思想文化学専攻

キリスト教学専修

本専修は、キリスト教の歴史と思想の全般を純粋に学問的な見地から研究することを目的とする。聖書や教父から、現代キリスト教思想や宗教哲学まで、深く学 ぶことができる。

芦名 定道 教授 近現代キリスト教思想、現代神学の体系的倫理的諸問題
スティグ・リンドバーグ 助教 キリスト教学・賀川豊彦・宗教哲学・進化論的神学

文学部受験生向けメッセージ

キリスト教学専修は1922(大正11)年に創設されましたが、特定の信仰や教義と結びつく神学とは異なり、キリスト教を純粋に学問的な見地から研究することを目的とし、キリスト教の歴史と思想の全分野にわたる研究と教育を行っています。

キリスト教が西洋の思想や文化の伝統的な基盤であることは言うまでもありませんが、現在キリスト教は、アジアやアフリカを含む世界の諸地域に広がる中 で、新しい文化世界を生み出しつつ、人類全体に多くの影響を及ぼしつつあります。こうしたキリスト教という研究対象にアプローチするには、関連する諸研究 分野と連携した多面的な方法論が必要になります。たとえば、偉大な思想家の残したテキストの読解から現在のキリスト教についてのフィールド調査まで様々な 研究方法が考えられますが、その中でも、本専修においては、特に次の分野に研究教育の力点が置かれています。

1. 旧約・新約学

2. キリスト教思想史、特に古代教父、宗教改革、近現代キリスト教思想

3. キリスト教思想の体系的、宗教哲学的研究

こうした研究教育においては、テキストの文献学的あるいは歴史学的研究をもとにした、キリスト教思想の厳密な理解がめざされます。したがって本専 修志望者には、まず原典による研究を行うに必要な語学の習熟が期待されます。また同時に、キリスト教の歴史や思想と深い関わりをもつ哲学史や宗教史などに ついての知識も大切です。しかし、何よりも志望者には、キリスト教という対象と正面から学問的に向き合おうという知的好奇心と、それを実現するに必要な学 習意欲が望まれます。

授業は、本専修スタッフによる講義、特殊講義、演習、講読の他、学外からの非常勤講師によって、上記の諸分野をほぼカバーするように行われ、さらに他専 修との共通の授業も含めることによって、キリスト教思想についての十分な学習が可能になるように配慮されています。本専修スタッフの主な専門領域は以下の ようになっていますが、授業がこうした専門領域を中心に広範な内容にわたることは言うまでもありません。

現在、芦名教授は、近代のキリスト教思想(近代イギリスの理神論や自然神学、シュライアマハー、トレルチな ど)や、現代のキリスト教思想(ティリッヒ、パネンベルク、モルトマンなどの思想。エコロジー神学、宗教の神学、宗教的寛容論)、あるいはアジアと日本の キリスト教思想を中心に研究を進めています。

キリスト教の思想、文化、歴史などに関心のある方に、キリスト教学専修は充実した学びの場を提供いたします。詳細は、専修のホームページをご覧下さい。

大学院研究科受験生向けメッセージ

教 授 芦名 定道 近代キリスト教思想、現代神学の体系的倫理的 諸問題
助教 スティグ・リンドバーグ キリスト教学・賀川豊彦・宗教哲学・進化論的神学

キリスト教学専修は大正11年(1922)に創設されたが、特定の信仰や教義に基づく神学部とは異なり、キリスト教を純粋に学問的な見地から研究することを目的とする。この点で、本専修はキリスト教思想を研究対象とする諸大学の関連講座の中でも特徴的な位置を占めている。研究と教育はキリスト教の歴史と思想の全分野にわたって行われているが、その中でも伝統的には次の分野に力点が置かれている。

1.旧約・新約学

2.キリスト教思想史、特に古代教父、宗教改革、近代的キリスト教思想

3.キリスト教思想の体系的宗教哲学的研究

こうした諸分野に関して高度な学問的な研究を行うためには、原典に即した文献学的あるいは歴史学的研究を基礎にした、キリスト教思想の厳密な理解が要求される。したがって、本専修志望者には、原典研究を行うに必要なギリシア語、ラテン語、ヘブライ語などの古典語の習得と、近代語(英語、ドイツ語、フランス語など)についての習熟が期待される。また、キリスト教の歴史や思想と深い関わりをもつ思想史(教会史や教理史の他に、哲学史や宗教史なども含む)についての知識も大切である。しかし、何よりも、志望者には、キリスト教を学問的に研究したいという意欲と情熱、そして基礎的な語学や知識の学習に要する持続力が望まれる。

授業は、本専修スタッフによる講義と演習のほか、学外からの非常勤講師によって、上記の諸分野をほぼカバーするように行われ、さらに他専修との共通の授業も含めることによって、キリスト教思想についての十分な学習が可能になるように配慮されている。本専修スタッフの主な専門領域は以下のようになっているが、授業がこうした専門領域を中心に広範な内容に及ぶことは言うまでもない。

芦名教授は、近代のキリスト教思想(イギリスの理神論や自然神学、シュライアマハー、トレルチなど)や、現代のキリスト教思想(ティリッヒ、パネンベルク、モルトマンなどの思想。エコロジー神学、宗教の神学、宗教的寛容論)、あるいはアジアと日本のキリスト教思想を中心に研究を進めている。

キリスト教学専修では、ドイツのハイデルベルク大学神学部と学術交流合意書を取り交わし、また韓国や中国の研究者との学術交流を行うなど、キリスト教学研究を広い国際的視野のもとで進めるよう努めている。