昭和33年度(昭和34年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
x-1 哲学 小熊 勢記
2 哲学 福田(太田)早苗 観念のみちびき 眞理のめあわせ
3 哲学 川村 榮助 カントと歴史の問題 歴史の認識と歴史の意義
4 哲学 常俊 宗三郎 超越論的実在(感性界と超感性の此方)
x-5 哲学 西谷 裕作 超越論的実在
6 哲学 服部 淸成(英二) 存在論的神秘と人格性
7 哲学 水野 和久 フッサールにおける明證
8 哲学 山本 昌男 フッセールに於ける先験的自我の自己構成
9 印哲史 澁谷 厚保 ヨーガに於ける真知について
10 西哲史 北島 美雪 プラトンのドクサに就いて―主として『テアイテトス』『ソフィステス』に拠る―
11 西哲史 向井 守 フランクフルト時代におけるヘーゲルの実存
12 宗教 金子 晴勇 アウグスチヌスにおける理性と信仰
13 宗教 倉沢 行洋 ニーチェ「永劫回帰思想」に関する一考察
14 宗教 藤山 英磨 キェルケゴールに於ける実存の構造
15 キリスト教 水垣 渉 原始キリスト教におけるάνάλημψις Ίησοῡの概念について
16 心理 森淸(井上) 和子 2冊 七―九才兒のロールシャハ反応
x-17 心理 木下(石田) 稔子
18 心理 清水(宇地井) 美智子 2冊 絵単語分類実験による概念の発達過程の研究
19 心理 坂野(高田) 登 2冊 一次信号系と二次信号系の相互作用―知覚・学習心理学及び性格論への展開
20 心理 都守 淳夫 回避反応学習
21 心理 名倉 啓太郎 2冊 反應機制の研究―いわゆる“セット”と反応の促進・抑制作用について―
22 心理 池田(中西) 啓子 2冊 奥行知覚の発達について
23 心理 根本 則明
24 社会 エノハ・アマング (Enoch Amangku) Rural community organization
25 社会 シヤフィテン・シャリフ Power and society
26 社会 笠原 成郎 現代社会の官僚制
27 社会 渡部 定雄 社会構造のもつ共同社会的諸属性
28 美学 白山 定雄 レーピンの絵画に現れた人間像
29 美学 山崎(杉山) 苳子 文藝に於ける表現主體の問題
30 美学 義若 和子 カント美学
31 国史 石躍 胤央 土佐藩の藩政成立
32 国史 泉谷 康夫 平安時代前期の土地制度
33 国史 大山 喬平 中世若狭の社会関係 ―在地領主制の成立と展開―
34 国史 河音 能平 八・九世紀における「富豪の輩」について
35 国史 鈴木 良 日本近代工業の形成
36 国史 安丸 良夫 近代的政治思想成立史序説
37 東洋史 梅原 郁 商税制度を中心としてみた宋代商業上の若干の問題 加藤繁博士「宋代商税考」補説
38 東洋史 森本 公誠(清水 誠) 宰相`Ali ibn `Īsāの財政政策について
39 東洋史 永田 英正 漢代の人頭税 特に算賦について
40 西洋史 小貫 徹 アカイア同盟の対マケドニア政策転換をめぐって
41 西洋史 大島 隆雄 ドイツ農民戰爭に関する一考察―特に中部ドイツに於ける農民戰爭の性格について―
42 西洋史 大牟田 章 前五世紀アテナイ海上覇権の同盟関係に関する一考察―アテナイによる對同盟政策の分析を中心として―
43 西洋史 新田 一郎 コンスタンティノウポリスの建設とその意義―コンスタンティヌスとクリスト教―
44 西洋史 服部 春彦 フランス地主制の一考察―18世紀後半の「分益小作農」について―
45 西洋史 山田 慶児 ロンドン王立協会における科学―17世紀科学の思想史的研究のための断章―
46 地理 木村 辰男 湖東平野中部における町の地域的性格
47 中文 入谷 仙介 詩より見た王維の前半生
48 中文 今鷹 眞 批評態度よりみたる左傳と史記
49 中文 筧 文生 柳宗元に於ける合理主義と古文運動
50 中文 福本 雅一 呉梅村ノ詩ニ就イテ
51 仏文 小川 雅也 L’effet comique des comédies de Beaumarchais.
52 仏文 尾崎 和郎 Emile Zola; caractères généraux des Rougon Macquart.
53 仏文 竹内 成明 Étude sur les confessions de J.-J. Rousseau. Les intentions et un trait caractéristique
54 仏文 藤本 貢 La construction des personnages dans a la recherche du temps perdu.
55 仏文 圓尾 健 La littérature de Maupassant.
56 仏文 山崎 信二 Sur la satire de Molière dans les Précieuses ridicules
57 英米文 青木 次生 A study of Henry James’s “The wings of the dove”
58 英米文 大原(工藤)千代子 A study of the later Henry James: An interpretation of The Golden Bowl.
59 英米文 佐野 哲郎 A study in the symbolism of William Butler Yeats.
60 英米文 大石(平岡)俊一 A study of Graham Greene “Chiefly on his religious sense”
61 英米文 渡邊 克己 On Hamlet.
62 独文 兼武 盟 Der Verfremdungseffekt in Bertolt Brecht “Herr Puntila und sein Knecht Matti”
63 独文 玉置 保己 Der Begriff des Wirklichen bei Sören Kierkegaard.
64 独文 田口 義弘 Rilke und die Möglichkeit des geistigen Daseins.
65 独文 土井 禎代 Heinrich von Kleists “Prinz Friedrich von Homburg”
66 伊文 岩倉 具忠 イタリア語とフランス語の語順の比較
67 伊文 藤澤 道郎 君主論の素描―その文学的考察―
68 言語 山口 巖 ロシア語の体的区別