文献文化学専攻

国語学国文学専修

国語学と国文学とを区別せず、双方の研究を融合させることを重んじている。言葉の正確な分析、作品の客観的な読解を通して、それぞれの時代の人々のこころを明らかにすることを目指している。

大谷 雅夫 教  授 国文学、日本漢文学
大槻  信 教  授 国語学
金光 桂子 准教授 国文学
河村 瑛子 助  教 国文学

文学部受験生向けメッセージ

国語学国文学というのは、皆さんよくご存じの、万葉集、源氏物語、平家物語、西鶴などの作品を研究対象としています。それらの古典がどのような世界を描いているのか、登場人物はどういう造形がなされているのか、作者はどんな人であったのか、外国文学の影響があったのかなど、文学にまつわる様々なことがテーマとなります。昔の人々の喜怒哀楽が描かれたのが古典作品ですから、そこでは人間というのはどういう存在かという、深い考察が必要となることもあります。

ただ、国文学の研究は、評論ではありませんので、実証的な研究、証拠を提示しながら論を立ててゆく必要があります。そういう方法は演習という授業で訓練します。テーマや理論、古典世界については特殊講義で学びます。国語学は、古典の中の日本語を分析して、古代日本語はどんな発音をしていたのか、どんな文法体系であったのかなどを研究します。国語学でも、演習で方法を学び、特殊講義でテーマや理論を学びます。

日本の古典には有名なものも多くありますが、一般には名前の知られていない作品も多くあります。そういう作品は、写真や原本に当たって分析する必要があります。ほとんど研究されていない古い資料を自分の力で発見し、分析してゆくことも、大きな喜びです。どの時代でも、高校時代に学んだ古典文学の世界よりも、はるかに広い言葉の世界があります。そのような言葉を学ぶことによって、古代から現代までのそれぞれの時代の人の心を知ることが、国語学国文学という学問の目標です。

大学院研究科受験生向けメッセージ

教 授 大谷 雅夫 国文学、特に日本漢文学
教 授 大槻  信 国語学、特に古代・中古
准教授 金光 桂子 国文学、特に中古・中世
助 教 河村 瑛子 国文学、特に近世

授業は、上記の専任教員のほかに、人間・環境学研究科、留学生センターの国語学国文学の教員と、数名の非常勤講師とによって行われる。他に、学部生対象の授業が開講されている。自分の研究にとって有益であると思われるものは、単位とは無関係に聴講することを勧めたい。

本専修では、大学院生の独創性を重んじて、できる限り指導しないように努めているが、必要な場合には最良、最小限の助言を与えることもある。文献を読むときには注釈的に読むこと、できる限り文献が書かれた当時の理解に近づくこと、文献の背景の文化史、文学史、国語史の流れを押さえておくこと、こうした基本的な態度を身につけた上で、各自の問題意識に従って自由に研究を展開することを望んでいる。

大学院生は、卒業論文を書いたことを契機にして、各自が一応専攻分野を持っている。しかし、あまり早くから自分の関心の対象を限定せず、国語学国文学の様々な問題に幅広く関心をもつことが望ましい。それが引いては専攻分野での問題意識を鋭く、豊かにもするであろう。

国語学国文学研究室では、研究活動の一環として、月刊誌『国語国文』を刊行している。国語学国文学関係の専門誌として、東京大学の『国語と国文学』と並んで歴史が古く、権威ある雑誌として学界から認められている。また、近年『国文学論叢』という春秋二期の専門誌も大学院生の編集の下に刊行している。学部の卒業論文のすぐれたものがこれらに掲載されることもある。当然、修士論文はこれらに掲載されるレベル以上のものでなければならない。そして博士後期課程では、毎年一、二編の論文を『国語国文』や『国文学論叢』に発表し、それらを中心に課程博士の学位論文をまとめてゆくことが期待される。

 

『国語国文』について

『国語国文』は2014年7月以降、臨川書店から刊行されています。

定期購読のお申し込み、お問い合わせは同書店にお願いいたします。