洋古代史に関するエッセイ集であるため、登録しておりません)。

◆研究室案内

◆教員紹介

◆西洋史読書会大会・例会のご案内

◆リンク集

○文献検索

○関連研究会

このサイトに関するお問い合わせはこちらまで。

カレル橋よりプラハ城を望む