昭和43年度(昭和44年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 野田 修 ヒュームの因果論―その批判的分析―
2 哲学 藪木 栄夫 因果関係と経験―カントの場合―
3 哲学 藤田 昇吾 カントの目的論における先験的理念の統整的使用
4 哲学 森 匡史 デカルトのデュアリスム
5 哲学 鈴木 正雄 カントの認識論
6 倫理 塩出 彰 プラトン : 『ポリティア』における知識と「善き行為」について
7 中哲 久富木 成大 初期法家思想研究―春秋時代主として斉・鄭にあらわれた新らしい法の概念について―
8 印哲 矢野 道雄 Āryabhatīyaの研究
9 西哲 小林 道徳 主体性と否定性―ヘーゲル「精神現象学」の一考察
10 西哲 安藤 敬子 トマス・アクィナスにおける「神の本質の直観」について
11 西哲 長島 貞樹 歴史と体系―ヘーゲル哲学の一研究―
12 西哲 長谷川 博幸 ヘーゲル「法の哲学」とマルクス「法哲学批判」の比較研究
13 西哲 今林 万里子 Δεὐτεροs Πλοῦsの前後
14 西哲 黒川 喜正 ヘーゲルの真理論
x-15 仏教 浜谷 征彦 ヘーゲル「法の哲学」及び諸?に於けるMoralitätとSittlichkeit
16 宗教 大江 憲成 無分別の世界
17 宗教 小笠原 正典 16空と18空をめぐって
18 キリスト教学 名木田 薫 パウロの信仰における実存と救済史
19 キリスト教学 笠井 恵二 現代神学に於ける贖罪論の諸問題
20 キリスト教学 片柳 栄一 アウグスチヌスのde Trinitateにおけるimago Deiの思想について
21 心理学 多屋 頼典 図の成立に関する2、3の要因
22 心理学 林屋 慶彦 魅力のダイナミックス
23 心理学 栗田 靖之 ニホンザルにおける新奇刺激に対する社会的反応
24 心理学 千葉 節子 言語による自己行動の調整-移調実験を通して-
25 心理学 清水 徇 集団目標
26 社会学 澤井 敏子 クロード・レヴィ=ストロースにおける構造の概念とその展開
27 社会学 宝月 誠 イデオロギー分析の視座と方法―集団的イデオロギー論序説―
28 社会学 鈴木 正仁 ウェーバー社会学における合理的行為の理論
29 社会学 高橋 尚子 現代の婦人問題に関する一考察―「身上相談」の諸事例を中心にして―
30 美学 加藤 淳夫 デューラーの黙示録版画について
31 美学 豊島 襄 芸術様式の問題
32 美学 梥本 雅之 カント美学における美的対象性の問題に関する若干の考察
33 美学 堀 月子 音楽のリズム-その時間的研究-
34 国史 田中 真人 大正社会主義における『国家』の問題―高畠素之を中心に―
35 国史 和田 萃 モガリの基礎的研究
36 国史 小林 昌二 九世紀における律令国家解体過程の動向―冬嗣政権と「公営田」政策
37 国史 中島 三千男 明治国家のイデオロギー政策の確立過程とその構造
38 国史 井上 勝生 討幕派に関する基礎的考察―長州に於けるその支配の成立― 補論 : 幕末期小作農民に関する一考察―泉州天領に於る諸形態―
39 東洋史 愛宕 元 唐代後半期における土豪層の變質過程
40 西洋史 桐生 尚武 マッツィーニと「青年イタリア」―対ブオナロッティとの関係において
41 西洋史 西村 貞枝 メアリ・ウルストンクラフトの一考察―近代フェミニズムの成立
42 西洋史 大島 昌子 ジョレスにおける平和と国防の探求
43 地理 横山 淳一 大都市地域と都市の産業構造
44 考古学 山本 忠尚 古代北方ユーラシアの動物意匠―型式変化と伝播―
45 考古学 加藤 修 須恵器生産の性格とその系譜
46 国語学国文学 E.N.ALEGRE 『雨月物語』における上田秋成の業績
47 国語学国文学 工藤 力男 万葉集複訓仮名の考察
48 国語学国文学 関本 顯 「言語条件説」について
49 国語学国文学 青山 敬之助 初期定家―仮説とそれに基く実作の検討―
50 国語学国文学 寺西 正文 「俳諧連歌抄」その諸本の系統に関する一試案
51 中文 黄 君實 謝朓詩論
52 中文 後藤 多聞 成仿吾論―第一期創造社時代を中心に
53 中文 玉井 捷雄 黄州の蘇東坡
54 中文 田村 正敬 嵆康論
55 中文 松田 佳子 楚辞天問論―<謎>としての側面から
56 仏文 藤本 勝也 Stendhal:Sur “La Chartreuse de Parme”
57 仏文 東 宏治 Valéry et l’Ecrire
58 仏文 田中 伸子 L’esthetique du roman chez Andre Malraux
59 仏文 俣野 肇 Maupassant, L’homme animal
60 仏文 谷 敦子 George Sand L’Idée sociale dans ses premières oeuvres
61 仏文 中川 孝志 Chapitre O dans L’Etude Sur Gerard de Nerval
62 仏文 松島 征 Paul Valéry, Narcisse intellectual
63 仏文 田中 郁夫 Un aspect de la réalité chez Balzac
64 仏文 松木 諄子 Stendhal et la recherche du 《moi》 dans 《Lucien Leuwen》
65 仏文 丸山 誠三郎 Le sens et lÉvolution de la Peinture de Soi chez Montaigne
66 英文 中島 幸子 W.B Yeats: Responsibilities a turning point in his Poetry
67 英文 丹羽 隆昭 Hawthorne’s ambivalence in The Scarlet Letter
68 英文 金山 伊都枝 A Study of The Merchant of Venice
69 英文 村上 陽介 A Study of Light in August
70 独文 向井 佐保子 Über Stifters “Nachsommer”
71 独文 涌井 純子 Johann Wolfgang:”Goethe : Die Wahlverwandtschaften.”
72 独文 谷 之乎路 Zu Stefan Georges Deutung des Lebens -Eine Studie zu seinem “Vorspiel”-
73 独文 平野 嘉彦 Rilkes zwei Klagegedichte Eine vorstudie zum elegien-zyklus
74 独文 広瀬 千一 H. v. Kleist : Penthesilea – Wideratand und Paradox
75 独文 新津 嗣郎 Rainer Maria Rilke : Neue Gedichte
76 言語 藪 司郎 ビルマ語における数の範疇について―複数表現の様式を中心に―
77 言語 清水 嘉隆 ペルシア語における時制について
78 言語 福原 信義 セム語の時制の研究(1)―アラブ語の場合―
x-79 言語 山口 幸一 ”アルタイ”的思惟構造序説-日本語とモンゴル語に於る格的表現(特に”Acasative”)を中心として-
80 言語 淺見 守一 「語造成」の基礎的諸問題
81 西古 小林 標 テレンティウス劇の特質―古代演劇の終焉―
82 西古 芦川 典子 ソポクレスの『ピロクテテス』に関する一考察―ヘラクレスの登場をめぐって―
83 伊文 瀬ケ谷 俊一 ルイジ.ピランデルロの研究(その劇と短編)