閲覧・複写・貸出

学位論文や視聴覚資料など、利用に一部制限のある資料があります。詳しくは資料別利用案内をご覧ください。

利用資格

閲覧・複写 すべての方が利用できます
貸出 本学学生,院生,教職員,名誉教授,文学研究科元教授
書庫内検索 文学研究科・文学部所属者,文学部・院卒業生,文学研究科元教授,本学教職員,名誉教授 人間・環境学研究科院生,教育学研究科院生
  • 他部局(人間・環境学研究科・教育学研究科を除く)学生、院生、聴講生、研修員の方は入庫できません。利用を希望される図書の「配置場所」「請求記号」が記載されたメモと身分証をカウンターに提出してください。書庫内資料の利用の申し込み17:00までです。
  • 学外の方は、利用を希望される資料を事前にFAXなど文書でお問い合わせください。詳しくはこちら

書庫内検索

入庫の際は、カウンターへ身分証を提出の上、職員から渡されたバッジを装着してください。荷物の持ち込みはできませんので、閲覧室入口横のロッカーか書庫入口横の荷物置場をご利用ください。

  • 財布等貴重品は必ず身につけてください。
  • 筆記用具とノート類は持ち込み可能です。
  • パソコンや図書の持ち込みを希望される場合は、カウンターにお申し出ください。
  • 利用後は必ずバッジをご返却ください。

閲覧

閲覧室内の資料は自由に閲覧いただけます。書庫内の資料を閲覧室で利用する場合は、貸出の手続をとるか、備え付けの「閲覧証」に必要事項を記入の上カウンターへ提出してください。

複写

貸出の手続をとるか、「閲覧証」に必要事項を記入の上カウンターへ提出してください(※後者の場合は、当日のみの利用となりますので、コピーを終えた図書を19:00までにカウンターへご返却ください。「閲覧証」の確認をします)。

複写は、研究室か、閲覧室メイン入口横のコピー室でのみ可能です。コピー室には大学生協コピーカード専用機が2台設置されています。備え付けの「文献複写申込書」に必要事項を記入の上、コピー室のポストに投函してください。

複写

ご注意ください

和装本のコピーは、資料保存上認められません。マイクロフィルム撮影による複写のみ可能です。マイクロフィルム文献複写を申し込む際は、「図書・史料(全巻・部分)撮影許可願」を提出してください。

貸出冊数・貸出期間

貸出は、カウンターでの手続きが必要です。図書にバーコードラベルが貼られていない場合は、「図書借用証」をカウンターへ提出してください。

*雑誌、閲覧室内の参考図書、学位論文、貴重図書、マイクロ資料、CD/DVD-ROM等は貸出ができません。雑誌と参考図書以外は、当日17:00までの利用となりますのでご注意ください。

文学部・文学研究科在籍者 冊数 期間
学生,聴講生,科目等履修生 25冊 2ヶ月
院生,研修員,研究生,研究員,院聴講生,院科目等履修生 40冊 2ヶ月
教職員,外国人研究者,名誉教授,元教授 65冊 1ヶ年
他学部・研究科在籍者 冊数 期間
学生,院生,聴講生,科目等履修生,研修員,研究生,研究員 10冊 2週間
教職員,名誉教授 10冊 1ヶ月

貸出期間の延長(貸出更新)

貸出期間の延長を希望される場合は、MyKULINEあるいは,返却期限内に身分証および貸出中の資料を持参の上で、カウンターにて所定の手続きを行ってください。延長は一度だけ可能です。
ただし、延長を希望される図書に予約が入っている場合は延長できません。

【!】電話では受け付けません。

予約

貸出を希望される図書が貸出中の場合は、予約をすることができます。MyKULINEに登録済の方は、KULINE(オンライン蔵書検索)の検索結果の画面の「予約する」ボタンから手続きをしてください。未登録の方はカウンターへお尋ねください。

ご注意ください

返却期限を過ぎた図書がある場合は新たな貸出、貸出の延長・予約はできません。 また、延滞していた日数分、貸出を受けられません。

返却

開館中はカウンターへ資料を返却してください。やむを得ず閉館後の返却となる場合は、一部の資料を除き、閲覧室メイン入口横にある返却ポストに返却することができます。

【!】次の資料は必ずカウンターへ返却願います。

返却ポストに入れないで!
  • 一時持ち出し図書(当日利用のみ)
  • 和装(線装)本
  • 破損の恐れのある傷んだ資料
  • 特殊文庫資料
  • CD/DVD-ROM、フロッピーディスク、地図などの付録が貼付されている図書
  • 大型図書