行動文化学専攻

行動文化学

この系は心理学、言語学、社会学、地理学の4専修から成っています。文学部の他の系では、概ね過去から現在までに蓄積された書物や文書などの文字資料を扱うのに対して、この系では人間が日常使う言語や、心の動き、社会の中での行動とそれを取り巻く地域そのものが研究の対象です。フィールドでの調査、統計、現象を観察してモデルや仮説を立てそれを実験によって検証するといった自然科学的な手法をとることもこの系の特徴です。


心理学専修

心の働きに関する基礎的研究を進めている。記憶、学習、知覚、認知、発達などについて、神経科学、進化生物学、情報科学などとも関わる多様な実験手法を用 いながら研究し教育している。

藤田 和生 教 授 比較認知科学
板倉 昭二 教 授 発達認知科学
ジェームズ R アンダーソン 教 授 比較心理学
蘆田  宏 教  授 視覚科学
矢追  健 助 教 認知神経科学

言語学専修

理論言語学、諸言語のフィールド調査と記述、歴史・比較言語学、文献学的言語研究など幅広い分野で研究と教育が行われている。院生たちが主催する研究会活動も非常 に活発である。

吉田 和彦 教 授 歴史言語学、印欧語比較研究
吉田  豊 教 授 文献言語学、イラン諸語
千田 俊太郎 准教授 記述言語學、パプア諸語、朝鮮語
キャット アダム 講師 印欧諸語歴史言語、古期インド・イラン諸語、トカラ語

社会学専修

社会学、社会人間学、比較文化行動学、及び、比較社会学という四分野から構成されている。社会を根源的に把握する理論的視座と、現実の問題を調査によって 読み解く姿勢が特徴である。

松田 素二 教 授 社会人間学、地域社会学、アフリカ地域研究
落合 恵美子 教 授 家族社会学、ジェンダー論、歴史社会学
伊藤 公雄 教 授 文化社会学、メデイア研究、ジェンダー論
田中 紀行 准教授 社会学史、文化社会学、比較歴史社会学
太郎丸 博 准教授 社会階層論、数理社会学、社会学方法論
ハイム ステファン 准教授 経済社会学 、産業社会学、組織論

地理学専修

わが国最古の大学地理学教室として、多くの研究者を育てて来た。歴史地理学、経済地理学、都市・農村地理学、文化地理学等、人文地理学の諸分野の研究・教 育が行われている。

石川 義孝 教 授 人口・経済地理学
田中 (杉浦) 和子 教 授 都市地理 学・アメリカ地域研究
水野 一晴 教 授 自然地理学・生態地理学・地域研究(アフリカ・アンデス・ヒマラヤ)
米家 泰作 准教授 村落地理学

行動文化論(協力講座)

竹沢 泰子 教 授 文化人類学

 

総合文化学(客員講座)

鵜飼 孝造 教 授 理論社会学