現代文化学専攻

メディア文化学専修

メディア文化学専修は、情報・史料学専修と二十世紀学専修が合併することにより、2018年度に発足した新しい専修である。

林  晋 教 授 情報学・数学史
杉本   淑彦 教 授 フランス近現代史・現代文化学

文学部受験生向けメッセージ

現代は、様々な新しいメディアにより地球全体がひとつの情報社会となりつつある時代です。メディアの高速化・大規模化・廉価化・大衆化・グローバル化は著しく、それが現代を特別な時代にしています。このような時代には文化や情報は短時間のうちに伝播拡散し、それが、多様な文化間の接触や融合を生み、国や地域を超えた新たな文化・価値観・生活様式を出現させています。しかし、同時に、現代においても従来の文化・国家・制度は存続しており、グローバルな情報社会の出現は、社会的規範や歴史認識などを巡る新たな政治的・文化的な軋轢を生みだしていることも事実です。
本専修は、既存の人文学・社会科学だけでなくメディア学や情報学など新しい方法論により、以上のような現代特有の様々な問題を歴史的文脈も重視しつつ、考察する場です。
本専修の教育の大きな特徴は、従来の人文・社会科学が主に取り扱ってきた伝統的メディアである文書資料に加えて、現代の新しいメディア、たとえば、映像やマンガ・アニメ、ブログ、SNSなどを資料として取り扱うことです。そのため本専修では、歴史学・文学・社会学・哲学に加えて、マンガ・アニメ学、映像学、人文学系の情報学などの科目が用意されています。
メディア文化学専修は、この様な学習を通じて、現代社会の多様な問題や現象を新たな方法論によって分析する力を身に着け、新たな時代に対応する高度の専門的知見を基礎として、メディア産業・IT産業・教育・行政などの様々な分野で活躍するための能力を涵養する場所なのです。