平成1年度(平成2年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学(哲学) 黄 澈 フッサールにおける「純粋心理学」と「超越論的現象学」の関係
2 哲学(哲学) 山本 與志隆 存在の問いと存在の真理について-ハイデガーの『存在と時間』の挫折をめぐって-
3 哲学(哲学) 出口 康夫 カントの超越論的観念論について
4 哲学(哲学) 橋本 康二 ヒュームの知識論-心の分析と知識の批判-
5 哲学(倫理学) 松王 政浩 ライプニッツの最善観
6 哲学(倫理学) 山下 智志 経験と持続
7 哲学(中国哲学史) 白杉 悦雄 黄帝内經の研究-黄帝派と岐伯派-
8 哲学(西洋哲学史) 藤本 温 《receptum est in recipiente secundum modum recipientis》-トマスにおける認識する魂について-
×-9 哲学(西洋哲学史) 山脇 雅夫 ヘーゲル「精神の現象学」における概念的自己の生成と展開
10 哲学(西洋哲学史) 木下 昌巳 「不幸」な哲学者-プラトン『国家』における正義と幸福-
11 宗教学(宗教学) 杉村 靖彦 悪と超越-ポール・リクール「意志の哲学」の根本問題
12 宗教学(仏教学) 李 在浩 lCaṅ skya宗義書の経量中観自立派章について
13 宗教学(キリスト教学) 土井 健司 神を映し出す鏡-ニュッサのグレゴリオスによる『鏡における神認識』について
14 心理学 青木 竜生 連合学習事態において条件刺激が獲得する情報の内容
15 心理学 竹内 龍人 運動知覚における時間的文脈効果の検討
16 心理学 中島 欣哉 ルールのない4枚カード問題
17 社会学 大川 清丈 ウェーバー近代化論の再検討
×-18 社会学 西川 珠代 「動機」についての社会学的考察-C.W.ミルズの「動機の語彙」を手がかりにして-
19 美学美術史学 秋庭 史典 カント『判断力批判』における「形式」の概念をめぐって
―「形式化」の方法と美の位置―
20 美学美術史学 下野 健児 池大雅の書について-その逸格の書(自性寺蔵「徐渭詩」を中心に)-
21 美学美術史学 田島 達也 狩野探幽の花鳥画-モチーフ分析を中心に-
22 美学美術史学 福井 睦美 高台寺霊屋の蒔絵装飾について
23 美学美術史学 山崎 美樹 レンブラントとイタリア・ルネッサンス美術-レンブラントによるレオナルドの『最後の晩餐』研究の意義に関する一考察-
24 美学美術史学 山本 明子 J・L・ダヴィッド作「ホラティウス兄弟の誓い」について
25 国史学 上島 享 平安後期国家財政の研究
26 国史学 西山 伸 満州事変期の日本の外交-国際連盟脱退をめぐって-
27 東洋史学(東洋史学) 上西 泰之 宋代の溪峒蛮政策について
28 東洋史学(西南アジア史学) 深萱 しのぶ 9-10世紀のタバリスターン
29 西洋史学(現代史学) 石川 禎浩 五四時期におけるマルクス主義の受容
30 西洋史学(現代史学) 野村 耕一 フーゴ・プロイスとプロイセン=ドイツの行政改革
31 西洋史学(現代史学) 寺山 恭輔 ソ連によるソ日不可侵条約の提案とその決裂(1926~1932)
32 考古学 岸本 直文 前方後円墳の築造規格と変遷
33 考古学 次山 淳 布留式土器の様式構造
34 考古学 吉井 秀夫 墓制からみた百済の地域性とその変遷
35 考古学 髙 善雄 鉄製武器の変遷と系統
36 考古学 西脇 対名夫 縄紋時代の石剣
37 考古学 矢野 健一 押型文土器の地域性
38 国語学国文学 小島 明子 金春禅鳳の作能法
39 国語学国文学 辻本 裕成 愛執と祈り-『とはずがたり』試論-
40 国語学国文学 藤原 英城 月尋堂とその周辺
41 国語学国文学 森中 朋枝 『護教』による人生相渉論争の再検討―愛山の宗教的文学観
×-42 国語学国文学 兼重 努 国木田独歩の一側面-風雨の夜の独歩-
43 国語学国文学 松本 昭彦 事実と説話-実頼神鏡説話を中心に-
44 中国語学中国文学 齋藤 希史 <居>の文學―山水/隠逸文學への一視座
45 中国語学中国文学 谷口 洋 史記における司馬相如像
46 中国語学中国文学 原田 直枝 「史論」攷-『文選』に於ける文と史-
47 中国語学中国文学 周 雲喬 羅隠詠史詩与詠物詩的研究
48 梵語学梵文学 鶴亀 裕子 Mātṛceṭaの仏陀讃歌考
49 フランス語学フランス文学 中村 美香 L’univers fantastique dans le Poète assassiné d’Apollinaire
50 フランス語学フランス文学 矢野 陸 L’Infini de Baudelaire-au-delà de cemoiprisonnier-
51 フランス語学フランス文学 松村 博史 LA NAISSANCE D’UNE CONTRE-UTOPIE: Une étude sur Aline et Valcour de Sade
52 フランス語学フランス文学 松岡 香織 LITTERATURE ET NOMADISME-BLANCHOT ET DELEUZE-
53 フランス語学フランス文学 水谷 珠美 Etude sur Les Faux Saulnier
54 英語学英米文学 金沢 哲 A Study of William Faulkner’s Absalom, Absalom!
55 英語学英米文学 清水 久美子 A Young Girl’s Awakening in E. M. Forster’s A Room with a View
56 英語学英米文学 浅井 紀代 A Study of Astrophel and Stella : “Pitie the Tale of Me”
57 英語学英米文学 石田 美緒 LETTING THE CIRCLE EXPAND : A STUDY OF CHARLES DICKENS’S BLEAK HOUSE
58 ドイツ語学ドイツ文学 津田 保夫 Schillers >>Wallenstein<< als Nemesis-Tragödie
59 言語学(言語学) 平塚 徹 有題文としての C’est NP qui VP について
60 言語学(言語学) 山田 陽子 タガログ語のlinkerの生起する諸構造について
61 言語学(言語学) 沈 力 日本語の移動動詞の項と格について―関係節化・主題化・擬似分裂文化の諸現象をめぐって
62 イタリア語学イタリア文学 柱本 元彦 『I Fioretti di San Francesco』について―その物語としての形成と演劇化―