大学院生の研究成果

2016-7-20

このページでは,大学院生らが京都大学在籍中に公刊した論文や口頭発表についてまとめています。論文本文や口頭発表の要旨がウェブ上に公開されているものについては,リンクを設けておりますのでご参照下さい。

2016年

学術論文

  • 岡田眞太郎 「指定管理者制度の活用からみたNPO法人の持続可能性―京都府を事例に―」 『人文地理』68巻3号 2016年 印刷中
  • FUJITA Tomohiro, Relative importance of perch and facilitative effects on nucleation in tropical woodland in Malawi. Acta Oecologica 70, 2016, pp.45-52. DOI: 10.1016/j.actao.2015.11.007

口頭発表

  • KUMANO Takafumi, Detached Housing Development in the Osaka Metropolitan Area: Focusing on its built-up areas. The 4th Joint-Workshop on East Asian Studies Fudan University – Kyoto University  –  City University of Hong Kong (第4回復旦大学-京都大学-香港城市大学東アジア人文研究博士課程学生討論会),January 2016, Fudan University, Shanghai
  • ASAKURA Makito, Remaking of historical landscape and local/national discourses of conservation: the case of Tsumago post town, Nagano Prefecture. idem
  • 熊野貴文 「バブル経済崩壊後の大阪大都市圏における戸建住宅供給―既成市街地での供給を中心に―」 日本地理学会春季学術大会,2016年3月,早稲田大学 発表要旨(J-Stage)

2015年

学術論文

  • FUJITA Tomohiro and  MIZUNO Kazuharu, Role of the nurse rock effect in the establishment of woody plants in South African grassland.  Tropics 24(2), 2015, pp.57-64. DOI: 10.3759/tropics.24.57
  • 谷本 涼 「京都市のタクシー業界による移動サービスの多様化」 『人文地理』67巻3号 2015年6月 252-266頁

その他の刊行物

  • 山科千里 「大自然の国,ナミビア」 Biostory 23 2015年 86-91頁

口頭発表

  • 片桐昂史 「セネガル共和国サルーム・デルタにおけるマングローブ植生と人間活動」 CIAS共同研究シンポジウム「アフリカにおける地域植生と植物利用の持続可能性」 2015年2月 京都
  • 片桐昂史 「西アフリカ・セネガルのマングローブ域における人間活動のインパクト:塩づくりによる微地形と実生の分布」 第25回日本熱帯生態学会年次大会 2015年6月 京都

2014年

学術論文

  • 網島 聖 「戦間期の同業者町における取引関係と「調整」の変化―1914~1940年の大阪・道修町の医薬品産業を事例に―」 『地理学評論』87巻1号 2014年1月 38-59頁 ※日本地理学会学会賞(若手奨励部門)受賞論文
  • 朝倉槙人 「生活空間への観光のまなざしと住民の対応-徳島県三好市東祖谷地域を事例として-」 『人文地理』66巻1号 2014年2月 16-37頁 英文要旨(人文地理学会ホームページ)
  • MIZUNO Kazuharu and FUJITA Tomohiro, Vegetation succession on Mt. Kenya in relation to glacial fluctuation and global warming. Journal of Vegetation Science 25, March 2014, pp.559-570. DOI: 10.1111/jvs.12081
  • YAMASHINA Chisato, Importance of bird seed dispersal in the development of characteristic vegetation on termite mounds in north-eastern Namibia. Tropics 23(1), June 2014, pp.33-44.  DOI: 10.3759/tropics.23.33
  • FUJITA Tomohiro, Ficus natalensis facilitates the establishment of a montane rain-forest tree in south-east African tropical woodlands. Journal of Tropical Ecology 30, July 2014, pp.303–310. DOI: 10.1017/S0266467414000224
  • 熊野貴文 「大阪大都市圏郊外における戸建て住宅地の変容―近鉄学園前駅周辺の住宅地の事例―」 『人文地理』66巻4号 2014年8月 46-62頁 英文要旨(人文地理学会ホームページ)
  • 佐々木夏妃 「近世京都の宿屋と都市空間-三条大橋西詰・中島町を中心に-」 『史林』97巻6号 2014年11月 106-126頁

その他の刊行物

  • 山科千里 「アフリカ半乾燥地における人々のシロアリ塚利用からみるシロアリの「生態系エンジニア」としての機能」 『しろあり』161巻1号 2014年1月 8-14頁
  • FUJITA Tomohiro, Republic of Malawi. in GWEC Editorial Working Committee ed. A General World Environmental Chronology, June 2014, Tokyo: Suirensha.
  • 山科千里 「シロアリ塚」 (日本アフリカ学会編『アフリカ学事典』 昭和堂) 2014年6月 424-427頁
  • 藤田知弘 「熱帯林」(同上)
  • 山科千里 「ナミビア北東部,モパネウッドランドにみられる“小さな森”の形成過程」 『アフリカ研究』85 2014年12月 44-48頁 J-Stage

口頭発表

  • 網島 聖 Customs, co-ordinations, and the relocation of the historical industrial agglomeration: the case of timber industry in Osaka, Japan, 1868-1925. 復旦大学-京都大学東亜人文研究博士生研討会,2014年3月 復旦大学,上海
  • 朝倉槙人 The implications of rurality in an experiential tourism spot: the case of Takumi-no-sato in the northwestern periphery of the Tokyo metropolitan area 同上
  • 網島 聖 「明治後期における医薬品業界新聞の情報ネットワークと読者の役割」 日本地理学会春季学術大会 2014年3月 国士舘大学 J-Stage
  • FUJITA Tomohiro, Fig tree (Ficus natalensis) facilitates the establishment of montane rain forest tree in tropical woodland in Southeast Africa. Commemorative International Conference for the 50th anniversary of Japan Association for African Studies, May 2014, Kyoto, JAPAN.
  • 朝倉槙人 「生活空間への観光のまなざしと住民の対応-徳島県三好市東祖谷地域を事例として-」 人文地理学会第115回地理思想研究部会 2014年4月 滋賀大学大津サテライトプラザ
  • 藤田知弘 「熱帯林の拡大過程における果実食動物の役割」 日本アフリカ学会学術大会,2014年5月 京都大学
  • 山科千里 「ナミビア北東部におけるシロアリ塚植生形成への動物による種子散布の影響:アフリカの自然保護区で生物の調査をすること」 同上
  • 片桐昂史 「西アフリカ・セネガルにおける生態環境と人びとの関わり:天日塩田にみられたマングローブの分布に着目して」 第24回日本熱帯生態学会年次大会 2014年6月 宇都宮大学
  • 藤田知弘 「Ficus natalensis は周辺疎開林における熱帯山地雨林種の定着を促進する」 同上
  • 山科千里 「ナミビア北東部,モパネ植生帯におけるシロアリ塚植生形成過程の解明」 同上
  • 朝倉槙人 「体験型観光地におけるルーラリティの意義と観光業従事者の対応-群馬県みなかみ町たくみの里を事例に-」 第26回関西若手ルーラル研究会 2014年7月 キャンパスプラザ京都
  • FUJITA Tomohiro, Ficus natalensis facilitates the establishment of a montane rain-forest tree in south-east African tropical woodlands. 57th Annual Symposium of the International Association for Vegetation Science, September 2014, Perth, AUSTRALIA.

2013年

学術論文

  • 山科千里 「ナミビア北東部,氾濫原に暮らす人々のシロアリ塚利用」 『在来知/ZAIRAICHI論集シリーズ』創刊号 2013年3月 15-24頁
  • FUJITA Tomohiro, The woodland tree Brachystegia floribunda facilitates the encroachment of forest tree species into miombo woodlands in northern Malawi. Journal of Ecology and the Natural Environment 5, August 2013, pp.217-223.  DOI:10.5897/JENE2012.0345
  • FUJITA Tomohiro, Brachystegia boehmii and Brachystegia floribunda facilitate the establishment of montane forest trees in miombo woodland in northern Malawi. Tropics 22, September 2013, pp.59-66. DOI: 10.3759/tropics.22.59
  • YAMASHINA Chisato, Variation in savanna vegetation on termite mounds in north-eastern Namibia. Journal of Tropical Ecology 29, November 2013, pp.559-562. DOI: 10.1017/S0266467413000679

口頭発表

  • 網島 聖 Societal and communal institutions in the modern industrial agglomeration: the case of the pharmaceutical industrial district in Osaka, Japan, 1868-1940. 京都大学-復旦大学東アジア人文研究博士課程学生討論会 2013年3月 京都大学
  • 朝倉槙人 Tourism resources and touristm practice under post mass tourism in a depopulated mountain area: a case of Iya Area, Shikoku Island. 同上
  • 朝倉槙人 「生活空間の観光化と住民実践-徳島県祖谷地域における観光のまなざしの行方-」 日本地理学会春季学術大会 立正大学 2013年3月 J-Stage
  • 網島 聖 「近代の産業集積における共同体的関係と社会制度の相互関係-1910年-1940年の大阪における材木業同業者町を事例に-」 同上 J-Stage
  • 岩橋 涼 「有機農産物・特別栽培農産物の生産と流通-和歌山県の紀ノ川農業協同組合の取り組みを事例に-」 同上 J-Stage
  • 藤田知弘 「アフリカ東南部におけるミオンボ林への熱帯山地雨林の侵入過程」 日本森林学会年次大会 2013年3月 盛岡 J-Stage
  • 藤田知弘 「熱帯山地雨林樹木の周辺疎林への侵入:定着過程における促進効果の重要性」 日本熱帯生態学会年次大会 2013年6月 福岡
  • ASAKURA Makito, Life spaces and tourism practices under the tourist gaze: the case of a depopulated mountain area in Shikoku island, Japan. International Geographical Union Kyoto Regional Conference, Aug 2013, Kyoto International Conference Center, Kyoto, JAPAN
  • AMIJIMA Takashi, Societal and communal re-networking and co-ordination of the modern industrial agglomeration in a Japanese city during the interwar period.idem
  • IWAHASHI Ryo, Production and distribution of organic and low-input agricultural products: the case of a Japanese local agricultural cooperative. idem
  • KOGAWA Yasutaka, The changing employment situation of Iranian migrants in the Tokyo metropolitan area. idem
  • 網島 聖 「近代の大阪における同業者町の変化と歴史的慣性-商工名鑑的地誌を用いた同業者町分布の検討-」 人文地理学会大会 2013年11月 大阪市立大学

2012年

学術論文

  • 網島 聖 「近代における同業者町の存続とその意義―明治・大正期の大阪道修町と医薬品産業を事例として―」 『人文地理』64巻2号 2012年4月 123-141頁 英文要旨(人文地理学会ホームページ) ※人文地理学会学会賞(論文部門)受賞論文

口頭発表

  • 山科千里 「ナミビア北東部,モパネ植生帯においてシロアリ塚上に形成される植生の形成過程」 日本地理学会春季学術大会 2012年3月 首都大学東京 J-Stage
  • 藤田知弘 「アフリカ東南部における熱帯山地雨林種(Syzygium guineense ssp. afromontanum) の周辺植生ミオンボ林(熱帯疎林)への侵入過程における促進効果の重要性」 日本熱帯生態学会年次大会 2012年6月 横浜
  • AMIJIMA Takashi, Continuous reinvention of the modern industrial agglomeration: the case of the pharamaceutical industrial district in Osaka, Japan, 1868-1914. 15th International Conference of Historical Geographers, Aug 2012, Charles University, Prague, CZECHIA
  • 網島 聖 「戦間期における同業者町の変化と調整―1914~1940年の大阪・道修町の医薬品産業を事例に―」 日本地理学会秋季学術大会 2012年9月 神戸大学 J-Stage

2011年

学術論文

  • 嘉村俊也 「郊外住宅地における住民の生活行動と周辺交通環境-広島県呉市昭和地区の事例-」 『地理科学』66巻1号 2011年1月 20-37頁
  • 山科千里 「ナミビア北西部,モパネサバンナの植生に与えるシロアリ塚の影響」 『アジア・アフリカ地域研究』10巻2号 2011年3月 123-143頁 PDF(アジア・アフリカ地域研究研究科)

その他の刊行物

  • 藤田知弘 「マラウィ」 (環境総合年表編集委員会編 『環境総合年表―日本と世界―』 すいれん舎) 2011年11月

口頭発表

  • 山科千里 「モパネ植生帯の島状地形にみられる植生の特徴とその成因」 日本地理学会春季学術大会 2011年3月 (大会中止につき発表要旨をもって発表に代える)
  • ZHAO Zhengyuan, Geographic concentration of advertising industry in East Asia. New York Conference on Asian Studies, Ramada Hotel and Conference Center, New York, USA.

2010年

学術論文

  • 嘉村俊也 「郊外住宅地における住民の生活行動と周辺交通環境―広島市高陽ニュータウンの事例―」 『日本都市学会年報』44号 2010年1月 232-236頁
  • YAMASHINA Chisato, Interactions between termite-mounds, trees, and the Zemba people in the Mopane Savanna in Northwestern Namibia. African Study Monographs Supplementary Issue 40, March 2010, pp.115-128. PDF (アフリカ地域研究資料センター)
  • 網島 聖 「明治後期地方都市における商工名鑑的「繁昌記」の出版―山内實太郎編『松本繁昌記』を事例に―」 『史林』93巻6号 2010年11月 119-144頁

口頭発表

  • 嘉村俊也 「パーソントリップ調査を用いた郊外住宅地における住民の生活行動分析」 地理科学学会春季学術大会 広島大学
  • 嘉村俊也 「パーソントリップ調査に基づく郊外住宅地住民の生活行動分析-広島市高陽ニュータウンを事例として-」 中四国都市学会 福山大学宮地茂記念館
  • YAMASHINA Chisato, Existing Natural resource and its use by local people in the Muyako Community Forest, North-eastern Namibia. International symposium; The Dynamics of Socioeconomic Changes in Local Societies in Southern Africa; The Challenges of Area Studies, November 2010, Windhoek, NAMIBIA.

2009年

口頭発表

  • 藤田知弘 「マラウィの亜熱帯疎林における植生変化と人間活動」 日本森林学会年次大会 2009年3月 京都 J-Stage
  • Jose VERGARA LAGUNA, Publishing for the Nation. Japan’s Geography Textbooks as a Cultural Enterprise, 1868-1924. 14th International Conference of Historical Geographers, August 2009, Kyoto University, JAPAN
  • YAMASHINA Chisato, Termite-mounds and trees in Mopane savanna in Northwestern Namibia. FRIM/Kyoto University/UNU-IAS Joint Workshop on Human-Nature Relationship in Malawi and Southern Africa, September 2009, Zomba, MALAWI

2008年

学術論文

  • 趙 政原 「日本拓展文化産業的經驗及對我國的啓示」 『世界経済與政治論檀』2008-5号 118-124頁

その他の刊行物

  • 山科千里 「ナミビア北西部の自然とゼンバの暮らし」 『地理』 53巻1号 2008年1月 94-99頁
  • 柴田陽一 「紹介 岡田俊裕編・解説『日本の地理学文献選集』I・II」 『史林』91巻2号2008年3月 440-441頁
  • 藤田知弘 「マラウィ北部の自然環境とトゥンブカ人の暮らし」 『地理』 53巻4号 2008年4月 80-85頁

口頭発表

  • SHIBATA Yoichi, Thoughts and practice of the Kyoto School of Japanese Geopolitics. 12th Asian Studies Conference Japan, 2008, Rikkyo Univeristy, JAPAN
  • 藤田知弘 「マラウィ北部における森林利用と植生変化」 日本地理学会春季学術大会 2008年3月 獨協大学 J-Stage
  • 山科千里 「ナミビア北西部・モパネサバンナにおける植生とシロアリ塚のかかわり」 同上
  • 藤田知弘 「マラウィ北部高地における森林構造の変化: ミオンボ林における人間活動の影響」 日本アフリカ学会学術大会 2008年5月 京都
  • 網島 聖 「近代における同業者町の変遷―大阪道修町薬種商同業者町を事例に―」 歴史地理学会大会 宮城大学
  • FUJITA Tomohiro, Change of Forest Structure in Northern Malawi Effect of Human Activities in Miombo woodland. 31st International Geographical Congress, Augutst 2008, Tunis, TUNISIA
  • YAMASHINA Chisato, Effects of termite-mounds on vegetation in mopane savanna, in North-western Namibia. idem

2007年

学術論文

  • 埴淵知哉 「NGOと「地域」との関わり―日本の地方圏に所在するNGOによる「地域からの国際協力」 『地理学評論』80巻2号 49-69頁 DOI: 10.4157/grj.80.49
  • 南都奈緒子 「ローカル・ヒストリーと共同体―山梨県内市町村史における恩賜林記述をめぐって―」 『史林』90巻6号 893-926頁
  • 柴田陽一 「アジア・太平洋戦争期の戦略研究における地理学者の役割―綜合地理研究会と陸軍参謀本部―」 『歴史地理学』49巻5号 1-31頁 ※歴史地理学会学会賞受賞論文

その他の刊行物

  • 福本 拓 「アメリカ占領下における朝鮮人「不法入国者」の認定と植民地主義」 蘭信三編『日本帝国をめぐる人口移動の国際社会学』 不二出版 147-175頁
  • 福本 拓 「青年期のこども」 生野区社会福祉協議会編 『生野区におけるこども(乳幼児・学童期・青年期など)に関する生活課題の実態調査研究事業』 生野区社会福祉協議会

口頭発表

  • 星田侑久 「地理加重回帰法を援用した可変的なバンド幅の探索」 グレコ会 お茶の水女子大学
  • 山科千里 「ナミビア・カオコランドにおけるシロアリ塚の分布特性と自然環境の関わり」日本アフリカ学会学術大会 2007年 5月 ブリックホール(長崎)
  • 柴田陽一 「植民地高等教育機関における地理教育の夢と現実―宮川善造を中心に―」 歴史地理学会大会 2007年 國學院大学
  • SHIBATA Yoichi, Japanese geographers and its practice in Manchuria, 1931-1945. Second Japan-Korea-China Symposium of Young Geographers, 2007, Kumamoto University, JAPAN
  • 柴田陽一 「アジア・太平洋戦争期の満鉄調査部における地理学者の役割―増田忠雄の場合―」 日本地理学会秋季学術大会 2007年 熊本大学

2006年

学術論文

  • 柴田陽一 「小牧実繁の「日本地政学」とその思想的確立─個人史的側面に注目して─」 『人文地理』58巻1号 1-19頁 京都大学レポジトリ
  • 星田侑久 「階層分析法の新しい適用方法―多数の観点の定量化と評価得点行列の吟味に焦点をあてて―」 『GIS―理論と応用―』14巻2号 135-144頁

その他の刊行物

  • 福本 拓 「東アジアのオルタナティヴな地図の共有に向けて」 『GLOBE』47号 18-19頁

口頭発表

  • HANIBUCHI Tomoya, The Geography of networks among NGOs in Japan. The 2006 Meeting of the AAG, Palmer House Hilton, Chicago, USA
  • 上杉和央・村中亮夫・花岡和聖・埴淵知哉 「空間・場所をめぐる思想家の「地図化」」 日本地理学会春季学術大会 埼玉大学
  • 柴田陽一 「陸軍の戦略形成と地理学者―「吉田の会」と参謀本部―」 歴史地理学会大会 近江八幡市人権センター
  • HANIBUCHI Tomoya, An alternative global urban system?: Spatial formation of International Non-Governmental Organizations. IGU Brisbane Conference, Queensland University of Technology, Brisbane, AUSTRALIA
  • 市田行信・吉川郷主・平井寛・近藤克則・埴淵知哉・小林愼太郎 「ソーシャルキャピタルを測定する質問は地域のコンテクストを捉えているのかの検証」 農村計画学会秋期大会 筑波大学
  • 岡本憲幸 「維持困難な地域文化とその「伝統」―岡山県の郷土玩具・泥天神を事例に―」 人文地理学会大会 近畿大学
  • 柴田陽一 「アジア太平洋戦争期における小牧実繁のプロパガンダ活動」 同上
  • 福本 拓 「在日朝鮮人の居住・就業に関わる社会的ネットワークの変遷―エスニック・エンクレイブ論の視点から―」 同上

2005年

学術論文

  • 埴淵知哉 「国際的非政府組織における空間組織の編成」 『地理学評論』78巻2号 87-112頁 DOI: 10.4157/grj.78.87 ※日本地理学会学会賞(奨励賞)受賞論文
  • 柴田陽一 「小牧実繁の著作目録と著述活動の傾向」 『歴史地理学』47巻2号 42-63頁
  • MURATA Yohei, Gender equality and progress of gender studies in Japanese geography: a critical overview. Progress in Human Geography, 29(3), pp.260-275.
  • 埴淵知哉 「日本におけるNGO間ネットワークの編成」 『人文地理』57巻5号 479-498頁 DOI: 10.4200/jjhg1948.57.479
  • 村田陽平 「現代のたばこ広告にみる男性の身体と空間」 『人文地理』57巻5号 532-548頁 DOI: 10.4200/jjhg1948.57.532
  • 中辻 享 「ラオス北部焼畑山村にみられる生計活動の世帯差―幹線道路沿いの一行政村を事例として―」 『地理学評論』78巻11号,688-709頁 DOI: 10.4157/grj.78.688 ※日本地理学会学会賞(奨励賞)受賞論文
  • Raelyn Lolohea ‘ESAU, University education and migration experiences in the South Pacific region: survey of Tongans in Fiji. Geographical Review of Japan, 78(12), pp.753-768. DOI: 10.4157/grj.78.753
  • 宮澤博久 「大分県姫島の沿岸漁業における共同体基盤型管理―沖建網漁業の漁場規制を事例として―」 『人文地理』57巻6号 64-79頁 DOI: 10.4200/jjhg1948.57.632
  • Raelyn Lolohea ‘ESAU, Tongan immigrants in New Zealand. Asian and Pacific Migration Journal, 14(4), pp.441-466.

その他の刊行物

  • 村田陽平 「男性と健康に関する研究・序説― たばこ広告「HOPE」にみる男性の喫煙表象を事例に―」 根村直美編『ジェンダーと交差する健康/身体』明石書店
  • 西出優子・埴淵知哉 「NPOとソーシャル・キャピタル―NPO法人の地域的分布とその規定要因―」 山内直人・伊吹英子編『日本のソーシャル・キャピタル』大阪大学大学院国際公共政策研究科NPO研究情報センター 5-18頁
  • 福本 拓 「大阪における多文化状況の展望と在日朝鮮人―コリアンタウンと大阪ビジネスパークの対比から―」 『現代思想』33(5) 226-237頁
  • 福本 拓 「書評 水内俊雄編『空間の政治地理』」 『地理』50巻12号 113頁
  • 村田陽平 「未成年者の喫煙対策と喫煙マナー広告―「大人たばこ養成講座」広告にみられる価値観の問題性から―」 『保健医療科学』54巻4号 300-308頁
  • 福本 拓 「インターネットから溢れ出した政治的主張への不安」 『GLOBE』42号 12-13頁

口頭発表

  • 西出優子・埴淵知哉 「NPOとソーシャル・キャピタル―NPO法人の地域分析」 日本NPO学会年次大会 関西学院大学
  • 福本 拓 「占領期の『不法入国』朝鮮人への法制度の変遷―マルチスケール・アプローチを手がかりに―」 日本移民学会ワークショップ 京都大学
  • 星田侑久 「階層分析法を用いた産業廃棄物最終処分場の立地環境評価」 日本地理学会春季学術大会 青山学院大学
  • 埴淵知哉 「NPO/NGOの立地と空間組織」 経済地理学会西南支部例会 関西大学
  • 柴田陽一 「小牧実繁の日本地政学とその思想的背景」 歴史地理学会大会 奈良大学
  • 村田陽平 「「北の湘南」を目指して―北海道伊達市における移住政策の現状―」 人文地理学会大会 九州大学
  • Raelyn Lolohea ‘ESAU, Trans-national experiences of Tongan migrants in New Zealand. International Geographical Union Commission on Global Change and Human Mobility, Pescara, ITALY, December 2005

2004年

学術論文

  • 福本 拓 「1920年代から1950年代初頭の大阪市における在日朝鮮人集住地の変遷」 『人文地理』56巻2号 42-57頁 DOI: 10.4200/jjhg1948.56.154
  • Raelyn Lolohea ‘ESAU, International migration from Tonga, South Pacific: A behavioral approach. Geographical Review of Japan, 77(5), pp.130-145. DOI: 10.4157/grj.77.352
  • 村田陽平 「岐阜県営住宅「ハイタウン北方・南ブロック」にみる空間とジェンダー」 『地理学評論』77巻7号 463-482頁 DOI: 10.4157/grj.77.463
  • 中辻 享 「ラオス焼畑山村における換金作物栽培受容後の土地利用―ルアンパバーン県シェンヌン郡10番村を事例として―」 『人文地理』56巻5号 449-469頁 DOI: 10.4200/jjhg1948.56.449

その他の刊行物

  • レイリン・ロロヘァ・エサウ 「南太平洋地域における人口移動―現在と未来―」 『環境創造』6号 45-51頁
  • 村田陽平 「藤掛洋子「開発におけるリプロダクティブ・ヘルス/ライツ:パラグアイ農村女性の事例より」へのコメント」 『F-GENS ジャーナル』(お茶の水女子大学21世紀COEプログラム)創刊号 242-243頁

口頭発表

  • 埴淵知哉 「国際的非政府組織(INGO)における空間組織の編成」 日本地理学会春季学術大会 東京経済大学
  • Raelyn Lolohea ‘ESAU, International migration from Tonga, South Pacific: A bahavioural approach. International Geographical Congress, Glasgow, UK
  • OKI Keiko, Photographs as visual data in geography: A history of geography in Japan. idem
  • MURATA Yohei, Towards a reconstruction of male spaces: a case study on men’s suicides and hikikomori in Japan. idem
  • Raelyn Lolohea ‘ESAU「ニュージーランドにおけるトンガ移民の移動経験」 人文地理学会大会 佛教大学
  • 中辻 享 「ラオス焼畑山村における生存戦略の世帯差―ルアンパバーン県シェンヌン郡10番村を事例として―」 同上
  • 埴淵知哉 「NGO間ネットワークの地理的編成」 同上
  • 福本 拓 「小地域統計を用いた在日外国人の分布傾向の把握」 同上
  • 埴淵知哉 「国際的非政府組織における空間組織の編成」 ARSC研究発表大会 北九州国際会議場

2003年

学術論文

  • 有留順子・石川義孝 「東京大都市圏におけるテレワークと分散型オフィスの立地」 『地理学評論』76巻1号 44-55頁 DOI: 10.4157/grj.76.44
  • 沖 慶子 「牧口常三郎著『人生地理学』の同時代評」 『地理科学』58巻2号 65-91頁
  • 山神達也 「日本の大都市圏における人口増加の時空間構造」 『地理学評論』76巻4号 187-210頁 DOI: 10.4157/grj.76.187
  • 山神達也 「都市圏の人口規模からみた人口分布の変動過程」 『人口学研究』33巻 73-83頁
  • 上杉和央 「青年期本居宣長における地理的知識の形成過程」 『人文地理』55巻6号 532-553頁 DOI: 10.4200/jjhg1948.55.532

その他の刊行物

  • 上杉和央 「書評 鈴木章生著『江戸の名所と都市文化』」 『史林』86巻2号 275-280頁
  • 村田陽平 「はじめてのフィールド調査―現場で学ぶフィールド調査の技術―(8) ジェンダーに関する調査入門」 『地理』48巻11号 78-81頁

口頭発表

  • 福本 拓 「戦前・占領期の大阪市における在日朝鮮人集住地の変遷」 日本地理学会春季学術大会 東京大学
  • 村田陽平・谷畑健生 「公共空間の分煙化に関する研究―たばこ広告と男性―」 同上
  • YAMAGAMI Tatsuya and ISHIKAWA Yoshitaka, Spatio-temporal structure of the population growth in the major metropolitan areas in Japan. Annual Meeting of the Association of American Geographers, New Orleans, USA
  • 福本 拓 「戦前・戦後を通じた在日朝鮮人集住地の動向とその要因」 関西社会学会大会 追手門学院大学
  • Raelyn Lolohea ‘ESAU 「南太平洋地域,トンガからの国際人口移動―行動論的アプローチ―」 日本地理学会秋季学術大会 岡山大学
  • 沖 慶子 「アカデミー地理学前史における『歴史地理』の意義」 人文地理学会大会 関西大学 J-Stage
  • 福本 拓 「戦前・戦後の朝鮮人「密入国者」に関する一考察」 同上 J-Stage
  • OKI Keiko, The journal ‘Rekishi Chiri’ and the foundation of geography departments in Japanese Universities. 12th International Conference of Historical Geographers, the University of Auckland, NEW ZEALAND

2002年

学術論文

  • 中辻 享 「森林管理面よりみた入会林野整備事業の意義―京都府宇治田原町・和束町を事例として―」 『人文地理』54巻1号 24-39頁 DOI: 10.4200/jjhg1948.54.24
  • 上杉和央 「近世における浪速古図の作成と受容」 『史林』85巻2号 33-73頁
  • 埴淵知哉 「企業の空間組織からみた日本の都市システム」 『人文地理』54巻4号 389-404頁 DOI: 10.4200/jjhg1948.54.389
  • 泉谷洋平 「行為の自己言及性と時空―人文地理学者のアンソニー・ギデンズ理解をめぐって―」 『空間・社会・地理思想』7号 2-18頁 PDF(大阪市立大学ホームページ)
  • 福本 拓 「大阪府における在日外国人「ニューカマー」の生活空間」 『地理科学』57巻4号 255-276頁
  • 村田陽平 「日本の公共空間における「男性」という性別の意味」 『地理学評論』75巻13号 813-830頁 DOI: 10.4157/grj.75.813 ※日本地理学会学会賞(奨励賞)受賞論文
  • 村田陽平 「男性・異性愛をめぐる空間のポリティクス―1999年の「西村発言」問題を事例に―」 『人文地理』54巻6号 557-575頁 DOI: 10.4200/jjhg1948.54.557

その他の刊行物

  • 上杉和央 「「端原氏城下絵図」について」 『鈴屋学会報』19号 1-15頁

口頭発表

  • 上杉和央 「宣長・古地図・日本と京都―青年期宣長の地理的知の受容と創造―」 人文地理学会歴史地理部会 京都私学会館
  • 村田陽平 「公共空間における男性という性別の意味―セクシュアリティの視点から―」 日本地理学会秋季学術大会 金沢大学 J-Stage
  • 泉谷洋平 「ポストモダニズムとリアリズム―とある論争と,その「地図」―」 人文地理学会大会 お茶の水女子大学 J-Stage
  • 上杉和央 「想像された都市―本居宣長作「端原氏城下絵図」―」 J-Stage
  • 村田陽平 「新しい公営住宅にみる空間とジェンダー―岐阜県営住宅・ハイタウン北方を事例に―」 同上 J-Stage
  • 山神達也 「都市圏の人口規模別にみた人口郊外化過程の差」 同上 J-Stage
  • 山神達也 「日本の大都市圏における人口増加の時空間構造」 応用地域学会研究発表大会 岡山大学

2001年

学術論文

  • 山神達也 「わが国の3大都市圏における人口密度分布の変化―展開クラークモデルによる分析―」 『人文地理』53巻6号 509-531頁 DOI: 10.4200/jjhg1948.53.509

その他の刊行物

  • 中辻 享 「綿陽市三台県蘆渓鎮の土地利用政策について」 石原潤・傅綬寧・秋山元秀編『内陸工業都市綿陽市と周辺農村の変容』(科学研究費報告書)京都大学大学院文学研究科地理学教室 240-256頁

口頭発表

  • 泉谷洋平 「地理的スケールの『非表象理論』的再構成―または行為遂行的な「場所」論―」 日本地理学会春季学術大会 敬愛大学
  • 上杉和央 「近世における「名所観」の変化」 同上
  • 村田陽平 「人文地理学におけるセクシュアリティという視点」 同上
  • 山神達也 「わが国の3大都市圏における人口密度分布の変化」 人文地理学会経済・都市地理研究部会 キャンパスプラザ京都
  • 山神達也 「わが国の3大都市圏における人口密度分布の変化―展開クラークモデルによる分析―」 京都大学経済研究所 Urban Economics Workshop 京都大学経済研究所
  • 山神達也 「日本の大都市圏における人口増加の時空間構造」 日本地理学会秋季学術大会 秋田大学
  • 泉谷洋平 「エンデの遺言と地域通貨」 人文地理学会大会 神戸大学
  • 上杉和央 「「浪速古図」は「正しい」のか?」 同上

地理学専修トップページ