Updated:July-29-2017

発表

20172016 2015  2014 2013 2012 2011 2010  2009 2008 2007 2006 2005  2004 2003 2002 2001 2000  1999 1998 1997 1996 1995  1994 1993 1992 1991 1990  1984-1989 

2017
Itakura, S. (2017). Pro-social behavior in young infants: Fairness, helping, and empathy. Invitede talk at The 3rd International Symposium on Child Developmental Science. (Hangzhou College of Early Childhood Teachrea' Education, Zhejiang Normal University, Hangzhou, China June 3〜6、2017).
板倉昭二 (2017) 乳幼児における向社会行動―公平感、援助、および同情 新・社会心理学コロキウム (2017年7月21日 東京大学 東京)
板倉昭二(2017) 乳幼児における向社会行動 同志社大学良心学研究センター・赤ちゃん学研究センター 合同シンポジウム (2017年7月28日 同志社大学 京都)
2016
Sato, A., Sato, T., Lewis, C., Ishikawa, Y., Saito, Y., Itakura, S., & Horikawa, E. (2016). The curse of technology? Electronic books reduce joint attention between mother and infant. Society for Research in Child Development Special Topic Meeting Technology and Media in Children's Development, Irvine (Oct 27-30, 2016, USA)
Sato, A., Sato, T., Lewis, C., Ishikawa, Y., Saito, Y., Itakura, S., & Horikawa, E. (2016). The message is in the medium: Electronic vs. paper picture-books influence joint attention in mother-infant interaction. First Lancaster Conference on Infant and Child Development, Lancaster (Aug 25-27, 2016, England) (Travel Award 受賞)
Koster, M., Itakura, S., & Kartener, J. (2016).The development of cultural cognition: perceptual processes and observational learning in different cultures. XXIII BIENNIAL CONGRESS ON HUMAN ETHOLOGY,Stirling (Aug 1-5, 2016, Scotland) (Poster Award 受賞)
Koster, M., Itakura, S., & Kartener, J. (2016). Cognitive and motivational underpinnings of early helping behavior. XXIII BIENNIAL CONGRESS ON HUMAN ETHOLOGY, Stirling (Aug 1-5, 2016, Scotland)
Ishikawa, M., Itakura, S., & Tanabe, H. (2016). Effects of autistic traits and the context use on social cognitions: A mediation analysis, The 31st International Congress of Psychology (July 24-29, 2016, Yokohama, Japan, PACIFICO Yokohama)
Kim, S., Paulus, M., Sodian, B., Itakura, S., Ueno, M., Senju, A., Proust, J. (2016). Metacognitive abilities and theory of mind in Japanese and German children, The 31st International Congress of Psychology (July 24-29, 2016, Yokohama, Japan, PACIFICO Yokohama)
Yamamoto, H., Sato, A., & Itakura, S. (2016). Development of daily gaze communication between infant and mother, The 31st International Congress of Psychology (July 24-29, 2016, Yokohama, Japan, PACIFICO Yokohama)
Furuhata, N., Sato, A., & Itakura, S. (2016). The development of joint action coordination with parent in young children, The 31st International Congress of Psychology (July 24-29, 2016, Yokohama, Japan, PACIFICO Yokohama)
Suk, Y., Zhao, W., Hamlin, K., & Itakura, S. (2016). Do infants refer the social evaluation by others? The 31st International Congress of Psychology (July 24-29, 2016, Yokohama, Japan, PACIFICO Yokohama)
Okanda, M., & Itakura, S. (2016). Understanding violations of Gricean maxims in typically developing preshoolers and adults, The 31st International Congress of Psychology (July 24-29, 2016, Yokohama, Japan, PACIFICO Yokohama)
Surian, L., Meristo, M., Ueno, M., & Itakura, S. (2016). Building blocks of moral competence: Do infants link the domains of harm and fairness? The 31st International Congress of Psychology (July 24-29, 2016, Yokohama, Japan, PACIFICO Yokohama)
Itakura, S., & Okumura, Y. (2016). The cognitive studies of eye gaze, The 31st International Congress of Psychology (July 24-29, 2016, Yokohama, Japan, PACIFICO Yokohama)
Itakura, S. (2016). Developmental Cybernetics: Infant Perceptions of Nonhuman Agents, The 31st International Congress of Psychology (July 24-29, 2016, Yokohama, Japan, PACIFICO Yokohama)
Itakura, S., Imada, T., & Carlson, S. (2016). East-West Cultural Differences in Context-Sensitivity Are Evident in Early Childhood, 24th Biennial Meeting of the International Society for the Study of Behavioural Development (July 10-14, 2016, Vilnius, Lithuania, Radisson BLU Hotel Lietuva
Koster, m., Itakura, S., & Kartner, J. (2016). Infants understanding of other's needs as a universal precoursor of early helping behavior. Symposium "Cognitive and motivational understandings of early helping behavior." 2016 International Conference of Infant Study (May 26-28, 2016, New Orleans, USA, Hilton riverside.)
Koster, M., Itakura, S., & Koster, J. (2016). The role of maternal scaffolding during task assignment in the early ontogeny of helping behavior: A cross-cultural perspective. Symposium "The many faces of experience: The role of early experience and individual factors in the development of prosocial behavior. 2016 International Conference of Infant Study (May 26-28, 2016, New Orleans, USA, Hilton riverside.)
Surian, L., Merist, M., Ueno, M., & Itakura, S. (2016). Infants expect helpers but not hinderers to carry out fair distributions of resources. Symposium "Cognitive and motivational underpinning of early helping behavior. 2016 International Conference of Infant Study (May 26-28, 2016, New Orleans, USA, Hilton riverside.)
Itakura, S. (2016) Nonverbal theory of mind: Evidence in Japanese children. Invited talk at DAVIDNORM Workshop (May 31-June 1, 2016, Ecole Normale Superieure, Paris)
板倉昭二・國吉康夫・竹下秀子・諸隈誠一・小西行郎 (2016). 日本赤ちゃん学会公開シンポジウム2はじまりとしての赤ちゃん 日本赤ちゃん学会第15回学術集会 (同志社大学 京都 2016.5.21.22)
池田彩夏・小林哲生・板倉昭二 (2016). 乳幼児の言語レジスターに対する感受性 ―聞き手に応じたInfant-Directed SpeechとAdult-Directed Speechの使い分けの理解の検討― 日本赤ちゃん学会第15回学術集会 (同志社大学 京都 2016.5.21.22)
奥村優子・鹿子木康弘・小林哲生・板倉昭二 (2016). 乳児期の視線追従及び物体処理と言語発達の関連 日本赤ちゃん学会第15回学術集会 (同志社大学 京都 2016.5.21.22)
古畑尚樹・佐藤徳・板倉昭二 (2016). 幼児期におけるJoint Action の発達過程―親子の協調パターンからの検討― 日本赤ちゃん学会第15回学術集会 (同志社大学 京都 2016.5.21.22)
山本寛樹・佐藤徳・板倉昭二 (2016). 乳児の歩行発達に伴う、視線コミュニケーションの変化の検討 日本赤ちゃん学会第15回学術集会 (同志社大学 京都 2016.5.21.22)
2015
Hyodo, M., Itakura, S., Kitazaki, M. (2015). Equality in distributive justice to virtual characters. (The 2015 International Conference on Advanced Information: Concepts, Theory, and Application (ICAICTA 2015), Bang Saen, Thailand, August 19-22,2015). BEST PAPER AWARD
板倉昭二 (2015).向社会行動の発達 日本赤ちゃん学会シンポジウム「乳児の発達からわかること」 招待講演 日本赤ちゃん学会第15回学術集会 (かがわ国際会議場 香川 2015.6.27-28)
奥村優子・池田彩夏・小林哲生・松田昌史・板倉昭二 (2015).幼児は他者に見られていることを気にするのか―良い評判と悪い評判への関心― 日本赤ちゃん学会第15回学術集会 (かがわ国際会議場 香川 2015.6.27-28)
板倉昭二 (2015).乳児の向社会行動と感情 日本感情心理学会第23回大会 シンポジウム「感情と社会性の発達」 招待講演 日本感情心理学会第23回大会 (新渡戸文化短期大学 東京 2015.6.13-14)
Okumura, Y., Kanakogi, Y., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2015). Individual differences in object-processing explain relation between gaze following and vocabulary size. (Workshop of Infant Language Development 2015 (WILD 2015), Stockholm, Sweden, June 10-12, 2015)
Ikeda, A., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2015). Early comprehension of sound-symbolic words in Japanese infants. (Workshop of Infant Language Development 2015 (WILD2015), Stockholm, Sweden, June 12, 2015)
Itakura, S. (2015). From whom do infants learn? -Comparative pedagogical agent study- . Invited talk at The Second International Symposium on Early Childhood and Developmental Neuroscience (Hangzhou, May 25 - 27, 2015)
奥村優子・小林哲生・鹿子木康弘・板倉昭二 (2015). 乳児期の視線追従及び物体処理と言語発達の関連―語彙カテゴリに基づく分析―. ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 HCS2015年5月研究会 (沖縄産業支援センター 2015.5.19-20)
Itakura, S. (2015). Mind in nonhuman agents: Challenge of the Developmental Cybernetics. Invited talk at Istanbul Kemerburgaz University (Istanbul, April 22, 2015)
Okumura, Y., Kanakogi, Y., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2015). Individual differences in object processing by gaze following predict language development. (2015 Biennial Meeting of Society for Research in Child Development (SRCD2015), Philadelphia, USA, March 19-21, 2015)
Ikeda, A., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2015). Understanding of the register of IDS and ADS: Evidence from Japanese-learning toddlers. (Budapest CEU Conference on Cognition Development, Budapest, Hungary, January 8, 2015)
Iijima, M., Senju, A., & Itakura, S. (2015). 12-month-old infants attribute agent's action goal to face. (Budapest CEU Conference on Cognition Development, Budapest, Hungary, January 9, 2015)
Yamamoto, H., & Itakura, S. (2015). How do spontaneous movements with standing affect duration of the standing? Description and prediction from participant observation. (Budapest CEU Conference on Cognition Development, Budapest, Hungary, January 10, 2015)
板倉昭二 (2015). ロボットを通して探る子どもの心 Developmental Cyberneticsの挑戦. ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 招待講演(小豆島 2015.1.31)
2014
板倉昭二 (2014). 意識の始まり―社会的意識の始まり―. 第2回新胎児学研究会 招待教育講演(高松 かがわ国際会議場 2014.11.15)
向井田真衣・板倉昭二 (2014). Perceptual narrowingは領域共通か. 関西心理学会第126回大会(大阪市立大学 2014.11.9)(研究奨励賞受賞)
Itakura, S. (2014). Social learning in infants: From a human or a robot? Invited talk at Davidnorm Work Shop(Paris, Ecole Normale Superieure, 2014, Oct.2.)
向井田真衣・板倉昭二 (2014). perceptual narrowingは領域共通か―音声刺激および顔しげきを用いた検討―. 日本赤ちゃん学会第14回学術集会(日本女子大学 2014.6.21-22)
上野美果・Meristo Marek・板倉昭二 (2014). 15ヵ月児における公平感―社会的評価との関係―. 日本赤ちゃん学会第14回学術集会(日本女子大学 2014.6.21-22)
池田彩夏・小林哲生・板倉昭二 (2014). 日本人1歳児におけるオノマトペの理解―一般語との比較から―. 日本赤ちゃん学会第14回学術集会(日本女子大学 2014.6.21-22)
Okumura, Y., Kanakogi, Y., Kanda, T., Ishiguro, H., & Itakura, S. (2014). Twelve-month-old infants can use robot gaze for object learning: The effect of verbalization. (XIX Biennial International Conference on Infant Studies, Berlin, Germany, July 3-5, 2014)
Asada, K., Itakura, S., Okanda, M., Moriguchi, Y., Yokowa, K., Konishi, K., Kumagaya, S., & Konishi, Y. (2014). Development of pragmatic language understanding in children with autism spectrum disorder. (International Meeting for Autism Research, 140.076, Atlanta, USA, May, 2014).
Suzuki, Y.,Galli, L., Ikeda, A., Itakura,S., & Kitazaki, M. (2014). Electroencephalography study of empathy for pain of human and robot (21th Annual Meeting of Cognitive Neuroscience Society, Boston, MA, USA,8th-April,2014).
周悦・板倉昭二 (2014). 幼児における情動音楽に対する選好の多様性について. 第25回日本発達心理学会(京都大学 2014.3.21-23)
奥村優子・鹿子木康弘・板倉昭二 (2014). 乳児は養育環境の方言話者に対して社会的選好を示すか. 第25回日本発達心理学会(京都大学 2014.3.21-23)
奥村優子・鹿子木康弘・板倉昭二 (2014). 12ヶ月児における方言話者に対する社会的選好. 京都大学心の先端研究ユニット 2013年度総会(京都大学 2014.2.16)
Okumura, Y., Kanakogi, Y., Kanda, T., Ishiguro, H., & Itakura, S. (2014). Can infants use robot gaze for object learning? The effect of verbalization. (Budapest CEU Conference on Cognition Development, Budapest, Hungary, January 9-11, 2014)
2013
板倉昭二(2013).乳幼児における感情の発達 シンポジウム「感情を探る」. 日本情動学会第3回大会(京都大学稲盛財団記念館 2013.12.7.)
Okanda,M.,Itakura,S.(2013). Do Preschoolers Exhibit a Yes Bias TO Complex Yes-No Questions Regarding To Their Knowledge? (18th Meeting of The European Society for Cognitive Psycology,Budapest,Hungary,August 29-September 1,2013).
藤田和生・板倉昭二・島田将喜・伴碧・大塚穂波(2013).「ふり遊びに見る認知的メタプロセスの発生」.日本心理学会第77回大会 公募シンポジウム(北海道医療大学 2013.9.19-21.)
板倉昭二・北崎充晃・石黒浩・嶋田総太郎・奥村優子(2013).「Developmental Cybernetics:ヒトらしさロボットらしさ」.日本心理学会第77回大会 公募シンポジウム(北海道医療大学 2013.9.19-21.)
小林哲生・板倉昭二・村瀬俊樹・針生悦子・南泰浩・岡夏樹・高根芳雄(2013).「言語発達研究の新展開―1歳代で起こる語彙発達の大きな変化を捉える―」. 日本心理学会第77回大会 公募シンポジウム(北海道医療大学 2013.9.19-21.)
浅田晃佑・板倉昭二・大神田麻子・森口佑介・熊谷晋一郎・小西行郎(2013).自閉症スペクトラム障害児における語用論理解の発達. 日本心理学会第77回大会(北海道医療大学 2013.9.19-21.)
Iijima, M., Goto, K., & Itakura, S. (2013). Four-year-old children perceive emergent Gestalts as adults do. Australian Human Development Association 18th Biennial Conference (Gold Coast, Australia, July 4, 2013)
Itakura, S. (2013). Mind in nonhuman agents: Challenge of Developmental Cybernetics. Invited talk at the Theory of Mind Symposium, Australian Human Development Association 18th Biennial Conference (Gold Coast, Australia, July 1, 2013)
Itakua, S. (2013). Mind in nonhuman agent: Developmental Cybernetics. Invited talk at The First International Symposium on Early Childhood Education and Developmental Neuroscience. (Zhejiang Nomal University, Hangzhou, China, June 1, 2013)
Itakura, S. (2013). New science of child development: Developmental Cybernetics. Invited talk at University of Western Sydney. (Sydney, Australia, June 28, 2013)
Itakura, S. (2013). Challenge of the Developmental Cybernetics: New science of child development. Invited talk at Zhejiang University. (Department of Psychology, Zhejiang University, Hangzhou, China, May 29, 2013)
山本静里奈・板倉昭二(2013).1歳児における死の概念. 期待違反法を用いた生命の不可逆性の理解の検討. 日本赤ちゃん学会第13回学術集会. (アクロス福岡, 2013.5.25-26)
周 悦・板倉昭二(2013)音楽選好と人格との関係について. 日本赤ちゃん学会第13回学術集会. (アクロス福岡, 2013.5.25-26)
池田彩夏・小林哲生・板倉昭二 (2013) オノマトペの示す見た目と触り心地―日本人4歳児におけるオノマトペの共感覚的な理解―. 日本赤ちゃん学会第13回学術集会. (アクロス福岡, 2013.5.25-26)
奥村優子・鹿子木康弘・神田崇行・石黒浩・板倉昭二 (2013). 乳児は物体学習にロボットの視線を利用できるか―コミュニカティブな音声手がかりを用いた検討―. 日本赤ちゃん学会第13回学術集会(アクロス福岡 2013.5.25-26)
Kampis, D., Somogyi, E., Itakura, S., Kiraly, I. (2013). 10-month-olds do not bind preferences to agents. (2013 SRCD Biennial Meeting, Seattle, USA, April 18-20 2013)
Kanngiesser, P., Itakura, S., Kanda, T, Ishiguro, H., Hood, B. (2013). Can robots own the fruits of their labor? Young children's ownership intuitions regarding non-human agents. (2013 SRCD Biennial Meeting, Seattle, USA, April 18-20 2013)
Ikeda, A., Kobayashi, T., Itakura, S. (2013). Crossmodal correspondence of onomatopoeia by 4-year-old Japanese children. (2013 SRCD Biennial Meeting, Seattle, USA, April 18-20 2013)
森口佑介・大神田麻子・篠原郁子・鹿子木康弘・奥村優子・石橋美香子・板倉昭二 (2013). 日本語版心の理論質問紙の作成. 第24回日本発達心理学会(明治学院大学 2013.3.15-17)
奥村優子・板倉昭二 (2013). 前言語期乳児における方言話者に対する社会的選好. 第24回日本発達心理学会(明治学院大学 2013.3.15-17)
池田彩夏・小林哲生・板倉昭二, オノマトペの示す見た目と触り心地―日本人4歳児におけるオノマトペのクロスモーダルな理解―(2013). ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 (高知市文化プラザ 2013.1.24-25)
Ikeda, A., Kobayashi, T., Itakura, S. (2013). Cross-modal matching of onomatopoetic words and visual textures by Japanese 1-year-old infants. (Workshop of Infant Language Development, Donostia, Spain, 2013)
Ikeda, A., Kobayashi, T., Itakura, S. (2013). Abstract comprehension of onomatopoeias in 3- to 4-year-old children. (Child Language Seminar (CLS2013), Manchester, UK, 2013)
Okumura, Y., & Itakura, S. (2013). Preverbal infants show social preferences for native-dialect speakers. (Workshop on Infant Language Development, Donosita-San Sebastian, Spain, June 20-22, 2013)
2012
奥村優子・鹿子木康弘・板倉昭二 (2012). 乳児における参照的視線の理解―ヒトとロボットの比較から―. 関西心理学会第124回大会(滋賀県立大学 2012.10.28)(研究奨励賞受賞)
周悦・Patricia Kanngiesser・神田崇行・嶋田倫博・石黒浩・板倉昭二 (2012). ロボットは労働成果を持てるか?〜ロボットがもつ所有権に関して〜. 第1回人ロボット共生学シンポジウム(東京大学 2012.9.30)
奥村優子・鹿子木康弘・神田崇行・石黒浩・板倉昭二 (2012). 乳児におけるヒトとロボットの視線に対する参照的性質の理解. 第1回人ロボット共生学シンポジウム(東京大学 2012.9.30)
奥村優子・鹿子木康弘・神田崇行・石黒浩・板倉昭二 (2012). ヒトとロボットが乳児の物体学習に与える影響. 日本ロボット学会第30回記念学術講演会(札幌コンベンションセンター 2012.9.17-20)「人ロボット共生学」展開セッション
奥村優子・鹿子木康弘・板倉昭二 (2012). 12ヶ月児における視線追従による物体学習―ヒトとロボットの比較から―. 日本心理学会第76回大会(専修大学 2012.9.11-13)
Itakura,S(2012).Perception of nonhuman agents by human infants. 34the Annual Cognitive Science Conference.(Sapporo,Japan,August 1)
Itakura,S(2012).Understanding infants' mind through a robot:Challenge of Developmental Cybernetics.International Society on Study of Behavior and Development.(Alberta,Canada,July 10)
Okumura, Y., Kanakogi, Y., Kanda, T., Ishiguro, H., & Itakura, S. (2012). The Power of human gaze on infant learning. (XVIII Biennial International Conference on Infant Studies, Minneapolis, Minnesota, June 7-9, 2012)
Kanakogi, Y., Okumura, Y., Inoue, Y., Kitazaki, M., & Itakura, S. (2012). Born to be sympathetic: Preverbal infants prefer victims and not aggressors. (XVIII Biennial International Conference on Infant Studies, Minneapolis, Minnesota, June 7-9, 2012)
山本寛樹・松永雅之・山本裕巳・板倉昭二 (2012)チンパンジーにおける行為の意図推論:ヒトの情動表出を手がかりにして. 日本赤ちゃん学会第12回学術集会. (玉川大学, 2012.6.2-3).
池田彩夏・板倉昭二 (2012) 乳幼児における社会的要因がくすぐられた時の反応に与える影響〜なでられたときとの比較による検討〜. 日本赤ちゃん学会第12回学術集会. (玉川大学, 2012.6.2-3).
守田知代・鹿子木康弘・奥村優子・板倉昭二 (2012). 乳児における身体運動能力と身体に対する視覚的走査パターンとの関係. 日本赤ちゃん学会第12回学術集会(玉川大学 2012.6.2-3)
Itakura, S. (2012). Continuity of social cognition: Progress report of cohort study from Japan. Invited lecture at China Medical University (March 23, 2012, Taichung)
Itakura, S. (2012). Understanding an agent: Developmental Cybernetics view. Invited lecture at National Cheng-Chin University. (March 21, 2012, Taipei)
針生悦子・橋彌和秀・金沢創・板倉昭二・杉村伸一郎・友永雅己(2012) 実験発達心理学ワークショップ2012 日本発達心理学会第23回大会(名古屋国際会議場 2012.3.9-11)
石井敬子・鳥山理恵・板倉昭二 (2012) 乳児における日米の塗り絵に対する選好 日本発達心理学会第23回大会(名古屋国際会議場 2012.3.9-11
久津木文・守田知代・板倉昭二 (2012) . 表情から行動予測ができる乳児はどのような特徴をもつのか?―9ヶ月と12ヶ月の予測的視線と精神発達・気質の関係―. 日本発達心理学会第23回大会(名古屋国際会議場 2012.3.9-11)
森口佑介・浅田晃佑・大神田麻子・石川勝彦・片桐正敏・板倉昭二 (2012) 語用論発達の実験的検討B 日本発達心理学会第23回大会(名古屋国際会議場 2012.3.9-11)
Okumura, Y., Kanakogi, Y., Kanda, T., Ishiguro, H., Itakura, S. (2012). Powerful influence from humans in infancy. (Budapest CEU Conference on Cognitive Development, Budapest, Hungary, January 12-14, 2012)
Kanakogi, Y., Okumura, Y., Inoue, Y., Kitazaki, M., Itakura, S. (2012). Sympathetic stance in preverbal infants. (Budapest CEU Conference on Cognitive Development, Budapest, Hungary, January 12-14, 2012)
Okanda, M., & Itakura, S. (2012). Do Japanese children say yes to adult interviewers in video? (22nd Biennial Meeting of the International Society for the Study of Behavioural Development. Edmonton, Alberta, Canada,July 8-12, 2012)
2011
Itakura, S. (2011). Understanding an agent: Developmental Cybernetics view. Zhejiang Normal University Lecture (2011. 12/20)
奥村優子・鹿子木康弘・板倉昭二 (2011) 乳児におけるヒトとロボットからの学習. 関西心理学会第123回大会(京都学園大学 2011.11.6)
鹿子木康弘・奥村優子・井上康之・北崎充晃・板倉昭二 (2011) 前言語期乳児における同情的態度. 関西心理学会第123回大会(京都学園大学 2011.11.6)(研究奨励賞受賞)
板倉昭二 (2011) ロボットを通して赤ちゃんを知る:Developmental Cyberneticsの挑戦 日産財団認知科学シンポジウム(東京大学福武ホール、東京、2011年10月9日)
板倉昭二 (2011) 心理学からみる「いのち」 光華女子大学真宗文化研究所セミナー (京都リサーチパーク、京都、2011年10月22日)
奥村優子・鹿子木康弘・板倉昭二 (2011) 乳児は視線から物体を予測するか?―ヒトとロボットにおける検討―. 日本心理学会第75回大会(日本大学 2011.9.15-17)
鹿子木康弘・奥村優子・井上康之・北崎充晃・板倉昭二 (2011)  前言語期乳児における同情的態度―中立な幾何学図形との比較―.  日本心理学会第75回大会(日本大学 2011.9.15-17)
Okanda, M., Kanda, T., Ishiguro, H., Itakura, S. (2011). Do Japanese 3- and 4-year-old children say "yes" to robot's yes-no questions? (15th European Conference on Developmental Psychology, Bergen, Norway, August 23-27, 2011)
Okumura, Y., Kanakogi, Y., Kanda, T., Ishiguro, H., Itakura, S. (2011). Infants predict objects from human gaze but not from robot gaze. (15th European Conference on Developmental Psychology, Bergen, Norway, August 23-27, 2011)
Somogyi, E., Kiraly, I., Itakura, S. (2011). The appreciation of the eye-gaze behaviour of a robot by autistic children. (15th European Conference on Developmental Psychology, Bergen, Norway, August 23-27, 2011)
Ogura, T., Itakura, S., Kutsuki, A. (2011). Nonlinguistic predictors of vocabulary comprehension and production at 18 months. (15th European Conference on Developmental Psychology, Bergen, Norway, August 23-27, 2011)
板倉昭二 (2011) 視線から探る赤ちゃんの心 アイトラキッズ 講演会 招待講演 (2011年8月27日、京都)
板倉昭二 (2011) 赤ちゃんの心の発達 東進スクール大学学部研究会 招待講演 (2011年8月18日、東京)
Itakura, S., Morita, T., Katayama, N., & Kitazaki, M. (2011). Development of understanding human body movement in infancy: Eye tracking study. Workshop "Undersatnding of agents: Emotion, apperance, and movment" at 10th Hawaii International Conference on Social Science (Honolulu June 3, 2011).
奥村優子・鹿子木康弘・神田崇行・石黒浩・板倉昭二 (2011) 乳児におけるヒトとロボットからの学習―視線追従を用いて― 日本赤ちゃん学会第11回学術集会(中部学院大学 2011年5月7日・8日)
鹿子木康弘・奥村優子・井上康之・北崎充晃・板倉昭二 (2011) 前言語期乳児における同情的態度:成人との比較 日本赤ちゃん学会第11回学術集会(中部学院大学 2011年5月7日・8日)
Okumura, Y., Kanakogi, Y., Itakura, S. (2011). Can infants predict objects from human and robot’s gaze cue? (International Workshop for Young Researchers“Knowing self, knowing others”, Kyoto University, Japan, January 29-30, 2011)
Itakura, S. (2011). Development of social mind: Perspective from Developmental Cybernetics. Invited speaker in 2011 Budapest CEU Conference on Cognitive Development. (Budapest, January 15)
2010
Itakura, S. (2010). Development of social mind: A perspective from 'Developmental Cybernetics', Invited lecture at Graduate Institute of Neural and Cognitive Science, China Medical School. (in Taichung, 2010/10/22)
Itakura, S. (2010). Origin of social mind. Invited lecture at the Department of Psychology, Taipei University of Education. (in Taipei, 2010/10/19)
Kitazaki , M., Ono, K., Morita, T., Katayama, N., & Itakura, S. (2010). Biomechanical constraint of human and robot In Workshop of "Human-Robot Symbiosis: Synergetic creation of human-robot relationships", IROS 2010 (in Taipei, 2010/10/18, Taipei International Convention Center)
三浦佳世・山口真美・板倉昭二・Jeong Yoonkyung・Kim Geunyoung・鈴木華子・内田伸子(2010) 子供の発達と育児の文化差 日本心理学会・韓国心理学会共同企画シンポジウム 日本心理学会第74回大会(大阪大学 2010.9.20-22)
藤田和生・板倉昭二・上原泉・中村哲之・吉川左紀子・清水寛之 (2010)認知的メタプロセスの進化と発達 日本心理学会第74回大会(大阪大学 2010.9.20-22)
杉浦元亮・佐藤徳・宮腰誠・宮ア美智子・尾崎由佳・板倉昭二(2010)「自己」の心理学研究に脳マッピングは役立つか?―心理学諸領域からの懐疑と期待 日本心理学会第74回大会(大阪大学 2010.9.20-22)
鹿子木康弘・奥村優子・北ア充晃・板倉昭二(2010)乳児は攻撃者・非攻撃者のどちらを好むのか? 日本心理学会第74回大会(大阪大学 2010.9.20-22)
守田知代・久津木文・板倉昭二・柿木隆介(2010)事物に向けられた他者表情観察時における視線パターン 日本心理学会第74回大会(大阪大学 2010.9.20-22)
小椋たみ子・板倉昭二・久津木文(2010)1歳半の語彙理解、語彙表出に関与する非言語能力 日本心理学会第74回大会(大阪大学 2010.9.20-22)
奥村優子・鹿子木康弘・板倉昭二(2010)エージェントの違いが視線追従行動に与える影響―ヒトとロボットの比較― 日本心理学会第74回大会(大阪大学 2010.9.20-22)
鳥山理恵・板倉昭二(2010)信頼性判断における過去の行動履歴の使用−小学生を対象として− 日本心理学会第74回大会(大阪大学 2010.9.20-22)
Itakura, S. (2010). Development of social mind: A perspective from "Developmental Cybernetic", Keynote address for British Psychological Society Meeting, Developmental Section (September, 13, at London)
Itakurs, S. (2010). Continuity of social mind: a cohort study from Japan, Invited talk at British Psychological Society Meeting, Developmental Section (September, 13, at London)
Tomonaga, M., Itakura, S., Myowa-Yamakoshi, M., Ferrari, P., F. (2010). Looking through the primate eyes: recent advances in the gaze behavior in human and nonhuman primates from the comparative-cognitive perspective. (International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010, Kyoto University, Kyoto, Japan, September 12-18, 2010)
Inoue, Y., Inoue, E., Hayashi, M., Itakura, S. (2010). A nonverbal false-belief task in gibbons, Chimpanzees and human chidren. (International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010, Kyoto University, Kyoto, Japan, September 12-18, 2010)
Itakura, S. (2010). Development of social brain. Mini Symposium, "Introduction of Japan-US Brain Research Cooperative Program" (Neuro 2010, Kobe International Convention Center, Japan, Sept. 2-4, 2010)
守田知代・小坂浩隆・齋藤大輔・石飛信・棟居俊夫・板倉昭二・大森晶夫・岡沢秀彦・和田有司・定藤規弘(2010)広汎性発達障害における自己評価プロセス:fMRI研究 Nuero 2010(神戸国際会議場 2010.9.2-4)
鹿子木康弘・板倉昭二(2010)乳児における他者の行為予測と自身の運動能力との関連 日本赤ちゃん学会第10回学術集会(東京大学 2010.6.12-13)
漏安莉・大神田麻子・板倉昭二(2010)子供と他者のコミュニケーションに関する研究 -肯定バイアスの検討- 日本赤ちゃん学会第10回学術集会(東京大学 2010.6.12-13)
守田知代・北崎充晃・板倉昭二(2010)乳児における身体運動認知の発達―瞳孔径を用いた検討― 日本赤ちゃん学会第10回学術集会(東京大学 2010.6.12-13)
奥村優子・鹿子木康弘・板倉昭二(2010)社会的・非社会的刺激が乳児の学習に及ぼす影響 日本赤ちゃん学会第10回学術集会(東京大学 2010.6.12-13)
朱静・板倉昭二(2009)映像刺激による社会的相互作用は物に対する学習を促進するか―人とロボットの場合 日本赤ちゃん学会第10回学術集会(東京大学 2010.6.12-13)
Itakura, S. (2010). Perception of social causality: A developmental perspective. (9th Hawaii International Conference on Social Sciences, Honolulu, Hawaii USA, June 2-5, 2010)
Itakura, S., Watanabe, H., Zhu, J., Kitazaki, M.(2010) Televised Social Interaction and Object Learning From a Human or a Robot. (International Conference on Infant Studies(ICIS), Baltimore, MD, USA. March 11-14, 2010)
橋彌和秀・友永雅己・金沢創・板倉昭二(2010) 実験発達心理学ワークショップ2010 日本発達心理学会第21回大会(神戸国際会議場 2010.3.26-28)
瀬野由衣・森口佑介・大神田麻子・岸本健・篠原郁子・板倉昭二(2010) 乳幼児のコミュニケーション再考:「他者」との間に立ち上がる世界を科学的に探求する 日本発達心理学会第21回大会(神戸国際会議場 2010.3.26-28)
鹿子木康弘・森口佑介・板倉昭二(2010) 就学前児において抑制能力はソースモニタリングに寄与するか?−中国人就学前児を対象として− 日本発達心理学会第21回大会(神戸国際会議場 2010.3.26-28)
久津木文・守田知代・板倉昭二(2010) 乳児期における情動と事物の関係の理解 日本発達心理学会第21回大会(神戸国際会議場 2010.3.26-28)
Itakura, S., Liu, D., & Meltzoff, A. (2010). Development of social brain. Japan-US Brain Research Workshop. (The University of Tokyo, Tokyo, Japan, January 23-24, 2010)
Itakura, S. (2010). Development of Social Mind: Perspective from Developmental Cybernetics. (Japan-US Brain Research Workshop "Development of social brain.", The University of Tokyo, Tokyo, Japan, January 23-24, 2010)
Asada, K., Tomiwa, K., Okada, M., Itakura, S. (2010). Pragmatic language deficits in children with Williams syndrome. (Japan-US Brain Research Workshop "Development of social brain.", The University of Tokyo, Tokyo, Japan, January 23-24, 2010)
Kanakogi, Y., Itakura, S. (2010). The correspondent link between action prediction and motor ability in early infancy. (Japan-US Brain Research Workshop "Development of social brain.", The University of Tokyo, Tokyo, Japan, January 23-24, 2010)
Kutsuki, A., Ogura, T., Itakura, S., Japan Children's Study Group. (2010). Effects of early social cognition on later development. (Japan-US Brain Research Workshop "Development of social brain.", The University of Tokyo, Tokyo, Japan, January 23-24, 2010)
Morita, T., Kosaka, H., Saito, N. D., Ishitobi, M., Munesue, T., Itakura, S., Omori, M., Okazawa, H., Wada, Y., Sadato, N. (2010). Cingulate cortex dysfunction during self-face evaluation in pervasive developmental disorders. (Japan-US Brain Research Workshop "Development of social brain.", The University of Tokyo, Tokyo, Japan, January 23-24, 2010)
2009
板倉昭二(2009) 赤ちゃんの謎に迫る:認知発達心理学から 日本心理学会公開シンポジウム 招待講演 (東京)
Kanakogi, Y., Itakura, S. (2009). The correspondent link between action prediction and motor ability in early infancy. (Primate Research Institute, Kyoto University, Symposium of Coopertaive Research Program 2009: 5th International Inuyama Comparative Social Cognition Symposium (iCS2:5), Large Conference Room, Primate Research Institute, Kyoto University, Inuyama, Aichi, Japan, December 19-20, 2009)
Okumura, Y., Siegal, M., Itakura, S. (2009). Bilingual advantage of conversational understanding: A comparison between English‐Japanese bilingual children and Japanese monolingual children. (Primate Research Institute, Kyoto University, Symposium of Coopertaive Research Program 2009: 5th International Inuyama Comparative Social Cognition Symposium (iCS2:5), Large Conference Room, Primate Research Institute, Kyoto University, Inuyama, Aichi, Japan, December 19-20, 2009)
Morita, T., Kosaka, H., Saito, N. D., Ishitobi, M., Munesue, T., Itakura, S., Omori, M., Okazawa, H., Wada, Y., Sadato, N. (2009). Abnormal self-awareness in pervasive developmental disorders. (International Symposium: New Frontiers in Social Cognitive Neuroscience, Sendai, Japan, November 27, 2009)
伊村知子・足立幾磨・服部裕子・友永雅己・北川智利・北崎充晃・鹿子木康弘・板倉昭二(2009) 「身体」の知覚・認識研究の今後〜比較発達によるアプローチ 日本動物心理学会第69回大会(岐阜大学 2009.9.25-27)
Itakura, S. (2009). Development of sociability. Invited talk at the Departmental colloquium series in the Human Development and Applied Psychology Department of OISE/UT. (Toronto, 2009.9.16)
Itakura, S. (2009). Development of mentalizing in human infants. Invited lecture in "Emotional animals, Sensible humans" International GCOE symposium of Keio University.
南哲人・後藤紀美子・板倉昭二・北崎充晃・中内茂樹(2009)大人と乳児の顔処理における色情報の影響:事象関連電位による研究 第32回日本神経科学学会(2009.9.16-18)
板倉昭二(2009) 子育てを手助けする情報環境の構築―社会性の発達の視点から 第6回子ども学会議公開シンポジウム「子育てを手助けする『頼りになる情報環境の』構築に向けて」(オーガナイザー:竹林洋一) 日本子ども学会第6回学術集会(お茶の水女子大学 2009.9.12-13)
鹿子木康弘・板倉昭二(2009) 目標予測的な視線の発達−知覚と行為の発達的関連から− 日本心理学会第73回大会(立命館大学 2009.8.26-28)
久津木文・黒木美紗・江上園子・小椋たみ子・板倉昭二(2009) 乳児期の顔への興味と情動理解 日本心理学会第73回大会(立命館大学 2009.8.26-28)
小椋たみ子・黒木美紗・久津木文・江上園子・板倉昭二(2009) 乳幼児期の気質と精神発達 日本心理学会第73回大会(立命館大学 2009.8.26-28)
奥村優子・森口佑介・鹿子木康弘・板倉昭二(2009) 日本の子どもにおける誤信念理解の難しさ−非言語課題を用いた検討− 日本心理学会第73回大会(立命館大学 2009.8.26-28)
板倉昭二・江上園子・小椋たみ子・久津木文・遠藤利彦(2009) 乳幼児における社会的認知の発達−4年間に亘る縦断研究から− 日本心理学会第73回大会(立命館大学 2009.8.26-28)
Asada, K., Tomiwa, K., Okada, M., Itakura, S.(2009). Do Children with Williams Syndrome have a Tendency to Say 'Yes' to Yes-No Questions? (XIVth European Conference on Developmental Psychology, Mykolas Romeris University, Vilnius, Lithuania, August 18-22, 2009)
Itakura, S., Ogura, T., Kutsuki, A., Kuroki, M.(2009). Longitudinal Study of Early Social Perception in Japanese Children. (XIVth European Conference on Developmental Psychology, Mykolas Romeris University, Vilnius, Lithuania, August 18-22, 2009)
Kanakogi, Y., Itakura, S.(2009). Proactive Goal-Directed Eye Movements during Observation of Grasping Actions: In the Case of Adults. (XIVth European Conference on Developmental Psychology, Mykolas Romeris University, Vilnius, Lithuania, August 18-22, 2009)
Moriguchi, Y., Kanda, T., Ishiguro, H., Shimada, Y., Itakura, S.(2009). Do Children Learn Words from a Non-Human Agent? (XIVth European Conference on Developmental Psychology, Mykolas Romeris University, Vilnius, Lithuania, August 18-22, 2009)
Ogura, T., Itakura, S., Kutsuki, A., Kuroki, M., Egami, S.(2009). Early Predictors of Linguistic Abilities at 18 Months. (XIVth European Conference on Developmental Psychology, Mykolas Romeris University, Vilnius, Lithuania, August 18-22, 2009)
Okumura, Y., Moriguchi, Y., Kanakogi, Y., Itakura, S.(2009). Japanese Children's Difficulty with False Belief Understanding. Is it Real or Apparent? (XIVth European Conference on Developmental Psychology, Mykolas Romeris University, Vilnius, Lithuania, August 18-22, 2009)
Toriyama, R., Uchida, Y., Itakura, S. (2009). Ecological difference around younger children: Content analysis of picture books in Japan and Canada. (Third GCOE International Symposium, Hokkaido University, July 31-August 1, 2009)
Itakura, S.(2009). Understanding Others: Challenge from the Developmental Cybernetics. (8th Hawaii International Conference on Social Sciences, Honolulu, Hawaii USA, June 4-7, 2009)
Kanakogi, Y., Itakura, S.(2009). Predictive Goal-directed Eye Movements during Observation of Grasping Actions. (8th Hawaii International Conference on Social Sciences, Honolulu, Hawaii USA, June 4-7, 2009)
Okumura, Y., Moriguchi, Y., Kanakogi, Y., Itakura, S.(2009). Advantage of a Nonverbal Task for Theory of Mind Research. (8th Hawaii International Conference on Social Sciences, Honolulu, Hawaii USA, June 4-7, 2009)
浅田晃佑・岡田眞子・岡崎伸・富和清隆(2009) ウィリアムズ症候群患者の言語能力の特徴:言語性検査の比較から 第51回日本小児神経学会総会(鳥取 2009.5.28-30)
鹿子木康弘・板倉昭二(2009) 目標志向的行為への予測的視線(2)−大人を被験者とした場合− 日本赤ちゃん学会第9回学術集会(滋賀県立大学 2009.5.16-17)
久津木文・黒木美紗・小椋たみ子・江上園子・板倉昭二(Japan Children's Study Group, 2008) 初期の社会的認知と心の理論の関係 日本赤ちゃん学会第9回学術集会(滋賀県立大学 2009.5.16-17)
三野めぐみ・丹下明子・宮澤清・山口昌樹・開一夫・板倉昭二(2009) おむつ交換時の父子のかかわり分析 日本赤ちゃん学会第9回学術集会(滋賀県立大学 2009.5.16-17)
小椋たみ子・黒木美紗・久津木文・江上園子・板倉昭二(Japan Children's Study Group, 2008) 乳幼児期の気質次元と安定性 日本赤ちゃん学会第9回学術集会(滋賀県立大学 2009.5.16-17)
奥村優子・森口佑介・鹿子木康弘・板倉昭二(2009) 心の理論研究に対する非言語課題の有効性−日本と中国の子どもの比較から− 日本赤ちゃん学会第9回学術集会(滋賀県立大学 2009.5.16-17)
丹下明子・三野めぐみ・宮澤清・開一夫・板倉昭二・山口昌樹(2009) 唾液中アミラーゼによる幼児の情動評価 日本赤ちゃん学会第9回学術集会(滋賀県立大学 2009.5.16-17)
浅田晃佑・富和清隆・岡田眞子・板倉昭二(2009) ウィリアムズ症候群児の心の理論の発達 日本発達心理学会第20回大会(日本女子大学 2009.3.23-25)
鹿子木康弘・板倉昭二(2009) 目標志向的行為への予測的視線−大人を被験者とした場合− 日本発達心理学会第20回大会(日本女子大学 2009.3.23-25)
森口佑介・板倉昭二(2009) 乳児における認知的制御 日本発達心理学会第20回大会(日本女子大学 2009.3.23-25)
大神田麻子・板倉昭二(2009) 日仏バイリンガル就学前児の肯定バイアスと語彙能力 日本発達心理学会第20回大会(日本女子大学 2009.3.23-25)
小山高正・中川佳子・武居渡・浅田晃佑(2009) 障害児・者の日本語文法能力の評価 発達障害児・聴覚障害児・ウィリアムズ症候群の特質 日本発達心理学会第20回大会(日本女子大学 2009.3.23-25)
大神田麻子・森口佑介・板倉昭二・三浦優生・浅田晃佑・佐藤賢輔(2009) 語用論発達の実験的検討:定型・非定型発達の両側面から 日本発達心理学会第20回大会(日本女子大学 2009.3.23-25)
板倉昭二・小椋たみ子・久津木文・黒木美紗(認知実験グループ)(2009) 初期的社会的認知と後の能力の関連 すくすくコホート公開シンポジウム 子供たちの明日に向けて(学術総合センター 一橋記念講堂 2009.3.7)
板倉昭二・小椋たみ子・久津木文・黒木美紗(認知実験グループ)(2009) 言語発達と気質の関係 すくすくコホート公開シンポジウム 子供たちの明日に向けて(学術総合センター 一橋記念講堂 2009.3.7)
2008
板倉昭二(2008) 赤ちゃんの心の発達:メンタライジングの視点から 日本学術3分科会連携シンポジウム 「脳と心の発達」 招待講演(東京)
Itakura, S. (2008). Understanding self and others: Studies from nonhuman primates, robotics, and human children. Invited address at Zhejiang Normal University.
板倉昭二(2008) ロボットから知る心の発達 第26回日本ロボット学会学術講演会 ロボティック・サイエンス 招待講演 (神戸)
板倉昭二(2008) メンタライジングの発達 日本認知科学会第25回大会 招待講演 (京都)
Itakura, S. (2008). Social transmission: Whom do you trust? Invited Talk at Selective Trust Work Shop. (Kingston, Canada).
Sadato, N., Morita, T., Itakura, S. (2008). The role of Neuroimaging in Developmental Social Psychology. IMBES Workshop on "Neuroeducation: New Perspectives in Teaching and Learning "(Erice, Sicily, Italy).
Shimada, Y., Komori, N., Nakagawa, K., Kitazaki, M., Itakura, S. (2008). A New Method to Observe Infants' Internal Emotion: A Still Face Study Using Telethermography Video. (XVIth International Conference on Infant Studies,Vancouver, Canada, March 27-29, 2008)
Kuroki, M., Kutsuki, A., Egami, S., Ogura, T. ,Itakura, S.(2008). The Developmental Change in Infants' Responses to Peek-A-Boo Game.(XVIth International Conference on Infant Studies,Vancouver, Canada, March 27-29, 2008)
Ogura, T.,Itakura, S.,Kutsuki, A.,Kuroki, M.,Egami, S.(2008). The Relationship between Imitation Types and Language Development. (XVIth International Conference on Infant Studies,Vancouver, Canada, March 27-29, 2008)
Itakura, S.,Morita, T., Morito, Y., Nakagawa, K., Sadato, N. (2008). Perception of Social Causality in Infants and Adults. (XVIth International Conference on Infant Studies,Vancouver, Canada, March 27-29, 2008)
Komori, N.,Shimada, Y.,Kitazaki, M.,Itakura, S. (2008). Parental Symbolic Behaviors in Picture Book Reading. (Vancouver, Canada, March 27-29, 2008)
Kutsuki, A., Kuroki, M., Egami, S., Ogura, T., Itakura, S. (2008). Development of Different Modals of Request Behavior in 11 and 15-Month-Olds. (XVIth International Conference on Infant Studies,Vancouver, Canada, March 27-29, 2008)
Komori, N.,Shimada, Y.,Morita, T.,Kitazaki, M.,Itakura, S. (2008). Infants Predict Robot and Human's Action. (XVIth International Conference on Infant Studies,Vancouver, Canada, March 27-29, 2008)
Shimada, Y.,Itakura, S. (2008). Infants' Sound Production as an Ontogenetic Origin of Singing. (XVIth International Conference on Infant Studies,Vancouver, Canada, March 27-29, 2008)
Asada, K., Tomiwa, K., Okada, M., Itakura, S.(2008) Do children with Williams syndrome have an impairment in declarative function? (The 12th International Professional Conference on Williams Syndrome, California, USA, July 13-14, 2008)
板倉昭二・藤田和生・中瀬惇・瀧本彩加・渡部幹・大坪庸介(2008) 「公正感の進化と発達 −比較ゲーム論」 日本心理学会第72回大会 (北海道大学 2008.9.19-21)
友永雅己・板倉昭二・開 一夫・明和政子・岡本早苗・Farroni Teresa・Moll Henrike(2008) 「比較認知発達神経科学の動向 - 他者理解の発達的・進化的起源を探る -」 日本心理学会第72回大会 (北海道大学 2008.9.19-21)
中野茂・草薙恵美子・近藤清美・氏家達夫・常田美穂・板倉昭二(2008) 「乳児の社会情動発達過程への交差文脈的アプローチを探る」 日本心理学会第72回大会 (北海道大学 2008.9.19-21)
森口佑介・板倉昭二(2008) 「社会的世界における実行機能の発達的研究」 日本心理学会第72回大会 (北海道大学 2008.9.19-21)
守田知代・板倉昭二・定藤規弘(2008) 「自己顔評価における行動特徴」 日本心理学会第72回大会 (北海道大学 2008.9.19-21)
小椋たみ子・板倉昭二・久津木文・黒木美紗・江上園子(2008) 「1歳半の語彙理解、語彙表出を予測する乳児期の要因」 日本心理学会第72回大会 (北海道大学 2008.9.19-21)
久津木文・黒木美紗・小椋たみ子・江上園子・板倉昭二(Japan Children's Study)(2008) 「選好注視法による乳児の社会刺激に対する反応の分析(2) - クラスタ分析と発達指標の関連 -」 日本心理学会第72回大会 (北海道大学 2008.9.19-21)
板倉昭二・久津木文・黒木美紗・小椋たみ子・江上園子(2008) 「選好注視法による乳児の社会刺激に対する反応の分析(1) - コホートデータからみた発達的変化 -」日本心理学会第72回大会 (北海道大学 2008.9.19-21)
浅田晃佑・富和清隆・岡田眞子・板倉昭二(2008) 「ウィリアムズ症候群児のコミュニケーション特性 - 肯定バイアスの予備的検討から -」日本心理学会第72回大会 (北海道大学 2008.9.19-21)
板倉昭二・北崎充晃・小森伸子・嶋田容子(2008) 「赤ちゃんの心を知る:ITを用いた発達研究」 日本赤ちゃん学会 第8回学術集会 (千里ライフサイエンスセンター 2008.4.12-13)
小森伸子・嶋田容子・北崎充晃・板倉昭二(2008) 「乳児はロボットの行動を予測するか? -視線から見た乳児の「心」の理論の発達-」 日本赤ちゃん学会 第8回学術集会 (千里ライフサイエンスセンター 2008.4.12-13)
久津木文・小椋たみ子・黒木美紗・江上園子・板倉昭二(Japan Children's Study Group, 2008) 「要求行動の発達:モーダルの協調と変化」 日本赤ちゃん学会 第8回学術集会 (千里ライフサイエンスセンター 2008.4.12-13)
黒木美紗・久津木文・江上園子・小椋たみ子・板倉昭二(Japan Children's Study Group, 2008) 「自己鏡映像認知における幼児の表情の変化」 日本赤ちゃん学会 第8回学術集会 (千里ライフサイエンスセンター 2008.4.12-13)
丹下明子・三野めぐみ・今井茂夫・宮澤清・開 一夫・板倉昭二(2008) 「排便認知発達とおむつ外れ後の発達」 日本赤ちゃん学会 第8回学術集会 (千里ライフサイエンスセンター 2008.4.12-13)
嶋田容子・小森伸子・中川(久保)佳弥子・田村健・北崎充晃・板倉昭二(2008) 「乳児の情動研究のツールとしてのサーモグラフィー」 日本赤ちゃん学会 第8回学術集会 (千里ライフサイエンスセンター 2008.4.12-13)
守田知代・板倉昭二・定藤規弘 (2008) 自己顔評価における右側前頭前野の役割の検討,第85回日本生理学会大会 (京王プラザホテル東京 2008.3.25-27)
清水御代明・矢野喜夫・小杉大輔・友永雅己・川合伸幸・片岡基明・板倉昭二・岡本夏木(2008) 「こころを読む」ことの発達・進化・障害 日本発達心理学会第19回大会 (大阪国際会議場 2008.3.19-21)
山口真美・伊藤順子・小西行郎・小椋たみ子・金沢創・板倉昭二・松石豊次郎 (発達心理学会研究交流委員会2008) 新しい乳幼児健診にむけて 日本発達心理学会第19回大会 (大阪国際会議場 2008.3.19-21)
友永雅己・明和政子・板倉昭二・開一夫・山本真也・入來篤史(2008) 比較認知発達神経科学の挑戦2.0 -「他者」とは何か?- 日本発達心理学会第19回大会 (大阪国際会議場 2008.3.19-21)
森口佑介・板倉昭二・旦 直子・木村美奈子・加藤義信 (2008) メディアと認知発達 日本発達心理学会第19回大会 (大阪国際会議場 2008.3.19-21)
鹿子木康弘・森口佑介・板倉昭二 (2008) 内省能力の発達と二次的信念の理解との関連-再帰的な思考の役割から- 日本発達心理学会第19回大会 (大阪国際会議場 2008.3.19-21)
森口佑介・板倉昭二 (2008) 日本人幼児の実行機能の発達を考える 日本発達心理学会第19回大会 (大阪国際会議場 2008.3.19-21)
小椋たみ子・板倉昭二・久津木文・黒木美紗・江上園子 (2008) 社会的認知の発達:1歳半の言語発達に関連する乳児期の要因  日本発達心理学会第19回大会 (大阪国際会議場 2008.3.19-21)
久津木文・小椋たみ子・江上園子・黒木美紗・板倉昭二 (2008) 社会的認知の発達:要求行動の分析の試み 日本発達心理学会第19回大会 (大阪国際会議場 2008.3.19-21)
黒木美紗・久津木文・江上園子・小椋たみ子・板倉昭二 (2008) 社会的認知の発達:peek-a-booにおける乳児の反応 日本発達心理学会第19回大会 (大阪国際会議場 2008.3.19-21)
板倉昭二(2008) 赤ちゃんから子どもへ―心の発達― 都島すくすくフォーラム(J34) 大阪市立総合医療センター
板倉昭二(2008) 広義の「心の理論」の形成過程とコホート研究 領域架橋型シンポジウム 「自閉症スペクトラム研究」
2007
Okanda, M., Itakura, S.(2007) Do You Like This? :Children's Yes Bias toward Subjective Yes-No Questions. (13th European Conference on Developmental Psychology, University of Jena, Germany, August 21-25, 2007)
Moriguchi, Y.,Kanda, T.,Ishiguro, H.,Itakura, S. (2007). Children Mirror a Biological Action, but not a Mechanical Action. (13th European Conference on Developmental Psychology, University of Jena, Germany, August 21-25, 2007)
Itakura, S., Komori, N., Katayama, J.,Kitazaki, M. (2007). Do Infants Prefer Possible Human Movements? (13th European Conference on Developmental Psychology, University of Jena, Germany, August 21-25, 2007)
Kutsuki, A., Egami, S., Ogura, T., Itarura, S. (2007). Triadic Looking Behaviour of 7 and 9 Month-Old Infants Confronted with a Stranger and its Developmental Change. (13th European Conference on Developmental Psychology, University of Jena, Germany, August 21-25, 2007)
Okanda, M., Itakura, S. (2007). Do Children Show a Yes Bias to Yes-No Question Regarding Facial Expression? (13th European Conference on Developmental Psychology, University of Jena, Germany, August 21-25, 2007)
Asada, K., Tomiwa, K., Okada, M., Itakura, S. (2007). Intact imperative function and impaired declarative function in verbal communication of children with Williams syndrome. (13th European Conference on Developmental Psychology, University of Jena, Germany, August 21-25, 2007)
Egami, S., Kutsuki, A., Kuroki, M., Ogura, T., Itakura, S., Kubo, K. (2007). Infants' Responses to the Still-Face Situation at 5-and 9-Month-Old. Focusing on the Gender Difference. (13th European Conference on Developmental Psychology, University of Jena, Germany, August 21-25, 2007)
Tange, A., Mino, M., Miyazawa, K., Hiraki, K., Itakura, S. (2007). Relation between Mother-Infant Interaction and Bowel in Changing Diaper. (13th European Conference on Developmental Psychology, University of Jena, Germany, August 21-25, 2007)
Moriguchi, Y., Tanaka, M., Itakura, S. (2007). Executive Function and Theory of Mind: Evidence from a Comparative Study. (13th European Conference on Developmental Psychology, University of Jena, Germany, August 21-25, 2007)
Komori, N., Katayama, J., Kitazaki, M., Itakura, S.(2007). Do robots feel pain? : Young children's folk robotics. (13th European Conference on Developmental Psychology, University of Jena, Germany, August 21-25 2007)
Shimada, Y., Itakura, S. (2007). Infant Sound Production as Solitude Play. (13th European Conference on Developmental Psychology, University of Jena, Germany, August 21-25, 2007)
Kitazaki, M., Katayama, J., Komori, N. Itakura, S.(2007). Development of visual control of posture in sensitivity function of motion frequency. (Vision Sciences Society meeting, Sarasota, Florida, USA, May 2007)
板倉昭二・小椋たみ子・久津木文・黒木美紗・江上園子・田中大輔・前田忠彦(2007) 社会的認知の発達的変化:視線選好と要求行動の関係 日本赤ちゃん学会第7回学術集会(大宮ソニックシティ 埼玉 2007.6.30-7.1)
小森伸子,守田知代,嶋田容子,北崎充晃,板倉昭二(2007) 乳児における身体動作知覚の発達 −アイトラッカーを用いた検討− 日本赤ちゃん学会第7回学術集会(大宮ソニックシティ 埼玉 2007.6.30-7.1)
黒木美紗・小椋たみ子・江上園子・久津木文・板倉昭二(2007) 社会的随伴性に対する乳児の反応における気質の影響 日本赤ちゃん学会第7回学術集会(大宮ソニックシティ 埼玉 2007.6.30-7.1)
久津木文・小椋たみ子・江上園子・黒木美紗・板倉昭二(2007) 他者の顔への参照行動とコミュニケーション 日本赤ちゃん学会第7回学術集会(大宮ソニックシティ 埼玉 2007.6.30-7.1)
小椋たみ子・板倉昭二・久津木文・江上園子・黒木美紗(2007) 模倣とコミュニケーション能力 日本赤ちゃん学会第7回学術集会(大宮ソニックシティ 埼玉 2007.6.30-7.1)
嶋田容子・片山智佳子・守田知代・Demiral M.・Striano T.・板倉昭二(2007) 共同注視が乳児の対象の選好に与える影響の国際比較 日本赤ちゃん学会第7回学術集会(大宮ソニックシティ 埼玉 2007.6.30-7.1)
丹下明子・三野めぐみ・宮澤清・開一夫・板倉昭二(2007) おむつ交換時における母子相互作用 日本赤ちゃん学会第7回学術集会(大宮ソニックシティ 埼玉 2007.6.30-7.1)
小森伸子・北崎充晃・板倉昭二(2007) 幼児における素朴ロボティックス −ロボットと人工物、生物に対する生物属性付与の違いからの検討− 日本認知心理学会第5回大会(京都大学 2007.5.26-27)
守田知代・森戸勇介・中川佳弥子・定藤規弘・板倉昭二 (2007) ヒトは社会的因果関係をどのように見ているのか 日本認知心理学会第5回大会(京都大学 2007.5.26-27)
守田知代・森戸勇介・中川佳弥子・定藤規弘・板倉昭二 (2007) 乳児における社会的因果関係に対する知覚−アイトラッカーを用いた検討− 日本子ども学会第4回子ども学会議(慶應義塾大学三田キャンパス 2007.9.15-16)
守田知代・板倉昭二・定藤規弘 (2007) 自己顔評価に関わる神経基盤 第12回日本顔学会大会 (日本大学 2007.9.29-30)
板倉昭二(2007) ロボットから知る赤ちゃんの心 京都大学総合博物館レクチャーシリーズno.62
友永雅己・板倉昭二・開一夫・松井智子・守田知代・定藤規弘・福島宏器・上野有理・三浦優生(2007) 比較認知発達神経科学の挑戦(1) - 社会的認知の発達と進化 -  日本心理学会第71回大会 (東洋大学白山キャンパス 2007.9.18-20)
板倉昭二・藤田和生・中瀬惇・森本陽・齊藤崇子・藤永保 (2007) 心の動き - 感情の進化と発達 - 日本心理学会第71回大会 (東洋大学白山キャンパス 2007.9.18-20)
森口佑介・板倉昭二 (2007) ヒト以外の行為者は幼児の行動に影響を与えるか 日本心理学会第71回大会 (東洋大学白山キャンパス 2007.9.18-20)
小森伸子・板倉昭二・北崎充晃 (2007) 2歳児における絵の理解の発達 - 保護者の絵本の読み方と絵の理解の関連に関する予備的検討 - 日本心理学会第71回大会 (東洋大学白山キャンパス 2007.9.18-20)
久津木文・江上園子・板倉昭二・小椋たみ子・中川佳弥子 (2007) 他者への共感性の発達 - 母親と他人の比較 - 日本心理学会第71回大会 (東洋大学白山キャンパス 2007.9.18-20)
江上園子・久津木文・板倉昭二・小椋たみ子・中川佳弥子 (2007) 社会的?随伴性に対する乳児の反応における月齢変化と性差の検討 - 乳児の視線と表情の分析 - 日本心理学会第71回大会 (東洋大学白山キャンパス 2007.9.18-20)
板倉昭二・小森伸子・中川佳弥子・北崎充晃 (2007) Still face場面における乳児の情動 - サーモグラフィーによる検討 - 日本心理学会第71回大会 (東洋大学白山キャンパス 2007.9.18-20)
宮田裕光・板倉昭二・藤田和生 (2007) ヒト3-4歳児における、十字形迷路課題遂行中のプランニング  日本心理学会第71回大会 (東洋大学白山キャンパス 2007.9.18-20)
Itakura, S. (2007). How do we discover mind? Challenge from the Developmental Cybernetics. Invited talk at Zhejiang Normal University Psychology Seminar.
Itakura, S. (2007). When does a mind appear? Challenge from the developmental Cybernetics. Invited talk at Zhejiang University of Sciences.
板倉昭二(2007) 社会的認知の進化と発達−生物学的要因と文化的要因 日本発達心理学会シンポジウム 発達の生物性と文化性 日本発達心理学会第18回大会(埼玉)
森口佑介(2007) 心の理論と実行機能:比較認知研究からの証拠 日本発達心理学会第18回大会(埼玉)
江上園子・久津木文・板倉昭二・小椋たみ子・久保佳弥子(2007) 社会的随伴性に対する乳児の反応の変化 日本発達心理学会第18回大会(埼玉)
小椋たみ子・久津木文・江上園子・板倉昭二・久保佳弥子(2007) 乳児期の気質の構造と一貫性 日本発達心理学会第18回大会(埼玉)
久津木文・江上園子・小椋たみ子・板倉昭二・久保佳弥子(2007) 乳児の視線と社会的情報収集 日本発達心理学会第18回大会(埼玉)
浅田晃佑・富和清隆・岡田眞子・板倉昭二(2007) 要求生起場面におけるウイリアムズ症候群児の自発的コミュニケーションの特徴の検討 日本発達心理学会第18回大会(埼玉)
板倉昭二(2007) 日常的に存在するロボット:Developmental cybernetics ロボットラボラトリー トークセッション (大阪市産業創生館)
北崎充晃・片山純一・小森伸子・板倉昭二(2007) 視覚性姿勢制御の周波数特性における発達的変化 日本視覚学会冬季大会(東京工業大学 2007.1.31-2.2)
2006
江上園子・久津木文・小椋たみ子・板倉昭二・久保佳弥子(2006) 乳児における社会的認知の初期発達(2) −第三者の "still face" に対する乳児の表情− 日本心理学会第70回大会(福岡国際会議場 2006.11.3-5)
板倉昭二・江上園子・久津木文・小椋たみ子・久保佳弥子(2006) 乳児における社会的認知の初期発達に関する研究(1) −社会的刺激に対する月齢変化− 日本心理学会第70回大会(福岡国際会議場 2006.11.3-5)
小森伸子・片山純一・北崎充晃・板倉昭二(2006) 絵本読み場面における保護者の活動 −絵を食べるふり行動の生起に焦点を当てた検討− 日本心理学会第70回大会(福岡国際会議場 2006.11.3-5)
久津木文・小椋たみ子・板倉昭二・江上園子・久保佳弥子(2006) 乳児における社会的認知の初期発達(3) −社会的参照の萌芽としての他者への視線の発達− 日本心理学会第70回大会(福岡国際会議場 2006.11.3-5)
宮田裕光・板倉昭二・藤田和生(2006) 迷路課題を用いた、2-4歳児におけるプランニング能力の検討 日本心理学会第70回大会(福岡国際会議場 2006.11.3-5)
森口佑介・実藤和佳子・板倉昭二(2006) メディアと行動制御:テレビの演者は就学前児の行動制御に影響を与える 日本心理学会第70回大会(福岡国際会議場 2006.11.3-5)
小椋たみ子・板倉昭二・江上園子・久津木文・久保佳弥子(2006) 乳児における社会的認知の初期発達(4) −気質との関係− 日本心理学会第70回大会(福岡国際会議場 2006.11.3-5)
板倉昭二・藤田和生・中瀬惇・澤木梨沙・森口佑介・藤永保(2006) 自分を制御する−行動抑制の進化と発達− 日本心理学会第70回大会(福岡国際会議場 2006.11.3-5)
大神英裕・実藤和佳子・板倉昭二・友永雅己・平井真洋・Meltzoff Andrew N.(2006) 他者を知る −乳幼児期における他者弁別、注意の共有、そして他者意図理解− 日本心理学会第70回大会(福岡国際会議場 2006.11.3-5)
Morita, T., Itakura, S., Saito, N. D., Harada, T., Sadato, N.(2006) Neural activity associated with self-conscious emotion: fMRI study. (12th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping, Florence, Italy, June 11-15, 2006)
Itakura, S. (2006). Do infants prefer human possible movement? Kyoto University -University of Lancaster Joint Symposium. (Lancaster)
板倉昭二(2006) メンタライジングの発達:心を見出す心の発達 物性研究会 (京都大学基礎物理研究所)
嶋田容子・板倉昭二(2006) 乳児の声の遊び 日本音響学会聴覚研究会 (函館)
Komori, N., Katayama, J., Kitazaki, M. Itakura, S. (2006). Do infants prefer possible human movements?The 5th International Conference of the Cognitive Science. July 26, 2006 Vancouver, Canada
Itakura, S. (2006). Inferring the goals of a robot: Reenactment of failed goal paradigm with a robot. Symposium at Infant's conceptual representation of international agent. The 15th Biennial Meeting of the International Society for Infant Study at the Westin Miyako Hotel in Kyoto, Japan, June 19- 23, 2006.
Itakura, S. (2006). Gaze processing in human infants: Sensitivity to eyes and visual attention following. Invited Symposium at Gaze and Attention. The 15th Biennial Meeting of the International Society for Infant Study at the Westin Miyako Hotel in Kyoto, Japan, June 19- 23, 2006.
Moriguchi Y., Sanefuji W. Itakura S.(2006).Behavioral disinhibition transmits from television to young children.?Poster presented of the 19th Biennial Meeting of the International Society for the Study of Behavioral Development at the Carlton Crest Hotel in Melbourne, Australia, July 2-6, 2006.
Moriguchi Y. Itakura S. (2006). Understanding other pointing: Development of pointing comprehension in the third year of life. ?Poster presented of the 15th Biennial Meeting of the International Society for Infant Study at the Westin Miyako Hotel in Kyoto, Japan, June, 19- 23, 2006 .
Mako Okanda Shoji Itakura (2006) Response bias in Asian children: When children show a yes bias? The 15th Biennial Meeting of the International Society for Infant Study at the Westin Miyako Hotel in Kyoto, Japan, June 19- 23, 2006.
Mako Okanda Shoji Itakura (2006) Development of Contingency: How Infants Become Sensitive To Contingency? The 15th Biennial Meeting of the International Society for Infant Study at the Westin Miyako Hotel in Kyoto, Japan, June 19- 23, 2006.
Komori, N., Katayama, J., Kitazaki, M. Itakura, S. (2006). Preference of human movements: Comparison between possible and impossible movements. The 15th Biennial Meeting of the International Society for Infant Study at the Westin Miyako Hotel in Kyoto, Japan, June 19- 23, 2006.
Shimada, Y. Itakura, S. (2006). Adults' affinity with infant sound in accordance with language experiences. The 15th Biennial Meeting of the International Society for Infant Study at the Westin Miyako Hotel in Kyoto, Japan, June 19- 23, 2006.
Asada, K. Itakura, S. (2006). Verbal communication in children with Williams syndrome. The 15th Biennial Meeting of the International Society for Infant Study at the Westin Miyako Hotel in Kyoto, Japan, June 19- 23, 2006.
Toriyama, R., Uchida, Y., Duffy, S., Itakura, S. (2006). A content analysis of picture books in Japan and U.S. (The 15th Biennial Meeting of the International Society for Infant Study at the Westin Miyako Hotel in Kyoto, Japan, June 19- 23, 2006)
Itakura, S. (2006). Understanding of nonhuman agents by infant and adults. Third International Workshop on Evolotional Cognitive Science:"Social Cognition: Evolution, Development, and Mechanism". 21st Century COE Program, The University of Tokyo.
浅田晃佑・板倉昭二(2006). ウィリアムズ症候群児の自発的コミュニケーションの特徴の検討 日本発達心理学会第17回大会
森口佑介・神田崇行・石黒浩・板倉昭二 (2006) 子はヒトの鏡だが、ロボットの鏡ではない? 第4回日本認知心理学会 於 中京大学 2006.8.1-2
森口佑介・板倉昭二 (2006) 「No」と言える子ども-子どもの肯定バイアスについての検討-  第17回日本発達心理学会 於 九州大学 2006.3.20-22
片山純一・井上康之・板倉昭二・北崎充晃(2006) 身体認識とその倒立効果の年齢比較:7歳から成人まで 日本視覚学会冬季大会(工学院大学 2006.1.25-27)
2005
Itakura, S. (2005). Understanding self and others. Psychology Seminar, University of Portsmouth.
Itakura, S. (2005). Development of mental zing: Studies from nonhuman primates, robots, & human infants. Psychology Seminar, University of London.
Moriguchi Y., Itakura S. (2005). "Don't follow me!": Preschoolers' tendency to follow other's action . The 12th European Conference on Developmental Psychology at the University of La Laguna, Tenerife, Spain, August 24-28, 2005.
Moriguchi Y., Imamizu H., Itakura S. (2005). "Are you aware of what you are doing?": Action monitoring in preschool children. The 12th European Conference on Developmental Psychology at the University of La Laguna, Tenerife, Spain, August 24-28, 2005.
Moriguchi,Y. Itakura,S. (2005). Does Pointing Comprehension Disturb Controlling Action ? Evidence From 2-Year-Old Children. Oral presented of 4th International Conference on Development and Learning, in INTEX OSAKA, Osaka, Japan, July 19-22, 2005
Okanda, M., Itakura, S. (2005). Young infants’ sensitivity to social contingency from mother and stranger: Developmental changes. Proceedings of the 4th International Conference on Development and Learning.
Okanda, M., Itakura, S. (2005). One-month-old infants are able to detect social contingency from mother -The first developmental stage in sensitivity to social contingency-. the 3rd International Workshop for Young Psychologists on Evolution and Development of Cognition, Kyoto, October 22-23.
Okanda, M., Itakura, S. (2005). Children in Asian cultures say yes to yes-no question: common and cultural difference between Vietnamese and Japanese children. XIIth European Conference on Developmental Psychology. University of La Laguna, Tenerife, Spain.
Okanda, M., Itakura, S. (2005). Young infants’ sensitivity to social contingency from mother and stranger: Step-by-step development. XIIth European Conference on Developmental Psychology. University of La Laguna, Tenerife, Spain.
Asada, K., Tomiwa, K., Okada, M., Itakura, S. (2005). The characteristics of non-verbal and verbal communication in children with Williams syndrome. The 3rd International Workshop for Young Psychologists on Evolution and Development of Cognition, Kyoto, October 22-23.
Shimada Y., Itakura S. (2005). Adult's auditory tolerance to expanded infant's vocalization, The 3rd International Work Shop for Young Psychologist, Kyoto, October 22-23.
Shimada Y., Itakura S. (2005). Alternation of adult's auditory affinity to infant voice. Society for Reproductive and Infant Psychology 25th annual conference, University of Amsterdam, Amsterdam, September 8-10.
Toriyama, R., Duffy, S., Itakura, S., Kitayama, S. (2005). Cultural Differences between Japanese and American Children in the magnitude judgment task. The 3rd International Workshop for Young Psychologists on Evolution and Development of Cognition
板倉昭二(2005) 日本の子どもの発達コホート研究:他者理解の発達 ワークショップ「日本の子どもの発達コホート研究」招待講演 第47回日本小児神経学会総会
大神田麻子・板倉昭二(2005) 自己理解の発達-社会的随伴性からの検討 第5回日本赤ちゃん学会学術集会(札幌)
大神田麻子・板倉昭二 (2005) 乳児の社会的随伴性に対する発達的変化 日本発達心理学会第16回大会(神戸)
大神田麻子・板倉昭二(2005) アジアの子どもはYes-No質問に「はい」と答えるか? 〜ベトナムと日本の子どもの共通点と相違点〜 人間行動進化学研究会第7回研究発表会(京都)
浅田晃佑・冨和清隆・岡田眞子・板倉昭二(2005) ウィリアムズ症候群における非言語・言語コミュニケーションの検討-健常児との比較から 第5回日本赤ちゃん学会学術集会(札幌)
鳥山理恵・Duffy, S.・北山忍・板倉昭二(2005) 連続呈示される魚の大きさ判断の際の文化的差異の検討 第5回日本赤ちゃん学会学術集会(札幌)
嶋田容子・板倉昭二(2005) 乳児音声に対する成人の聴覚的感受性 第5回日本赤ちゃん学会学術集会(札幌)
森口佑介・板倉昭二(2005) 2歳児における社会的感染 日本発達心理学会
2004
Itakura, S. (2004). Understanding self and others: Studies from nonhuman primates, robots, and human children. Invited talk at Center for Human Development Seminar Series, University of California, San Diego.
Itakura,S., Shimada,M.,Minato,T., Ishiguro,H.(2004). Communicative behavior to android robot in human infants. 3rd International Conference of Development and Learning.
Itakura,S., Ishida,H., Kanda,T., Ishiguro,H.(2004). Inferring the goals of robot: Reencatment paradigm with robot. 14th Biennial International Conference on Infant Studies(Chicago).
Itakura, S. (2004). To what extent do infants and children find mind in nonhuman agent-From animation to humanoid robot- IIAS International Workshop on Neural, computational and cognitive mechanisms of mentalizing
Moriguchi,Y. Itakura,S.(2004). How children understannd other's belief before they develop attentional flexibility? 3rd International Conference of Development and Learning.
Moriguchi,Y. Itakura,S.(2004). Action monitoring in preschoolers. 2nd International Work Shop for Young Psychologist.
Mako Okanda Shoji Itakura (2004). Infants’Sensitivity to Social or Physical Contingency: Mother vs. Stranger? Person vs. Object? The 2nd International Workshop for Young Psychologists on Evolution and Development of Cognition, Kyoto University, Kyoto.
板倉昭二(2004) 映像の参照的理解 日本心理学会第68回大会
森口佑介・板倉昭二(2004) 日本心理学会第68回大会
森口祐介・板倉昭二(2004) 自己制御能力の発達の普遍性と文化差:日本とベトナムの比較から 第4回日本赤ちゃん学会学術集会 (京都)
森口祐介・板倉昭二(2004) 他者の心的状態が幼児の自己制御行動に及ぼす影響 第15回日本発達心理学会(東京)
大神田麻子・板倉昭二(2004) 就学前児におけるYESバイアスは、物体の親近性によるものか? 第4回日本赤ちゃん学会学術集会 (京都)
大神田麻子・板倉昭二 (2004) 乳児の社会的随伴性に対する発達的変化 日本発達心理学会第15回大会(東京)
鳥山理恵・Sean Duffy・北山忍・板倉昭二(2004) 文化依存的知覚様式の発達 日本社会心理学会第45回大会
2003
Inoue, Y., Inoue, E., Itakuta, S. (2003). Does a young gibbon understand seeing-knowing relationship? In 6th SAGA symposium.
Kumashiro, M., Ishibashi, H., Uchiyama, Y., Yokoyama, O., Itakura, S., Murata, A., Iriki, A. (2003). Joint attention with human induced natural imitation in Japanese monkeys. International Conference of Society for Neuroscience.
板倉昭二(2003) 他者の心―理解とその対象 公開高座「脳と心を育む」招待講演 第48回日本未熟児新生児学会
Itakura, S. (2003). To what extent do infants and children find a mind in nonhuman agents? (Plenary talk). International Conference of Maternal and Child Health. (HCM).
板倉昭二(2003) 乳児における社会的認知の発達―進化発達心理学の視点から 特別講演 第28回静岡県小児保健学会
板倉昭二(2003) 子どもはロボットをどう見るか?―誤信念課題と行為再現課題による検討― 平成15年度情報処理学会関西支部支部大会(大阪国際会議場 2003.10.31)
鳥山理恵・Duffy, S.・北山忍・板倉昭二(2003) 文化依存的知覚様式の発達 平成15年度情報処理学会関西支部支部大会(大阪国際会議場 2003.10.31)
Itakura, S. (2003). Cutaneous pettern perception in infants. Kyushu University Dvelopmental Psychology Symposium. (Fukuoka)
Itakura, S. (2003) To what extent do infants and children find a mind in nonhuman agent? International Symposium of "Diversity of Cognition" (Kyoto)
板倉昭二(2003) 乳児における皮膚接触パターンの知覚 日心WS 「運動を基礎とした自己認識」 日本心理学会第67回大会(東京)
板倉昭二(2003) 「乳幼児における社会性の認識の発達」日心WS企画 日本心理学会第67回大会(東京)
板倉昭二(2003) 「Do the Eyes have it? 視線認知をめぐる最近の動向」日心WS指定討論 日本心理学会第67回大会(東京)
Ohgami, H. Itakura, S. (2003). The developmental process of joint attention in infancy. 2003 Hawaii International Conference on Social Conference.
Itakura, S., Ishida, H., Kanda, T., Ishiguro, H. (2003). Robots have false belief, but they do not think] False belief task with robot by preschoolers. 2003 Hawaii International Conference on Social Conference.
板倉昭二(2003) 共同注意研究の現状:比較認知発達科学の視点から 公開シンポジウム「共同注意の発達―社会的認知における意味と役割」 第3回日本赤ちゃん学会学術集会
森口佑介・板倉昭二(2003) 幼児における抑制機能に関する研究 第3回日本赤ちゃん学会学術集会
実藤和佳子・板倉昭二・大神英裕(2003) 模倣から見た乳幼児期における他者の意図理解 第3回日本赤ちゃん学会学術集会
板倉昭二(2003) 乳幼児における他者の意図理解 ラウンドテーブル「乳幼児における意図理解」企画・司会 日本発達心理学会第14回大会(神戸)
板倉昭二(2003) 比較発達の視点 ラウンドテーブル「生後2年の発達的変化:ヒトとチンパンジーの比較認知発達」指定討論 日本発達心理学会第14回大会(神戸)
板倉昭二(2003) 霊長類における自己像に認知 ラウンドテーブル「自己の視覚イメージの成立」 日本発達心理学会第14回大会(神戸)
村井千寿子・小杉大輔・友永雅己・田中正之・松沢哲郎・板倉昭二(2003) ヒト乳児・チンパンジー乳児におけるカテゴリ化の比較発達研究 日本発達心理学会第14回大会(神戸)
板倉昭二(2003) 他者の心を理解するーその進化と発達 日本医学総会シンポジウム「心の解明と心の医学」 日本医学総会(福岡)
Kumashiro, M., Ishibashi, H., Uchiyama, Y., Itakura, S., Murata, A., and Iriki, A. (2003). Imitation of actions by training and joint attention in Japanese monkeys. Third workshop of "Brain and mechanism of mind"
2002
石田開・板倉昭二(2002) 就学前児における話者の知識状態を考慮した新奇事物名称の指示対象決定―内容物変化の誤信念課題を用いてー 日本教育心理学会(熊本)
板倉昭二・石田開・神田崇行・石黒浩(2002) 幼児はロボットに誤った信念を帰属させるか? 情報処理学会関西支部 支部大会(大阪)
板倉昭二(2002) 類人猿における共同注意 日本発達心理学会関西地区懇話会例会
板倉昭二(2002) 心の理論―霊長類を対象とした研究から シンポジウム「心の理論」の展開 第4回人間行動進化学研究会(COE21 「心の文化・生態学的基盤」)
村井千寿子・小杉大輔・板倉昭二・友永雅巳・田中正之・松沢哲郎(2002) チンパンジー(Pan troglodytes)乳児における対象物の「形態」に基づくカテゴリ間弁別 日本心理学会第66回大会
小杉大輔・村井千寿子・板倉昭二(2002) 乳児における対象物の動き方とカテゴリの関係の理解 日本心理学会第66回大会
石田開・板倉昭二(2002) 就学前児はロボットに心的状態を帰属するか?−位置変化の誤信念課題を用いた日常活動型ロボット「Robovie」の評価実験− 日本心理学会第66回大会(広島)
板倉昭二(2002) 視線はどのように対象を指示するか  日本心理学会第66回大会
板倉昭二(2002) スケールモデルと映像の指示性の検討−ヒト幼児とテナガザルを対象とした検討− ワークショップ「象徴機能の発達」 日本心理学会第66回大会(広島)
Itakura, S. (2002). Social cognition in primates. Invited Lecture in International School of Advanced Study. (Trieste)
Itakura, S., Izumi, A., Myowa, M., Tomonaga, M., Tanaka, M., Matsuzawa, T. (2002). Sense of self in baby chimpanzees. 2nd International Workshop of Epigenetic Robotics (Edinbrough)
板倉昭二(2002) 霊長類における共同注意―反射的注意のシフトから見ることと知ることの関係の理解へー 言語科学会 (東京)
Itakura, S., Kotani. T., Ishida, H., Kanda, T. Ishiguro, H. (2002). Inferring a robot’s false belief by young children. 32nd Jean Piaget Society. (Philadelphia)
板倉昭二(2002) 乳児における社会性の認知と脳 「思考の脳内メカニズムに関する総合的検討」第1回研究会(国際高等研究所)
Itakura, S. (2002). Understanding of self and others. International Conference on Culture and Human Development. (Nova Scotia)
Itakura, S. (2002). Ethnographic sketch of Japanese Family. International Conference on Culture and Human Development. (Nova Scotia)
Mizuno, Y., Takeshita, H., Takaya, R., Konishi, Y., Taga, G., Itakura, S., Tomonaga, M., Matsuzawa, T. (2002). Development of spontaneous smiling in infant chimpanzees (Pan troglodytes). 13th International Conference on Infant Studies. (Tront)
Ogami, H., Itakura, S. (2002). The process of developmental change in joint attention behavior: Using a longitudinal and retrospective survey. 13th International Conference on Infant Studies. (Tront)
Hiraki, K., Dan, N., Shimamura, S., Itakura, S. (2002). A study of intermodal perception using delayed display. 13th International Conference on Infant Studies. (Tront)
Ishida, H., Kosugi, D., Itakura, S. (2002). Mutual exclusivity and taxonomic bias operate simultaneously in preschoolers word learning. 13th International Conference on Infant Studies. (Tront)
Takaya, R., Taga, G., Konishi, I., Takeshita, H., Mizuno, Y., Itakura, S., Tomonaga, M., Matsuzawa, T. (2002). Comaparative study of spontaneous movement of human and chimpanzee infants in the first few months of life. 13th International Conference on Infant Studies. (Tront)
板倉昭二(2002) 発達を考える:比較認知発達科学の可能性 昭和女子大学特殊研究講座(東京)
浅水優子・石田開・Vauclair, J., 板倉昭二(2002) スケールモデル課題におけるシンボル理解 日本赤ちゃん学会第2回学術集会(福岡)
小杉大輔・石田開・板倉昭二(2002) 4か月児における人間の動きの原因に関する理解日本赤ちゃん学会第2回学術集会(福岡)
高谷理恵子・小西行郎・多賀厳太郎・竹下秀子・板倉昭二・友永雅己・松沢哲郎(2002) ヒトとチンパンジー乳児の運動奇跡の複雑さの比較 日本赤ちゃん学会第2回学術集会(福岡)
板倉昭二(2002) まなざしの進化と発達 東京女子医科大学乳児行動発達学講座セミナー(東京)
Takeshita H. Takaya, R. Taga G. Mizuno, Y. Itakura, S. Konishi, Y. Tanaka, M. Tomonaga, M. Matsuzawa, T. (2002). Comparison of early development of postura control in chimpanzee and human infants. The 2nd International Symposium on Comparative Cognitive Science (Inuyama)
Murai, M., Tomonaga M. Kosugi, D. Itakura S. (2002). Perceptual categorization by human infants and chimpanzee infants. The 2nd International Symposium on Comparative Cognitive Science (Inuyama)
2001
板倉昭二(2001) 乳幼児におけるシンボルの理解と心的概念の発達 東北大学共同研究プロジェクト研究会(仙台)
多賀厳太郎・竹下秀子・板倉昭二・高谷理恵子・小西行郎・友永雅己・松沢哲郎(2001) ヒト、チンパンジー、テナガザルの自発運動の初期発達 第22回バイオメカニズム学術講演会(慶応大学)
Itakura, S. (2001). Understanding self and others: A comparative approach. Humanoid Science Symposium. (Kyoto).
Itakura, S. , Izumi, A., Myowa, M., Tomonaga, M. Tanaka, M., Matsuzawa, T., Kojima, S. (2001). Ecological self of baby chimpanzees. Annual conference of the Society for reproductive and Infant Psychology, (Oxford)
Kosugi, T., Itakura, S. (2001). Infant’s recognition of the invisibe agent The distinction of causality between in object motion and in human action Annual conference of the Society for reproductive and Infant Psychology, (Oxford)
板倉昭二(2001) 乳児における記憶研究 JCOM(記憶研究会)
板倉昭二(2001) 共同注意研究の最近の動向 九州大学発達コロキウム (博多)
板倉昭二(2001) チンパンジーによるシンボルの使用 ワークショップ「言語獲得の脳モデルを考える」大森隆司企画(函館)第18回に本認知科学会(函館)
板倉昭二(2001) 反射的注意の移動 会員企画シンポジウム 日本発達心理学会第12回大会(鳴門)
神代真里・板倉昭二・入来篤史(2001) 視線・指さし対象の異種間理解 日本発達心理学会第12回大会(鳴門)
板倉昭二・開一夫(2001) 乳幼児と人工物の相互作用について ATR日常活動型ロボットシンポジウム(ATR研究所)
板倉昭二(2001) 初期の自己発達 電総研知能システム部セミナー (國吉企画)
Itakura, S. (2001). Development of the self in early infancy: A comparative approach. Kyoto University-Universite Louis Pasteur, 10th Anniversary Symposium.
板倉昭二 (2001). Reflexive visual attention following. 平成12年度特定領域A 「心の発達」成果報告会 (早稲田大学)
Itakura, S. (2001). Visual attention following in chimpanzees, human infants, and human adults. IPS
2000
板倉昭二(2000) チンパンジーの認識世界 第5回認知神経科学セミナー (東京医科歯科大学歯学部)
Itakura, S. (2000). Self and emotion in chimpanzees: An evolutionary approach” invited talk, Harvard University, Department of Anthropology, Biological Anthropology Coloqiuam Speakers Series (Boston)
Itakura, S., Myowa, M., Tomonaga, M., Matsuzawa, T. (2000). Differential rooting response by baby chimpanzees. 4th SAGA symposium (Inuyama)
板倉昭二(2000) 自己・他者の認識能力に対する福祉的配慮 シンポジウム「動物福祉」上野・友永企画 第4回SAGAシンポジウム(犬山)
板倉昭二(2000) 比較認知発達科学の展望 シンポジウム「霊長類における比較認知発達」友永企画 日本心理学会第64回大会(京都)
板倉昭二(2000) 情動の進化と発達 シンポジウム「感情の合理性と社会性」北山忍企画 日本心理学会第64回大会(京都)
板倉昭二(2000) 社会的認知の発生 ヒューマノイド・サイエンス ワークショップ
板倉昭二(2000) チンパンジーを見てヒトを知る 第31回日本看護学会—成人看護I—モーニングセミナー (大分)
板倉昭二(2000) 心を読む:比較認知発達の視点から 第122回 知能と複雑系研究会 (東京)
多賀厳太郎・高谷理恵子・小西行郎・竹下秀子・板倉昭二・松沢哲郎(2000) ヒトおよびチンパンジーの生後数カ月の自発運動の軌跡に関する1/3乗則 第23回日本神経学会大会/第10回日本神経回路学会 合同大会 (横浜)
Itakura, S. (2000). Reflexive visual orienting: Asymmetry hypothesis International Conference on Development of Mind. (Tokyo)
板倉昭二 (2000). 類人猿の自己意識:比較認知発達の視点から 文部省科研費特定領域研究「脳科学の先端的研究」ワークショップ 「脳と心のメカニズム」(川人光男先生企画)(京都)
Itakura, S. (2000). Attention to repeated events in infants: effects of joint visual attention vs stimulus change. 12th International Conference on Infants study (in Brighton)
板倉昭二(2000) Captive chimpanzeeにおける社会的注視と共同注意 慶應大学Coglunch seminar(波多野教授企画)
Itakura, S. (2000). Visual attention following in primates. Conference, The Ape: Challenge for 21 Century (Chicago)
板倉昭二(2000) 自己の表象—ヒト以外の霊長類の場合— JST領域探索プログラム研究会(大津由起夫教授主催)(東京)
板倉昭二(2000) 視線知覚の発生 日本発達心理学会RT「社会的知覚の発生論」遠藤利彦先生企画 日本発達心理学会第11回大会(東京)
板倉昭二(2000) 幼児における他者の知識の理解—seeing-knowingの理解とinteraction理解の比較— 日本発達心理学会第11回大会(東京)
神代真里・板倉昭二・鵜殿俊史(2000) チンパンジーにおけるvisual attention followingの予備的報告 日本発達心理学会第11回大会(東京)
石黒浩・板倉昭二・十河卓司・森まさ子(2000) 分散視覚システムによる人間行動の追跡と分析 日本発達心理学会第11回大会(東京)
Itakura, S. (2000). Visual attention following: from exegenously to endogeneously COE symposium (PRI, Inuyama)
板倉昭二(2000) 霊長類研究:比較認知科学的展望 国際臨床動作学研究所セミナー(九州大学名誉教授・成瀬悟策先生主催)
板倉昭二(2000) 心の理論と身体システム 湯布院ワークショップ『身体システムを考える』主催企画発表
1999
Itakura, S. (1999). Visual attention following in chimpanzees-A preliminary study-COE International Symposium (PRI, Inuyama)
板倉昭二(1999) 動物の心の理論 特定領域研究A『心の発達』第2回全体会議シンポジウム (京都)
板倉昭二(1999) 視線読み取りの比較・進化心理学—視線知覚・共同注意・心の理論—「読む眼・読まれる眼—視線知覚を通して見る心の源流—」第12回発達心理学会ラウンドテーブル 遠藤利彦先生企画 (東京)
板倉昭二(1999) 情動へのアプローチ:系統発生と個体発生 電子技術総合研究所情報科学部セミナー (つくば)
板倉昭二(1999) 感情の進化と発達 「感情の包括的理解にむけて」日本グループダイナミックス学会第47回大会ワークショップ招待講演 北山忍先生 (大阪)
Itakiura, S. (1999). How to approach the self in nonhuman primates. University of Rome, Developmental Psychology Section Seminar. (Rome)
Itakura, S. (1999). Primate joint attention. Institute of psychology CNR seminar (Rome)
Itakura, S., Agnetta, B., Hare, B. Tomasello, M. (1999). Chimpanzees’ use of human and conspecific cues to locate hidden food. Ixthe European Conference on Developmental Psychology (Spetses, Greece, Sept. 1-5)
板倉昭二(1999) 乳児研究における新しい試み:生態学的自己の発達をテーマとして岡宏子先生追悼シンポジウム『発達研究のこれまで,これから』日本教育心理学会弟 回大会(神戸)
板倉昭二(1999) チンパンジーの母子相互作用:子どもが病気のときの事例研究 日本動物心理学会第59回大会(金沢)
板倉昭二(1999) 霊長類の自己 大阪大学工学部招待講演(浅田稔先生)
Butterworth, G. Itakura, S. (1999). How accurately do the eyes, head and hands define referents? SRCD(メキシコシティー)
板倉昭二(1999) 共同注意研究の新しい方向 日本発達心理学会弟9回大会ラウンドテーブル「共同注意研究の新たなる展開」九州大学香野毅先生企画(大阪学院大学)
板倉昭二(1999) ヒューマノイドロボット実現に向けて:自己理解,他者理解,心の理論ワークショップ「ロボカップヒユーマノイドチャレンジ」大阪大学浅田稔先生主催(長野)
Itakura, S. (1999). Comparative cognitive approach-ontogeny, phylogeny, and ‘robogeny: In the case of primate social cognition First International Symposium and Workshop on Emergence and Development of Embodied Cognition 1999. 電子技術総合研究所(つくば)
1998
Itakura, S. (1998). Chimpanzee use of human and conspecific social cues to locate hidden food. SAGA symposium (in Inuyama).
板倉昭二(1998) ヒトおよび動物における共同注意と心の理論 比較発達心理学コロキアム 「ヒトと動物の心の理論について考える」 企画・発表 (大分県立看護科学大学)
板倉昭二(1998) 霊長類における共同注意  ワークショップ「社会的知性の進化」松沢哲郎企画 日本心理学会第62大会 (東京学芸大学)
板倉昭二(1998) ヒトにおけるEDDの検討 日本心理学会第62回大会(東京学芸大学:東京)
板倉昭二・Tomasello, M. (1998). チンパンジーによる指示的行動の手がかりの使用:ヒトまたはチンパンジーの行動を手がかりとして 日本霊長類学会第14回大会(岡山理科大学:岡山)
須田知佳子・板倉昭二(1998) チンパンジーにおける社会的注視と視覚的共同注意 日本動物心理学会代59回大会(名古屋)
板倉昭二・Butterworth, G. (1998). チンパンジーにおけるprecision gripの発達 日本動物心理学会第58回大会(名古屋)
Itakura, S., Scott, A., Tomasello, M. (1998). Use of behavioral cues to chose food by chimpanzees. Conference of Comparative Cognition (Florida)
Itakura, S. (1998). Gaze following in primates. Marseille CNRS team talk. (Marseille).
Itakura, S. (1998). Gaze following and joint attention in primates. University of Georgia Psychology Coloquium
1997
Itakura, S. Butterworth, G. (1997). Joint attention in adults: role of eyes, head, and pointing. SRCD.
板倉昭二(1997) 霊長類の認知に関する研究 発達心理学コロキアム招待講演 (九州大学)
須田知佳子・板倉昭二(1997) チンパンジーにおける社会的注視と視覚的共同注意 科研重点「認知・言語」成果発表会
板倉昭二(1997) ヒトおよびチンパンジーにおける非音声的コミュニケーション 科研重点「認知・言語」成果発表会
1996
板倉昭二(1996) 霊長類における自己をめぐる研究 京都大学基礎物理研究所複雑系5研究会
板倉昭二(1996) Concept of self and joint visual attention in primates. 通産省工業技術院電子総合技術研究所セミナー
板倉昭二(1996) まなざしの共有—幼児と動物の研究から 第11回「大学と科学」公開シンポジウム
板倉昭二(1996) 共同注意をめぐる研究:動物研究およびヒト乳幼児の研究から 日本心理学会第60回大会ワークショップ (企画・司会・発表)
板倉昭二(1996) 他者の視線の認知(2) 日本心理学会第60回大会
板倉昭二(1996) 霊長類の共同注意の構造化 「知的機能の構造と統合」研究会第1回コロキアム
板倉昭二(1996) チンパンジーにおける指示機能の代替 日本動物心理学会第56回大会
板倉昭二(1996) 共同注意の記憶 日本発達心理学会第7回大会
板倉昭二(1996) 霊長類の心の理論 科研重点「認知・言語」第2班成果報告会
板倉昭二(1996) 霊長類における心の理論をめぐる研究 筑波大学小林研究室研究会招待講演
板倉昭二(1996) 共同注意が後続する事象に及ぼす影響 科研重点「認知・言語」成果報告会
板倉昭二(1996) 他者の視線の認知 科研重点「認知・言語」成果報告会
板倉昭二(1996) ヒト乳幼児における共同注意—系統発生的視点から 科研重点シンポジウム「認知・言語:障害児研究から」
板倉昭二・凍田和美・佐藤植子(1996) 霊長類研究におけるコンピューターの活用 情報処理学会、人文科学とコンピューター研究会
Itakura, S. (1996). Cues in the recognition of gaze direction. 26th International Congress of Psychology.
Itakura, S. (1996). Gaze-monitoring in some nonhuman primates. 16th Congress of International Primatological Society.
Itakura, S. (1996). Joint visual attention and mental simulation in primates. International Symposium of “Emergence of Cognition and Language.”
Itakura, S. (1996). Effects of joint visual attention on following events in infants. Second European Research Conference.
1995
板倉昭二・G Butterworth(1995) 他者の視線の認知 日本心理学会第59回大会
板倉昭二(1995) 成人および5歳児による顔写真の性別判断 日本発達心理学会第6回大会
Itakura, S., Tanaka, M. Anderson, J. R. (1995). Use of experimenter-given cues during object-choice tasks by a capuchin monkey, chimpanzees, and human infants. International Ethological Conference.
1994
板倉昭二(1994) ヒトおよびチンパンジーにおけるJoint attention 日本心理学会第58回大会
板倉昭二(1994) ヒト新生児およびチンパンジー乳児におけるmanual action 日本動物心理学会第54回大会
板倉昭二(1994) チンパンジー母子の新奇刺激に対する反応 日本発達心理学会第5回大会
板倉昭二(1994) ヒトおよびチンパンジーにおけるReferential communication 科研重点「認知・言語」第2班報告会
板倉昭二(1994) ヒトおよびチンパンジーにおけるJOINT ATTENTION 科研重点「認知・言語」シンポジウム
Itakura, S. (1994). Responses of mother-infant chimpanzees to novel stimuli. 13thISSBD.(Amsterdam)
1993
板倉昭二(1993) Social referencing再考 日本発達心理学会比較認知分科会
有園将志・板倉昭二・福田幸男(1993) パターン再構成課題における方略の分析 日本心理学会第57回大会
板倉昭二(1993) 触覚による形の知覚 日本心理学会第57回大会
板倉昭二(1993) サル・チンパンジー・ヒトにおける自他の認識 日本基礎心理学会シンポジウム
秋山千尋・松沢正子・板倉昭二・福田幸男(1993) 乳幼児における自他の意識の発達と共感(2)—親密度 日本発達心理学会第4回大会
松沢正子・秋山千尋・板倉昭二・福田幸男(1993) 乳幼児における自他の意識の発達と共感 (1)—共感時の行動と心拍変化 日本発達心理学会第4回大会
板倉昭二・今水寛(1993) 幼児による鏡映図形の弁別:視覚と触覚 日本発達心理学会第4回大会
凍田和美・板倉昭二他(1993) 分散型計算環境下における共同作業支援のための即時コミュニケーション機能の考察 情報処理学会ワークショップ
Itakura, S. (1993). Discrimination of self and others by a chimpanzee. University of Sussex Psychology Seminar.
Itakura, S. (1993). Primates research and developmental psychology. International. Symposium of Comparative Development.
1992
凍田和美・板倉昭二他(1992) 分散計算機下におけるグループ作業支援のための即時コミュニケーションの考察 電気関係学会九州支部連合大会
有園将志・板倉昭二・福田幸男(1992) パターン再構成課題における方略の分析 日本心理学会第56回大会
松沢正子・板倉昭二・福田幸男(1992) 乳幼児における共感行動と自己認知 日本心理学会第56回大会
板倉昭二(1992) チンパンジーの線画による個体弁別 日本心理学会第56回大会
板倉昭二(1992) 類人猿およびヒトにおける自己の認識 大分県立芸術文化短期大学コミュニケーション学科・大分大学工学部合同セミナー(企画・発表)
今水寛・板倉昭二・佐藤通子・下條信輔(1992) 記憶を媒介とした触認知の発達的研究 日本発達心理学会第3回大会
板倉昭二(1992) 幼児の触知覚における鏡映図形の反転現象 日本発達心理学会第3回大会
1991
板倉昭二・今水寛・下條信輔(1991) 幼児における視覚・触覚のクロスモダルトランスファー 京都大学霊長類研究所共同利用研究会
板倉昭二(1991) 霊長類における自己の認識 東京大学駒場心理セミナー
板倉昭二(1991) チンパンジーにおける初期所有概念 日本心理学会第55回大会
友永雅己・松沢哲郎・板倉昭二(1991) チンパンジーは回転した顔をどのように知覚するか? 日本霊長類学会第7回大会
Itakura, S. (1991). Symbolic representation of possession in a chimpanzee. International Conference of “Self”.
Itakura, S. (1991). Cognitive world in a chimpanzee. Rutgers Psychology Seminar.
1990
友永雅己・板倉昭二・松沢哲郎(1990) チンパンジーにおける数系列の学習 日本動物心理学会第50回大会
板倉昭二(1990) 霊長類の自己をめぐる研究 横浜国立大学大学院セミナー講演会
板倉昭二・松沢哲郎(1990) チンパンジーにおける数概念 日本心理学会第54回大会
板倉昭二(1990) コミュニケーションの成立条件 日本発達心理学会第1回大会ラウンドテーブル企画および発表
板倉昭二(1990) チンパンジーによる人称代名詞および所有概念の獲得 信州大学志賀セミナー招待発表
Matsuzawa, T. Itakura, S. (1990). Use of numbers by a chimpanzee: A further study. 13th IPS.
Itakura, S.(1990). Use of personal pronouns by a chimpanzee. 13th IPS.
Itakura, S.(1990). Initial concept of possession in a chimpanzee: Association between individuals and objects. 13th IPS Satelite Symposium.
1984-1989
板倉昭二(1989) チンパンジーによる人称代名詞の獲得 日本心理学会第53回大会
板倉昭二(1989) オランウータンにおける見本合わせ(2) 日本動物心理学会第49回大会
Itakura, S. (1989). Use of personal pronouns by a chimpanzee. Hunter College Psychology Colloquim.
Itakura, S. Matsuzawa, T. (1989). Acquisition of personal pronouns by a chimpanzee. Animal Language Workshop. (Hawaii).
板倉昭二(1988) チンパンジーによる個体名の習得—記述と理解 日本心理学会第52回大会
板倉昭二(1988) オランウータンにおける見本合わせ 日本動物心理学会第48回大会
室伏靖子・板倉昭二(1987) チンパンジーによる数のタッピング 日本動物心理学会第47回大会
板倉昭二(1987) ニホンザルにおける鏡の使用(2) 日本動物心理学会第47回大会
Itakura, S. (1986). Mirror-self-recogniiton in Japanese monkeys. 3rd ISCP Conference.
Itakura, S. (1986). Mirror guided behavior in Japanese monkeys. Annual Hunter College Psychology Convention, 14th.
板倉昭二(1986) ニホンザルにおける鏡の使用(1) 日本心理学会第51回大会
室伏靖子・山田恒夫・板倉昭二(1985) チンパンジーにおける数のマッチング(2) 日本動物心理学会第45回大会
室伏靖子・本吉良二・板倉昭二(1984)チンパンジーにおける数のマッチング 日本動物心理学会第44回大会



ページトップ