昭和48年度(昭和49年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 入江 重吉 ヘーゲルの目的論
2 哲学 牧野 廣義 ヘーゲルの矛盾論
3 哲学 亀山 純生 フォイエルバッハの「人間の本質」について
4 哲学 野尻 和夫 ヘーゲル哲学における精神と行為の概念について―「精神現象学」を中心にして―
5 倫理学 榎本 百合子 ベルグソンにおける2つの社会
6 倫理学 鷲田 清一 E・フッサールにおける世界の問題
7 倫理学 長岡 成夫 ヒュームの倫理思想―功利主義との関連において―
8 中哲史 池田 秀三 西漢末思想の一考察―劉向と揚雄―
x-9 西哲史 武内 亨 「死への有」に於ける「無の根本経験」―前期ハイデッガーへの一考察―
10 西哲史 蒔苗 暢夫 トマス・アクィナスにおける個物の認識について
11 西哲史 増田 三彦 聖トマスにおける人間知性の認識について
12 西哲史 矢野 直 人間的真理に関するカントの思想
13 西哲史 池田 正平 初期ヘーゲルの道徳と人倫(その方法論的検討)
14 西哲史 公手 孝尚 ソクラテスにおける正義と法について
15 西哲史 永都 軍三 アリストテレス自然学の対象と方法
16 西哲史 吉田 昌市 「知識」―Platon:Meno,Phaedo,Respublicaにおける
17 宗教学 國井 哲義 キェルケゴールにおける生成の概念
18 宗教学 佐々木 亮 カント哲学におけるMitteについて
19 宗教学 豊嶋 眞理子 パスカルにおけるキリスト教弁証論の方法 「隠れたる神」
20 宗教学 小田 淑子 ーミーの宗教思想―神と人間の関係を中心として―
21 仏教学 野路 典子 Abhisamayālaṅkāraの研究 : ārga Vimuktisenaの註釈を中心として
22 仏教学 生井 衛 後期仏教論書に於けるLo kāyata批判について―特に輪廻の論証をめぐって―
23 基督教学 竹原 創一 ルターにおける聖書解釈方法の問題 〟Scriptura Sacra sui ipsius interpres”「聖書がそれ自身の解釈者である」について
24 心理学 上野 留美子 乳幼児期における自己領域の確立と対人関係の発達―「○○チャンノ」を中心にして―
25 心理学 岡本 安晴 2過程モデル(Duo Process-model)とトラバッソー・バウワーのモデル(Subproblem learning theory)との比較実験
26 心理学 岸田 容子 乳幼児の2つの刺激に対する選択行動
27 心理学 坂根 照文 切断脳における視覚情報伝達―Differential Reinforcement of Long Latencies (DRLL)のレバー押し計時(Time Estimation) 反応について
28 心理学 師井 悦子 組織一体感・仕事一体感と仕事特性について
29 社会学 上野 千鶴子 構造と認識―レヴィ=ストロースにおける理解の構造―
30 社会学 木村 洋二 パーソナリティ系と集団系の機能的系モデル
31 社会学 筒井 清忠 ファシズム論序説―丸山ファシズム論批判―
32 社会学 橋本 満 社会変動論―百姓一揆をめぐって―
x-33 社会学 小林 孝行 マージナル・マン理論の再検討
34 社会学 古賀 義弘 保守的に機能する社会意識の諸問題
35 美学美術史学 愛宕 出 北方ロマネスクと初期ゴシックの建築
36 美学美術史学 吉川 登 システィーナ礼拝堂天井画の分析
37 美学美術史学 岡部 由紀子 ロマン主義以降のドイツ絵画について
38 国史学 倉地 克直 幕藩制成立期の支配思想と職分意識―鈴木正三の思想を中心として―
39 国史学 山田 武生 第一次世界大戦後における労資関係の展開と労働運動
40 国史学 勝山 清次 封戸制度の変質と解体
41 東洋史学 井上 裕正 レイ=オズボーン艦隊事件と總理衙門―同治朝初期における中英関係の一考察―
42 東洋史学 奥村 哲 江蘇・無錫の蚕糸業について―一九二〇~一九三〇年代における―
43 東洋史学 宮嶋 博史 日本帝国主義による朝鮮植民地化の経済過程―一八九四~一九一〇年の南部朝鮮における農業生産を中心に―
44 東洋史学 長島 弘 16世紀インド海上貿易の構造
45 西南アジア史学 余部 福三 十字軍と東アラブ世界―とくにその初期のシリア―
46 西洋史学 田中 峰雄 ヨハンネス・サレスベリエンシスにおける人文主義
47 現代史学 一色 義和 ロシア17年革命初期における社会革命党―第3回党大会を中心に―
48 地理学 小林 致広 Nueva Españaその発見と植民―コルテスにしたがって―
49 地理学 正木 久仁 大都市地域における中心性の階層秩序
50 地理学 岩西 誠二 近世封建社会における都市と商品流通―地方的中心集落をめぐる地理学的諸問題―
51 考古学 中村 友博 伊勢湾地方における弥生文化の成立について―特に伊勢湾第II様式の成立を中心として
52 国語学国文学 出雲路 修 ≪三宝絵≫の編纂意識
53 国語学国文学 川戸 昌 叙述と陳述の間―意義と文法の関係から―
54 国語学国文学 國弘 正義 「人間失格」論―太宰治の関係意識―
55 国語学国文学 高見 三郎 抄物の片仮名づかい
56 国語学国文学 竹下 豊 中世初期万葉受容史の研究―清輔・顕昭の場合―
57 国語学国文学 弦巻 克二 鏡花論―「存在」の超克―
58 国語学国文学 山本 登朗 古今集業平歌における不安
59 国語学国文学 内田 匡子 梅沢本古本説話集―その成立状況と編者考―
60 国語学国文学 内田 賢徳 形式副詞―句の交渉―
61 中国語学中国文学 高田 時雄 上古濁塞音韻尾の検討
62 中国語学中国文学 松尾 良樹 中国音韻史に於けるi音について―三等韻のA.B.C類の相関を論ず―
63 中国語学中国文学 森 博行 呉梅村詩考―長篇詩の主題をめぐって―
64 中国語学中国文学 小池 一郎 中国古代文学における時間意識の変移―「暮れる」ということを中心にして―
65 フランス語学フランス文学 小西 嘉幸 Etude sur Jean-Jacques Rousseau Aspects d’autrui et structure du moi
66 フランス語学フランス文学 西 昌樹 Une étude sur Georges Bataille
67 フランス語学フランス文学 三木原 浩 Romain Rolland La vie heroique des hommes illustres: Beethoven, Michel-Ange et Tolstoi Leur Conception de Dieu et du Royaume de Dieu
68 フランス語学フランス文学 赤井 義弘 Essai sur “Salammbô” de Gustave Flaubert – Motifs personnels et création littéraire –
69 フランス語学フランス文学 藤井 豊 Du lyrisme dans les Premières oeuvres de Jean Giono Un essai de l’interpretation de “Pan”
70 フランス語学フランス文学 山本 省 Valéry, anti-pascalien.
71 英語学英米文学 杉山 直人 Faulkner and the Sartorises
72 英語学英米文学 早津 義雄 A Study of The Rainbow
73 英語学英米文学 宮内 弘 A Stylistic Inquiry into Yeat’s Poetry
74 英語学英米文学 瓜田 澄夫 ‘Love’ in the songs and sonets
75 英語学英米文学 鈴木 繁一 Some Problems in the Third Book of The Faerie Queene
76 ドイツ語学ドイツ文学 岡村 三郎 Max Frisch: Andorra – Vorurteile und Sprache-
77 ドイツ語学ドイツ文学 西原 秋子 Über Rilkies “Neue Gedichte” – Das unglückliche Schauen –
78 ドイツ語学ドイツ文学 藤井 孝士 Rainer Maria Rilkes “Neue Gedichte”
79 ドイツ語学ドイツ文学 山根 宏 Über Thomas Manns “Doktor Faustus”- Die Montage-Technik und der Ende-Roman –
80 言語学 井上 幸和 『古プロシア語母音体系の研究』
81 言語学 下田 美津子 意味の生成過程に関する試論 <身体名詞を含む慣用連語を例として>
82 言語学 平岡 洋子 「フラメンカ」における中世プロヴァンス語の代名動詞の用法
83 イタリア語学イタリア文学 中澤 正信 ダンテの政治思想―「神曲」の数歌をめぐって―