修士論文

修士論文 平成7年度

平成7年度(平成8年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学(哲学) 沢崎 壮宏 『規則論』におけるデカルトの認識論と方法論
2 哲学(哲学) 柴田 健志 ライプニッツの形而上学―予定調和説の内的構造に関する研究―
3 哲学(哲学) 田中 総一郎 クワインの言語哲学 意味論的昇階による哲学の自然主義的再構成(上)
4 哲学(倫理学) 中野 博二 前期サルトル哲学における「他者」の位置づけ―『存在と無』を中心に―
5 哲学(インド哲学史) 小谷 能久 Yoga-BhāṣyaにおけるSaṃyamaについて
6 哲学(西洋哲学史) 廣瀬 祐也 無限なるものへの認識の途―クザーヌスにおけるpax fideiの根拠をめぐって―
7 哲学(西洋哲学史) 平尾 彰弘 スピノザにおける真の観念の在り方―判断という観点からの考察―
8 宗教学(宗教学) 國松 萌美 ミルチャ・エリアーデにおける象徴―聖の弁証法と救済の問題をめぐって
9 宗教学(宗教学) 杉岡 正敏 ユングにおける自我の複合性と自己超越の関係
10 宗教学(仏教学) 佐藤 直実 阿閦仏国土の女たち―Mi’khrugs pāi bkod pa 第2章―
11 宗教学(仏教学) 田淵 淳広 Ngal gso skor gsumについて
12 宗教学(キリスト教学) 金井 由嗣 『コーヘレト』の構造と思想
13 心理学 梅村 浩之 表面テクスチャーからの形状復元 -複数手がかりの統合過程-
14 心理学 梶井 夏実 読書中の眼球運動からみた日本語の読みの過程-停留位置の分析を中心にして-
15 心理学 高田 明 素人理論の形成における対象の性質と情報源の影響
16 心理学 橘 雅弥 幼児の表情認知と感情カテゴリー
17 心理学 森崎 礼子 顔の類似性判断における脳内表現の検討
18 社会学 鎌原 利成 自虐・被虐性に関する社会学的考察―その意味と回復―
19 美学美術史学 大原 嘉豊 瀧上寺本九品来迎図に関する考察
20 美学美術史学 平芳 幸浩 マルセル・デュシャンの身振り―『泉』を巡って―
21 美学美術史学 松原 知生 シモーネ・マルティーニと14世紀シエナ絵画―「コンパーニョ」の動向を中心に―
22 美学美術史学 若林 雅哉 アリストテレス『詩学』における悲劇と伝承―筋の姿・伝承の扱い―
23 美学美術史学 前川 真由美 T.W.アドルノ『キルケゴール:美的なものの構成』について―ブルジョワの「室内」のメタファーを中心に―
24 美学美術史学 三谷 理華 ジョルジュ・スーラ作「アニエールの水浴」について
25 国史学 東 幸代 近世における漁場秩序の形成―後期藩政史の一環として―
26 国史学 梅田 千尋 近世土御門家の「本所」機能
27 国史学 徳永 誓子 中世寺院組織の変動 寺院下層身分と修験道
28 国史学 萩原 理史 三好・織田政権の畿内支配について
29 東洋史学(東洋史学) 柏田 仁将 金朝における渤海人官僚の役割
30 東洋史学(東洋史学) 清水 太郎 一八世紀末から一九世紀初にかけてのベトナムの軍事体制に関する基礎的研究―主に阮朝初期を中心に―
31 東洋史学(東洋史学) 高嶋 航 清末江南地域社会の研究―『呉縣洞庭山魚鱗冊の基礎研究』―
32 東洋史学(東洋史学) 中原 智美 元初江南の知識人―浙西における支配体制の確立と知識人の動向―
33 東洋史学(西南アジア史学) 星之内 正毅 シャール=シャーの臣下たち
34 東洋史学(西南アジア史学) 守川 知子 16世紀における聖地マシュハドとサファヴィー朝
35 東洋史学(西南アジア史学) 矢島 洋一 ‘Alā’ al-dawla Simnānīとイルハン期イランの神秘主義
36 東洋史学(西南アジア史学) 大北 けい サーディキーの『絵画技法のきまり(Qānūn al-ṣuvar)』
37 西洋史学(西洋史学) 猪刈 由紀 バイエルンの巡礼と対抗宗教改革
38 西洋史学(西洋史学) 伊藤 順二 1905年バクーの労働運動と民族衝突
39 西洋史学(西洋史学) 竹中 幸史 フランス革命期ルーアンの民衆協会
40 西洋史学(西洋史学) 藤内 哲也 近世初頭におけるヴェネツィアの市民階級―書記局官僚層を中心に―
41 西洋史学(西洋史学) 山内 暁子 古代ギリシアにおける通過儀礼の社会的機能
42 西洋史学(西洋史学) 平山 晃司 古代ギリシアにおける殺人の穢れの概念
43 西洋史学(現代史学) 宮田 昌明 日中戦争初期の和平工作と国際環境
44 西洋史学(現代史学) 吉岡 潤 戦後ポーランドにおける民族的再編と人民政権の支配確立過程―農地改革(1944-1949)をめぐる政治状況を軸に―
45 地理学 堀 健彦 10~13世紀の土地文書にみる空間表現
46 地理学 水野 真彦 競争戦略と空間組織-日本の自動車産業を事例として-
47 地理学 中藤 容子 日本における地域住民組織とその領域―川崎市域の「町内会」組織を対象として―
48 考古学 魚津 知克 古墳時代鉄製農・工具の技術的変革
49 考古学 大賀 克彦 弥生時代玉作の成立と展開
50 考古学 中井 淳史 室町・戦国期における土師器皿生産に関する基礎研究
51 国語学国文学 KAEWRITHIDEJLADDA 近松狂乱物の意義―『双生隅田川』の場合―【近松浄瑠璃における「狂乱」の意義―『双生隅田川』を例に―】
52 国語学国文学 陳 玫孜 「軽み」に関する一考察―芭蕉の作句理念と中国詩論
53 中国語学中国文学 友重 篤 韓愈の詩―動揺する世界
54 中国語学中国文学 緑川 英樹 孟郊の詩、その創意の基盤と展開―詩僧皎然との対比を中心にして―
55 中国語学中国文学 宮 紀子 哭泣劇から復讎劇へ―元雜劇に於ける鎭魂を手掛かりとして―
56 中国語学中国文学 高塚 あゆみ 詞における表現技法について―風景・風物の描写を中心に―
57 フランス語学フランス文学 早川 文敏 Quelques aspects de la création de fiction chez Céline – le rôle de du lecteur dans Mort à crédit et Semmelweis –
58 フランス語学フランス文学 宮嵜 克裕 L’OUVERTURE ANCIENNE D’HÉRODIADE ET LA POÉTIQUE MALLARMÉENNE
59 フランス語学フランス文学 伊藤 玄吾 Dom Japhet d’Arménie et L’Héritier ridicule,
l’incarnation théâtrale de l’imagination de Scarron
60 英語学英米文学 板倉 厳一郎 The Clear Knowledge of a False Move: John Fowles’s The French Lieutenant’s Woman
61 英語学英米文学 黒宮 公彦 An Analysis of the Mechanism of Nominalization
62 英語学英米文学 林 奈美子 A Study of The Age of Innocence: Wharton’s Views of Old New York and Her Ideal Values
63 英語学英米文学 松宮 園子 Diversity of the Narrative Voice in Howards End
64 英語学英米文学 山本 みゆき A Study of Julius Caesar: The End of the Ancient Roman Republic
65 英語学英米文学 大澤 一仁 A Study of Little Dorrit: a novel of atmosphere
66 言語学(言語学) 山本 武史 A Study on English Syllabification
67 言語学(言語学) 森 若葉 アッカド語の文学作品におけるventiveの分布について
68 言語学(西洋古典学西洋古典文学) 阿部 達哉 ピンダロスのオリンピア第14歌について―その末尾(17-24行目)における詩の受け取り手の称讃の手法―
69 言語学(西洋古典学西洋古典文学) 川上 穣 『イリアス』『オデュッセイア』の詩人に関する一考察
70 言語学(西洋古典学西洋古典文学) 高畑 時子 転義的比喩理論に於けるキケロの独創性―アリストテレスとの比較を通じて―
71 言語学(イタリア語学イタリア文学) 馬渡 一弘 オルランドを主題とする3作品における物語の転換について
72 言語学(イタリア語学イタリア文学) 村瀬 有司 T.タッソの『エルサレム解放』の分析―現実世界から絶対へ―

修士論文 平成6年度

平成6年度(平成7年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学(哲学) 関水 克亮 トマス・リードにおける知覚の問題
2 哲学(哲学) 久米 暁 ヒュームの『人間本性論』における因果論と懐疑主義
3 哲学(哲学) 川井 博之 「新音楽」の哲学的考察-アドルノ『新音楽の哲学』論-
4 哲学(倫理学) 奥野 満里子 功利主義と人格~パーフィットの人格論とヘアの選好功利主義~
5 哲学(インド哲学史) 室屋 安孝 Yuktidīpikāにおけるasatkāryavāda批判
6 哲学(西洋哲学史) 菊地 建至 初期ニーチェにおける「知と生」をめぐって
7 哲学(西洋哲学史) 島田 佳代子 トマス・アクィナスにおける感覚的認識と知性的認識の関係の問題
8 哲学(西洋哲学史) 松根 伸治 トマス・アクィナスにおける無知と罪について
9 哲学(西洋哲学史) 川村 健一郎 物自体と物一般-カント『純粋理性批判』を中心に-
10 哲学(西洋哲学史) 徳永 貴士 道徳教育の意義とヘクシスに対する責任-『ニコマコス倫理学』第三巻第五章1114 b 23 シュナイティオイ・ポースをめぐって-
11 哲学(西洋哲学史) 松本 祐史 此岸的救済への行程―ニーチェに於けるソクラテス問題を手引きとして―
12 哲学(西洋哲学史) 田中 康照 プロタゴラスの相対主義の自己論訤性―プラトン『テアイテトス』170E-171Cをめぐって―
13 宗教学(宗教学) 小野 真 前期ハイデガーにおける語り(Rede)の問題について
14 宗教学(宗教学) 浅井 一行 ハイデッガー『存在と時間』における企投性の問題
15 宗教学(仏教学) 山中 行雄 TherīgāthāとBhikkhunī-Samyuttaとの比較研究
16 宗教学(仏教学) ビック シティワンノー 中辺分別論における縁起と空性について
17 宗教学(キリスト教学) 今井 尚生 P.ティリッヒにおける「カイロス」と認識の形而上学-歴史相対主義の克服を巡って-
18 心理学 朝倉 暢彦 両眼立体視における表面の再構成過程と脳内表現
19 心理学 安藤 新樹 視覚的注意と線運動錯視
20 心理学 仁科 繁明 物体形状の認識のための脳内表現
21 社会学 佐藤 哲彦 薬物使用者の生活世界
22 社会学 田野 大輔 ナチス・ドイツの政治文化―イデオロギーと実践のパラドクス―
23 社会学 筒井 清輝 ナショナリズムと近代化の社会学―ナショナリズムの一般理論を目指して
24 社会学 野崎 賢也 近代日本における「農本主義」の社会学的考察―農民の社会意識と国家―
25 美学美術史学 浅谷 純子 14世紀ボローニャ絵画―物語絵に見る写本画との関係―
26 美学美術史学 山口 洋三 アジア現代美術と『美術館』-福岡市美術館の試み『アジア美術展』にみる『アジア現代美術』-
27 美学美術史学 吉竹 彩子 河井寛次郎 初期から中期への変遷をめぐって
28 国史学 衣川 仁 中世山門の門跡と大衆
29 国史学 田中 淳子 室町幕府経済基盤の再検討―御料所を中心として―
30 国史学 横内 裕人 中世前期の真言宗と仁和寺御室―院権力の仏教政策との関わりを通して―
31 国史学 吉川 聡 勘会制度の展開
32 国史学 吉野 秋二 古代身分制度の変容と百姓
33 東洋史学(東洋史学) 中山 義久 北魏洛陽遷都と虜姓の改姓-孝文弔比干文碑陰を中心として-
34 東洋史学(東洋史学) 丸橋 充拓 中晩唐期、北方辺境における軍糧政策
35 東洋史学(東洋史学) 大滝 吾朗 六朝期に於ける襄陽及び江陵の豪族について
36 東洋史学(東洋史学) 佐々木 愛 毛奇齢の学―明学から清学への移行期における一様相―
37 東洋史学(西南アジア史学) 伊藤 隆郎 14世紀末-16世紀初頭エジプトの大カーディーたち
38 西洋史学(西洋史学) 桑山 由文 元首政期ローマ帝国における近衛長官―権限の確立と展開―
39 西洋史学(西洋史学) 宮川 剛 近世ロンドンの教区―いわゆるロンドン「安定論」をめぐって―
40 西洋史学(現代史学) 及川 英二郎 社会大衆党の「派閥対立」と「国民外交」
41 西洋史学(現代史学) 米澤 和子 武器貸与法の成立―40年から41年の合衆国のイギリス援助政策―
42 地理学 亀岡 岳志 伝承のなかの環境と生活
43 地理学 米家 泰作 中世の山地と領域―土佐国大忍荘槙山の「名領域」とその境界―
44 地理学 佐藤 廉也 エチオピア西南部におけるスルマ系民族マジャンギルの焼畑農耕システム
45 考古学 杉本 厚典 弥生時代後期から古墳時代初頭にかけての地域間交流-東部瀬戸内の土器の研究を中心に-
46 考古学 中川 寧 山陰地方にみられる後期弥生土器の地域間交流
47 考古学 山本 圭二 石製品と畿内政権
48 国語学国文学 鋤柄 倫子 『枕草子』「にげなきもの」と「心にくきもの」より―衛門府の五位と六位の官人に関する記事群について―
49 国語学国文学 鄭 順姫 都賀庭鐘の中国文学受容の態度について-李朝文人、朴趾源との対比を通して-
50 国語学国文学 大槻 信 清濁攷序説
51 国語学国文学 土居 文人 元禄期文学における咄の姿勢
52 国語学国文学 林 透 鏡花文学試論-『梟物語』を中心にして-
53 中国語学中国文学 夏 嵐 話劇史における翻訳劇とその上演―1930年までの場合
54 中国語学中国文学 石井 望 曲韻南派の入聲について―韻學驪珠を中心として―
55 フランス語学フランス文学 加納 由起子 Étude des rapports entre le temps et l’argent dans Madame Bovary – Volonté d’une fin –
56 フランス語学フランス文学 桑瀬 章二郎 Le législateur et l’écrivain face à la communauté
57 フランス語学フランス文学 森本 淳生 Le concept de l’Implexe dans la pensée de Paul Valéry
58 フランス語学フランス文学 禹 朋子 La MEMOIRE présentation des personnages proustiens: quelques techniques et leur origine
59 フランス語学フランス文学 濱野 耕一郎 バタイユの随筆「マネ」をめぐって―自律的表現の探究― (Etude sur Manet, essai de Georges Bataille:à la recherche de l’autonomie de l’expressiom)
60 英語学英米文学 甲斐 清高 Dickens’s Martin Chuzzlewit: ‘Fancy’and Comic Characters
61 英語学英米文学 本多 史弥 A Study of Pierre: Characteristics of the Perception of Meaning
62 英語学英米文学 大岡 士郎 A Study of Saul Bellow’s Herzog
63 ドイツ語学ドイツ文学 國重 裕 Probleme zeitgenössischer Dichtung -Essai über Ingeborg Bachmann-
64 ドイツ語学ドイツ文学 松井 千春 Über drei Märchen in Tiecks »Phantasus«-Zur Deutung seiner “neuen Manier”-
65 ドイツ語学ドイツ文学 西浦 忠昭 Über E. T. A. Hoffmanns “Die Bergwerke zu Falun”
66 言語学(イタリア語学イタリア文学) 中川 さつき メタスタジオのオペラ・セリア 『シリアのハドリアヌス』『オリンピアデ』『デモフォンテ』『ティトゥスの慈悲』における美徳と人間的な自由との葛藤について
67 言語学(イタリア語学イタリア文学) 遠藤 礼子 「地方イタリア語」のイントネーション

修士論文 平成8年度

平成8年度(平成9年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学(哲学) 奥野 要助 時について―その自己意識からの解明―
2 哲学(哲学) 竹中 利彦 デカルト『省察』における心身の分離と合一
3 哲学(哲学) 町田 岳 ラッセルの多元論と時間・空間論
4 哲学(哲学) 山田 健二 『数学の原理』における「変項」
5 哲学(中国哲学史) 孫 路易 厳復思想における中国固有の哲学概念
6 哲学(インド哲学史) 村川 晶子 Jaiminīya-Brāhmaṇa第2巻Gavāmayana章の研究―2.1-8を中心に―
7 哲学(西洋哲学史) 兒玉 幸子 ピーコ・デッラ・ミランドラ『愛の詩注解』における創造論の位置付け
8 哲学(西洋哲学史) 周藤 多紀 トマス・アクィナスにおける能動知性-そのアウグスティヌス的側面-
9 哲学(西洋哲学史) 木原 志乃 ヘラクレイトスにおける「火」と調和概念をめぐって
10 宗教学(宗教学) 伊藤 慶郎 シュライエルマッハーの『キリスト教信仰論』における神と世界
11 宗教学(宗教学) 林 貴啓 時の人間学への試論-波多野精一の哲学を主たる手がかりとして-
12 宗教学(宗教学) 高橋 良一 ティリッヒにおける象徴の問題
13 宗教学(仏教学) 宮野 美子 ブッダの沈黙と初期仏教の実践性
14 宗教学(仏教学) 朴 基烈 ディグナーガの意知覚(mānasapratyakṣa)
15 宗教学(仏教学) 小寺 正樹 カーラチャクラタントラ研究-第一章・世間品を中心として-
16 宗教学(キリスト教学) 坂井 知 使徒パウロにおける律法の成就と隣人愛―ガラテヤ書5:14を中心に-
17 心理学 酒井 浩二 閉図形の複雑さと視覚記憶容量についての検討
18 心理学 杉尾 武志 図形認知における幾何学的変換情報の表現と処理機構
19 社会学 大津 陽子 <スタイル>の社会学
20 社会学 大山 小夜 「債務」の社会学的研究―「現代社会」における「消費者信用」―
21 社会学 高山 龍太郎 初期シカゴ学派の理論と調査法の検討 トマスとズナニエツキ 『ヨーロッパとアメリカにおけるポーランド農民』における社会的パーソナリティ論とウラデクの自伝
22 社会学 西村 大志 「日本の近代」と「児童の身体」―言説・もの・身体を分析枠組みとした座る姿勢の明治大正史―
23 社会学 野村 明宏 ネイション-ステイトと未完の近代
24 社会学 中山 ちなみ 生活構造の社会学的分析―生活研究の基本枠組みと生活意識の研究―
25 社会学 鍋倉 聰 シンガポールのエスニシティとナショナリティに関する比較社会学的考察
26 美学美術史学 後藤 結美子 ウィリアム・ブレイクの彩飾本におけるテクストと挿絵の関係について―『ユリゼンの(第一の)書』とその異本の考察
27 美学美術史学 平川 佳世 アルブレヒト・デューラー「バニャカヴァッロの聖母」に関する一考察
28 国史学 田中 茂樹 明治・大正期の酒税について
29 国史学 山本 一也 日本古代の叙品―后腹論の一つとして―
30 国史学 金 尚駿 近世対馬宗氏の朝鮮外交交渉権の確立過程
31 国史学 東谷 智 近世中後期における武家奉公人政策の転換
32 国史学 安田 陽介 庚午年籍と地方豪族
33 東洋史学(東洋史学) 大野 晃嗣 明代推官考
34 東洋史学(東洋史学) 岡本 弘道 朝貢国琉球の位置付けとその変化について
35 東洋史学(東洋史学) 小川 由記 漢代の交通について―いわゆる驛傳制を考える―
36 東洋史学(東洋史学) 小野 達哉 唐の翰林学士と中書舎人
37 東洋史学(東洋史学) 古松 崇志 宋代財政運営の研究-中央と地方の関係をめぐって-
38 東洋史学(東洋史学) 米田 健志 漢代の御史と尚書
39 東洋史学(西南アジア史学) 山口 整 オスマン帝国とポーランド アフメト・レスミー・エフェンディを手がかりに
40 東洋史学(西南アジア史学) 和田 郁子 17世紀インドのダイヤモンド―初期のオランダ東インド会社による取引の展開を中心に―
41 西洋史学(西洋史学) 青谷 秀紀 12世紀フランドルにおけるjustitia観念とプランシポーテの一体性―シャルル・ル・ボンの殉教と「正義と平和」―
42 西洋史学(西洋史学) 金澤 周作 近代英国における「海難救助」の展開-難破・略奪・救助-
43 西洋史学(西洋史学) 坂上 政美 中世末期フィレンツェにおける兄弟会
44 西洋史学(西洋史学) 櫻井 康人 エルサレム王国の権力構造 テンプル騎士修道会・聖ヨハネ騎士修道会の考察
45 西洋史学(現代史学) 戸田 正毅 戦前期大阪における日雇労働市場の展開
46 西洋史学(現代史学) 米満 東一郎 「スターリン・ノート」をめぐる議論の諸相
47 地理学 門井 直哉 評の領域についての歴史地理学的考察
48 地理学 祖田 亮次 イバン社会の変容とロングハウス
49 考古学 国本 豊泰 中西部瀬戸内地域を中心とする中期後半の弥生文化
50 考古学 村上 由美子 弥生時代の木製食事具―木器生産の一様相をみる―
51 考古学 村木 二郎 西日本の経塚
52 考古学 大石 崇史 飛騨を中心とする縄文時代後期の土器様相
53 考古学 高橋 章司 東アフリカのルヴァロワ技法
54 国語学国文学 江上 敏哲 徒然草と先行文学―文学体験・執筆契機・執筆意図―
55 国語学国文学 大秦 一浩 ズハ-萬葉集における「者」字の用法
56 国語学国文学 岸本 恵実 ヴァティカン図書館蔵『葡日辞書』研究序説
57 国語学国文学 芳賀 誠 天平勝宝二年四月三日
58 国語学国文学 吉本 眞紀子 遊女の罪障観-遊女普賢説話を中心に-
59 国語学国文学 川上 陽介 初期洒落本と浮世草子
60 国語学国文学 久堀 裕朗 近松浄瑠璃の文体
61 国語学国文学 柴田 芳成 寺社開創説話における狩人像試論
62 国語学国文学 鈴木 隆司 業平集の展開―在中将集への展開を中心に―
63 中国語学中国文学 土屋 育子 『南宋志傳』について―趙匡胤の物語の展開―
64 中国語学中国文学 内藤 美彌子 《牡丹亭還魂記》について―その構成における一考察―
65 中国語学中国文学 野口 拓也 杜詩と歴史
66 中国語学中国文学 黄 炫敏 庾信晩期におけるアイデンティティの探求―〈擬詠懐〉を中心として
67 中国語学中国文学 小出 敦 顧炎武古音十部説の具体的な音価
68 梵語学梵文学 勝本 華蓮 サーリプッタとモッガラーナ-二大弟子の特性と役割-
69 梵語学梵文学 平越 真澄 『カター・サリット・サーガラ』に記述される前生
70 フランス語学フランス文学 中尾 裕紀子 UNE ÉTUDE SUR LE PAYSAGE MARIN dans A la recherche du temps perdu
71 フランス語学フランス文学 橋本 知子 La description dans Par les champs et par les grèves de Gustave Flaubert
72 フランス語学フランス文学 北原 ルミ Recherche de la vérité dans Le Visionnaire de Julien Green
73 フランス語学フランス文学 松岡 美穂 Les problèmes de la création poétique dans Enfance des “Illuminations”
74 フランス語学フランス文学 市村 直人 Une étude de l’intrigue dans les nouvelles de Mérimée
75 英語学英米文学 塚田 根子 Melville’s The Confidence-Man : His Masquerade The Confidence-Man’s Masquerade and A Human Recognition
76 英語学英米文学 藤井 孝子 Oliver the Child Hero
77 英語学英米文学 源 真帆 WORDSWORTH’S PASTORAL WORLD
78 英語学英米文学 森 慎一郎 F. Scott Fitzgerald’s Tender Is the Night: A Re-examination of the Two Versions
79 英語学英米文学 山内 千鶴子 E. M. Forster’s Ideal and His Early Short Stories
80 英語学英米文学 横内 一雄 Ulysses and the Experience of the Body: Reading a Haptic Writer
81 英語学英米文学 生駒 夏美 SPEAKING IN TONGUES : MULTIPLE REPRESENTATION OF THE SELF IN DORIS LESSING’S THE GOLDEN NOTEBOOK
82 ドイツ語学ドイツ文学 片岡 宜行 Zum Problem der Klassifizierung des Dativs im Deutchen
83 ドイツ語学ドイツ文学 近藤 晴亮 Über die Entstehungsgeschichte von Goethes “Urfaust”
84 言語学(言語学) 荒川 慎太郎 韻書の構成法からみた西夏語音の研究-等韻の構造に関する一考察-
85 言語学(言語学) 児玉 茂昭 印欧祖語の合成語における母音交替について
86 言語学(言語学) 小西 正人 現代日本語における変化事象表現
87 言語学(言語学) 川地 智子 インドネシア語における無接頭辞動詞文の統語構造について
88 言語学(イタリア語学イタリア文学) 近藤 直樹 AriostoのSatire―自己防衛する諷刺詩

修士論文 平成9年度

平成9年度(平成10年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 文献文化学(国語学国文学) 岩井 忠史 抄物における補助動詞について―論語抄を中心に―
2 文献文化学(国語学国文学) 金光 桂子 『風葉和歌集』に見る物語享受の一様相
3 文献文化学(国語学国文学) 川島 朋子 <橋弁慶>の替間「弦師」とその周辺
4 文献文化学(国語学国文学) 菅原 領子 和泉式部日記の表現―「ことば」を通して―
5 文献文化学(国語学国文学) 前島 有里 霜の季節
6 文献文化学(国語学国文学) 辛 有美 「むすぼほる」恨の物語―『源氏物語』と韓国宮廷文学の接点―
7 文献文化学(国語学国文学) FRANCESCA DIMEGLIO 『サントスの御作業』の翻訳方法について
8 文献文化学(中国語学中国文学) 堂薗 淑子 何遜の見た情景―謝朓詩との比較-
9 文献文化学(中国語学中国文学) 姜 若冰 元稹の詩について―その夢を中心に
10 文献文化学(中国語学中国文学) 陳 平 楊万里の自然描写―「雨」を中心に―
11 文献文化学(サンスクリット語学サンスクリット文学) 川勝 敏雄 牛が賛美されて、力を出す話―戒律文献に見られる文学要素―
12 文献文化学(サンスクリット語学サンスクリット文学) 劉 晶紅 『六度集經』に伝えられるインドの説話―サルヴァダッタ王の話―
13 文献文化学(インド哲学史) 永田 啓介 Rājataraṅgiṇī(一章から三章)に見られるNīlamatapurāṇaの影響
14 文献文化学(仏教学) 赤羽 律 ジュニャーナガルバの『二諦分別論』における二諦説
15 文献文化学(スラブ語学スラブ文学) 中尾 裕子 現代ロシア文学における指小形の使用について―機能的側面からのアプローチ―
16 文献文化学(スラブ語学スラブ文学) 前田 ひろみ ロシア語の「近似性」の表現について
17 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 姉川 佳子 Über Walter Benjamins “Berliner Kindheit um Neunzehnhundert”.
18 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 平山 環 Die Tugend der Frauen.Zu einem Zentralthema des bürgerlichen Trauerspiels
19 文献文化学(英語学英米文学) 伊丹 陽子 ”Fall’n into the sere”:Dangerous Notions of Masculinity and the Barrenness of the Macbeths
20 文献文化学(英語学英米文学) 中原 陽子 Tragedy of Errors in Edward II – The Unrequited Love of Queen Isabella
21 文献文化学(英語学英米文学) 服部 美樹 Fear of Displacement in Thomas Hardy’sThe Mayor of Casterbridge
22 文献文化学(英語学英米文学) 鴨田 宏美 Desdemona and Love in Othello
23 文献文化学(英語学英米文学) 三宅 弘晃 Face-enhancing Intonation in English Discourse
24 文献文化学(フランス語学フランス文学) 内田 修一 Nerval et le réalisme: Une étude sur Les Nuits d’octobre
25 文献文化学(フランス語学フランス文学) 折井 穂積 Du 《Temple de Cupido》 à 《l’Enfer》 : la structure symètrique dans trois poèmes de Marot
26 文献文化学(フランス語学フランス文学) 菊池 正和 ピランデッロの戯曲における人間の存在について
27 思想文化学(哲学) 中野 安章 バークリーにおける奥行き知覚と視覚言語説
28 思想文化学(哲学) 西村 正秀 ロックによる性質の理論について―経験論的観念説と粒子仮説との連関
29 思想文化学(哲学) 吉田 寛 前期ヴィトゲンシュタインの「像の理論」―「言語」と「可能性」―
30 思想文化学(哲学) 吉永 周平 デカルトの人間論
31 思想文化学(哲学) LEONARDIANDREA 純粋経験の形而上学―西田の自己考察を手掛かりとして―
32 思想文化学(西洋哲学史) 大月 栄子 『神名論』第四章における偽ディオニュシオスの「善」について
33 思想文化学(西洋哲学史) 関沢 和泉 前期様態論学派の言語把握 ~主にダキアのボエティウスに即して~
34 思想文化学(日本哲学史) 水野 友晴 自覚の立場と絶対意志の立場
35 思想文化学(倫理学) 斎藤 一真 カントの国家論の法的原理 -三権分立と抵抗権の問題を中心として
36 思想文化学(倫理学) 鈴木 真 ジョン・ステュアート・ミルにおける諸個人の発展の概念と自由原理
37 思想文化学(倫理学) 中谷 常二 ストックホルダー理論とステークホルダー理論
38 思想文化学(倫理学) 吉村 幸彦 荻生徂徠の制度論について
39 思想文化学(宗教学) 後藤 正英 カントの道徳宗教について -自然的幸福から道徳的幸福への質的展開について-
40 思想文化学(宗教学) 土佐 明 ヤスパースにおける実存と自由―『哲学』における実存と超越者の関係をめぐって―
41 思想文化学(キリスト学) 大石 祐一 「エレミヤの告白」における預言者の信仰と思想
42 思想文化学(美学美術史学) 碓井 みちこ シラーとドイツ・ロマン主義(主にフリードリヒ・シュレーゲル)との関係について―シラー論文の先行研究分析、及びシラーの「崇高」「滑稽」の美的カテゴリーとフリードリヒ・シュレーゲル―
43 思想文化学(美学美術史学) 髙田 充清 エレファンタ石窟彫刻の研究―その彫刻の制作時期と王朝をめぐって―
44 歴史文化学(日本史学) 熊谷 隆之 鎌倉幕府による西国支配の構造的展開
45 歴史文化学(日本史学) 笹川 尚紀 息長氏と王統譜―「帝紀」改作とその意義―
46 歴史文化学(日本史学) 早島 大祐 中世後期の土地契約と「徳政」―十五・六世紀における永代売買地の保証形態―
47 歴史文化学(東洋史学) 小島 浩之 唐代京兆尹に関する一研究
48 歴史文化学(東洋史学) 津田 深雪 万暦三十年代の遼東問題
49 歴史文化学(東洋史学) 永井 正人 漢代考課制度の一面―考課に對する上計の寄與―
50 歴史文化学(東洋史学) 羽田野 岳人 毛沢東の文化大革命
51 歴史文化学(東洋史学) 山口 正晃 北周~隋における総管について
52 歴史文化学(西南アジア史学) 国師 祥史 17世紀前半のムガル朝社会 Bāqir Khānとムガル朝の対応を中心に
53 歴史文化学(西洋史学) 井上 文則 「ガリエヌス勅令」めぐって―三世紀における騎士身分の興隆―
54 歴史文化学(西洋史学) 佐藤 公美 ロンバルディア同盟と12世紀北イタリアの政治構造
55 歴史文化学(西洋史学) 杉原 辰雄 四年国会期ポーランドのグダンスク問題―プロイセンとの同盟関係をめぐる同時代人の認識―
56 歴史文化学(西洋史学) 森谷 美幸 中世後期ケルンにおける都市と教会―市参事会による教会政策の分析を中心に―
57 歴史文化学(考古学) 今井 晃樹 殷墟期の社会関係―特に王と諸族集団との関係について―
58 歴史文化学(考古学) 阪口 英毅 古墳時代鉄製甲冑の変遷と生産の展開
59 行動文化学(心理学) 粟津 俊二 ラットにおいて社会的関係が社会的相互作用による食物選好の形成に与える影響
60 行動文化学(心理学) 十河 宏行 眼球運動時における空間定位機構の時間的、空間的特性
61 行動文化学(心理学) 内藤 智之 上下視野における注意の非対称性について
62 行動文化学(心理学) 三崎 将也 カテゴリー分け学習による認識空間の変容
63 行動文化学(社会学) 阿部 利洋 「語り・身体・癒し」の社会学的考察―南アフリカ・真実和解委員会を事例とした主体をめぐる比較研究
64 行動文化学(社会学) 石田 あゆう 昭和前期のエコロジー的社会観-その歴史社会学的考察
65 行動文化学(社会学) 井戸 聡 中山間地域における環境認識の社会学的研究―農山村社会の環境問題の事例―
66 行動文化学(社会学) 高木 学 過疎地への移住者と地域活性化に関する社会学的考察
67 行動文化学(社会学) 松浦 雄介 社会学的理性の変容―実証主義の問題構造―
68 行動文化学(社会学) 宮武 実知子 ハンス・フライヤーの共同体論
69 行動文化学(社会学) 村上 浩介 コミュニケーションの多元性―コードの「差延/差異」のダイナミズム―
70 行動文化学(地理学) 足立 理 情報ネットワーク化における地域格差
71 行動文化学(地理学) 有留 順子 我が国のテレワークの普及に関する地理学的研究
72 行動文化学(地理学) 島崎 郁司 我が国の国際航空旅客の地理学的分析
73 行動文化学(地理学) 山村 亜希 中世守護所守護城下町の形態と構造
74 現代文化学(科学哲学科学史) 野澤 聡 ヨハン・ベルヌーイにおける力学の原理の探究~自然学としての力学~
75 現代文化学(現代史学・現代日本論) 佐野方 郁 バンドン会議と鳩山内閣
76 現代文化学(現代史学・現代日本論) 山口 育人 アトリー労働党政権の対外経済政策と帝国―植民地経済・開発政策をめぐって―
77 現代文化学(現代史学・現代日本論) 朴 宣美 朝鮮社会の近代的変容と女子日本留学―1910~1945年―
78 哲学(哲学) 追分 晶子 トマス・リードにおける常識の擁護
79 哲学(中国哲学史) 山花 哉夫 『論衡』に於ける矛盾の諸相
80 哲学(西洋哲学史) 村上 正治 プラトン『クリトン』におけるロゴスの構造
81 宗教学(仏教学) 村尾 耕一 瑜伽行(唯識)の研究 唯識学派に於ける瑜伽行の研究
82 宗教学(キリスト教学) 嶋村 美智子 ベルナールの『雅歌講解』における神秘主義の研究
83 心理学 松本 淳子 音楽の選択的聴取と感情の関係―Why does someone sometimes prefer lamenting music?―
84 社会学 坂部 晶子 植民地の記憶の社会学―日本人にとっての満州体験―
85 美学美術史学 生田 ゆき フランス王立絵画・彫刻アカデミー素描-色彩論争における情念表現について
86 美学美術史学 市川 彰 伊藤若冲筆鹿苑寺大書院障壁画試論―一の間・「葡萄図」障壁画を中心に―
87 美学美術史学 高松 麻里 展示される「歴史」―1893年シカゴ万国博「鳳凰殿」にみる日本美術の位相
88 国史学 大石 一男 条約改正史における廃棄論
89 国史学 庄司 麻子 古代伊勢神宮奉幣儀礼と祭主制度の展開
90 国史学 田坂 泰之 中世後期京都の都市空間と構造
91 東洋史学(東洋史学) 井上 充幸 明末の文人と社会-嘉興の一文人の趣味生活
92 東洋史学(西南アジア史学) 田辺 真実 『カザンハン国史』の文献学的研究
93 西洋史学(西洋史学) 村瀬 直志 16世紀ヴェネツィア共和国の民兵制度の展開とテッラフェルマ
94 西洋史学(現代史学) 瀬藤 康記 占領期ドイツにおけるバイエルン州政府と非ナチ化問題
95 地理学 足利 亮太郎 都市工業の再編成過程
96 地理学 今里 悟之 村落空間の社会記号論-玄界灘馬渡島を事例とした試み-
97 考古学 本吉 恵理子 古代から中世前期の挽物製品
98 国語学国文学 本井 牧子 十王経とその享受 -逆修・追善仏事における唱導を中心に-
99 言語学(言語学) 永井 佳代 A Study on the Prosody of St. Lawrence Island Yupik Eskimo
100 言語学(西洋古典語学西洋古典文学) 上田 恵美 ヘーシオドス『仕事と日』における動物 -その対照的扱いについて-
101 言語学(西洋古典語学西洋古典文学) 小西 友明 The Role of Odysseus in Sophocles’ Ajax

修士論文 平成11年度

平成11年度(平成12年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 文献文化学(国語学国文学) 岩井 一樹 否定語の範囲
2 文献文化学(国語学国文学) 奥野 久美子 芥川龍之介「或日の大石内蔵之助」の方法
3 文献文化学(国語学国文学) 小山 順子 『後京極殿御自歌合』試論
4 文献文化学(国語学国文学) 林 泰弘 後期噺本の変質
5 文献文化学(国語学国文学) 藤原 由華 『毘沙門の本地』試論
6 文献文化学(国語学国文学) 吉岡 佐知子 洒落本『不粋照明房情記』考―穿ちと刊行年代の考察を中心に―
7 文献文化学(国語学国文学) 申 英蘭 郁達夫の日本文学受容について―近松秋江から受けた影響を中心に―
8 文献文化学(国語学国文学) 河 潤美 本居宣長の歌論における「もののあわれ」の構造について-『排芦小船』と『石上私淑言』を中心に-
9 文献文化学(国語学国文学) POPESCU FLORIN キリシタン資料における副助詞について
10 文献文化学(国語学国文学) 紺田 具仁子 頼山陽「耶馬渓図巻」考-その題画記をめぐって-
11 文献文化学(中国語学中国文学) 永田 知之 武則天期に於ける陳子昴の政治的位置
12 文献文化学(中国語学中国文学) 辛 夏寧 陶淵明「擬古詩九首」に關する一考察
13 文献文化学(中国哲学史) 王 文玲 蔡元培の孔子及び儒学観
14 文献文化学(仏教学) 江田 昭道 Ratnāvalī研究―rGyal tshab註を中心として―
15 文献文化学(仏教学) 志賀 浄邦 Tattvasamgraha(-pañjikā)第18章「推理の考察」の研究―Pātrasvāminのanyathānupapatti説を中心に―
16 文献文化学(仏教学) 津田 明雅 Catuhstava研究―その成立過程について―
17 文献文化学(西洋古典学) 土田 豊 ヘロドトスにおけるスキュタイ人を中心としたnomadismについて
18 文献文化学(スラブ語学スラブ文学) 向山 珠代 18世紀前半のロシア語における形動詞構文と副動詞構文―ロモノーソフの文体論を中心に―
19 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 佐々木 茂人 Kafkas Romanfragment “Der Verschollene”
20 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 池田 晋也 Kunst und Wissenschaft beim frühen Nietzsche–Von der “Geburt der Tragödie” zu den “Unzeitgemäßen Betrachtungen”–
21 文献文化学(英語学英米文学) 梶 純子 Scobie’s Pride in The Heart of the Matter
22 文献文化学(英語学英米文学) 川島 俊樹 A Study of Dylan Thomas : Poetry on Poetry
23 文献文化学(英語学英米文学) 国本 豊泰 Orlando’s Multiformity and Uniformity
24 文献文化学(英語学英米文学) 妻木 麻紀子 A study of Ulysses : The Living and the Dead
25 文献文化学(英語学英米文学) 山田 えりか A Fallen Artist : Sins and Crimes in The Picture of Dorian Gray
26 文献文化学(フランス語学フランス文学) 加藤 由香 Le problème de la cruautè dans À la recherche du temps perdu Autour du personnage de la grand-mère
27 文献文化学(フランス語学フランス文学) 千々岩 靖子 Les sentiments des personnages face au monde dans L’Exil et le royaume
28 文献文化学(フランス語学フランス文学) 立花 史 Le Macbeth de Mallarmé : un drame littéraire
29 文献文化学(フランス語学フランス文学) 平尾 浩一 L’idée lexicographique de Littré
30 文献文化学(フランス語学フランス文学) 大橋 完太郎 La conception du signe chez Descartes―sur ses trois aspects―
31 文献文化学(イタリア語学イタリア文学) 榎本 麻衣子 ナタリア・ギンズブルグの『家族の語彙』について 成立の至る作家の軌跡
32 思想文化学(哲学) 佐々木 崇 存在論に関するクワインの主張とその哲学的背景
33 思想文化学(哲学) 佐藤 千洋 超越論哲学の臨界 ― デリダの問題設定について
34 思想文化学(哲学) 中島 裕介 ヘーゲルの『精神現象学』について―実体と主体に関する考察
35 思想文化学(哲学) 浅沼 渉 フッサール初期における算術の基礎づけ-『算術の哲学』に関する一考察-
36 思想文化学(西洋哲学史) 石田 真衣子 デカルトの意志論について-精神の能動-受動を軸にして-
37 思想文化学(西洋哲学史) 多田 光宏 ショーペンハウアーにおける「生への意志の否定」について-道徳を超えるということをめぐって-
38 思想文化学(西洋哲学史) 吉川 大介 実定法の目的、及び効力について-トマス・アクィナスの法論より-
39 思想文化学(西洋哲学史) 西尾 浩二 プラトン『ヒッピアス(小)』におけるパラドックスの意義
40 思想文化学(日本哲学史) 川端 伸典 試論・内村鑑三-近代思想の受容と形成-
41 思想文化学(倫理学) 鶴田 尚美 合理性と人格―パーフィット『理由と人格』を中心として―
42 思想文化学(倫理学) 林 芳紀 ロールズの倫理学方法論の研究―反省的均衡の意義と限界―
43 思想文化学(倫理学) 源 重浩 ヘーゲルにおける自我の自己認識の問題-ヘーゲルのカント批判を契機として-
44 思想文化学(宗教学) 辻 虎志 メルロ=ポンティの知覚論―『行動の構造』におけるゲシュタルトの徹底化と知覚的意識の誕生
45 思想文化学(宗教学) 松原 誌乃 必然性に生きる知性的存在者の自由と歓びについて-シモーヌ・ヴェイユにおける脆さへの愛による不幸の受容-
46 思想文化学(キリスト教学) 川桐 信彦 表現主義とティリッヒの視覚芸術論
47 思想文化学(美学美術史学) 佐藤 由貴 マンテーニャ作「マドンナ・デッラ・ヴィットリア」について
48 思想文化学(美学美術史学) 皿井 舞 日本彫刻史における和様化への道程―受容及び自己意識の変化から捉えた和様彫刻の一側面―
49 思想文化学(美学美術史学) 中川 克志 スティーヴ・ライヒにおけるミニマリズムについて―初期作品の考察
50 思想文化学(美学美術史学) 松岡 久美子 十三世紀前半期における慶派の作風展開について
51 思想文化学(美学美術史学) 黄 貞燕 清初『芥子園画伝』初集の成立について―明末清初における文人画の山水画譜の編集と出版―
52 歴史文化学(日本史学) 加藤 麻子 鈴印の所在と王権
53 歴史文化学(日本史学) 中町 美香子 「陣中」にみる里内裏の展開
54 歴史文化学(日本史学) 鄭 賢珠 近代日本教育行政における所管問題―地方視学官運営論議を中心に
55 歴史文化学(日本史学) 亀田 俊和 室町幕府施行システムの形成-下文・寄進状の施行を中心として-
56 歴史文化学(東洋史学) 井黒 忍 金代の提刑司と按察司 -章宗の官制改革の一側面-
57 歴史文化学(東洋史学) 高梨 真木子 宋代の技術官
58 歴史文化学(東洋史学) 高畠 千枝 唐代密教に関する一考察―不空三蔵の翻訳事業について―
59 歴史文化学(東洋史学) 箱田 恵子 初期出使大臣の派遣とその性格に関する一考察
60 歴史文化学(東洋史学) 保科 季子 漢代における「道術」の展開 -経学・讖緯・術数
61 歴史文化学(東洋史学) 眞弓 寛文 前漢における対匈奴外交について
62 歴史文化学(東洋史学) 山田 裕也 秦檜と温州永嘉郡出身者について
63 歴史文化学(東洋史学) 承 志 清朝治下のオロンチョン佐領編制について―ブトハ問題と佐領根源冊をめぐって―
64 歴史文化学(西南アジア史学) 柴田 知行 アク・コユンル、カラ・コユンルの遊牧諸集団の研究
65 歴史文化学(西南アジア史学) 山本 淳司 『キターブ・アル・カンド』二写本の性格と史料としての可能性
66 歴史文化学(西洋史学) 図師 宣忠 13世紀トゥールーズ伯領とフランス王国―王権の浸透と地域社会―
67 歴史文化学(西洋史学) 水田 信義 12世紀末の地方反乱とビザンツ帝国 地方有力者の自立と皇帝
68 歴史文化学(西洋史学) 福嶋 千穂 16世紀末ルテニアの教会合同―「ブレスト教会合同」の社会背景
69 歴史文化学(西洋史学) 宮坂 康寿 14世紀ケルン大司教領におけるアムト制の形成と展開―領域政策とアムトの抵当化の視点から―
70 歴史文化学(考古学) 岩戸 晶子 地方における鬼瓦の様相―奈良時代・国分寺を中心に見る瓦葺技術の伝播と受容―
71 歴史文化学(考古学) 岩本 崇 三角縁神獣鏡の編年と前期古墳
72 歴史文化学(考古学) 松村 知也 山岳寺院の諸類型
73 行動文化学(心理学) 石田 開 幼児における事物ラベル獲得メカニズムの検討
74 行動文化学(心理学) 黒島 妃香 フサオマキザルにおける見ることと知ることの関係の理解
75 行動文化学(言語学) 西村 多恵 『漢回合璧』新ウイグル語の音韻特徴について
76 行動文化学(言語学) 朴 永梅 延辺朝鮮語のアクセントに関する考察
77 行動文化学(言語学) 千田 俊太郎 ドム語のトーンに關する考察
78 行動文化学(言語学) 西村 周浩 ラテン語・イタリック諸語の最上級接尾辞に関する通時的考察
79 行動文化学(言語学) 梁 惠玉 閩南語厦門方言の鼻母音及び音節末の鼻韻について
80 行動文化学(社会学) 大熊 正浩 明治期における離婚の歴史社会学的研究
81 行動文化学(社会学) 海道 由妃 両大戦間期の高等教育論
82 行動文化学(社会学) 熊田 知子 現代的「自己」観念についての考察―「心の時代」の「私さがし」―
83 行動文化学(社会学) 阪本 博志 戦後日本における「勤労青年」文化の社会学的考察―「若い根っこの会」を事例として―
84 行動文化学(社会学) 右田 裕規 「天皇制」と進化論―近代日本の統治機構による生物進化論への対応に関する歴史社会学的考察―
85 行動文化学(社会学) 水野 英莉 「男性社会」における女性スポーツ愛好者の社会学的研究―サーファー世界のエスノグラフィー―
86 行動文化学(社会学) 村田 泰子 食べることの近代―近代日本の栄養学実践と食事する男/女の身体―
87 行動文化学(社会学) 渡邊 拓也 ハシッシュと近代に関する逸脱論的一考察―ボードレール『人工楽園』をめぐって―
88 行動文化学(地理学) 泉谷 洋平 行為・時空・疎外-ポリティカル・ジオグラフィーとその(不)可能性-
89 行動文化学(地理学) 河野 良平 量販店の出店競争と地域小売商業システムの変化-滋賀県中部地域の事例-
90 行動文化学(地理学) 横山 ともみ エスニックビジネスの成立と展開-静岡県浜松市を事例として-
91 現代文化学(科学哲学科学史) 澤井 直 ボネの発生理論におけるpréformation
92 現代文化学(現代史学・現代日本論) 宗田 昌人 日本統治下の台湾における農民運動の展開,1926-1932
93 現代文化学(現代史学・現代日本論) 福島 在行 内灘闘争と平和運動-1950年代の基地反対運動をめぐって-

修士論文 平成10年度

平成10年度(平成11年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 文献文化学(国語学国文学) 川口 敦子 バレト写本について―「四つ仮名」の表記に関する問題―
2 文献文化学(国語学国文学) 下村 文 『狐の裁判』における巌谷小波の再話態度
3 文献文化学(国語学国文学) 寺本 史香 平安朝和歌の蝉と蛍
4 文献文化学(国語学国文学) 中島 貴奈 柏木如亭詩論―古人の詩句の使用を中心に―
5 文献文化学(国語学国文学) 橋本 正俊 『観音利益集』の寺院縁起をめぐって―縁起の展開と説話―
6 文献文化学(国語学国文学) 長谷川 千尋 紹巴及びその周辺の寄合書―「やすやす」とした風をめぐって―
7 文献文化学(国語学国文学) 福井 辰彦 中野逍遙の恋とその表現―明治漢詩との比較からみえるもの―
8 文献文化学(国語学国文学) 本多 朱里 『善知安方忠義伝』攷
9 文献文化学(中国語学中国文学) 片山 久美子 本悟『韻略易通』研究~蘭茂『韻略易通』との比較から~
10 文献文化学(中国語学中国文学) 多田 麻美 梅堯臣詩論
11 文献文化学(中国語学中国文学) 三谷 拓也 李商隠の艶詩に見られる仙界表現について
12 文献文化学(中国語学中国文学) 潘 韶頴 福州亭江方言における疑問文-反復疑問文を中心として
13 文献文化学(中国語学中国文学) 徐 金財 鳥崇拝から見た六朝志怪小説中の「鳥生伝説」と「神仙信仰」
14 文献文化学(中国哲学史) 内藤 英裕 王船山の史論における王安石の歴史評価をめぐって-その人物論を中心に-
15 文献文化学(中国哲学史) 東川 祥丈 劉劭の法思想について-漢末魏晋における法思想の展開に関する一考察-
16 文献文化学(サンスクリット語学サンスクリット文学) 南埜 真理 Aṣṭādhyāyīにおけるpadaの概念
17 文献文化学(インド哲学史) 有國 由花 古代インドの王権論―Mahābhārata第12巻rājadharmaparvanにおけるrājadharmaとkṣatradharmaを中心に―
18 文献文化学(仏教学) 白濱 海太 トゥカン『一切宗義』第六章(チョナン派の章)に関する研究
19 文献文化学(西洋古典学) 澤田 トシ子 ヒポクラテス医学における体液概念
20 文献文化学(スラブ語学スラブ文学) 田中 大 古教会スラブ語のběのテンスについて
21 文献文化学(スラブ語学スラブ文学) 森田 耕司 旧北東部国境地帯のポーランド語方言におけるアーカニエについて
22 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 國枝 尚隆 „Wilhelm Tell“ als ästhetisches Projekt
23 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 廣川 智貴 Über Heinrich von Kleists „Penthesilea“
24 文献文化学(英語学英米文学) 伊村 大樹 The Act of Linguistic Creation in William Golding’s The Inheritors
25 文献文化学(英語学英米文学) 上田 幸子 Pictorical Designs in The Bell
26 文献文化学(英語学英米文学) 桑山 智成 Shakespeare’s Craft in Romeo and Juliet
27 文献文化学(英語学英米文学) 橋本 理恵 An Endless Dialogue in the Poetry of Yeats
28 文献文化学(英語学英米文学) 菱谷 涼太良 Richard’s Forced Abdication
29 文献文化学(英語学英米文学) 井上 典子 Functions and Effects of the Alliterative Meter in Cleanness
30 文献文化学(フランス語学フランス文学) 小黒 昌文 L’harmonie visuelle et psychique dans A la recherche du temps perdu
31 文献文化学(フランス語学フランス文学) 駒田 登紀子 Réflexions sur l’emploi de la parenthèse chez Flaubert―le cas de L’Éducation sentimentale―
32 文献文化学(フランス語学フランス文学) 鈴木 美登里 Reconquête de l’identité chez George Sand- Une étude sur les Lettres d’un voyageur –
33 文献文化学(フランス語学フランス文学) 山田 礼雄 Essai sur la fonction des regards dans Les Liaisons dangereuses
34 文献文化学(フランス語学フランス文学) 村田 晶子 Etude de l’opacité du langage chez J.M.G. Le Clézio
35 文献文化学(イタリア語学イタリア文学) 内田 健一 ガブリエーレ・ダヌンツィオの言語観
36 思想文化学(哲学) 久木田 水生 ラッセルの分岐タイプ理論と還元可能性の公理
37 思想文化学(哲学) 三谷 尚澄 カントにおける世界市民の哲学とその地平―世間への定位と複数主義の思想―
38 思想文化学(西洋哲学史) 大草 輝政 ソクラテスの知の表明-プラトン『弁明』における知と無知を中心に-
39 思想文化学(西洋哲学史) 小川 貴史 ヘーゲル『精神現象学』における「無限性」の概念-意識から自己意識への発展をめぐって-
40 思想文化学(西洋哲学史) 長田 蔵人 カント『純粋理性批判』に於ける「世界」と「自然」の概念について-充足理由律と二つの統一-
41 思想文化学(西洋哲学史) 小林 剛 トマス・アクィナスにおける天体の質料について
42 思想文化学(西洋哲学史) 津田 徹 アリストテレスの行為論『ニコマコス倫理学』第三巻を中心として
43 思想文化学(西洋哲学史) 和田 利博 エピクロスの快楽論
44 思想文化学(日本哲学史) 宮野 美子 間柄の意義―無限な絶対的全体性と有限な人間存在との統一を不断に実現する過程―
45 思想文化学(倫理学) 奥田 太郎 ヒュームの所有論
46 思想文化学(倫理学) 児玉 聡 ベンタムにおける功利性の原理 彼の模範に関する主張と人間本性に関する主張が両立しないという批判について
47 思想文化学(倫理学) 多賀 健太郎 アドルノという傷―弁証法的批判がはらむ神学的契機の矛盾をめぐって
48 思想文化学(倫理学) 深谷 太清 シェリング哲学における悪と自由
49 思想文化学(宗教学) 三邊 マリ子 歴史としての身体-西田幾多郎とアシジの聖フランチェスコ-
50 思想文化学(宗教学) 鶴 真一 レヴィナスにおける主体性の問題-言語と意味作用としての主体性-
51 思想文化学(宗教学) 都路 恵子 宗教と倫理―瞬間における単独者の主体性について
52 思想文化学(宗教学) 若見 理江 ハイデガーにおける存在の真理と人間の本質
53 思想文化学(キリスト教学) 小倉 和一 ジョン・ヒックの宗教的多元論
54 思想文化学(美学美術史学) 釼持 あずさ フィリッポ・リッピ作パラッツォ・メディチ礼拝堂のための《幼児キリストの礼拝》に関する一考察
55 思想文化学(美学美術史学) 深谷 訓子 ヘンドリック・テルブリュッヘン作「笑うデモクリトスと泣くヘラクレイトス」に関する一考察
56 思想文化学(美学美術史学) 矢崎 由布 もうひとつの現実―ヨーゼフ・ボイス〈アウシュヴィッツ・デモンストラツィオーン〉を中心に
57 歴史文化学(日本史学) 谷川 穣 教導職と学校教育-近代日本における国民形成の一側面-
58 歴史文化学(日本史学) 吉江 崇 山陵祭祀と律令天皇制―荷前別貢幣の成立をめぐって―
59 歴史文化学(日本史学) 吉田 信也 北奥羽における藩境問題―南部・仙台藩境の境塚をめぐって―
60 歴史文化学(日本史学) 大西信行 室町幕府将軍権力と外交―足利義満執政期の日明関係を中心に―
61 歴史文化学(日本史学) 竹内 亮 興福寺と僧正義淵
62 歴史文化学(東洋史学) 赤松 倫子 南北朝・隋・唐における仏教社会事業について
63 歴史文化学(東洋史学) 朝倉 祐介 北宋に見る広西の動向
64 歴史文化学(東洋史学) 飯野 勝則 ウイグル系高昌偰氏の研究―大元ウルスから明・朝鮮へ―
65 歴史文化学(東洋史学) 岩男 一史 吐蕃の翼制
66 歴史文化学(東洋史学) 藤井 律之 特進の起源と變遷
67 歴史文化学(東洋史学) 水越 知 伍子胥信仰の研究
68 歴史文化学(東洋史学) 森谷 一樹 秦代政治制度史試論
69 歴史文化学(東洋史学) 桑江 佳志 康熙帝と継承争いについて
70 歴史文化学(東洋史学) 近藤 豊久 宋代救荒についての一考察
71 歴史文化学(東洋史学) 林 仁史 唐代税の追加徴収
72 歴史文化学(東洋史学) 矢野 正隆 阮朝初期税制の基礎研究
73 歴史文化学(西洋史学) 佐藤 洋子 14世紀ウェールズにおける領主支配―エドワード征服とウェールズ人の土地保有状況の変動―
74 歴史文化学(西洋史学) 橋川 裕之 末期ビザンツ帝国におけるコンスタンティノーブル総主教の教会政治―アトス山の管轄権移行(1312年)をめぐって―
75 歴史文化学(西洋史学) 藤井 真生 13世紀チェコにおける貴族の台頭
76 歴史文化学(考古学) 岩田 貴之 縄文時代前期における土器群の諸関係―関山式と併行土器群を中心として―
77 歴史文化学(考古学) 梶原 義実 7世紀における造瓦組織の諸様相
78 歴史文化学(考古学) 東方 仁史 古墳墳丘上における祭祀
79 歴史文化学(考古学) 松野 元宏 畿内における弥生時代中期から後期への変容―土器の機能面の視点より―
80 歴史文化学(考古学) 上野 祥史 後漢・三国時代における作鏡系譜
81 行動文化学(心理学) 尾関 宏文 初期視覚における文脈依存の動的統合過程
82 行動文化学(心理学) 小杉 大輔 乳児における因果性の理解~コミュニケーションの基盤の観点から~
83 行動文化学(心理学) 近藤 洋史 空間性および言語性ワーキングメモリの機能的相違について
84 行動文化学(心理学) 徳久 愛花 ハトにおける意味記憶の構造:意味プライミング課題による検討
85 行動文化学(心理学) 森下 正修 リーディングスパンテストによる読みのワーキングメモリの検討―単語の保持に及ぼす処理の効果―
86 行動文化学(心理学) 土肥 英三郎 初期視覚の空間分光特性の自己組織化
87 行動文化学(言語学) 大崎 紀子 日本語における複合形容詞のアクセント句形成
88 行動文化学(言語学) 白井 聡子 現代チベット語の名詞修飾構造の研究
89 行動文化学(社会学) 石原 俊 〈歴史の収奪〉から〈収奪の歴史〉へ-沖縄占領をめぐる知と発話の歴史社会学的考察-
90 行動文化学(社会学) 伊東 晶子 戦後女性思想史の歴史社会学的考察
91 行動文化学(社会学) 倉島 哲 身体技法論―ハビトゥス・わざ・暗黙知―
92 行動文化学(社会学) 芝村 龍太 地域の活性化と文化の再編成
93 行動文化学(社会学) 近森 高明 大正期における「神経衰弱」の流行
94 行動文化学(社会学) 福浦 一男 フランス在住西アフリカ系移民の社会動態―サン=パピエの抵抗運動
95 行動文化学(社会学) 鈴木 幹子 稽古事の歴史社会学的考察
96 現代文化学(科学哲学科学史) 石原 明子 山本宣治の産児調節運動
97 現代文化学(科学哲学科学史) 井上 和子 熱力学第2法則成立史について―ランキンの熱力学関数とクラウジウスのエントロピー―
98 現代文化学(二十世紀学) 石川 千草 1970年代前半のコンピュータ開発思想
ゼロックス社パロアウト研究所におけるAltoの誕生をめぐって
99 現代文化学(現代史学・現代日本論) 冨永 望 新憲法体制発足期の昭和天皇-大権君主から象徴天皇へ-
100 哲学(哲学) 有働 尚紀 前期ハイデガーにおける世界と超越の問題
101 哲学(西洋哲学史) 千葉 清史 カントにおける“思考法”の問題-『純粋理性批判』が提示する新しい“思考法”について-
102 美学美術史学 古野 和歌子 文学批評におけるハイデガー受容―1970年代アメリカにおける脱構築批評を中心に―
103 美学美術史学 SHIROMIZU,GLORIA NORIYO 雪舟筆「山水長巻」筆受の問題をめぐって
104 国語学国文学 永野 香 「新梅ごよみ」論―初期作品が語る荷風―
105 フランス語学フランス文学 井上 京子 La mise en jeu du regard dans l’écriture de La Chambre claire
106 フランス語学フランス文学 辻川 慶子 La nouvelle écriture de Gérard de Nerval – une analyse des Faux Saulniers
107 言語学(西洋古典語学西洋古典文学) 川島 芳範 トゥキュディデスのペリクレス演説におけるギリシア語の語順について

修士論文 平成13年度

平成13年度(平成14年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 文献文化学(国語学国文学) 阿尾 あすか 嵐と鐘―「風雅和歌集」を中心として―
2 文献文化学(国語学国文学) 黒田 りん 『吾妻鏡』の助動詞「令(シム)」
3 文献文化学(国語学国文学) 田鎖 数馬 谷崎文学における〈漂泊者〉―昭和初期の変貌への底流―
4 文献文化学(国語学国文学) 大谷 龍祐 菅原道真の願文
5 文献文化学(国語学国文学) 蔦 清行 万葉集と古今和歌六帖 係助詞カモとヤモを通じて見た古語に対する意識
6 文献文化学(中国語学中国文学) 稲垣 裕史 文天祥にみる“忠節”の書き方・書かれ方
7 文献文化学(中国語学中国文学) 大賀 晶子 傳奇と説話のあいだ―「張浩」を手がかりに―
8 文献文化学(中国語学中国文学) 鈴木 達明 『荘子』の弁説観とその文学性
9 文献文化学(中国語学中国文学) 二宮 美那子 「園林」の文学―漢代上林苑と「子虚・上林賦」―
10 文献文化学(中国語学中国文学) 鄭 墡謨 韓愈詩における杜甫―「調張籍」の解釋を中心に―
11 文献文化学(中国語学中国文学) 津守 陽 沈従文は如何にして故事を創り、故事は如何にして沈従文を創ったか-「水雲」の抽象的概念から湘西の「常」と「変」を読み解く-
12 文献文化学(中国語学中国文学) 小澤 豊 変身の系譜-張読「李徴」とその周辺-
13 文献文化学(中国哲学史) 孫 宝山 黄宗羲の政治思想
14 文献文化学(中国哲学史) 劉 文峰 中晩唐の佛教教団の世俗化傾向について
15 文献文化学(サンスクリット語学サンスクリット文学) 加賀谷 健臣 土着文法学におけるiṭの処理について
16 文献文化学(仏教学) 上野 康弘 Sthiramatiの註釈書研究―「刹那滅」の解釈を中心に―
17 文献文化学(仏教学) 白石 竜彦 Ratnakĩrti著『刹那滅論』(Kṣaṇabhaṅgasiddhi)研究―『否定的遍充篇(Vyatirekātmikā)』を中心に―
18 文献文化学(仏教学) 三宅 徹誠 『慧印三昧経』の研究
19 文献文化学(西洋古典学) 菊川 美知代 “ΠΕΡΙ ΟΔΟΝΤΟΦΥΙΗΣ”in Hippocrates’ works – On χϵιμών and ὀδοντοφυΐα in 9 and 12 –
20 文献文化学(西洋古典学) 髙鍋 峰穂 『イリアス』の語りにおけるεἰμἠ文の機能について
21 文献文化学(西洋古典学) 仲村 志穂 Historia Apollorii regis Tyriにおけるなぞなぞの文学的機能と効果
22 文献文化学(スラブ語学スラブ文学) 福山 武 タラス・シェフチェンコの物語詩「カテリーナ」の分析―ヒロイン像・テーマ・語りから見た比較文学的考察―
23 文献文化学(スラブ語学スラブ文学) 髙橋 彩子 ≫PEŠČANIK≪ ILI KNJIGA SVETA – STUDIJA NA DANILU KIŠU –
24 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 塚本 麻美 Natur bei Eichendorff
25 文献文化学(英語学英米文学) 岡本 愛実 A Study of ‘Nature’ in the History of Shakespearean Criticisms
26 文献文化学(英語学英米文学) 白木 裕貴 Bound by Law : The Testimony of Esther Summerson
27 文献文化学(英語学英米文学) 塩谷 直史 A Study of W.B.Yeats : The Order of Last Poems Reconsidered
28 文献文化学(フランス語学フランス文学) 井上 櫻子 La fonction morale de la rêverie dans La Nouvelle Héloïse
29 文献文化学(フランス語学フランス文学) 北村 直子 Histoire fictive dans le roman contemporaion: La Seconde Guerre mondiale imaginaire
30 文献文化学(フランス語学フランス文学) 辻村 暁子 L’évolution de la notion de diginité humaine chez Simone Weil
31 文献文化学(フランス語学フランス文学) 吉川 順子 Etude sur la signification de la danse dans les œuvres de Théophile Gautier
32 文献文化学(フランス語学フランス文学) 海北 康 L’affirmation de l’identité chez Albert Camus
33 文献文化学(フランス語学フランス文学) 西岡 道子 Une étude sur les passantes dans Les Vases communicants d’André Breton
34 思想文化学(哲学) 大伴 慎吾 ウィトゲンシュタインの規則論―規則、文法、論理、および生の形式をめぐって―
35 思想文化学(哲学) 安本 英奈 オースティンにおける言うことと行うこと―発言という行為の多義性―
36 思想文化学(哲学) 梁川 敬子 ウィトゲンシュタインの私的言語論
37 思想文化学(哲学) 児玉 斗 ニーチェにおける遊戯の思想
38 思想文化学(哲学) 中川 啓司 カント哲学における「純粋直観」について
39 思想文化学(哲学) 三原 就平 ロックの哲学における観念説の役割
40 思想文化学(哲学) 天野 謙治 中期ウィトゲンシュタイン研究―現象学的言語についての考察―
41 思想文化学(西洋哲学史) 石川 浩司 ニーチェにおける永遠回帰思想について
42 思想文化学(日本哲学史) 宮野 真生子 偶然性の意義―世界が美しくあること―
43 思想文化学(倫理学) 島内 明文 アダム・スミスにおける道徳判断の性質―良心の自律と観察者に関する考察―
44 思想文化学(宗教学) 川口 茂雄 リクール『意志の哲学』における過誤と自由の問題
45 思想文化学(宗教学) 竹内 綱史 中期ニーチェの課題
46 思想文化学(キリスト教学) 岩城 聰 パウル・ティリッヒの社会思想の一断面―宗教社会主義論の展開と課題―
47 思想文化学(キリスト教学) 津田 謙治 テルトゥリアヌス『マルキオン反駁』における「創造」の問題
48 思想文化学(美学美術史学) 大和田 直樹 『運命論者ジャックとその主人』について-ミハイル・バフチンの文学理論を手がかりに-
49 思想文化学(美学美術史学) 門田 今日子 ヴィクトリア時代におけるゴシック・リヴァイヴァルの展開―1851年、1862年の万国博覧会中世部門の展示を比較して
50 思想文化学(美学美術史学) 吉田 朋子 フラゴナールと絵画ジャンルの問題
51 思想文化学(美学美術史学) 西林 孝浩 武周期敦煌莫高窟の研究―332窟を中心に―
52 思想文化学(美学美術史学) 梅田 智彦 分離派脱退後のクリムトの風景画について―クリムトにおける印象主義の受容と影響について―
53 歴史文化学(日本史学) 小原 嘉記 荘園整理と国衙支配の転回
54 歴史文化学(日本史学) 鍋島 恵子 日本古代における「天下」
55 歴史文化学(日本史学) 渡邉 仁美 近世中後期の書籍流通―大坂本屋仲間を中心として―
56 歴史文化学(日本史学) 小倉 宗 近世京都周辺地域の社会像―鞍馬村の仲間組織を中心に―
57 歴史文化学(日本史学) 平良 聡弘 神戸居留地の形成―明治○年代における居留地認識と行政運営実態との乖離―
58 歴史文化学(東洋史学) 亀島 さち 20世紀初期・中国学生のアメリカ留学状況について
59 歴史文化学(東洋史学) 堤 誠 明代雲南の塩
60 歴史文化学(東洋史学) 豊田 さおり 南宋期における士大夫の旅―主に周必大の事例を中心として―
61 歴史文化学(東洋史学) 早川 敦 民国初期における中等教育の社会的機能―江蘇省を例として―
62 歴史文化学(東洋史学) 宮原 佳昭 清末の湖南省における教育改革と教育界について―胡元倓と明徳学堂を中心に―
63 歴史文化学(東洋史学) 毛利 英介 澶淵の盟の再検討
64 歴史文化学(東洋史学) 清水 智樹 元後期江南仏教教団―住持選任制度と行宣政院の置廃を中心に―
65 歴史文化学(西南アジア史学) 梅山 岳人 カリフの変容―Abū BakrからUmayyah朝末期まで―
66 歴史文化学(西南アジア史学) 松原 あやか 18世紀イスタンブルにおけるesnaf
67 歴史文化学(西洋史学) 梶 さやか ナポレオン時代のポーランドとリトアニア―分離と統合の狭間で―
68 歴史文化学(西洋史学) 高田 良太 中世盛期クレタ島におけるヴェネツィア支配と社会―公証人文書からみたギリシア・ラテン―
69 歴史文化学(西洋史学) 疋田 隆康 ガロ=ローマ社会におけるケルトの伝統
70 歴史文化学(西洋史学) 永井 かおり 19世紀フィンランドにおける「国民意識」の形成をめぐって―初等教育教材を中心に―
71 歴史文化学(西洋史学) 福田 亮 13世紀後半スウェーデンにおける教会と地域社会―農民の教会共有を中心に―
72 歴史文化学(考古学) 北口 聡人 日本古代の道路遺構に関する一考察―道路構造とその規格性から―
73 歴史文化学(考古学) 土屋 みづほ 弥生時代の石器生産と流通―東北部九州における変遷過程―
74 歴史文化学(考古学) 中川 あや 古代日本における唐鏡の受容―奈良時代を中心として―
75 行動文化学(心理学) 牛谷 智一 断片化された視覚情報の統合に関する比較認知論的研究
76 行動文化学(心理学) 冬木 晶 心的表象操作の比較認知研究
77 行動文化学(心理学) 村井 千寿子 霊長類におけるカテゴリ化の比較発達研究
78 行動文化学(言語学) 大浦 真 日本語の条件文の分析―特に反事実的条件文について―
79 行動文化学(言語学) 大山 ちはる 日本語のフットの考察―語と文のフットの統一的な扱い―
80 行動文化学(言語学) 林 範彦 チノ語の音韻に関する研究―周辺諸語を見据えて―
81 行動文化学(言語学) 安部 麻矢 マア語の社会言語学的考察―ウサンバラにおけるマア語の調査研究―
82 行動文化学(言語学) 梶原 可倫 現代ペルシア語の人称接尾辞を用いた所有形について
83 行動文化学(社会学) 大島 良太 修養道徳団体の宗教社会学的研究―モラロジーに見る差異化と曖昧化の循環戦略―
84 行動文化学(社会学) 谷口 俊一 戦時期日本における社会意識―民衆の戦争についての意識を中心として―
85 行動文化学(社会学) 吉井 雅人 小説の可能性-ピンチョン『競売ナンバー49の叫び』について-
86 行動文化学(社会学) RAJKAI ZSOMBOR 家族に関わる現実認識と理想像の社会学的研究―京都における家族史の聞き取り調査から―
87 行動文化学(社会学) 鍵本 優 オーディエンス論の可能性―大衆文化研究の視座から
88 行動文化学(社会学) 戸梶 民夫 〈外見〉差別のアイデンティティ・ポリティックスに関する社会学的考察
89 行動文化学(社会学) 島岡 哉 近代日本農山村の映画体験に関する文化社会学的考察―奈良県吉野郡野迫川村を事例として
90 行動文化学(地理学) 中村 尚弘 現在のアイヌ研究の意義と課題
91 行動文化学(地理学) 村田 陽平 男性ジェンダーと空間に関する地理学研究―セクシュアリティの視点を導入して―
92 現代文化学(科学哲学科学史) 金田 明子 意味論的真理とその病理性について
93 現代文化学(科学哲学科学史) 小菅 雅行 量子力学の多世界解釈
94 現代文化学(二十世紀学) 黒澤 和裕 植民地ヴェトナムにおけるフランスの教育政策―現地人教育改良評議会を中心に―
95 現代文化学(二十世紀学) 鈴木 晶子 ヒトゲノムプロジェクトとアメリカの特許政策
96 現代文化学(二十世紀学) 守岡 隆文 EUREGIO・国境を越えた地域連合―オランダ・ドイツの場合―
97 現代文化学(現代史学・現代日本論) 川端 正人 浜口内閣期における官製国民運動の展開
98 現代文化学(現代史学・現代日本論) 前田 正直 ソ連における労働流動抑制政策の緩和とその背景―1956年法改正を中心に―

修士論文 平成12年度

平成12年度(平成13年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 文献文化学(国語学国文学) 姉崎 彩子 近松時代浄瑠璃の作劇法の一特徴
2 文献文化学(国語学国文学) 谷村 佳菜子 上代における助詞の終止用法について その分類に関する一考察
3 文献文化学(国語学国文学) 中川 亜基 北畠親房における『古語拾遺』の受容―『神皇正統記』『元元集』を通して―
4 文献文化学(国語学国文学) 中嶋 謙昌 一門三賢説話と謡曲―≪正儀世守≫をめぐって―
5 文献文化学(国語学国文学) 三嶋 潤子 谷崎潤一郎「蘆刈」論―「古典回帰」の具体的検討―
6 文献文化学(国語学国文学) 赤木 俊介 伊藤東涯とその詩
7 文献文化学(国語学国文学) 伊勢 浩 格助詞「へ」と「に」―「へ」の通史的考察を中心にした両助詞の比較―
8 文献文化学(国語学国文学) 洪 筱萍 清少納言の美的視点及び発想―「木の花は」段における表現手法を通して―
9 文献文化学(国語学国文学) 沙拉塔来提依不拉音 サラタレテイ・イブライン 現代ウイグル語と日本語の格助詞について
10 文献文化学(国語学国文学) 河上 志貴子 Bonnnie Jennifer 『萬葉集』五十九番歌「流らふるつま吹く風の寒き夜に我が背の君はひとりか寝らむ」考
11 文献文化学(国語学国文学) SOMSRI PATTAYAKORN ソムスイー・パッタヤーコーン 芭蕉と老荘・禅宗・仏教とのかかわり―「語らない表現」の根源
12 文献文化学(国語学国文学) ELEANORPARAGAS エレノア・パラガス コリャード編纂の『日本文典』と『懺悔録』の副詞について
13 文献文化学(中国語学中国文学) 青山 剛一郎 陸機「遂志賦并序」攷―序に見られる賦の系譜を中心として―
14 文献文化学(中国語学中国文学) 尾崎 勤 『封神演義』の版本研究
15 文献文化学(中国語学中国文学) 小野 夕子 『児女英雄伝』の「語り手」
16 文献文化学(中国語学中国文学) 好川 聡 石の情景―中唐における自然認識の変容―
17 文献文化学(中国語学中国文学) 神山 ゆき 孔子受難説話の展開
18 文献文化学(中国語学中国文学) 三木 夏華 上海方言における”拨”の用法について
19 文献文化学(中国語学中国文学) 王 周明 福州方言における「有得」構造について
20 文献文化学(中国哲学史) 小林 大輔 荀子「後王」研究―特に、戦国諸子に於ける「先王」思想との係わりについて
21 文献文化学(中国哲学史) 山口 円 『論衡』における纖緯観についての一考察
22 文献文化学(中国哲学史) 土居 尚彦 劉逢禄の春秋学における三統説の位置づけ
23 文献文化学(仏教学) 加納 和雄 チベットにおける『宝性論』の受容と展開
24 文献文化学(西洋古典学) 大熊 麻起子 OVID 「METAMORPHOSES」における創世神話
25 文献文化学(スラブ語学スラブ文学) 渡邉 聞 古代ロシア語における二重与格構文について
26 文献文化学(スラブ語学スラブ文学) Grzelak Szymon Piotr 日本語とポーランド語における「程度」を問う表現を巡って
27 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 遠藤 白 Versuch über Thomas manns 》Buddenbrooks《
28 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 川島 隆 Kafkas >Elfs ö hne<
29 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 中原 香織 Über Hermann Hesses 》Siddhartha《
30 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 羽板 知恵 Der >Held<im Alltag-Zu Heinrich Bölls 》Ansichten eines Clowns《
31 文献文化学(英語学英米文学) 國房 美音 William Wordsworth’s Poetic Power of Sorrow:”Whither is fled the visionary gleam?”
32 文献文化学(英語学英米文学) 小島 基洋 Stephen Dedalus’ Isolation from Others and His Body
33 文献文化学(英語学英米文学) 皆尾 麻弥 A STUDY OF VLADIMIR NABOKOV:A TANGIBLE DEATH IN LOLITA.(1955)
34 文献文化学(英語学英米文学) 吉尾 知子 Antebellum South in Adventures of Huckleberry Finn
35 文献文化学(英語学英米文学) 石黒 未佳 The Narrative Stratagem in ” The Dead”
36 文献文化学(英語学英米文学) 豊山 貴久 The Status of Noun-Noun compounds in English:A Cognitive-Linguistic Approach
37 文献文化学(英語学英米文学) 島村 大 On the Smell in Nineteen Eighty-Four
38 文献文化学(フランス語学フランス文学) 金井 直大 Etude sur le choeur dans Esther et Athalie
39 文献文化学(フランス語学フランス文学) 林田 愛 Maladie et Guérison dans La Joie de vivre
40 文献文化学(フランス語学フランス文学) 早川 尚志 Les réflexions sur le processus rédactionnel de Pascal
41 文献文化学(イタリア語学イタリア文学) 菅野 類 アルフィエーリの悲劇における自死の意味―ロマン主義者から復古的貴族へ―
42 思想文化学(哲学) 枝村 祥平 ライプニッツにおける個体概念―主語と述語という観点から―
43 思想文化学(哲学) 三宅 岳史 ベルクソン哲学の持続と時間の関係について
44 思想文化学(西洋哲学史) 早瀬 篤 『ソピステス』258d-263bにおける虚偽論
45 思想文化学(西洋哲学史) 中村 健 プラトン『ソピステス』における像と現れ
46 思想文化学(西洋哲学史) 成瀬 雅也 カントの「経験」概念における関係のカテゴリーの意義について
47 思想文化学(西洋哲学史) 山岸 泰道 知性と魂をめぐって―プラトン『ピレボス』からの一試論
48 思想文化学(日本哲学史) 杉本 耕一 西田哲学における「種」の問題
49 思想文化学(倫理学) 神崎 宣次 ハーバート・サイモンの合理的意思決定論
50 思想文化学(倫理学) 佐々木 拓 ジョン・ロックにおける意志の自由論
51 思想文化学(宗教学) 伊原木 大祐 レヴィナスと無始原の問い
52 思想文化学(宗教学) 筒井 史緒 生きられる世界―ウィリアム.ジェイムズ『根本的経験論』を中心に
53 思想文化学(キリスト教学) 近藤 剛 懐疑者の義認-前期ティリッヒにおける信仰義認論の再解釈-
54 思想文化学(キリスト教学) 佐藤 啓介 中期リクールにおける宗教言語論の二極構造について
55 思想文化学(美学美術史学) 李 淑珠 「サアムシニーグ Somethingを描く-陳澄波(1895-1947)の画風形成について
56 歴史文化学(日本史学) 平出 真宣 賦課にみる室町幕府武士支配の構造
57 歴史文化学(日本史学) 宮本 晋平 鎌倉時代における国衙の歴史的位置―国衙裁判を中心に―
58 歴史文化学(日本史学) 石丸 貴大 律令国家における国造の役割
59 歴史文化学(日本史学) 黒岩 康博 「うまし国 奈良」の形成と万葉集-辰巳利文の活動を中心に-
60 歴史文化学(日本史学) 堀内 紀彦 近世後期南河内流域における茶の湯
61 歴史文化学(日本史学) 保永 真則 鎌倉幕府の官僚制化―自律的運営の必要と弊害―
62 歴史文化学(日本史学) 鍛治 宏介 江戸時代中後期の陵墓と山門・公家―桓武天皇陵・延暦寺・有栖川宮―
63 歴史文化学(日本史学) 唐澤 寛 東大寺における法会と寺領―寺領庄園の中世的特質―
64 歴史文化学(東洋史学) 赤星 寛行 金宋間の密貿易について
65 歴史文化学(東洋史学) 金井塚 文人 同治年間に始まる地図作成の変化―江蘇省の例を中心に―
66 歴史文化学(東洋史学) 中西 竜也 漢文イスラーム文献におけるス -フィズム-シャイフの問題を中心に-
67 歴史文化学(東洋史学) 中西 祐一 孫呉政権と揚州の流民
68 歴史文化学(東洋史学) 堀之内 伸一 大元ウルス治下に於けるカンクリ族について―アシャ・ブカ、トクト兄弟の事蹟を中心として―
69 歴史文化学(東洋史学) 増田 知之 文人一族としての明代蘇州文氏 -特に明末の文震孟を中心に-
70 歴史文化学(東洋史学) 森 華 唐代の科挙における経学と文学の対立
71 歴史文化学(東洋史学) 山﨑 岳 巡撫朱紈と明朝海禁制
72 歴史文化学(東洋史学) 萬濃 宏朋 元代首領官の基礎的研究
73 歴史文化学(東洋史学) 清水 亮 『増修無冤録』について
74 歴史文化学(西南アジア史学) 二宮 文子 11-14世紀におけるペルシア語君主鑑文学-Fatāwā-yi Jahāndārīを中心に
75 歴史文化学(西南アジア史学) 大釜 なお子 ウル第三王朝時代、ウンマにおける女性の集団労働
76 歴史文化学(西洋史学) 佐久間 大介 十八世紀末 ティロールにおける地域と国家―1790年の領邦議会を中心に―
77 歴史文化学(西洋史学) 西岡 健司 12世紀におけるアングロ=ノルマン世界の拡大とスコットランド―デイヴィッド1世治世(1124-53年)を中心に―
78 歴史文化学(西洋史学) 布施谷 友美 アレクサンドロス像とローマ人 後1世紀を中心として
79 歴史文化学(西洋史学) 堀内 隆行 『ステイト』誌と「南アフリカ人」の創造 -南ア連邦結成過程の再検討-
80 歴史文化学(西洋史学) 庄子 大亮 古代ギリシア周辺世界における英雄伝説の受容
81 歴史文化学(西洋史学) 高木 啓子 12、13世紀の『フランス王国』と教会―1200年の聖務停止令に見る国王司教関係
82 歴史文化学(考古学) 石村 智 ラピタ土器の文様
83 歴史文化学(考古学) 岩井 俊平 中央アジアにおける古代の土器―バクトリア地域の土器編年とその評価―
84 歴史文化学(考古学) 下垣 仁志 鏡の行流―古墳時代前期における倭製鏡の編年と流通―
85 歴史文化学(考古学) 鈴木 香織 弥生土器の煮沸をめぐる地域性―南関東中期後半~後期の様相から―
86 歴史文化学(考古学) 橋本 英将 装飾付大刀の技術系譜
87 行動文化学(心理学) 桒畑 裕子 霊長類における顔図形認識の発達
88 行動文化学(心理学) 小島 隆次 運動体の軌跡に関する視覚的推認
89 行動文化学(心理学) 葭田 貴子 ポップアウト・プライミングに関する研究
90 行動文化学(言語学) 蔵所 美和 現代日本語の量・程度表現について~認知言語学的視点から~
91 行動文化学(言語学) 藤原 敬介 チャクマ語のアクセントに関する考察
92 行動文化学(言語学) 尾川 和日子 現代日本語における動詞連用形名詞について
93 行動文化学(社会学) 菊地 夏野 占領期沖縄の性暴力と売買春―分断される「女性」―
94 行動文化学(社会学) 小島 剛 リスク社会の社会理論―いかにリスクと向かい合うのか―
95 行動文化学(社会学) 竹内 里欧 近代日本における礼儀作法書の歴史社会学的分析―『欧化』と『国粋』の攻防―
96 行動文化学(社会学) 西川 知亨 ゴフマンの「相互作用秩序」の研究―公共の場への3つの視覚―
97 行動文化学(社会学) 上村 岳生 近代国家と社会統合の問題―ハーバーマスの「憲法愛国主義」を手がかりに―
98 行動文化学(社会学) 翁 和美 現代日本における老人のセクシュアリティの社会学的考察
99 行動文化学(社会学) 赤枝 香奈子 『青鞜』における「女」カテゴリーの生成―「少女」という視点からのフェミニズム史再考―
100 行動文化学(地理学) 岩﨑 しのぶ 中世差図・土帳類の歴史地理学的研究
101 行動文化学(地理学) 上杉 和央 推定・考証図と歴史的空間認識の歴史地理学研究
102 行動文化学(地理学) 奥野 守 世帯の多様化と都市内居住分化
103 行動文化学(地理学) 山神 達也 わが国の大都市圏における人口分布に関する地理学的研究
104 現代文化学(科学哲学科学史) 瀬戸口 明久 L.O. ハワードとアメリカにおける応用昆虫学の展開
105 現代文化学(科学哲学科学史) 網谷 祐一 生物学的種概念(マイアー説)の検討
106 現代文化学(二十世紀学) 坂本 尚志 ミシェル・フーコーの思想とエピステモロジー
107 現代文化学(二十世紀学) 仲村 龍太 中井正一の映画理論
108 現代文化学(現代史学・現代日本論) 浜井 和史 戦後集団安全保障体制と日米安保
109 現代文化学(現代史学・現代日本論) 吹戸 真実 第一次台湾海峡危機と米中関係
110 現代文化学(現代史学・現代日本論) 溝上 宏美 在外ポーランド軍の解体とイギリスへの移民

修士論文 平成15年度

平成15年度(平成16年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 文献文化学(国語学国文学) 河合 聡子 近松作品における「烈しい」女たち
2 文献文化学(国語学国文学) 髙橋 菜摘 佐渡七太夫豊孝考―衰退期説経の様相―
3 文献文化学(国語学国文学) 竹島 一希 式目と作品―『兼載雑談』の若葉の記事をめぐって―
4 文献文化学(国語学国文学) 本廣 陽子 宇津保物語と源氏物語―自然の描写をめぐって―
5 文献文化学(国語学国文学) 森田 貴之 『太平記』巻第十二”解脱上人説話”の背景
6 文献文化学(国語学国文学) 安田 有希 蕪村と鬼貫
7 文献文化学(国語学国文学) 李 琳 『椿説弓張月』の構想
8 文献文化学(国語学国文学) 松永 朋子 新井白石詩論
9 文献文化学(中国語学中国文学) 長谷川 夏子 白居易の「語り方」
10 文献文化学(中国語学中国文学) 李 麗花 六朝志怪小説における漢の武帝の人間像
11 文献文化学(中国哲学史) 蓋 暁星 周作人の文芸思想―日本留学から「漢奸」になるまでの軌跡―
12 文献文化学(中国哲学史) 石 立善 朱子の個体論
13 文献文化学(仏教学) 桐山 大幹 Bhāvanākrama註研究―Roṅ ston註に見られる「止」「観」論を中心に―
14 文献文化学(仏教学) TUDKEAOCHANWIT 初期仏教における弥勒仏伝説の展開について―Divyāvadāna 第三章Maitreyāvadānaの新再校訂を中心として―
15 文献文化学(西洋古典学) 深尾 やよい Verg.Aen.7. 641-817 「ラティウム軍勢のカタログ」について
16 文献文化学(西洋古典学) 前田 文子 ウェルギリウス『農耕詩』―第二歌の接ぎ木と第四歌のbugoniaの叙述について―
17 文献文化学(西洋古典学) 山下 修一 ヘロドトスにおける環境決定論について
18 文献文化学(スラブ語学スラブ文学) 山下 大吾 『ヴァティカン・パリンプセスト写本』の言語の特徴について
19 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 桑島 孝枝 Das Problem der Zeit in Joseph Roths Werken
20 文献文化学(英語学英米文学) 遠藤 功樹 Memory,Experience,and Narration:A Study of Heart of Darkness
21 文献文化学(英語学英米文学) 廣島 幸子 Ethan Frome Re-examined:“Strength” in Silence
22 文献文化学(フランス語学フランス文学) 向井 牧子 Ami et Amile – Vers l’amitié suprême
23 文献文化学(フランス語学フランス文学) 藤崎 寿一郎 La Question de la “souillure” chez F. Mauriac : la 《féminité》 et 《judaïté》 dans le cycle de Thérèse Desqueyroux
24 文献文化学(フランス語学フランス文学) 村上 祐二 Essai sur l’amitié proustienne
25 文献文化学(イタリア語学イタリア文学) 澤田 るい 『新生』第22章をめぐって-2つのソネットと2つの「下書き」をめぐる諸問題-
26 文献文化学(イタリア語学イタリア文学) 渋江 陽子 ガブリエレ・ダヌンツィオと「大衆」の時代-参戦運動をめぐって-
27 思想文化学(哲学) 斉藤 万丈 カントの認識論におけるカテゴリーの起源について
28 思想文化学(哲学) 畑山 尚史 ジェイムズの根本的経験論における経験の連続性について
29 思想文化学(哲学) 山倉 裕介 メルロ-ポンティの知覚論の射程
30 思想文化学(哲学) 槙原 千尋 後期ウィトゲンシュタインの真理論
31 思想文化学(哲学) 紀 啓子 ショーペンハウアーの「意志」について―その哲学が目指したもの―
32 思想文化学(西洋哲学史) 辻内 宣博 アウグスティヌス『告白』11巻における時間論について-affectio とdistentio animi-
33 思想文化学(西洋哲学史) 浅岡 弥生 プラトン『パイドン』における「魂の浄化」再考
34 思想文化学(西洋哲学史) 香西 知器 カントにおける無限の問題
35 思想文化学(西洋哲学史) 木戸川 啓多 『饗宴』におけるソクラテスのエロース論
36 思想文化学(西洋哲学史) 吉沢 一也 プラトン『クリトン』の議論構造再考-ロゴスの行方-
37 思想文化学(日本哲学史) 熊谷 征一郎 西田の他者論―西田他者論における他者の隔絶性―
38 思想文化学(宗教学) 橋詰 圭一 ガブリエル・マルセルの意志論 欲望/渇望の差異と参与をめぐって
39 思想文化学(宗教学) 長谷川 琢磨 リクールにおける自由の問題
40 思想文化学(宗教学) 山内 誠 ポール・リクールの「意志の哲学」における悪の問題について
41 思想文化学(キリスト教学) 岩野 裕介 近代批判者として見た内村鑑三 再臨運動へ向かうそのキリスト教思想と個人主義批判を中心に
42 思想文化学(キリスト教学) 鬼頭 葉子 後期ティリッヒにおける歴史をめぐる問題―「歴史の意味の問い」の構造―
43 思想文化学(美学美術史学) 小宮 夏紀 ゴットフリート・ベームの芸術思想について―造形芸術作品の新たな解釈可能性としての<像>概念―
44 思想文化学(美学美術史学) 長島 昌代 ベンヤミンの遊びの概念とその方法について―新しい技術と教育思想の融合点―
45 思想文化学(美学美術史学) 呉 永三 真景の視覚性―18世紀、朝鮮と江戸を中心に―
46 思想文化学(美学美術史学) 梁 禎允 奇跡のワイン―ヤン・ステーン作《カナの婚宴》をめぐって―
47 思想文化学(美学美術史学) 杉山 卓史 カントの趣味論における共通間の概念について―『判断力批判』第四〇節における「共有感」という換言表現をめぐって―
48 思想文化学(美学美術史学) 土生 和彦 円空の造像活動とその作品―名古屋・荒子観音寺諸像の年代と造形―
49 歴史文化学(日本史学) 鵜澤 由美 近世における誕生日―将軍から庶民まで そのあり方と意識
50 歴史文化学(日本史学) 奥野 一仁 戦国期畿内の権力構造
51 歴史文化学(日本史学) 桑田 訓也 神亀・天平期における学制改革の性格と意義
52 歴史文化学(日本史学) 澤井 篤 近世初期幕政における金地院崇伝の役割とその政治的位置
53 歴史文化学(日本史学) 鶴田 志歩 鎌倉幕府と在京武士―在京御家人編制の過程―
54 歴史文化学(日本史学) 矢吹 香奈子 院政期における摂関家の仏神事
55 歴史文化学(日本史学) 林 史則 明治後期の雑誌ジャーナリズム―『太陽』と鳥谷部春汀―
56 歴史文化学(日本史学) 田中 直人 上京役丁の使役と給与
57 歴史文化学(東洋史学) 梶浦 邦康 荷沢神会と唐代の度僧規利
58 歴史文化学(東洋史学) 田中 秀樹 聖人となる苦悩―曾點をめぐる朱熹とその門人たちとの議論―
59 歴史文化学(東洋史学) 田邉 章秀 清末礼法論争
60 歴史文化学(東洋史学) 野田 智子 唐代皇帝陵―陵園制度の成立過程に就いて―
61 歴史文化学(東洋史学) 光田 雅男 中国南北朝時代の聘使外交
62 歴史文化学(東洋史学) 向井 太朗 北魏の「領民酋長」に関する一考察
63 歴史文化学(東洋史学) 安田 治 台湾事件(1874)におけるイギリスとアメリカの対応
64 歴史文化学(東洋史学) 周 萍 ティモシー・リチャードの近代教育改革について
65 歴史文化学(東洋史学) 天野 正彦 大元ウルス西辺の軍事体制―アジキの大元ウルス西辺司令官時代を中心に―
66 歴史文化学(西南アジア史学) 田中 裕介 プレサルゴン時代のラガシュにおける軍事組織について-「人名リスト」に基づいた考察を中心に-
67 歴史文化学(西南アジア史学) 横内 吾郎 ウマイヤ朝カリフ・ヒシャーム時代のイラク統治を巡って
68 歴史文化学(西洋史学) 辻 英彦 近世初頭南ヨーロッパにおける金融取引―ピアツェンツァの大市とジェノヴァ人、スペイン王室を中心に―
69 歴史文化学(考古学) 向井 佑介 中国北朝における瓦生産の展開
70 行動文化学(心理学) 浅水 優子 幼児におけるものの見かけと本当の区別
71 行動文化学(心理学) 大塚 結喜 ワーキングメモリの注意制御を支える神経基盤に対する加齢の影響
72 行動文化学(心理学) 木原 健 視覚刺激呈示時間手がかりが時間的注意に及ぼす影響
73 行動文化学(心理学) 高橋 真 空間位置弁別課題を用いた推移的反応におけるラットとツパイの比較研究
74 行動文化学(心理学) 廣瀬 信之 オブジェクト置き換えマスキングにおける非対称性-空間的注意の移動方向の観点からのアプローチ-
75 行動文化学(心理学) 堤 清香 霊長類における物理的・社会的認知の生態学的基礎
76 行動文化学(言語学) 稲垣 和也 モンゴル語ハルハ方言の音調について
77 行動文化学(言語学) 嶋田 珠巳 A ‘Non-cleft’ Analysis of the Construction in Hiberno-English
78 行動文化学(言語学) 鈴木 博之 チベット語及び川西走廊諸語における子音に関する研究-音声的特質に依拠した子音連続の分析の試み-
79 行動文化学(言語学) 中村 千衛 アイルランド語の分裂文と「名詞句文」に関する研究
80 行動文化学(社会学) 加藤 源太 緊急医療の役割についての社会学的研究―ある病院の救急部の事例から―
81 行動文化学(社会学) 丸山 里美 ホームレスとジェンダーの社会学―女性ホームレスの日常的実践から―
82 行動文化学(社会学) 和久井 祥平 芸術大学における若者のライフコース・イメージの形成過程
83 行動文化学(社会学) 黄 子育 植民地都市の社会運動をめぐる住民意識の社会学的研究―戦後香港を焦点に―
84 行動文化学(社会学) TOPLIS,CARLY GAYE 日本人高齢者とライフデザインの観光社会学的考察―ニュージーランドにおけるホームステイ体験を事例に―
85 行動文化学(社会学) 江南 健志 過疎化高齢化社会における林業に関する地域社会学的考察―三重県熊野市五郷町湯谷の事例から―
86 行動文化学(社会学) 斉藤 初恵 摂食障害者の語りについての社会学的考察
87 行動文化学(社会学) 瀬戸 悠子 自然保護の論理についての環境社会学的研究
88 行動文化学(社会学) 渡辺 毅 戦後日本のクルマ社会に関する社会学的考察
89 行動文化学(社会学) 脇坂 伸夫 病気カテゴリーの構築に関する社会学的考察―男性更年期の事例から―
90 行動文化学(地理学) 植淵 知哉 非営利・非政府組織の空間編成
91 現代文化学(二十世紀学) 松下 慶太 インターネットと教育空間
92 現代文化学(現代史学・現代日本論) 三浦 めぐみ 徴兵制導入とケベック-ケベック・ナショナリズム展開にそくして-

修士論文 平成14年度

平成14年度(平成15年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 文献文化学(国語学国文学) 安部 亜由美 泉鏡花「河伯令嬢」論
2 文献文化学(国語学国文学) 大北 雅子 『平家物語』の「はかなし」
3 文献文化学(国語学国文学) 藤 恵美子 『石清水物語』の伊予守
4 文献文化学(国語学国文学) 吉田 道雄 狂言における果報者―大名・有徳人との関連から―
5 文献文化学(国語学国文学) 朴 麗玉 近松の時代浄瑠璃考―宝剣物語としての『栬狩劔本地』―
6 文献文化学(国語学国文学) 曽 維貞 吉行淳之介『暗室』論-作家としての生、性と死-
7 文献文化学(国語学国文学) 山田 裕子 接辞「よう」について-連用形に下接する場合-
8 文献文化学(中国語学中国文学) 今橋 さやか 謝霊運における景物表現
9 文献文化学(中国語学中国文学) 猿渡 留理 「離騒」の香草表現
10 文献文化学(中国語学中国文学) 高 永聡 蘇軾の「帰」に関する考察―黄州左遷までを中心に
11 文献文化学(中国語学中国文学) 蔡 麗玲 『陶庵夢憶』に見える張岱の〈異質性〉
12 文献文化学(中国哲学史) 永渕 正是 漢の皇帝と国家-その宗教性について-
13 文献文化学(サンスクリット語学サンスクリット文学) 八木 綾子 Parisaha研究-Uttaradhyayanasutra第2章を中心に-
14 文献文化学(サンスクリット語学サンスクリット文学) 槙殿 伴子 四無量心の起源と展開―バラモン性と対治修習―
15 文献文化学(インド哲学史) 山口 周子 Supriyavadana (Divyavadana第8章)の研究
16 文献文化学(仏教学) 大観 慈聖 ラトナーカラシャーンティのタントラ註釈書
17 文献文化学(西洋古典学) 伊藤 明子 アリストパーネス『蛙』研究―後半部における文脈的構造の考察―
18 文献文化学(西洋古典学) 高橋 祐一 『キュロスの教育』におけるクセノポンの意図について
19 文献文化学(西洋古典学) 広川 直幸 サッポーの断片1における詩的技法について
20 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 武田 良材 Klaus Manns “Mephisto”–als Spiegel der Erfolglosigkeit des deutschen Antifaschismus–
21 文献文化学(ドイツ語学ドイツ文学) 浅井 麻帆 Hören und Sehen bei Rainer Maria Rilke
22 文献文化学(英語学英米文学) 奥村 沙矢香 The Urge for Unity : To the Lighthouse and The Waves
23 文献文化学(英語学英米文学) 合田 典世 Un’ -consciousness in Ulysses
24 文献文化学(英語学英米文学) 高野 忍 Veils of Vanity in Thomas Pynchon’s V.
25 文献文化学(英語学英米文学) 西村 典晃 The Influence of the War on Dick Diver’s Destruction in Tender Is the Night
26 文献文化学(英語学英米文学) 工藤 慶子 A stydy of Wordsworth: “The Thorn” and “Michael”
27 文献文化学(英語学英米文学) 竹中 卓也 Life and Death in Larkin’s Poetry
28 文献文化学(英語学英米文学) 河田 るみ子 A Study of Naturally Occurring Conversation with Special Emphasis on Cooperation
29 文献文化学(フランス語学フランス文学) 久保田 亮 Une étude sur 《Comment Wang – Fô fut sauvé》 de Yourcenar
30 文献文化学(フランス語学フランス文学) 津森 圭一 La Vue panoramique dans Sodome et Gomorrhe – Analyse du paysage autour de La Raspelière
31 文献文化学(フランス語学フランス文学) 中山 和子 Une étude sur deux avoués dans La Comédie humaine : Derville et Desroches
32 文献文化学(イタリア語学イタリア文学) 山田 耕平 フランチェスコ・ペトラルカ『親近書簡集』第8巻について―第7-第9書簡の「嘆き」を中心に―
33 思想文化学(哲学) 池田 真治 ライプニッツ知識論における無限
34 思想文化学(哲学) 薄井 尚樹 クワインにおける自然主義と規範の問題
35 思想文化学(哲学) 田中 貴子 ベルクソンにおけるエランヴィタールと自由
36 思想文化学(西洋哲学史) 加藤 見人 トマス・アクィナスにおける啓示神学の確実性の保証―「教師」としての神の役割を中心に―
37 思想文化学(西洋哲学史) 佐藤 慶太 トレルチにおける歴史主義と「決断」
38 思想文化学(西洋哲学史) 萩 和子 ソクラテスの敬虔について-『エウテュプロン』を中心に-
39 思想文化学(西洋哲学史) 森 健一 トマス・アクィナスにおける啓示神学の確実性の保証―「教師」としての神の役割の観点から―
40 思想文化学(西洋哲学史) 藤当 雄治 カントにおける人格について
41 思想文化学(西洋哲学史) 山口 雅広 トマス・アクィナスの行為論における意志の自由
42 思想文化学(西洋哲学史) 渡邉 琢 カント理論哲学におけるForm概念について
43 思想文化学(西洋哲学史) 小藥 隆生 ダイモーンと偽りの誓い―エンペドクレスのデモノロジー再考―
44 思想文化学(日本哲学史) 安積 百合香 福沢諭吉の「智」に関する一考察
45 思想文化学(日本哲学史) 岡田 安弘 西谷啓治における「科学と宗教」の現代的意義
46 思想文化学(倫理学) 三輪 恭久 デューイにおける探究と価値に関する一考察
47 思想文化学(倫理学) 山本 圭一郎 J.S.ミルの功利主義と自由原理について
48 思想文化学(宗教学) 平野 徹之 可能性と普遍
49 思想文化学(キリスト教学) 大橋 仁夫 アレイオス主義の神論と救済論についての一考察
50 思想文化学(キリスト教学) 今出 敏彦 創始としての公共-ハンナ・アーレント『精神の生活』における「意志」の意義-
51 思想文化学(美学美術史学) 長谷川 倫人 『パウル・ツェラーンと<詩>』―詩「テュービンゲン、1月」をめぐって―
52 思想文化学(美学美術史学) 宮崎 もも 酒井抱一筆「五節句図」に関する考察―国学の影響による抱一の復古的傾向に注目して―
53 思想文化学(美学美術史学) 寺本 里絵 中世から近世にかけての物語絵-制作と享受-
54 歴史文化学(日本史学) 阿部 健太郎 『日本書紀』の対外観と日朝交流の実態
55 歴史文化学(日本史学) 伊藤 啓介 鎌倉時代の流通経済と銭貨
56 歴史文化学(日本史学) 斎木 涼子 象徴としての被帽文化―平安時代における成立と変容―
57 歴史文化学(日本史学) 高橋 雅人 近世村落結合の史的展開―丹波山国地域を事例として―
58 歴史文化学(日本史学) 藤本 仁文 近世京都大名火消の基礎的考察
59 歴史文化学(日本史学) 牧 知宏 近世における儀礼行為と上下京―都市秩序との関連から―
60 歴史文化学(日本史学) 三宅 正浩 近世前期大名家の政治秩序―蜂須賀家を事例として―
61 歴史文化学(日本史学) 村上 怜一 中世後期畿内諸都市の経済変動
62 歴史文化学(東洋史学) 石野 一晴 明清における江南の観音聖地への参詣活動―普陀山の参詣地としての発展を中心に―
63 歴史文化学(東洋史学) 藤木 淳史 南宋期における市舶司貿易について―泉州の繁栄と停滞―
64 歴史文化学(東洋史学) 藤本 猛 南宋孝宗期における武挙の拡充―特に閤門舎人の設置とその政治的背景について―
65 歴史文化学(東洋史学) 本江 隆典 東晋南朝と土断-制度的内実の変遷に注目して-
66 歴史文化学(東洋史学) 松尾 直子 清代の衙役
67 歴史文化学(東洋史学) 楊 一青 福建事変における神州国光社の役割―胡秋原を中心に―
68 歴史文化学(東洋史学) 高尾 多紀子 『史記』外戚世家について-列女傳以前-
69 歴史文化学(西洋史学) 阿部 拓児 ペルシア帝国支配下小アジアにおける「ギリシア化」―小アジアにおける文化的ハイブリディティ―
70 歴史文化学(西洋史学) 阪本 健 「アンジュー帝国」におけるイングランド王権-リチャード1世期を中心に-
71 歴史文化学(西洋史学) 藤井 崇 ポリュビオスとローマ共和政-共和政中期における一般市民の政治的展開について-
72 歴史文化学(西洋史学) 山中 聡 フランス革命期における「政教分離」体制の成立―革命祭典と礼拝の自由―
73 歴史文化学(西洋史学) 小林 賢介 13世紀ボローニャにおける「公証人の共和国」-レトリックと政治の関連を中心に-
74 歴史文化学(西洋史学) 山下 俊介 ローマ帝国におけるキュベレ崇拝の受容-メガレンシア祭を中心に-
75 歴史文化学(考古学) 市川 創 平安時代における施釉陶器生産の開始―平安京周辺及び愛知県の窯跡資料から―
76 歴史文化学(考古学) 西村 香織 日韓古代山城の比較研究
77 歴史文化学(考古学) 東村 純子 古代日本の紡織―桛、綛かけ、糸枠にみる生産構造―
78 行動文化学(心理学) 蘆田 佳世 視空間性ワーキングメモリと中央実行系の関連性
79 行動文化学(心理学) 足立 幾磨 ヒト以外の動物における概念形成能力についての比較認知心理学的研究
80 行動文化学(心理学) 岩田 佳奈 ハムスターの空間探索における環境の幾何学的情報と物体の符号化
81 行動文化学(心理学) 金田 みずき 長期記憶情報の利用における中央実行系の役割-二重課題下での直後系列再生課題による検討-
82 行動文化学(心理学) 坪見 博之 順序知覚におけるAttentional Blink-視覚的注意の時間的処理限界が順序知覚におよぼす影響-
83 行動文化学(言語学) 岡田 理恵子 数量・程度を表す節における空所の統語論的・意味論的性質―現代日本語におけるダケ節を中心に―
84 行動文化学(言語学) 越智 サユリ 『元朝秘史』モンゴル語の音韻に関する研究
85 行動文化学(言語学) 川澄 哲也 元代「擬蒙漢語」の性質に関する研究
86 行動文化学(言語学) 中村 良平 現代アイスランド語の再帰代名詞について
87 行動文化学(言語学) 倉橋 農 ハンガリー語におけるトピックとフォーカス
88 行動文化学(言語学) 成川 友仁 言語資料の“模擬実験系”の構築―ハンガリー語を題材にして―
89 行動文化学(社会学) 遠藤 理子 仕事と家庭のあいだ―核家族・フルタイム共働き世帯における母親の二重労働―
90 行動文化学(社会学) 片田孫 朝日 子供のジェンダーと相互行為の社会学的研究―男性研究の新しい展開に向けて―
91 行動文化学(社会学) 久保田 智行 派遣労働の社会学的考察―派遣労働者と派遣会社と派遣先企業―察
92 行動文化学(社会学) 佐々木 雅彦 オンライン・スポーツファンについての社会学的考察―2ちゃんねるに集う阪神ファンを通じて―
93 行動文化学(社会学) 佐藤 寛之 アルコホリズムにおける介入の諸相に関する社会学的考察―疾病概念を中心に―
94 行動文化学(地理学) 福本 拓 戦前および占領期の大阪市における在日朝鮮人に関する地理学的研究―集住地と政策の変遷を中心に―
95 行動文化学(地理学) 中辻 享 ラオス焼畑農村における土地利用について―特にカジノキ栽培に注目して―
96 現代文化学(科学哲学科学史) 小野田 波里 一般相対性原理について
97 現代文化学(科学哲学科学史) 佐野 勝彦 時間様相の非反射性について
98 現代文化学(二十世紀学) 小林 敦子 高見淳のリアリズムとナショナリズム-他者性の思想-
99 現代文化学(二十世紀学) 佐藤 千尋 児童虐待問題の構築過程と子ども観の変化
100 現代文化学(二十世紀学) KEREKES,Andrea 文学から見る1968年-日本の学生運動とプラハの春-
101 現代文化学(現代史学・現代日本論) 井上 治 イングランド国教会におけるキリスト教社会主義:1889-1919―W・テンプルの国家意識と授権法―
102 現代文化学(現代史学・現代日本論) 竹内 充春 ヴァラエティ・シアターというメディア 世紀転換期イギリスにおけるミュージック・ホールの産業化と社会的変容
103 現代文化学(現代史学・現代日本論) 川嵜 陽 植民地朝鮮における日本語普及政策と戦争動員
104 現代文化学(現代史学・現代日本論) 南 賢司 天津における抗日活動
<< 前ページへ 次ページへ >>