歴史文化学専攻

歴史文化学

歴史基礎文化学系には、日本史学・東洋史学・西南アジア史学・西洋史学・考古学の五つの専修があります。歴史学は、人類社会の歩みを時間の流れに沿って跡づけ、考察する学問です。各専修には、固有の研究分野と研究方法、そして確固とした学問的伝統がありますが、それと同時に、歴史学としての普遍的な課題を共有しています。ですから、専修の枠にこだわることなく、系の授業を広く履修し、広い学問的視野を身につけて下さい。


日本史学専修

広く国際的な視野に立ち、日本史の統一的かつ総合的把握をめざしており、志望学生は、歴史学はもとより、隣接諸科学とその成果に関心をもつことが望まし い。実物資料による研究と教育も特色である。

横田 冬彦 教 授 日本近世史
吉川 真司 教 授 日本古代史
上島  享 教 授 日本中世史
谷川  穣 准教授 日本近代史
谷  徹也 助 教 日本近世史

東洋史学専修

東洋史学は東アジアの歴史を研究する。なかでも中国史研究に重点をおき、厳密な史料読解を特色とする。志望学生は、幅広い視野を持つことが望ましい。本学 の東洋史関係史料は、日本でも有数の規模で研究環境は抜群である。

杉山 正明 教 授 内陸アジア史
吉本 道雅 教 授 中国古代史
中砂 明徳 教 授 中国中世・近世史
高嶋  航 准教授 中国近代史

西南アジア史学専修

古代から近代までの西アジア・中央アジアおよび広くイスラーム世界の歴史を研究領域とする。カリキュラム上の特色としては、アラビア語・ペルシア語・トル コ系諸語による史料原典の読解能力向上を重視している。

井谷 鋼造   教 授 西アジア史・アラビア文字資料研究
久保 一之 准教授 中央アジア史・西アジア史

西洋史学専修

古代ギリシア・ローマから現代にいたる西洋世界の歴史は、ヨーロッパという地域に根ざすと同時にグローバルな広がりをもっている。本専修では、その歴史的 発展の過程にさまざまな角度から光をあて、体系的に把握することをめざす。

南川 高志 教 授 ヨーロッパ古代史
小山  哲 教 授 ヨーロッパ近世史
金澤 周作 准教授 ヨーロッパ近代史

考古学専修

モノをじっくりと観察し、その背後にある人間の行動を見極めるのが考古学の第一歩。多様な時代・地域の考古資料を扱う専修生との切磋琢磨でその感性を磨き つつ、各自の研究の深化を目指す。

吉井 秀夫 教 授 朝鮮考古学
下垣 仁志 准教授 日本考古学
阪口 英毅 助 教 日本考古学

歴史文化論(協力講座)

岩井 茂樹 教 授 中国近世・近代史
岡村 秀典 教 授 中国考古学
船山  徹 教 授 仏教思想史
池田  巧 准教授 漢藏語方言史
高木 博志 准教授 日本近代史
岩城 卓二 准教授 日本近世史

情報ネットワーク管理室

森崎 礼子 助 教