会誌『哲學研究』

『哲學研究』はわが国でも極めて古い歴史を持つ哲学研究の専門誌です。創刊は大正5年で、現在は601号が最新刊です。現在は年2号の刊行です。

バックナンバー・最新号の購入を希望する方は、氏名・住所・必要冊数・必要書類を京都哲学会事務局までご連絡ください。


第601号
(平成29年(2017)6月20日 発行)

<目 次>

  • 赤松 明彦
    ジャイナ教における相対主義と寛容の問題について
  • 伊藤 和行
    ガリレオの天体観測と新しい宇宙論
  • 早瀬 篤
    ソクラテスは諸事例にもとづいて定義を獲得すべきだと考えるか?

(定価 2,000円 税別)

第500号以降の目次はこちら


京都哲學會のトップページに戻る