京都大学人文学連携研究者

「京都大学人文学連携研究者」制度について

京都大学は大学創設時以来、自然科学の研究・教育だけでなく、人文・社会科学の研究・教育の分野においても傑出した成果を上げてきました。2017年に文部科学省から「指定国立大学法人」の指定を受けた折にも、とくに京都大学については、わが国の人文・社会科学をけん引することが期待されるとされております。これを受けて、京都大学内で人文学の研究・教育を担う文学研究科、人間・環境学研究科、人文科学研究所の3部局は協議し、人文学の研究を一層推進するため、共同で「京都大学人文学連携研究者」の制度を設けました。人文学(社会学・心理学も含む)の研究をさらに深化させ国際化を推進するとともに、先端学術領域との連携も進展させて、京都大学が世界に向けて発信する「人文知の未来形発信」に寄与しうる基盤形成を図ることを目指しています。

本制度は、3部局の専任教員が受入教員となって、博士の学位を有する方またはそれと同等以上の卓越した研究能力を持つ方を連携研究者として受け入れるものです。審査と受入は3部局それぞれで行います。連携研究者となった方は、受入教員と連携しつつ定められた受入期間のうちに顕著な研究業績をあげて、京都大学からその成果を発信します。とくに人文学の研究を力強く進めている若手の研究者の方々が連携研究者となって、京都大学で、京都大学らしい研究を進めてくれることを設置3部局は期待しています。

本制度は2018年度より始まり、現在第2期の連携研究者を受け入れています。文学研究科では、下記の皆さんが連携研究者として活動しています。その成果は、本ホームページで随時発表してまいります。どうぞご期待ください。

年度 連携研究者氏名 受入教員氏名 研究題目
2018 犬飼 由美子 出口 康夫 自己に関する哲学・哲学史的研究
安倍 里美 水谷 雅彦 理由の規範性と正当化の規範性の関係を解明する
山本 めゆ 松田 素二 現代アフリカ社会におけるレイシズムとコローニアリズムの表象-ローズ像・ガンジー像の撤去運動から
山口 尚 海田 大輔 経験や決心という非因果的な要素で自由意志を分析する研究
2019 田鍋 良臣 杉村 靖彦 ハイデガー「黒ノート」の宗教哲学的研究 ― ユダヤ論をめぐって―
黒羽 亮太 吉川 真司 朝廷文書からみた律令体制の展開過程
徐 堯 落合 恵美子 福祉資本主義の多様性論による東アジア福祉国家の類型化
2020 下田 和宣 杉村 靖彦 ブルーメンベルクの受容理論を基盤とした宗教哲学
片田(孫) 晶 丸山 里美 現代日本における排除と包摂――貧困・福祉・教育の視点から
谷 雪妮 塩出 浩之 近代中国における外国語新聞と国際関係——トランスナショナルな情報流通と言論空間

 

 

連携研究者
犬飼由美子
受入教員 出口康夫
専門分野 17th-18th century Modern Philosophy, Philosophy of the Self
研究題目 自己に関する哲学・哲学史的研究
就任以来、2021年3月までの研究成果 【学会報告・学術講演】
Inukai Yumiko “Selection and Justification of the Nembutsu in Hōnen,” International Seminar of Japanese Philosophy: Towards the Ecological-Communitarian Self, National Autonomous University of Mexico, Mexico City, Mexico, November 2019
Inukai Yumiko “Cognitive and Affective Accounts of the Self in Hume,” International Workshop on Self: From Asia and Beyond, Kyoto University, Japan, June 2019
Inukai Yumiko “Humean Humanization of Sex Robot,” Social Impacts of Sex Robots and the Future of Human Relations, City University of Hong Kong, Hong Kong, June 2019.
Inukai Yumiko “A Self as a Fictitious Agent,” International Roundtable Discussion on Self, Kyoto University, Japan, January 2019
就任以来の研究活動の説明 連携研究者と受入研究者は「自己」をテーマとする共同研究に従事している。この共同研究において、両者は、アジア思想をも参照するという点で軌を一にしつつも、前者は哲学史・思想史的アプローチを、後者は哲学的アプローチを採用することで、互いの研究を補完しあってもいる。また両者とも、現在、自己に関する英文の単著を執筆中であり、上記の共同研究の成果を、それぞれの著作に反映すべく、議論を重ねてきた。具体的には、定期的にスカイプ等を用いた遠隔対話を行なうとともに、2019年1月に京都大学、同5月に香港城市大学、同11月にメキシコ自治大学でそれぞれ開催された国際ワークショップに共に参加し、自己とそれに関連するテーマに関して研究発表を行なった。
また2020年度は前期後期を通じて、「自己」に関する遠隔の演習を合同で実施し、学生の教育に当たるとともに、共同研究を継続した。特に後期の演習ではアメリカを代表する哲学者 Jay Garfield の自己論についての新著の草稿を検討し、Garfield 本人をも交えた議論を行った。

 

連携研究者
安倍里美
受入教員 水谷雅彦
専門分野 倫理学、とくにメタ倫理学
研究題目 理由の規範性と正当化の規範性の関係を解明する
就任以来、2021年3月までの研究成果 【著書・論文・研究ノート】
(単著)安倍里美「義務の規範性と理由の規範性―J.ラズの排除的理由と義務についての議論の検討―」『イギリス哲学研究』42号、2019年3月、15-32頁
(単著)安倍里美「価値と理由の関係は双条件的なのか―価値のバックパッシング説明論の擁護―」『倫理学年報 』68号、2019年3月、215-229頁
(単著)安倍里美「侵襲性の高い予防的介入と無危害原則」『先端倫理研究』14号、2020年3月、forthcoming
【書評・新刊紹介、Webサイトでの発信等】
(書評)安倍里美「理由で倫理学をするということ」『豊田工業大学ディスカッション・ペーパー』20号、豊田工業大学人文科学研究室紀要、2021年3月、33-49
【学会報告・学術講演】
安倍里美「理由の規範性と非難」第1回非難の哲学・倫理学研究会、於石川四高記念文化交流館
安倍里美「行為者後悔と理由」第2回非難の哲学・倫理学研究会、於石川四高記念文化交流館、2020年3月
安倍里美「理由で倫理学をするということ―『メタ倫理学の最前線』第4章「行為の理由についての論争」について」、京都生命倫理研究会9月例会、於オンライン開催、2020年9月
安倍里美「理由を中心概念とするメタ倫理学が私たちに示しうるものは何か」、第21回一橋哲学・社会思想セミナー(2020年12月4日 於オンライン開催)
就任以来の研究活動の説明 行為や態度の正当化についての私たちの常識的理解と理由概念の規範性とのあいだにあるギャップを埋めることによって、規範性の領域全体についての、理由を中心概念としたきめ細やかな説明が可能となるという見込みのもと、理由の規範性と正当化の規範性の関係の解明を目指した。とりわけ、義務についての諸概念と理由との関係を明らかにするという課題に注力し、義務と理由は還元ではなく基礎づけの関係として理解するべきであると論じた。さらに、この義務についての理解を、約束により相互に縛り合うことで自分たちの不完全さと折り合いをつけつつ世界と向き合うことを実現するという、私たちの実践のあり方の大きな枠組みの中に位置づけることで、義務の役割のポジティブな側面を浮かび上がらせることができると指摘した。

 

連携研究者
山本めゆ
受入教員 松田素二
専門分野 比較社会学―とくにアフリカにおける人種・民族関係
研究題目 現代アフリカ社会におけるレイシズムとコローニアリズムの表象-ローズ像・ガンジー像の撤去運動から
就任以来、2020年3月までの研究成果 【著書・論文・研究ノート】
(単著)山本めゆ「性暴力被害者の帰還―引揚港における『婦女子医療救護』と海港検疫のジェンダー化」蘭信三・川喜田敦子・松浦雄介編著『引揚・追放・残留―戦後国際民族移動の比較研究』名古屋大学出版会、2019年11月、172-195頁
(単著)山本めゆ「<ジェンダーをめぐるキーワード>『引揚げ』とジェンダー」『ジェンダー研究』第14号、2019年、35-40頁
(単著)山本めゆ「(項目執筆)植民地主義―学生たちが照らす南アフリカのレガシーと未来」松本尚之・佐川 徹・石田慎一郎・大石高典・橋本栄莉編著『アフリカで学ぶ人類学』昭和堂、2019年11月、192-193頁
【書評・新刊紹介、Webサイトでの発信等】
(単著)山本めゆ「(書評)Pedro Miguel Amakasu Raposo de Medeiros Carvalho, David Arase and Scarlett Cornelissen, eds. Routledge Handbook of Africa- Asia Relations (London: Routledge, 2017) 」『アジア経済』第60巻第3号、2019年、81-87頁
【学会報告・学術講演】
(単独)山本めゆ「ガンジー像撤去要求運動『Gandhi Must Fall』の考察―南アフリカ史のアフリカナイゼーションとその余震」第56回日本アフリカ学会学術大会、於京都精華大学、2019年5月
(単独)山本めゆ「インターセクショナリティの視点で見る日本帝国体制下の戦時性暴力問題―語りが内包する多元的視点への注目・元満蒙開拓団の女性の事例から」第92回日本社会学会学術大会、於東京女子大学、2019年10月
【その他】
(学位論文)山本めゆ「アフリカ-アジア的視点によるレイシズム研究の可能性―南アフリカにおけるアジア系住民の位置の変遷に関する社会学的研究―」博士学位論文(文学)、2020年1月
就任以来の研究活動の説明 現代南アフリカにおけるレイシズムとコロニアリズムの表象をアジア系移民・住民の視点で捉え直すという目標のもと、当地の人種的な序列階梯において中間的に位置づけられたアジア系の人びとの差異化戦略が、いかに既存の秩序を動揺させつつ社会の再人種化を後押ししたのかを検討した。成果は博士学位論文「アフリカ-アジア的視点によるレイシズム研究の可能性――南アフリカにおけるアジア系住民の位置の変遷に関する社会学的研究――」として提出し、2020年1月に学位が授与された。
また、アフリカ各地で発生しているガンディー像撤去要求運動と、南アフリカに到来したインド系移民と移民規制に関する検討を行い、その成果は日本アフリカ学会における口頭発表や『アジア経済』掲載の書評を通して発表した。さらに、日本人の植民地経験と性暴力被害に関する研究として、「性暴力被害者の帰還――引揚港における『婦女子医療救護』と海港検疫のジェンダー化」等を発表した。

 

連携研究者
山口尚
専門分野 哲学、西洋哲学、分析哲学
研究題目 経験や決心という非因果的な要素で自由意志を分析する研究
就任以来、2021年3月までの研究成果 【著書・論文・研究ノート】
単著『哲学トレーニングブック――考えることが自由に至るために』(平凡社、2020年)を公刊する。これは自由意志にかんする文章を多数含む論考集であり、例えば第六章の「因果律は物自体の性質ではない」という論考は非因果説の意義を指摘するものである。
【学会報告・学術講演】
第2回非難の哲学・倫理学研究会(令和2年3月27日(金)、しいのき迎賓館セミナールームB)において発表「非難と人格――ギネットの非因果説の意義」を行なう。本研究会のプログラムは別紙のとおり。
【その他】
ウェブサービスnote上で「アンチ・ホッブズ――トーマス・ピンク『自由意志』(戸田剛文・豊川祥隆・西内亮平訳、岩波書店、2017年)における非因果説」を公表する。これは自由意志の非因果説を提示するピンクの著書『自由意志』(戸田他訳、岩波書店、2017年)の書評である。urlは次のとおり。
https://note.com/free_will/n/n7bb0b2b34d9c
就任以来の研究活動の説明 連携研究員就任後の第1期は自由意志の非因果説の根本動機の明確化に取り組み、例えばトーマス・ピンクの著書の書評において《非因果説は一切の事物を因果の相のもとにとらえる近現代の「自然科学的」世界観へのオルターナティブとして提示されている》という点を確認した。今期(第2期)はこの点を踏まえて行為や責任の「反自然主義的な」立場の可能性を複数の角度から研究した。上記の『哲学トレーニングブック』がその成果であるが、そこでは自然主義的な傾向の強い議論を紹介しつつもそのうえで反自然主義的な立場の意義を強調した。《はたして自然科学で人間の行為を語り尽くすことはできるか》という問いへ「必ずしも語り尽くせない」と答えるのが同書の立場である。

 

連携研究者
田鍋良臣
受入教員 杉村靖彦
専門分野 宗教哲学
研究題目 ハイデガー「黒ノート」の宗教哲学的研究 ― ユダヤ論をめぐって―
就任以来、2020年3月までの研究成果 【著書・論文・研究ノート】
(単著)田鍋良臣「ハイデッガーの信仰論――「黒ノート」に定位して」『哲學研究』第604号、2019年、54-92頁。
(単著)田鍋良臣「ハイデッガーの人種論――総長期の思索を中心に」『現象学年報』第35号、2019年、67-75頁。第8回日本現象学会研究奨励賞。
【学会報告・学術講演】
(単著)田鍋良臣「ハイデッガーにおけるユダヤ教と形而上学の問題」日本宗教学会第78回学術大会、於帝京科学大学、2019年9月15日。
就任以来の研究活動の説明 連携研究者はこれまで、ハイデガーの遺稿「黒ノート」のユダヤ論を、形而上学批判の観点から追究してきた。その際とくに注目したのは、イエスとフィロンに関する、いわゆる「存在史的」な位置づけである。「黒ノート」や演習などの記述から、両者の宗教経験が、形而上学とのかかわりを軸に対置できることがわかった。この視座はまた、ハイデガーが「旧約聖書の神学への寄与」と称する、「黒ノート」の唯一神批判に対しても新たな光を投げかけることになるだろう。現時点で言えることは、ハイデガーのユダヤ論は、反ユダヤ主義や人種主義、あるいはナチズムのような特定の主義・主張に回収できるほど素朴なものではない、ということである。その背景には、ハイデガー自身の出自や由来にかかわるとともに、事柄の性格上秘匿されなければならなかった、信仰と思索、宗教と哲学をめぐる込み入った問題が存している。

 

連携研究者
黒羽亮太
受入教員 吉川真司
専門分野 日本史、とくに古代・中世史
研究題目 朝廷文書からみた律令体制の展開過程
就任以来、2021年3月までの研究成果 【著書・論文・研究ノート】
(単著)黒羽亮太「古代・中世寺院史研究における東安寺の射程」(菱田哲郎・吉川真司編『古代寺院史の研究』思文閣出版,2019年7月,pp.119-133)
黒羽亮太(著),曽堰杰(訳)「宗廟・皇祖・国史」(『日本文論』2020年第1輯(総3輯),2020年10月,pp.110-122)
【学会報告・学術講演】
(単著)黒羽亮太「宗廟・皇祖・国史-中日歴史交流-」国際シンポジウム「日本と東アジア:歴史の発展と文化の交流」清華大学,中国,2019年10月
就任以来の研究活動の説明 本研究は、中世・近世に作成され、現代に伝わっている「朝廷文書」の分析を通し、中世・近世に受け継がれた文書の書式や文書に関わる所作(例えば、ある文書を堂々と手に持って使うのか、コッソリと懐から取り出して使うのか、という違いは、それらの文書がどのような歴史的経緯を経て用いられることになったのか、その違いが現れていると考えられる)の中に、それを遡る古代の「伝統」を読み解こうというものである。この研究期間、とくに2020年は新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、海外へ調査・研究報告へ行くことも、国内の史料所蔵機関等に赴くことも全くかなわなかったのは、とても残念なことであった。しかし一方で、手元に集めておいた史料を読み直すきっかけにはなった。史料が限られている古代・中世史にあっても、まだまだ取り組むべき課題は多いと改めて実感した。一刻も早い疫癘の結束を願う。

 

連携研究者
徐堯
受入教員 落合恵美子
専門分野 社会学、とくに福祉レジーム論の研究
研究題目 福祉資本主義の多様性論による東アジア福祉国家の類型化
就任以来、2021年3月までの研究成果 【著書・論文・研究ノート】
博士論文「中国農村部の福祉改革と住民の福祉意識」を提出して、2021年3月に博士(文学)の学位が授与された。
また、博論の第3章を学会誌に投稿する予定である。
(単著)徐堯「後発福祉国家における介護意識の脱家族化:中国農村部調査データの分析から」『家族社会学研究』第31卷1号, 2019年4月, pp.32-44.
就任以来の研究活動の説明 中国がいかなる福祉国家を形成しつつあるのかを明らかにすることが本研究の目的である。本研究の独創的な点は、福祉レジーム論と生産レジーム論を結合するばかりでなく、再生産レジームも加えて、3次元の分析図式を用いて、国際比較のなかに中国を位置づけることにある。
2020年度には制度諸指標に対するクラスター分析を完成させた。生産レジームにおいては中国都市部は②部門調整型市場経済、中国農村部は③自由型市場経済、福祉レジームについては中国都市部は②産業主義型、中国農村部は④自由放任型、再生産レジームについては中国都市部が②一般家族型、中国農村部が④親族支援型に入ることがわかった。生産・福祉・再生産レジームのアネックスにより福祉市場経済の5つの理念型を区別すると、キャッチアップ・移行型に属する中国都市部と後発型に属する中国農村部が異なる位置を占めることが明らかとなった。

 

連携研究者
下田和宣
受入教員 杉村靖彦
専門分野 宗教哲学、とくにヘーゲルとブルーメンベルク
研究題目 ブルーメンベルクの受容理論を基盤とした宗教哲学
就任以来、2021年3月までの研究成果 【著書・論文・研究ノート】
下田和宣「ブルーメンベルクにおける宗教受容の哲学」、日本宗教学会編『宗教研究』、399号、2020年12月、1-23頁。
下田和宣「ヘーゲル絶対精神の哲学と現代実在論――あるいは現代の「ポスト・カント的」ヤコービ主義について」、日本ヘーゲル学会編『ヘーゲル哲学研究』、26号、2020年12月、60-72頁。
【学会報告・学術講演】
下田和宣「神を死者として思い出すこと――ブルーメンベルクの「哲学者の神の過剰」について」、宗教哲学会第12回学術大会、2020年9月5日。
下田和宣「ブルーメンベルクにおける「非概念性の理論」と「隠喩学」」、(ウェブ掲載・既発表扱い)日本哲学会第79回大会、2020年6月11日。
就任以来の研究活動の説明 「受容」をキーワードとして、ハンス・ブルーメンベルクの基礎研究を行った。連携研究者と受入教授の共通の専門である西洋宗教哲学の観点から、過去と現在を媒介する解釈学的出来事としての「受容」が持つ哲学的意義について、初期「隠喩学」から中期「非概念性理論」へのブルーメンベルクの思想形成展開の過程と、晩年の著作『マタイ受難曲』の分析を通じて明らかにした。「受容」の概念はブルーメンベルクが組織した研究グループ「詩学と解釈学」に共通の主題であったが、そうした共同討論の場のなかで、この概念に集約される人間学的考察がブルーメンベルクにおいて深められていくことを確認した。これらの作業によって、歴史的存在者が獲得しうる根源性というテーマを、初期から晩年に至るまで通底するブルーメンベルク独自の問題圏として位置づけ、その宗教哲学的意義に関するさらなる考究への視座を開いた。

 

連携研究者
片田(孫)晶
受入教員 丸山里美
専門分野 人種・エスニシティ研究
研究題目 現代日本における排除と包摂――貧困・福祉・教育の視点から
就任以来、2021年3月までの研究成果 【学会報告・学術講演】
(単独)「在日朝鮮人教育における差異の意味をめぐる政治――反差別の教育へ向かうために」異文化間教育学会第41回大会、於国際教養大学、2020年6月
(単独)「共生における『民族』の意味をめぐる考察」第36回日本解放社会学会大会、Zoomによるオンライン開催、2020年9月
【その他】
2020年12月12日にオンライン開催された日朝関係史講座(同志社大学KOREA文化研究会主催の市民公開講座)において、京都市北区の事例を中心に歴史的に「不法占拠」とされる周縁化された集落をめぐる社会的課題についての講義を担当。
就任以来の研究活動の説明 日本における多文化社会、「多文化共生」の歴史的文脈を検討するため、周縁化された人々としての在日朝鮮人、および、彼らと深く関わり合い協働してきた日本人アクターの両者の経験とコミュニティ実践の歴史を探求テーマとして、ともに多文化共生の先駆例として知られる京都・川崎両地域の在日朝鮮人集住地域における社会活動と言説資源の蓄積に関する比較調査に取り組んだ。両地域は、経済的に周縁化された人々のバラック集落の形成や、キリスト者アクターの存在、エスニシティを横断したコミュニティ実践と普遍的な「人権」言説の蓄積などの共通点を持つが、京都市東九条地域においてはこうした歴史的経験の中で近年は「幅広い多文化共生」と称されることもある多元的・交差的な文化表象、社会的介入の思想と実践が蓄積されているため、文献資料およびインタビュー調査によりその特徴を検討した。川崎地域における反差別運動についてはこれまでのところ文献調査のみを行った。

 

連携研究者
谷雪妮
受入教員 塩出浩之
専門分野 東アジア近現代史、思想史
研究題目 近代中国における外国語新聞と国際関係——トランスナショナルな情報流通と言論空間
就任以来、2021年3月までの研究成果 【著書・論文・研究ノート】
(単著)谷雪妮「橘樸による中国「社会」の発見——第一次世界大戦後の中国商人の民治運動に対する観察をもとに」村上衛編『転換期中国における社会経済制度』(京都大学人文科学研究所、2021年)341-381頁
【学会報告・学術講演】
(単独)谷雪妮「橘樸における生存権のデモクラシーと東アジア」日本思想史学会2020年度大会・ オンライン開催(2020年11月8日)
(単独)谷雪妮「橘樸の人物像の再構成——大正知識人、民族誌家、社会民主主義者」京都大学人文科学研究所「20世紀中国史の資料的復元」共同研究班例会(2020年11月27日)
【その他】
(コメンテーター)金丸裕一「史料としての『花甲録』——特に戦時期の検証」京都大学人文科学研究所「20世紀中国史の資料的復元」共同研究班例会(2020年7月3日)
(評者)京都大学文学研究科・人文知連携共同研究会「グローバル視点の近代史教育」主催『歴史学の縁取り方—フレームワークの史学史』書評会(2021年3月13日)第三章担当
就任以来の研究活動の説明 本研究は近代中国で刊行された英語・日本語・中国語新聞の間におけるトランスナショナルな情報と知識の流通と、それにともなう多様な議論の展開に注目している。今年度は、中国を拠点としていた日本人ジャーナリスト橘樸に焦点を当てて、その言論活動の背後にあるトランスナショナルな情報流通と言論空間を考察した。具体的には、『京津日日新聞』という北京と天津で刊行された日本語新聞における橘の社会時評を分析することによって、橘が上海の『時事新報』をはじめとする中国語新聞とNorth China Daily Newsなどの英語新聞を通じて、また欧米の中国通の言論を参照にして、日本国内にはあまり知られていなかった第一次世界大戦後の中国商人の民治運動を注意深く観察し、そこから中国におけるブルジョア革命の可能性を読み取り、さらに中国特有の「ギルド」組織を発見するに至ったことを考察した。こうした考察により、戦間期日本の対中認識の一形態を明らかにした。