昭和52年度(昭和53年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 高田 珠樹 真性の諸相とその統一―ハイデッガーに於ける真性の問題―
2 哲学 冨田 泰彦 ロックの言語理論―基礎理論と問題点―
3 哲学 竹田 浩一 ホワイトヘッドの形而上学について
4 哲学 子野日 俊夫 カントにおける認識の成立と悟性
5 倫理 松島 哲久 象徴と思惟―Paul Ricoeurにおける≪意志の現象学≫と≪言語の解釈≫―
6 中哲史 中西 啓子 劉宋元嘉時代の儒仏論争について
7 印哲 赤松 明彦 DharmakīrtiのApoha論―ことばと実在について―
8 印哲 黒田 泰司 Śālikanāthaのniyoga論
9 西哲 福谷 茂 カントにおける「超越」の問題について
10 西哲 江花 弘章 ヘーゲルの道徳論―近代的主体の自覚をめぐって
11 西哲 山田 道夫 プラトンのイデア論に関する一考察―イデアの交わりを中心に―
12 西哲 仲子 潔 「哲学」の解明に向けての一試論
13 宗教学 野沢 正次郎 スピノザの認識論―神の認識を中心として
14 仏教学 榎本 文雄 āsravaについて
15 キリスト教学 伊藤 利行 ΠAPPHΣIA―第2コリント3章12節の研究―
16 心理学 岩崎 隆彦 概念の発達―絵画的材料による等価的関係づけを中心として―
17 心理学 鳥居 正雄 Concurrent刺激を用いた弁別学習課題の体制化におよぼす過剰訓練の効果
18 心理学 村松 暢隆 類概念と類否定の発達―類否定の選択・構成・言語化課題
19 心理学 宮崎 渉 態度に及ぼす情報の影響
20 社会学 伊藤 公雄 「日常」と「世界」の≫選択親和性electuie uffinity≪をめぐって-社会変革の〈担い手〉を中心に据えて
21 社会学 指方 秀雄 西欧と日本における「合理的思惟」の展開過程に関する一試論
22 社会学 沢田 善太郎 産業民主制と労働者者統制
23 社会学 細辻 恵子 社会学における社会化の諸問題
24 社会学 安野 早己 人類学の対象としての社会的事実
25 美学 加藤 哲弘 ハイデガーの芸術哲学
26 美学 岸本 和 若きgeorg Lukáesの文学理論について
27 日史 伊藤 之雄 昭和前期の選挙法改正問題―議会制再編成への一つの視点として―
28 日史 黒田 達也 物部連に関する批判的考察―蘇我大臣体制成立前史の再検討―
29 日史 平 雅行 法然の思想構造とその歴史的位置
30 日史 戸田 文明 明治啓蒙思想の一側面―加藤弘之・西周の制度観をめぐって―
31 日史 横田 冬彦 幕藩制的職人編成の基礎構造
32 東洋史 山本 光朗 八世紀以前の西域諸國―農業・手工業・商業の再評価をめぐって―
33 西南アジア 羽田 正 初期サファヴィー朝政権の性格
34 西洋史学 中谷 博幸 Straßburg宗教改革
35 現代史学 桂川 光正 東亜連盟運動史論
36 考古学 鎌田 博子 インド亜大陸の彩文土器―パルチスタンとインダス川流域平原
37 日文学 上野 辰義 「物の心を知る」ということ、その他
38 日文学 工藤 哲夫 久米正雄論―通俗小説余技説―
39 中文 小濱 陵一 《紅樓夢》―その内なる軋み
40 中文 大野 修作 陳師道
41 中文 松岡 秀明 晩唐詩にあらわれる「夢」について―杜牧、李商穏、温庭筠の検討―
42 仏文 日下部 紀子 Sur les aspects historique et social de la linguistique saussurienne
43 仏文 佐々木 順子 Roman Historique et Gustave Flaubert
44 仏文 下堂園 真理 Etude sur la fatalité dans Phèdre
45 仏文 田中 敏彦 Le Problème du longage chez J.-P.Sartre
46 仏文 有田 圭子 Analyse Syntaoxique de l’absence de déterminer
47 仏文 佐々野 卓実 Essai sur la poesie de René Char
48 仏文 名田 丈夫 Sur le Langage Flaubertien
49 英米文学 田川 幸二郎 Doomed to Live : A Study of Absalom, Absalom!
50 英米文学 高谷 修 The Revolt of sterne : An Approach to Tristram Shandy
51 英米文学 澤浦 博 The “Tragical-Historical” in Richard III
52 独文 津村 正樹 Über den Jugen Brecht (1913-1919) was bedeutet der erste weltkrieg für Brecht?
53 独文 二宮 章子 Eine Untersuchung zur Erzählkunst Gottfried Kellers an 〟Die mißbrauchten Liebesbriefe〝
54 独文 梶山 智子 Über Georg Büchners “Dantons Tod” – Realismus eines Marionettentheaters –
55 言語学 太田 博司 言語実用論における意味概念の検討
56 言語学 武内 紹人 現代チベット語における文の構造について
57 言語学 樋口 康一 蒙朝対訳文献「蒙語老乞大」の蒙古語の性格―とりわけその音韻論的特徴について
58 言語学 油谷 幸利 現代韓口語の動詞分類
59 西洋古典 竹中 康雄 Tibullusにおける田園 恋愛 祝祭等のモチーフ
60 伊文学 天野 恵 B.カスティリオーネ―「宮廷人の書」―