思想文化学専攻

哲学専修

心の哲学、言語哲学から生命の哲学、宇宙論の哲学まで、西洋近代哲学と現代の最先端の諸理論を学びつつ、新しい時代の哲学を幅広く追求する。

出口 康夫 教 授 近・現代哲学

文学部受験生向けメッセージ

わたしたちの専修は、真に自立した哲学的思索者、つまり「哲学者」を一人でも多く育てることを目指しています。とはいえ、哲学者とはどういう人のことを言うのでしょう。また哲学とはどのような学問でしょうか。10人の哲学者に聞いたら10個の違った答えが返ってきそうです。でも、ここでは「エイヤ!」と言い切ってしまいましょう。

皆さんは、いろんな教科を勉強するなかで、そしてなによりも日々生きていくなかで、大人の人たちが「当たり前」と見なしていること、「それを聞いちゃ、お終いだヨ」と言われそうなことに激しくギモンを感じた事はありませんか。例えば、「まじめに勉強をして、いい大学に行って、将来エリートと言われる職業に就くことにどんな意味があるの?」「なぜ他人が昔に勝手に決めた法律をこの私が守らなければならないの?」「数学や物理学で出てくる「無限大」や「無限小」って一体ナンなの?」などなど。哲学そして哲学者とは、ふつう「これ以上考えたってしょうがない」と思われている事柄について、一歩でも半歩でも考えを進め、できるだけ多くの人に納得してもらえる答えを出そうとする学問であり研究者なのです。

でもこれは「言うは易し、行なうは難し」です。実際、古今東西の哲学者がさんざん知恵を絞って考えてきた問題に、独りよがりではない、自分独自の答えを出すなんて、そう簡単にはできません。そのためには徹底した基礎訓練、具体的には、日本語・外国語を問わず、様々な分野の膨大な文献を正確にスピーディに読みこなす読解力、自らの議論を綿密かつ大胆に展開できるために必要となる論理的な力などを身に付ける訓練を、場合によっては10年以上も積まなければなりません。

京大の哲学教室は、西田幾多郎や田邉元を始めとする歴代の教官の下、単に流行の思想を追っかけるのではなく、自ら考え抜く人材の育成を目指し、「京都学派」と呼ばれる数多くの哲学者を生み出してきました。高い志と不屈の忍耐力を持った皆さんが、京都学派の「たいまつ」を受け継ぎ、新しい時代の新しい哲学の担い手となるべく、わたしたちの専修に来られることを、心より期待しています。

なお哲学専修のホームページ 哲学専修ホーム・ページ にも是非お越しください。

(写真:大学院演習のあいまに、哲学研究室にて)

大学院研究科受験生向けメッセージ

准教授 出口 康夫 認識論・統計学の哲学・カント研究

本専修は京大文学部創設以来の専修であり、西田幾多郎・田邊元を始めとする歴代スタッフの下で「京都学派」と呼ばれる哲学者を輩出してきた。その伝統を踏まえ、高等教育機関における哲学・思想系の教員(いわゆるプロの哲学研究者)を育てることを主眼においた教育がなされている。

他の多くの職種と同様、哲学の「職業訓練」でも、なによりも重要なのは基礎訓練である。哲学における基礎訓練とは、語学や論理学にじっくり取り組むことで、テキストの読解能力と論理学な思考能力を身につけることに他ならない。解説書の類ばかりを読んで、いたずらに哲学的物知りになるよりも、自分の語学力・論理力を地道に伸ばす努力を怠らないこと。これが、本専修の大学院への進学を希望する諸君におすすめしたい勉強法である。

本専修の大学院には他学部・他大学の出身者も多く、その割合は3分の2近くにのぼっている。その専攻の対象も広く、スピノザ・ライブニッツ・ヒューム・カント・ベルグソン・フレーゲ・ラッセル・フッサール・メルロ=ポンティといった近現代の古典的な哲学者から、言語哲学、数学・論理学の哲学、心の哲学、生物学の哲学、時間論、統計学の哲学など、現代哲学のさまざまな分野におよんでいる。より具体的にどのような研究対象が選ばれているかについては、専修のホームページに出ている各種の情報、特に「所属院生」や、哲学専修が関わっている雑誌である『哲学論叢』と『Prospectus』のページを見て頂きたい。ちなみに『Prospectus』2005年号の特集は「ポップ・カルチャー」、2006年度のそれは「サイボーグ論」である。

近現代の代表的な思想家の思索のスタイルを批判的に摂取する一方で、数学・論理・科学・文学・芸術・宗教・政治・社会など、狭義の哲学以外のさまざまな事柄に関しても、他人の受け売りでは、ない自前の知識を組織的に身につけること。また応用哲学的な問題にも積極的に関心を払いつつ、できるだけ早い時期に留学し、海外の第一線の研究状況に直接触れるとともに、実践的な語学力を養うこと。以上が本専修で推奨されている研究スタイルである。本専修では、古典的な問題意識を踏まえ、現代の最前線の哲学的な課題に挑むという姿勢が求められている。「クラシックかつアバンギャルド!」これぞ、本専修のモットーである。