昭和61年度(昭和62年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 染田 靖 クワインによる翻訳の不確定の議論について
2 哲学 竹山 重光 カント哲学に於ける自然の体系性-理性のもとめるもの-
3 哲学 田中 茂樹 反省と思弁-ヘーゲル論理学についての一試論-
4 哲学 太田 伸一 カントにおける範疇と理念-演繹と要請-
5 倫理学 亀喜 信 ベルクソンに於ける道徳の基礎
6 倫理学 柳澤 有吾 フッサール現象学における主体の問題
7 中国哲学史 仲畑 信 張璠集解を中心とした晋代易学の特徴
8 中国哲学史 南澤 良彦 王粛とその学問-漢魏の経学についての一考察-
9 西洋哲学史 上枝 美典 トマスにおける真理の問題
10 西洋哲学史 菊地 伸二 『知恵の書』11.21《Omnia in mensura et numero et pondere disposuisti》をめぐるアウグスティヌスの解釈
11 西洋哲学史 三浦 要 パルメニデスに於ける真理とΔΌξα-「有る」に対するΔΌξαの意味について-
12 西洋哲学史 鎌田 雅年 ソクラテスの「人間なみの知慧(アントゥローピネー・リピアー)」-プラトンの『ソクラテスの弁明』における-
13 宗教学 清水 茂雄 エックハルトの「突破」の教説に於ける根本問題について
14 宗教学 松井 吉康 エックハルトの「魂における神の子の誕生」について
15 宗教学 森本 聡 プロティノスに於ける世界構造の矛盾について
16 宗教学 吉永 進一 歴史と聖なるもの-エリアーデにおける”歴史”の両義性
17 宗教学 林 伸一郎 Décréationについて―Simone Weil思想における―
18 仏教学 船山 徹 DharmakīrtiにおけるVastu,bhāva,svabhāya の概念とその関係
19 キリスト教学 久山 道彦 オリゲネス『原理論』に於ける悪の問題-「懈怠」(neglegentia)をめぐって-
20 キリスト教学 信岡 茂浩 キェルケゴール『死に至る病』に於ける絶望と罪
21 心理学 安藤 広志 視覚的テクスチャーにおける密度差検出-面積・背景密度・偏心度の効果-
22 心理学 上田 和夫 音色の表現語に階層構造は存在するか
23 心理学 塚本 奈穂子 文章理解における視点の役割―授受表現を中心に―
24 心理学 西田 眞也 角度錯視を誘導するドット構成線分の検討
25 心理学 山本 登志哉 幼児期に於ける「先占の尊重」原則の形成
26 社会学 串田 秀也 E・ゴフマンの対面的相互作用論の検討―相互作用への2つの視覚―
27 社会学 近藤 哲郎 M・フーコーの権力論・視角と方法・序説
28 社会学 田間 泰子 Alfred Schutzのcommunication論
29 美学美術史学 加須屋 誠 子島曼荼羅研究
30 国史学 仁木 宏 戦国・近世初期京都における権力と町組織
31 国史学 王 建生 近世初期渡来唐人考
32 東洋史学 谷井 俊仁 乾隆三十三年割辮案攷―又は清代治安維持機構のパラドクスについて―
33 西南アジア史学 久保 一之 16世紀初頭のヘラート
34 西南アジア史学 影山 貴司 バーグル没後のムガル帝国
35 西洋史学 栗本 薫 ビザンツ帝国形成期における「コンスタンティノスとコンスタンティノポリス創建」解釈の変遷
36 西洋史学 佐久間 亮 ヴィクトリア時代の労働者と自伝
37 現代史学 藤目 ゆき 柴原浦子-一産児調節運動家の軌跡-
38 地理学 小島 泰雄 民国代江南農村の生活空間
39 地理学 山近 博義 盛り場の形成と機能について-京都を事例として-
40 考古学 菅井 敏美 日本古代火葬墓の考察
41 考古学 岸本 和幸 イスラム以前のバクトリアにおける土器の編年と地域性
42 国文学 須田 千里 鏡花における美女と「魔」
43 国文学 田上 稔 連体の装定
44 国文学 得丸 智子 荻原広道の源氏物語論
45 中国文学 上野 隆三 呉用と諸葛亮
46 中国文学 三枝 裕美 丁玲の小説『母親』について
47 中国文学 畑山 桂子 王融の五言詩について
48 中国文学 孫 立川 日本所蔵『三国志演義』版本叢考
49 中国文学 鄭 重 「ニ」と「於」の相関-万葉集における「に恋ふ」について
50 フランス語学フランス文学 嶋崎 陽一 Les Deux Univers dans la Queste del Saint Graal
51 フランス語学フランス文学 奈蔵 正之 Une étude sur l’Exil et le royaume de camus – Un recueil cohérent qui témoigne –
52 フランス語学フランス文学 岩田 賢司 Klossowski et la négotion d’autrui
53 英語学英米文学 相田 洋明 Motives of Narrative in Faulkner’s Absalom, Absalom!
54 英語学英米文学 寺尾 勝行 A Study of Robert Frost’s poems-On His ‘Simplicity’ and Design in North of Boston.
55 英語学英米文学 野末 紀之 A Study of Melmoth the Wanderer
56 英語学英米文学 島津 厚久 Edith Wharton a Rotionalist; An Interpretation of The Age of Innocence
57 英語学英米文学 久代 妙子 A Study of Persuasion by Jane Austen as a Novel by a Conservative Evangelical
58 ドイツ語学ドイツ文学 竹本 まや Über Thomas Manns “Die vertauschten Köpfe”
59 言語学 上山 あゆみ GB理論の格と指標-インドネシア語とタガログ語の分析-
60 言語学 佐々木 嗣也 On Morphological Causatives In Biblical Hebrew
61 言語学 楢崎 勝則 シリア語前置詞 l(la:mad)と関連動語句について
62 西洋古典文学 山下 太郎 Georgica に於ける黄金時代再現のテーマについて
63 イタリア文学 有川 道子 Manzoni e la folla nei Promessi Sposi