修士論文

修士論文 昭和51年度

昭和51年度(昭和52年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 魚住 洋一 現象学的還元の問題
2 哲学 角 忍 純粋理性の批判に於ける様相概念の問題
3 哲学 横山 善裕 アリストテレースのある関係にあるものども
4 哲学 渡部 菊郎 有の問と芸術作品の根源―ハイデッガーの思惟の道筋に留意しつつ―
5 哲学 児玉 正幸 意志の形而上学及びそこから帰趨する結論
6 哲学 濱野 研三 デカルトの認識の理論―想像力及び感覚の役割に注目しつつ
7 哲学 美濃 正 カントの「分析論」
8 哲学 澤田 都仁 時間の問題―現象学における時間論を契機として
9 哲学 向井 久 自由―法の哲学的原理―
10 中哲史 川原 秀城 暦思想より見た中國古代文化史
11 印哲 正信 公章 BhāsKaraのBrahmasūtra―bhāsyaにおけるjñānaeKarmanの関係
12 印哲 茂木 明三 Yukitidīpikāにおけるāptaの解釈をめぐって
13 西哲史 小澤 和道 アウグスティヌスに於ける照明説の考察―「教師論」と「三位一体論」に拠る―
14 西哲史 権八 哲明 ハイデッガーに於る言葉の問題
15 西哲史 山田 順一郎 プラトンにおけるイデアとその似像
16 西哲史 石原 渉 マルクス主義哲学の形成と疎外論
17 宗教学 荒井 優 キルケゴールに於ける実存的自己の生成と構造―選択に主題的視点をおいて―
18 宗教学 菱木 政睛 ホワイトヘッドと「哲学」
19 宗教学 宮永 泉 パスカルのキリスト教
20 仏教学 秋本 勝 Tattvasamgraha : PramāṇāntarabhāvaparīKsāの研究
21 仏教学 本庄 良文 初期仏教徒の〈正統〉バラモン教批判
22 基督教 安酸 敏真 ラインホールド・ニーバーの歴史理解とその問題性
23 基督教 福井 英孝 キルケゴールに於る〈自己〉の問題
24 基督教 中谷 俊子 キェルケゴールにおける「愛の律法」
25 基督教 松岡 由香子 ドイツ神秘主義と公案禅
26 心理学 芳賀 繁 文章処理について―文章の処理に関する最近の研究と逐語再生課題による実験―
27 心理学 長谷川 芳典 Taste Aversion Learningにおける長時間遅延
28 心理学 塩坪 いく子 幼児に於ける空間の概念
29 心理学 大道 真知子 命名行動の発達について
30 社会学 栗岡 幹英 マルクス社会理論の基礎視座―『経済学批判要綱』の社会把握―
31 社会学 小松 秀雄 ウェーバーの支配の社会学についての一考察―カリスマの日常化をめぐって―
32 社会学 高橋 由典 ウェーバーの思考についての一解釈
33 社会学 永井 良和 パーソンズの動機づけ理論
34 社会学 平野 信博 社会統合原理としてのウィッチクラフト信仰―告発のメカニズム
35 社会学 千葉 芳夫 マンハイム知識社会学における歴史と認識
36 社会学 筒井 幸子 儀礼―その社会学的分析―
37 美学 篠原 資明 ベルグソンにおける芸術創造の問題
38 美学 山西 享 判断力批判に於ける趣味と天才の概念を巡って
39 国史学 櫛木 謙周 律令制下における力役の特質について
40 国史学 柴田 純 近世初期におけるイデオロギー的支配≪原理≫の成立と展開
41 国史学 杣田 善雄 近世大和の支配構造―慶長-寛文・延宝期における所領配置と支配の特質―
42 国史学 館野 和己 屯倉制の研究
43 国史学 久野 修義 中世成立期における東大寺の構造とその展開
44 東洋史学 木田 知生 『商業發展史上より觀たる北宋の都市―とくに“侵街”にみる國都開封の形態的變化―』
45 東洋史学 壇上 寛 明王朝成立期の軌跡―内在する南人政権の限界と苦悩
46 東洋史学 冨谷 至 西漢後半期の政治と春秋学―『左氏春秋』と『公羊春秋』の対立と展開―
47 西南ア史 大江 節子 ウル第三王朝時代における「司法」
48 西洋史 長倉 敏 フランスにおける鉄鋼独占の形成
49 西洋史 江川 温 12世紀カペー王権と「神の平和」運動の継受
50 西洋史 常松 洋 ジェーン・アダムスとハル・ハウス
51 現代史 永井 和 東方会と中野正剛―戦争期のある民間ファシズム運動とその動向―
52 現代史 水野 直樹 新幹会運動の研究
53 地理学 石川 義孝 戦後における国内人口移動―マルコフ連鎖モデル・重回帰モデルによる分析―
54 地理学 南出 真助 中世東海道における荘園と港津
55 地理学 伊東 理 大型小売商業施設の地域的展開―京阪神大都市圏を事例として―
56 地理学 権藤 典明 近世における尾張平野の地域構造
57 考古学 五十川 伸矢 古代瓦生産技術の復原―平瓦製作技術史―
58 考古学 西村 俊範 中国6.7世紀の銅鏡
59 国文 赤瀬 信吾 宗祇『自讃歌注』について
60 国文 河合 眞澄 かぶきの浄瑠璃摂取
61 国文 生井 水緒 今昔物語集天竺部考
62 国文 野村 剛史 動詞文の意味構造―その予備的考察
63 国文 大谷 雅夫 伊藤仁齋の学問―その叙説として、仁齋の道の思想
64 国文 神野 富一 記紀と万葉集―「作歌」を中心に―
65 国文 小村 英一 国木田独歩の小説―「平気な人」をめぐって―
66 国文 阿部 眞理子 一茶の俳風について
67 中文 阿辻 哲次 六書についての一考察
68 中文 井口 孝 盧仝
69 中文 中原 健二 玉臺新詠試論
70 中文 矢渕 孝良 鮑照論―その仮構性と音楽性
71 仏文 梶川 忠 Une lecture d’Aurélia―le verbe de la folie
72 仏文 坂原 茂 LOUIS-FERDINAND CELINE : GUIGNOL’S BANDⅡ
73 仏文 東郷 雄二 Le problème de la narrativité dans les romans de Michel BUTOR
74 仏文 田中 義廣 Souvenirs de jeunesse de Charles Nodier
75 仏文 石橋 美子 Pèlerinage sentimental de Lautréamont
76 英文 大野一之 A Study of Moby- Dick
77 英文 浦池 美鶴 Life in winter: A Reading of Emily Dickinson’s Poems
78 英文 林 幸玉 A Reading of Emily Dickinson’s Poems
79 英文 御輿 哲也 An Approach to To the Lighthouse: “Dirge” with “Incorrigible Hope”
80 英文 佐々木 昇二 Aspiration and Anguish: An Approach to Marlowe’s Tamburlaine
81 独文 相浦 聡 Grundzüge der “Literaturbriefe” Gotthold Ephraim Lessings
82 独文 水落 美也子 Die Haltung der Liebe und der Hingabe bei Gertrud von le Fort
83 独文 水藤 龍彦 Robert Musils “Die Verwirrungen des Zöglings Törleß”. Über die Beziehung zwischen der Hauptifigur und der Wirklichkeit
84 独文 石田 明文 Das Problem der Kunst beim jungen Nietzsche
85 言語 佐藤 博史 タイ語が受けたクメール語からの影響について
86 言語 田窪 行則 現代日本語における名詞の「場所」特性について―名詞分類の一試み―
87 言語 小村 晶子 言語発達初期における意味関係および動詞モダリティーについて
88 西洋古典 小川 正広 Vergiliusに於けるLucretiusの影響―Vergiliusの自然観の形成とDe Rerum Nature―
89 伊文 和田 忠彦 モンターレ研究

修士論文 昭和50年度

昭和50年度(昭和51年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 酒井 潔 スピノザのexprimereについて
2 哲学 阿部 未来 「現象学における身体の問題」―身体の経験と主体としての身体―
3 哲学 岩熊 幸男 Suppositio論の初期の展開について
4 哲学 宗像 恵 スピノザに於ける知識の問題
5 倫理学 井野 伸哉 ソースタイン・ヴェブレンの知識社会学
6 倫理学 戸谷 良二 情緒説の再検討―C.L.Stevensonへの批判を手がかりに―
7 倫理学 桝形 公也 キェルケゴールの「可能性」Mulighedの概念について―序説―『不安の概念』の理解のために―
8 中哲史 木下 鉄矢 段玉裁の研究
9 中哲史 山口 久和 王船山研究 其の存在論を中心として
10 西哲史 大森 正樹 マイスター・エックハルトにおけるesseとintelligereの問題―『パリ問題集』第一問より―
11 西哲史 中山 善樹 ブルトマンと前期ハイデッガーに於ける「時」の概念について
12 西哲史 水落 健治 アウグスティヌスにおける徴しSignaの問題―『キリスト教教義』『三一神論』の解釈に基く―
13 西哲史 嶺 秀樹 「純粋理性批判」におけるアプリオリな綜合判断の本質と超越論的主観
14 西哲史 北岡 武司 カントの道徳の根本法則-実践的・定説的形而上学への道程-
15 西哲史 小池 澄夫 洞窟の比喩における〈想起〉の位置
16 西哲史 米沢 茂 「ソクラテスの夢」とプラトンの技術的世界観-プラトン対話篇に於ける『テアイトス』202a~206bの占める位置-
17 西哲史 山本 千洋 プラトンにおける〈善のイデア〉の位置-Platon, Politeia VI, VIIを中心にして-
18 西哲史 岡村 康夫 一、「敬虔」ということ 二、キリスト教の固有さ 三、”Mirum”ということ
19 宗教学 嶋田 義仁 宗教と構造―構造主義の視点によるベルクソン宗教論の評価と批判の試み
20 宗教学 山本 邦子 キルケゴールにおけるErnstについて
21 宗教学 吉田 いく子 宗教哲学の成立する場-キルケゴールの思想的核心と意識-
22 宗教学 和田 俊昭 カント「判断力批判」の研究
23 宗教学 棚次 正和 ベルクソン哲学に於ける心身問題
24 仏教学 槻木 裕 Svataḥprāmāṇyavādinに対する仏教の批判―Tattvasamgraha・25章より―
25 心理学 太田 明 選択行動に及ぼす情報の効果
26 心理学 木村 昌孝 強制的承諾の実験的研究
27 心理学 林 博信 失敗経験の原因帰属が試行に及ぼす効果
28 心理学 福田 市朗 仮現運動における空間的特徴について
29 心理学 松沢 哲郎 いわゆるSpreadingDepressionを用いたラットにおける大脳半球間統合について
30 社会学 平 英美 マックス・ヴェーバーの社会理論―〟Soziologische Grundbegriffe〝の内的関連性とWeber社会学へのProlegomena
31 社会学 高原 正興 社会病理学における規範概念の検討
32 社会学 横尾 直樹 現代アメリカの権力エリートと「ベトナム決定」
33 社会学 飯田 剛史 宗教社会学への一考察
34 美学 定金 計次 Bhārhut欄楯の浮彫―特に説話図に就いて―
35 美学 下山 肇 自画像の諸問題
36 国史学 馬田 綾子 中世京都における土地所有について―東寺領洛中散在地に注目して―
37 国史学 竹永 三男 「地方改良事業の研究」
38 国史学 西山 良平 律令国家と「山野」
39 国史学 藤村 倫子 京郊土豪の存在形態
40 国史学 菅原 憲二 近世村入用の研究(序説)
41 国史学 安藤 福平 新潟県における農民運動の展開
x-42 東洋史学 杉山 正明 モンゴル政権と東方三王家 チンギスカン諸弟王家の地位と性格
43 東洋史学 植村 泰夫 ジャワに於ける糖業プランテーションの発展とその影響―19世紀末-20世紀初ジャワ農村経済の一側面―
44 東洋史学 森田 憲司 宋元時代における修譜
45 西南アジア史学 菟原 卓 ワズイール ディワーン
46 西洋史学 大西 陸子 属州エジプト史序説―アクティウム再考―
47 西洋史学 川島 昭夫 王政復古期以前英国の科学と社会
48 西洋史学 笹井 悠子 アイルランド移民の大量流入と19世紀中葉のアメリカ社会
49 西洋史学 永田 諒一 ゲオルク=シュパラティーン
50 現代史学 千本 秀樹 労働組合主義の確立と西尾末広―1920年前後の大阪地方労働運動―
51 考古学 宇野 隆夫 東北アジアにおける金属器文化の展開
52 考古学 上原 真人 古代末期における瓦生産
53 国文学 梅山 秀幸 紫式部に於ける平行性の構造
54 国文学 奥村 悦三 漢字仮名交り文の成立以前―上代表記沿革史稿
55 国文学 勝俣 隆 太陽を中心として見た古代日本文学に於ける天空、方位、都鄙の観念
56 国文学 島崎 健 河海抄の諸本について―巻11の李部王記をめぐって
57 国文学 新間 一美 新撰萬葉集について―元白詩と古今的表現 その春の世界―
58 国文学 光田 和伸 「昨日」の問題―心敬表現の構造について―
59 中国文学 岡本 不二明 楊万里の詩論
60 中国文学 金 文京 白仁甫の文学
61 中国文学 中村 哲男 曹禺論―特に「北京人」の愫方を中心として
62 中国文学 黎 活仁 「建安七子詩の研究」の要約
63 中国文学 亀山 朗 阮籍と詠懐詩
64 梵語学 森 茂男 Arədvi Sūrā Anāhitā
65 梵語学 阪本 純子 Pāli-Jātaka 研究
66 仏文 富岡 郁子 Le théâtre de Samuel Beckett “Fin de Partie”
67 仏文 鳥居 大洋 La Mort et La Maturité Essai sur Baudelaire critique
68 仏文 中村 衣子 “Le Glorieux Mensonge” ou Recherche Sur L’Autre Eventall de Mallarme
69 仏文 青木 謙三 Signification de Saint Genet pour Sartre
70 仏文 佃 裕文 Pensees Sous un Point De Vue du Bonheur – le rapport entre l’amour-propre et l’amour de Dieu
71 仏文 森井 正史 Inquiètude de Watt – essai sur Samuel Beckett –
72 仏文 湯浅 康正 “Les Liaisons dangereuses” de Choderlos de Laclos – Sur une rêverie ambivalente d’un logicien –
73 仏文 山縣 直子 Le Royaume de la Mort – Essai sur la poésie de Baudelaire –
74 英米文 丸橋 良雄 An Interpretation of The Merchant of Venice
75 英米文 森本 まゆみ Vision of Reality: A Study of the Point of View in the Golden Bowl
76 独文 尾野 照治 Über die Tragik im Nibelungenlied – unter besonderer Berücksichtigung des Hortmotivs –
77 独文 寺井 俊正 Über die Gedichte Georg Trakls
78 言語 梶 茂樹 フランス語のHumanization Rule について―文法的性が文生成過程においてどのような機能を有するかについての基礎研究序説―
79 言語 船山 伸也 使動関係の語彙化―適用文法の展開ー
80 西洋古典 内田 次信 Tueocritos 第7話の謎の解明について
81 西洋古典 大田 立行 カリマコスの文学論争
82 西洋古典 大西 英文 Culexに於けるlaudes partoris(u.58-97)-所謂「真贋問題」との関連で―
83 伊文 楠村 雅子 神曲 地獄編 28歌をめぐるイスラム文化試論 マホメットの“昇天伝説”に立脚して
84 伊文 角井 俊樹 アルベルト・モラヴィアとその倫理

修士論文 昭和53年度

昭和53年度(昭和54年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 小林 富美子 カントの認識論におけるア・プリオリな総合的判断の可能性について
2 哲学 中島 英司 デカルトにおける外界認識の問題
3 哲学 平松 希伊子 デカルトにおけるPhysique Généraleの成立
4 哲学 金田 明 Humeにおける『経験からの認識』のもつ方法的意義について
5 哲学 田辺 勝義 デカルトの外界認識における感覚の役割
6 哲学 藤田 千恵 ベルクソンにおける心身問題―「物質と記憶」を中心にして
7 倫理学 佐別当 義博 「尊敬」の概念―カントにおける実践的主観性に即して―
8 倫理学 高見 保則 デューイにおける価値と探究
9 中哲史 福島 正 劉知幾の紀伝体理論―その論理的側面―
10 西哲史 飯塚 知敬 「トマスにおける真の研究」―善・偽との関係について
11 西哲史 金山 弥平 プラトン『テアイテトス』『ソピステス』に於ける虚偽の思わく(ψευδησ οξα)
12 西哲史 堺 正憲 アウグスティヌス「教師論」の基本的構造
13 西哲史 松﨑 一平 De Falsitate A.Augustini Soliloquiorum
14 西哲史 西村 誠 「判断力批判」に於る反省的判断力の問題
15 西哲史 宮武 由紀江 アリストテレス哲学に於ける実体―その諸相と意味―
16 西哲史 吉川 康夫 ニーチェの力への意志―そのニヒリズムとの関係―
17 宗教学 氣多 雅子 ニーチェの「神の死―ニヒリズム」
18 宗教学 吉田 喜久子 マイスター・エックハルト―ドイツ語説教集に於ける宗教上の根本問題
19 宗教学 石島 孝文 カントにおける自由の概念の諸問題ならびに英知的、理性的なるものと感性的、経験的なるものとの関係
20 キリスト教学 伊藤 聡 ハイデッガーと還向
21 心理学 加藤 啓一郎 永続性の実験事態における対象の弁別とsearchについて
22 心理学 桜井 芳雄 ラットの睡眠の被影響性と覚醒中の行動形成における役割について
23 心理学 前川 幸子 語認知におけるマスキングの効果
24 心理学 岡本 真一郎 情報のValenceとMediaとが情報伝達に及ぼす影響
25 心理学 北田 隆 内発的動機づけに及ぼす行動結果と外因性報酬の効果
26 社会学 小川 賢治 階級意識とその規定要因
27 社会学 大杉 至 現代社会意識理論についての一考察
28 社会学 中島 道男 デュルケムにおける哲学と社会学
29 社会学 三上 剛史 K.マンハイムのユートピア論をめぐっての批判的考察
30 社会学 田中 滋 物象化論―その社会学的展開―
31 美学 河野 弘美 抽象画のもつ芸術的意味とは何か―カンディンスキーの抽象画を通じて
32 美学 島本 浣 アントワーヌ・ワトー(Antoine Watteau 1684-1721)の作品研究―フェト・ギャラン(Les Fȇtes Galantes)との成立とその意味
33 美学 室井 局 文学の言語―言語における美的なるもの―
34 美学 井面 信行 コンラート・フィードラ―芸術論の生成と構造
35 美学 梅原 賢一郎 メルロ=ポンティと芸術―出向く身体から引き下がる身体へ
36 国史学 堀 和生 朝鮮における植民地財政の形成
37 国史学 俣野 好治 律令中央財政機構について
38 東洋史学 田中 俊明 『三国史記』の基礎的研究
39 東洋史学 宮澤 知之 宋元時代の牙人
40 東洋史学 籾山 明 春秋戦国期の法と秩序―法家以前―
41 西南アジア史学 井谷 鋼造 モンゴル侵入後のRūm Saltanat
42 西南アジア史学 近藤 洋子 ウガリト王国におけるbnš.mlkの構成
43 西洋史学 尾崎 明夫 13世紀バレンシア―その征服に見るレコンキスタの一側面―
44 地理学 出田 和久 古代西海道の歴史地誌的研究―古墳時代から律令時代の肥後を中心として―
45 地理学 野間 晴雄 低湿地における生態システムと稲作農業―蒲原平野を事例にして―
46 地理学 林 和生 清・民国時代における廣東の市場―形態・機能および配置に関する一考察―
47 国文学 出原 隆俊 透谷像への一視点
48 国文学 清水 康次 「偸盗」前後
49 国文学 中倉 千代子 中世仏教説話における神祇の問題―「記」の世界と「説話」の世界―
50 国文学 藤井 ふさ子 以文会と文雅家たち―近世後期文苑に関する一考察―
51 国文学 前田 春彦 龍草廬論序 古文辞学からの脱出
52 国文学 山崎 福之 萬葉集における否定表現の意味―「なくに」の表現性―
53 国文学 千葉 真也 初期仮名草子の文章表現
54 中文 釜谷 武士 王充の文学観の検討
55 中文 衣川 賢次 六朝模擬詩考
56 中文 高橋 文治 董西廂論
57 中文 平田 昌司 戴震における「轉」の構造-音韵学にとっての「理」
58 梵文 有川 一男 Prākrtに於る現在分詞の用法
59 仏文 今井 雅彦 Lecture de la “Vie de Henry Brulard”
60 仏文 小畑 精和 Le sens en fuite chez Alain Robbe-Grillet
61 仏文 鈴木 淳子 Etude de xala de Sembene Ousmane
62 仏文 嶽 幸三 Une lecture de L’Emploi de Temps
63 仏文 吾妻 修 Essai sur la pensée politique de J.-J. Rousseau
64 仏文 東野 美穂子 Recherches sur Dliderot – La mélodie et l’harmonie selon Rousseau et Diderot –
65 仏文 石澤 誠一 Projet psychanalytique de Rimbaud – Analyse de quatre textes d Rimbaud –
66 英文 水野 尚之 Strether’s Illusion of Freedom: A Study of The Ambassadors
67 英文 芝崎 裕子 The monuments to futility : A study of Nostromo
68 独文 浅沼 大海 Das Frühwerk von Anna Seghers Zum Problem des Widerspruchs zwischen dem weltanschaulichen standpunkt
69 独文 木野 光司 Über E.T.A Hoffmanns 》Elixiere des Teufels versuch einer Feststellung des ‘Grand motivs’
70 独文 西脇 宏 Adalbert Stifters “Nachsommer” versuch einer Interpretation
71 独文 道旗 泰三 Andreas Gryphius’ Trauerspiel “Großmüttiger Rechts-Gelehrter Oder Sterbender AEMILIVS PAULUS PAPINIANUS” Studien zur allegorischen Grundlage des Trauerspiels Gryphius’
72 独文 栗花落 和彦 Liebe und Leben – Über Goethes “Wahlverwandtschaften” –
73 独文 暁烏 照夫 Die dreiheit als Motiv. Eine interpretation der Gedichte Paul Celans
74 言語学 吉田 和彦 ゴート語 preverb ga-の研究
75 言語学 吉田 豊 ソグド語の不定詞について
76 言語学 青木 正博 17世紀ロシア文章語におけるЦepkoвнocлавянизмとPyсизмについて
77 西洋古典 津田 賀子 ヘレネー―神格・伝承・叙事詩―
78 伊文学 伊口 久美子 ナタリア・ギンブルク論―時代と文学―
79 伊文学 多田 俊一 イタロ・ズヴェーヴォ論―”ゼーノ”におけるフェティシズムの意味
80 伊文学 清瀬 卓 ダンテ「新生」を巡る一註解の試み―「快楽の園」というトポス

修士論文 昭和52年度

昭和52年度(昭和53年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 高田 珠樹 真性の諸相とその統一―ハイデッガーに於ける真性の問題―
2 哲学 冨田 泰彦 ロックの言語理論―基礎理論と問題点―
3 哲学 竹田 浩一 ホワイトヘッドの形而上学について
4 哲学 子野日 俊夫 カントにおける認識の成立と悟性
5 倫理 松島 哲久 象徴と思惟―Paul Ricoeurにおける≪意志の現象学≫と≪言語の解釈≫―
6 中哲史 中西 啓子 劉宋元嘉時代の儒仏論争について
7 印哲 赤松 明彦 DharmakīrtiのApoha論―ことばと実在について―
8 印哲 黒田 泰司 Śālikanāthaのniyoga論
9 西哲 福谷 茂 カントにおける「超越」の問題について
10 西哲 江花 弘章 ヘーゲルの道徳論―近代的主体の自覚をめぐって
11 西哲 山田 道夫 プラトンのイデア論に関する一考察―イデアの交わりを中心に―
12 西哲 仲子 潔 「哲学」の解明に向けての一試論
13 宗教学 野沢 正次郎 スピノザの認識論―神の認識を中心として
14 仏教学 榎本 文雄 āsravaについて
15 キリスト教学 伊藤 利行 ΠAPPHΣIA―第2コリント3章12節の研究―
16 心理学 岩崎 隆彦 概念の発達―絵画的材料による等価的関係づけを中心として―
17 心理学 鳥居 正雄 Concurrent刺激を用いた弁別学習課題の体制化におよぼす過剰訓練の効果
18 心理学 村松 暢隆 類概念と類否定の発達―類否定の選択・構成・言語化課題
19 心理学 宮崎 渉 態度に及ぼす情報の影響
20 社会学 伊藤 公雄 「日常」と「世界」の≫選択親和性electuie uffinity≪をめぐって-社会変革の〈担い手〉を中心に据えて
21 社会学 指方 秀雄 西欧と日本における「合理的思惟」の展開過程に関する一試論
22 社会学 沢田 善太郎 産業民主制と労働者者統制
23 社会学 細辻 恵子 社会学における社会化の諸問題
24 社会学 安野 早己 人類学の対象としての社会的事実
25 美学 加藤 哲弘 ハイデガーの芸術哲学
26 美学 岸本 和 若きgeorg Lukáesの文学理論について
27 日史 伊藤 之雄 昭和前期の選挙法改正問題―議会制再編成への一つの視点として―
28 日史 黒田 達也 物部連に関する批判的考察―蘇我大臣体制成立前史の再検討―
29 日史 平 雅行 法然の思想構造とその歴史的位置
30 日史 戸田 文明 明治啓蒙思想の一側面―加藤弘之・西周の制度観をめぐって―
31 日史 横田 冬彦 幕藩制的職人編成の基礎構造
32 東洋史 山本 光朗 八世紀以前の西域諸國―農業・手工業・商業の再評価をめぐって―
33 西南アジア 羽田 正 初期サファヴィー朝政権の性格
34 西洋史学 中谷 博幸 Straßburg宗教改革
35 現代史学 桂川 光正 東亜連盟運動史論
36 考古学 鎌田 博子 インド亜大陸の彩文土器―パルチスタンとインダス川流域平原
37 日文学 上野 辰義 「物の心を知る」ということ、その他
38 日文学 工藤 哲夫 久米正雄論―通俗小説余技説―
39 中文 小濱 陵一 《紅樓夢》―その内なる軋み
40 中文 大野 修作 陳師道
41 中文 松岡 秀明 晩唐詩にあらわれる「夢」について―杜牧、李商穏、温庭筠の検討―
42 仏文 日下部 紀子 Sur les aspects historique et social de la linguistique saussurienne
43 仏文 佐々木 順子 Roman Historique et Gustave Flaubert
44 仏文 下堂園 真理 Etude sur la fatalité dans Phèdre
45 仏文 田中 敏彦 Le Problème du longage chez J.-P.Sartre
46 仏文 有田 圭子 Analyse Syntaoxique de l’absence de déterminer
47 仏文 佐々野 卓実 Essai sur la poesie de René Char
48 仏文 名田 丈夫 Sur le Langage Flaubertien
49 英米文学 田川 幸二郎 Doomed to Live : A Study of Absalom, Absalom!
50 英米文学 高谷 修 The Revolt of sterne : An Approach to Tristram Shandy
51 英米文学 澤浦 博 The “Tragical-Historical” in Richard III
52 独文 津村 正樹 Über den Jugen Brecht (1913-1919) was bedeutet der erste weltkrieg für Brecht?
53 独文 二宮 章子 Eine Untersuchung zur Erzählkunst Gottfried Kellers an 〟Die mißbrauchten Liebesbriefe〝
54 独文 梶山 智子 Über Georg Büchners “Dantons Tod” – Realismus eines Marionettentheaters –
55 言語学 太田 博司 言語実用論における意味概念の検討
56 言語学 武内 紹人 現代チベット語における文の構造について
57 言語学 樋口 康一 蒙朝対訳文献「蒙語老乞大」の蒙古語の性格―とりわけその音韻論的特徴について
58 言語学 油谷 幸利 現代韓口語の動詞分類
59 西洋古典 竹中 康雄 Tibullusにおける田園 恋愛 祝祭等のモチーフ
60 伊文学 天野 恵 B.カスティリオーネ―「宮廷人の書」―

修士論文 昭和55年度

昭和55年度(昭和56年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 野村 直正 超越論的な領野への問い―メルロ=ポンティにおける身体の問題をめぐって―
2 哲学 米田 和夫 「意識の直接与件に関する試論」の構造
3 哲学 大塚 賢司 ロックにおける観念と実在について―因果説、表象説、構成説をめぐって
4 哲学 田村 均 ジョン・ロックの言語理念について
5 哲学 松田 京三 『純粋理性批判』に於ける超越論的対象と物自体
6 哲学 吉田 明 ハイデガーにおけるVorstellung の問題
7 哲学 糸目 明 シェリング「自由論」における神義論と体系
8 倫理学 伊藤 正博 P.Ricoeur のFaillibilité の概念をめぐる考察
9 中哲史 今倉 章 孟子の研究
10 中哲史 呉 ニ煥 孔子の天に対する意識
11 西哲史 齋藤 了文 フッサールの心理主義批判をめぐって
12 西哲史 船岡 喜一郎 自由と実践理性―カントにおけるその原理の証明―
13 西哲史 嶋津 雅彦 プラトン『テアイテトス』における「ロゴス」について
14 宗教学 高瀬 正宏 ライプニッツにおける自由の問題をめぐって
15 宗教学 中路 正恒 ニーチェ研究-ルサンチマンから価値転換へ-
16 仏教学 佐々木 容道 ABHIDHARMASAMUCCAYAに於けるUpādāna
17 心理学 飼原 壽夫 視覚的マスキングの神経生理学的モデルと心理学的モデル
18 心理学 片岡 基明 人見知りと母子交流について―「人」の成立のはじめ―
19 心理学 北山 忍 少数者によるグループ規範の変革過程に関する実験的研究
20 心理学 高橋 成子 対比効果による固有色の移行と反対色反応の変化
21 心理学 高橋 十九朗 反応数の制限を条件としたFI反応の行動統制についての研究
22 心理学 辻阪 吟子 組識におけるコンフリクトについて―その発生と解消―
23 心理学 坂井 克司 文字認知における音韻処理について
24 心理学 吉林 英 原因帰属(attribution)に及ぼすコンセンサス情報の効果
25 社会学 蘭 信三 「村落共同体論」の再検討
26 美学美術史学 鹿子木 伸子 智積院障壁画に関する考察―信春花鳥画と「楓回」の一要素
27 美学美術史学 北村 清彦 ポール=リクールの解釈学―象徴と隠喩―
28 美学美術史学 中村 俊春 セザンヌの芸術―その意味と造形法―
29 美学美術史学 山口 典子 ファン=ゴッホにおけるシンボリズム
30 国史学 今岡 典和 戦国大名権力に関する一考察
31 国史学 鈴木 栄樹 社会民衆党と労働組合
32 国史学 乕尾 達哉 奈良朝有力官人層の基礎的考察
33 国史学 安國 良一 近世後期の貨幣流通と物価変動
34 東洋史学 福原 啓郎 八王の乱の本質について
35 東洋史学 間瀬 収芳 秦代楚の社会基層についての一考察
36 東洋史学 桃木 至朗 陳氏大越国の政権構造
37 西南アジア史学 勝股 行雄 アッバース朝末期の軍事体制
38 西洋史学 南川 高志 セプティミウス・セルウェースとローマ元首政
39 西洋史学 山邊 規子 ノルマン=シチリア王国の国政上の一考察―行政機構を中心として―
40 現代史学 杉本 淑彦 政権参加期のフランス共産党:1944-1947
41 現代史学 松延 秀一 「シベリア戦争」における日本政府の戦争目的―寺内内閣期の出兵慎重論の動向を中心に―
42 現代史学 山﨑 貫 中国労働運動の「再統一」―1936年上海青島在華紡ストライキを中心として―
43 地理学 田中 和子 大阪市における都市活動の空間的パターン―空間的自己相関による検出と統合の試み―
44 地理学 岩鼻 通明 出羽三山信仰の地域的展開
45 考古学 花谷 浩 横穴の地域的様相と性格
46 考古学 家根 祥多 西日本縄文後晩期の編年研究―縄文土器の様式論的検討
47 国文学 江富 範子 大嘗会の風俗歌―伝承歌と新作歌と―
48 国文学 谷川 恵一 内田不知庵の出発
49 国文学 千本 英史 鎮源の地平『日本霊異記』から『本朝法華験記』へ
50 国文学 母利 司朗 草子読者としての俳諧師
51 中国文学 黄 耀堃 楚辭“亂辭”考辯-及其相關問題
52 中国文学 高橋 美千子 張籍論
53 中国文学 戸﨑 哲彦 柳宗元の古文運動について―長安、永州、柳州に於る柳宗元の著作態度及び作風の変化を中心として
54 仏文学 多賀 茂 Le Langage Signifiant de Stéphane Mallarmé – SEMANALYSER MALLARME –
55 仏文学 露崎 俊和 Le problème de la subjectivité dans les Fleurs du Mal – “Spleen et Idéal” ou le drame de la perte de l’identité personnelle –
56 仏文学 村井 友子 L’ Arbre dans l’OEuvre romanesque d’Andre Malraux – le symbole du Temps cyclique
57 仏文学 吉井 亮雄 Sur la circularite structurelle des Faux – Monnayeurs – D’une anagramme hypothetique –
58 仏文学 長谷川 ゆかり Julian Green : Témvin de l’Antre Plan
59 英文学 森田 勝昭 Narcistic job : A meaning of Ahab’s Death
60 英文学 作田 真由子 A study of Troilus and Cressida – Between the deceptive and the faithful –
61 英文学 松田 英男 A study of Middlemarch: After a vision of common humanity
62 英文学 横山 茂雄 A study of Perelandra
63 独文学 金関 猛 Über Thomas Manns Novelle “Der Tod in Venedig”
64 言語学 壇辻 正剛 日本語の韻律素性について-音響音声学的分析-
65 言語学 稗田 乃 ナイル諸語に於ける動詞語幹ならびに名詞語幹の変遷について
66 言語学 柳本 淳子 日本語の名詞修飾についての考察―「動詞句+ヨウナ+名詞」という構文について―
67 言語学 坂本 勉 逸脱表現の研究-慣用句を中心に
68 西洋古典文学 高橋 宏幸 Propertiusにおける「死」
69 西洋古典文学 岩崎 務 ホラーティウスの初期の政治詩
70 西洋古典文学 岩谷 智 AeneisVI巻の過去再体験の意義―使命認識の旅の最終地点として―
71 伊文学 澤井 茂夫 『カルダーノ自伝』編―第九章の位置―

修士論文 昭和54年度

昭和54年度(昭和55年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 犬竹 正幸 カント「純粋理性批判」における認識と時間
2 哲学 川添 信介 デカルトの自然認識
3 哲学 須藤 訓任 世界否定と時間の様相―ニーチェの永劫回帰思想をめぐって―
4 哲学 清水 大介 ハイデッガーの有論的差別について
5 哲学 鼓 澄治 若きヘーゲルにおける絶対者の認識について
6 哲学 安孫子 信 デカルトの懐疑について
7 哲学 小玉 知史 ヘーゲル『精神現象学』の課題―主-客の同一性をめぐって―
8 哲学 吉田 修 根拠への問―カント哲学の生成と構造―
9 印哲史 頓宮 勝 Bhaktirasaについて=BhaktirasāmṛtasindhuのDakṣinavibhāgaを中心にして=
10 西哲史 加藤 雅人 トマスにおける命題の真理について
11 西哲史 中村 治 トマスアクィナスにおける認識の構造
12 西哲史 山口 明 革命と哲学―精神現象学に於けるフランス革命の経験―
13 西哲史 高橋 憲雄 プラトンに於ける〈仮設〉(ヒュポテシス)の方法
14 西哲史 松田 直成 フッサールにおける「意識の志向的分析」―『論理学研究』第二巻第五研究.および『イデーン』Ⅰ.への展望
15 西哲史 國方 栄二 プラトンに於ける感覚的世界の分析
16 宗教学 中島 秀憲 ヘーゲルの宗教 精神現象学における宗教の考察
17 宗教学 佐藤 幸治 キェルケゲールにおける同時性の問題
18 仏教学 五島 清隆 “Brahmaviśeṣacintiparipṛcchā”について
19 キリスト教学 掛川 富康 K.バルトに於ける教義と解釈の問題
20 心理学 石井 徹 2つのself-consciousness及びその責任の帰属に及ぼす影響について
21 心理学 宮原 清水 Cyclofusionにおけるvertical disparity cue について
22 心理学 山口 正弘 ラットの視覚行動における上丘損傷の効果
23 心理学 山下 博志 DRLスケジュールにおけるハトの行動―multiple schedule による分析―
24 社会学 中河 伸俊 逸脱行動の統制理論
25 美学美術史学 岡田 温志 変革期のフィレンツェ絵画(1425-50)―その生成と連関―
26 美学美術史学 林 愛子 芸術体験の現象学的考察
27 美学美術史学 松本 透 アロイス・リーゲルの藝術意志説について
28 美学美術史学 斉藤 裕司 カントにおける構想力
29 国史学 高橋 秀直 1930年代における軍部の経済政策の展開
30 国史学 寺内 浩 律令制下の女性労働について―律令制支配と女性―
31 国史学 水野 章二 平安期の垣内―小規模開発と領有―
32 国史学 元木 泰雄 侍所について 貴族の家政機関と鎌倉幕府
33 国史学 西山 厚 明恵の思想とその歴史的意義
34 国史学 橋本 義則 律令制太政官の構造と変質
35 東洋史学 浅原 達郎 周代の戎について
36 東洋史学 岩井 茂樹 洋務運動と清末財政
37 東洋史学 江田 憲治 5・30時期の上海労働運動
38 東洋史学 小林 善文 黄炎培と職業教育運動―中国教育近代化の一側面
39 西南アジア史学 川本 正知 ナクシュバンディー教団とホジャ・アフラール
40 西南アジア史学 新谷 英治 スルターン・ジェム―“ヴァーキアーテ・スルターン・ジェム(スルターン・ジェムの諸々の出来事)”邦訳
41 西洋史学 芝井 敬司 歴史学における数量的方法の意味
42 西洋史学 竹中 享 1890年代のヘッセンの反ユダヤ主義運動
43 西洋史学 森原 隆 フランス啓蒙時代のフィロゾフ像
44 現代史学 立川 健治 黎明期日本労働運動とその周辺
45 現代史学 樽本 清和 第一次世界大戦中のドイツにおける労働問題
46 地理学 吉田 敏弘 中世日本農村における村落領域の構造とその展開過程
47 考古学 新納 泉 畿内における後期古墳の規模とその階層性
48 考古学 深澤 芳樹 畿内中心部の弥生土器成形手法―前・中期について―
49 国語学国文学 青木 稔弥 「無敵の刃」をめぐって
50 国語学国文学 北村 知子 俊頼から顕昭・定家へ
51 国語学国文学 米井 力也 御伽草子の変遷―富士の人穴草子について―
52 国語学国文学 中村 薫子 「絵のごとし」追跡―『源氏物語』を中心に―
53 国語学国文学 土井 哲治 『一休水鏡』の世界
54 中国語学中国文学 喬 治歌 「王維自然詩に於ける気韻」
55 中国語学中国文学 田中 裕子 端木蕻良の文学に於けるトルストイの影響
56 中国語学中国文学 山本 敏雄 温庭筠の詩について―楽府歌行の場合―
57 中国語学中国文学 前山 慎太郎 詩書に見える「無斁」について
58 梵語学梵文学 樋口 明子 Sākunaについて
59 仏文学 乾 京子 La Pensée de Balzac(Séraphîta)
60 仏文学 仲村 正実 Diderst et Le Problème de la Prose le cas de Rimbaud
61 仏文学 中山 章 Les problèmes de la critique littéraire le cas de Rimbaud
62 仏文学 宇多 直久 Le Discours balzacien dans Louis Lambert
63 仏文学 大西 宗夫 Sur “À la recherche du temps perdu”
64 仏文学 吉田 典子 LA POESIE DU PROSAISME ETUDE SUR LA REVIVIFICATION DU CLICHE DANS LE SPLEEN DE PARIS
65 仏文学 大浦 康介 Sur l’activité critique de Roland Barthes
66 英文学 山本 真理 Holiness and Worldliness in The Faerie Queene, BookⅠ
67 英文学 村瀬 順子 THE END OF THE SEARCH: A STUDY OF JUDE THE OBSCURE
68 独文学 兼田 博 Über Heinrich Heines “Ludwig Börne Eine Denkschrift”
69 独文学 永井 邦彦 Eine Studie zu Franz Kafkas “Der Bau”
70 独文学 服部 尚己 Adalbert Stifters “Bunte Steine”-Natur und Mensch-
71 独文学 持尾 伸二 Friedrich Schlegels Poetik
72 言語学 白井 賢一郎 日本語における指示(Reference)の問題について―モンタギュ文法の観点から
73 言語学 野村 和秋 ウラジーミル・ダーリの『詳解辞典』について
74 言語学 風斗 博之 依存関係表示を使った統語モデルについて
75 西洋古典学 大西 史子 黄金時代の再来とミツバチの国―アウグストゥス讚歌としてのゲオルギカー
76 伊文学 小濱 治子 ヴィットリア・コロンナ

修士論文 昭和57年度

昭和57年度(昭和58年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 加藤 恵介 Sein への問の構造
2 哲学 斉藤 稔章 人倫と歴史の理論
3 哲学 土井 民憲 ヒュームに於ける知覚理論と外的対象の問題
4 倫理学 平石 隆敏 ヘーゲルに於ける「人倫性」概念の胚胎―『初期神学論文集』を手掛りとして―
5 倫理学 藤野 寛 ゼーレン・キルケゴールにおける真理とその伝達
6 中哲史 武田 時昌 『算経十書』の数理思想
7 中哲史 林 克 黄帝内經の陰陽五行説
8 西哲史 貞松 司 人間の魂の起源に関するダンテの考え方とトマスの考え方との比較―『神曲』と『神学大全』とを中心にして―
9 西哲史 山崎 郁雄 アレテーと知-プラトン初期対話篇を中心に-
10 西哲史 倉田 隆 身体と実存―メルロ=ポンティにおける身体―主観の問題―
x-11 西哲史 中畑 正志 イデアへ到る途-プラトンのイデア論の認識論-意味論的考察-
12 西哲史 蜷川 泰司 相互主観性と身体―メルロ=ポンティにおける他者論の視座「知覚の現象学」を中心に―
13 西哲史 市橋 靖夫 プラトンの想起説
14 西哲史 樋口 努 『ゴルギアス』481B以下-プラトン哲学の立場-
15 宗教学 門脇 健 絶対知とは何か-美しき魂の開放-
16 仏教学 青山 享 Contakaparwa所収のSutasoma物語
17 仏教学 足立 誠 Visuddhimaggaにおける禅定の研究―禅定階梯を中心として―
18 仏教学 室寺 義仁 Sumatisīlaにおける業の論証―Sautrāntikaの行為論―
19 心理学 尾入 正哲 二重画面選択視状況において注意が形の認知に及ぼす影響
20 心理学 唐澤 穣 集団間社会的比較による内集団への過大評価の研究
21 心理学 菅原 康二 ラットの記憶に対する海馬損傷の効果
22 心理学 野崎 直美 乳児期における対象の動作的認知
23 社会学 黒田 浩一郎 精神病のレイベリング理論に関する一考察-T.Jシェフの精神病論をめぐって-
24 社会学 原田 隆司 共同意識の問題-デュルケーム『社会分業論』の考察-
25 社会学 柳川 洋一 分配公正論の基礎的考察―交換理論の視角から―
26 社会学 松田 素ニ 「アフリカ都市出稼ぎ民の社会関係の再編成過程-状況的アプローチ理論の発展をめざして:ナイロビのマラゴリ人出稼ぎ民の事例から-」
27 美学美術史学 宇恵 智子 カント美学の根本問題―Ästhetisches Urteilの分析を中心として―
28 美学美術史学 大宮 康男 鳳凰堂阿弥陀像に就いて―その様式の成立と展開―
29 美学美術史学 北村 知之 サルトルにおける美学
30 美学美術史学 廣野 万寿美 「文学性」をめぐる問題―ロラン.バルトにおける記号学的世界と文学の関係について―
31 美学美術史学 山名 伸生 白鳳彫刻の検討-様式時代設定の基礎的考察-
32 美学美術史学 若芝 順子 H.Bosch-キリストの生涯を主題とする作品群に関する考察-
33 国史学 田良島 哲 中世港湾における「関所」の形成-中世都市論の一前提として-
34 国史学 平瀬 直樹 中世高野山の寺院組織をめぐる諸問題-その在地諸階層にとっての意義-
35 東洋史学 井上 進 復社の学
36 東洋史学 長部 悦弘 隋朝の地方行政政策と中央政界
37 東洋史学 松井 嘉徳 金文史料よりみたる西周王畿の土地制度
38 東洋史学 村尾 進 洋務論研究序説
39 地理学 青山 宏夫 日本中世の絵地図における空間表現
40 地理学 利光 有紀 内陸アジアにおける在来牧法の変容-比較牧法の試み-
41 地理学 藤田 裕嗣 日本中世における流通システムと市町―特に農村における流通圏を中心に―
42 考古学 難波 洋三 銅鐸の系譜とその変遷
43 考古学 森本 晋 中南河内における弥生時代の石器
44 国語学国文学 上野 英二 源氏物語青表紙本以前
45 国語学国文学 丹羽 哲也 現代語の係助詞・副助詞の意味体系
46 国語学国文学 マルソー・ローレンス 荷田在満とその散文創作考
47 国語学国文学 大谷 俊太 耳底記の論
48 中国語学中国文学 蒲 豊彦 陸機の『演連珠』―”文”と”理”について
49 中国語学中国文学 黄 嬡玲 「博物志」の成立について
50 中国語学中国文学 高津 孝 王安石詩と邯鄲夢
51 フランス語学フランス文学 大西 正子 La Maison de Julien Green
52 フランス語学フランス文学 香川 由利子 L’étude sur la conception mauriacienne du péché – Le péché dans Les Anges noirs –
53 フランス語学フランス文学 武内 旬子 No man’s land – Sur “Le Vice -consul” de Marguerite Duras –
54 フランス語学フランス文学 中井 敦子 La circulation interminable dans Bouvard et Pécuchet
55 フランス語学フランス文学 三藤 博 Structure sémantique des locutions adverbiales spatio -temporelles
56 フランス語学フランス文学 山田 広昭 Problèmes sur la théorie du langage de Paul Valéry
57 フランス語学フランス文学 長島 律子 Étude Bernanosienne – LE SURNATUREL ET L’ATTITUDE DE L’HOMME –
58 フランス語学フランス文学 村田 知子 L’eau et la femme dans “A la recherche du temps perdu
59 フランス語学フランス文学 砂野 幸稔 L’oeuvre de Mongo Béti-en quête de la vraie décolonisation
60 英語学英米文学 菱川 英一 “The Tree” and Ezra Pound
61 英語学英米文学 杉井 正史 A Study of As you like it : Its relation to Pastoral Romance
62 ドイツ語学ドイツ文学 金子 孝吉 Rainer Maria Rilke : “Die Aufzeichnungen des Malte Laurids Brigge”
63 ドイツ語学ドイツ文学 松村 朋彦 Über Goethes “Wilhelm Meisters Lehrjahre”
64 ドイツ語学ドイツ文学 兵頭 俊樹 Drei Oden Hölderlins -Abendphantasie, “Des Morgens” und “Mein Eigentum”-
65 言語学 今仁 生美 literaru discourse の言語についての研究
66 言語学 服部 匡 日本語における制限的および非制限的修飾について
67 言語学 田路 敏彦 英語における不定詞関係節とそれに関連する構文について
68 西洋古典文学 西田 卓生 タキトゥスの描写技法と固定観念
69 イタリア文学 福井 あおい “La voce” 研究―la voce biancaの時期をめぐって―

修士論文 昭和56年度

昭和56年度(昭和57年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 石川 徹 知識と信念-ヒュームにおける「経験」の意味-
2 哲学 伊藤 徹 ハイデッガーに於ける歴史の問題
3 哲学 松田 毅 生と理性-E.フッサールにおける近代科学の生成論的考察の意味
4 哲学 宮原 勇 フッサールに於ける形相認識の問題
5 哲学 木岡 伸夫 生成と行為-ベルグソンにおける瞬間性の問題-
6 哲学 鬼界 彰夫 生きた鏡-モナド論と生物的世界観-
7 倫理学 北尾 宏之 カントにおける自己意識と道徳性
8 倫理学 水谷 雅彦 シェーラーに於ける価値の認識
9 西哲史 安藤 正人 情念について-デカルトとトマス-
10 西哲史 坂田 登 トマス・アクィナスにおけるインテンチオの問題
11 西哲史 森 泰一 プラトン『パイドン』に於ける<魂>論―最後の不死論証をめぐって―
12 西哲史 朴 一功 Platon ; Politeia に関する一考察-「太陽の比喩」「線分の比喩」「洞窟の比喩」をめぐって-
13 宗教学 江口 みりあむ ブーバーの宗教的現実の思想
14 宗教学 谷口 静浩 ハイデッガーの思索の変り行き
15 宗教学 平尾 真由美 カント哲学における宗教
16 宗教学 朝倉 喜美枝 W.オットーの神話論
17 仏教学 野口 圭也 無上瑜伽密教に於ける真理について―母系タントラを中心として―
18 心理学 井出 亘 報酬分配における不公平の解消についての研究
19 心理学 大谷 芳夫 文学認知における大脳半球機能差について
20 心理学 日根野 雅代 記憶におけるGeneration Effect について
21 心理学 山田 恒夫 自動形成スケジュールにおける反応パターンの変動-行動獲保過程の一分析-
22 社会学 栗本 英世 文節リニィジ体系論-社会構造のモデル論の視座から-
23 社会学 山下 雅之 社会的行為理論の再検討-T.パーソンズ『社会的行為の構造』を中心に-
24 美学美術史学 井上 明彦 <感覚的なもの>と絵画-メルロ・ポンティの知覚論の地平から-
25 美学美術史学 永井 隆則 セザンヌ晩年の制作活動―その探求の意義と位置付―
26 美学美術史学 久谷 恵子 デューラーのヨハネ黙示録木版画
27 美学美術史学 吉岡 洋 カント美学と実践の問題
28 国史学 小島 道裕 戦国期城下町論
29 東洋史学 浅見 直一郎 隋・初唐政権の性格について
30 東洋史学 河上 洋 渤海の領域支配について
31 東洋史学 黒田 明伸 清末湖北省権力の経済的側面
32 東洋史学 佐原 康夫 秦漢の財政機構と商工業―古代貨幣経済と再検討―
33 東洋史学 渡辺 佳成 コンバウン朝中期ビルマの外交政策とその挫折
34 西南アジア史学 黒田 卓 イラン立憲革命期におけるギーラーン
35 西洋史学 上垣 豊 フランス第三共和制初期における社会防衛とカトリック事業―南フランス、タルン県とエロー県を例に―
36 西洋史学 山本 伸二 フリードリヒ・バルバロッサの帝国再建策―治世初期を中心に―
37 現代史学 槻木 真 「左派社会党」論―1951.10.23-1955.10.22―
38 地理 小方 登 都市における人口流動パターンの分析-姫路市を例とする時刻別地区別滞留人口の考察-
39 地理 藤井 正 京阪神大都市圏における小売商業機能の立地変動―大都市圏における構造変化の一局面―
40 地理 松尾 容孝 農山村の編成についての研究-奈良県吉野郡天川村-
41 中国文学 大平 桂一 王漁洋の詩論について
42 中国文学 勝股 高志 明代白話の状語
43 中国文学 赤松 紀彦 汗衫記劇考―元刊本と明抄・明刊本―
44 仏文学 鈴江 和子 Le thème de l’eau dans le théâtre de Paul Claudel – autour des trois pièces de théâtre accompagnées de l’image de lamer –
45 仏文学 鵜飼 哲 Introduction a la question de la mère Étude des caractères structurels des deux premiers romans de Jean Genet
46 仏文学 三谷 博也 Le narrateur ou les narrateurs de la Comédie humaine
47 英米文学 若島 正 The World as a Book : A tour of The Floating Opera
48 英米文学 亀山 幸枝 A reading of Ash-Wednesday
49 独文学 奥田 敏広 Über Thomas Manns Roman “Bekenntnisse des Hochstaplers Felix Krull”
50 独文学 田邊 玲子 Interpretation der “Heidebilder” von Annette von Droste-Hülshoff”
51 独文学 廣瀬 功 Über “Der Mann ohne Eigenschaften” von Robert Musil
52 言語学 中井 幸比古 真鍋島方言と佐柳島方言のアクセントについて
53 言語学 藤井 文也 アラブ古典文法に於ける格支配について
54 言語学 細川 由起子 疑問表現に現われる助詞「か」「や」「ぞ」の史的変遷について―古典日本語のKa,Ya,Zo Attachment―
55 言語学 細川 弘明 「言語接触とその効果」-スペイン語とケチュア語の相互影響の分析-
56 西洋古典文学 城江 良和 ホメロスの叙事詩における時間
57 西洋古典文学 山沢 孝至 「アエネーイス」への一考察-各巻末と詩全体の構成について

修士論文 昭和60年度

昭和60年度(昭和61年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学(哲学) 白旗 優 後期ヴィトゲンシュタインにおける「証明」についての形式的考察
2 哲学(哲学) 濱岡 剛 アリストテレスにおける知性認識の構造
3 哲学(哲学) 白石 裕己 カントにおけるアプリオリな対象認識の問題
4 中国哲学史 宇佐美 文理 欧陽脩の學問と藝術論
5 宗教 岩田 文昭 リクール哲学の由来と展開-ラヴェッソン『習慣論』から『生きた隠喩』へ-
6 宗教 仲原 孝 『有と時』に於ける頽落解釈の問題
7 宗教 石倉 順一 ニーチェ哲学に於る認識論的観点からの根本概念の解明
8 仏教 松田 裕子 『Lalitávistara』『普曜経』『方広大荘厳経』―転法輪を中心として―
9 心理学 太田 絵里子 暗所視及び薄明視における桿体一錐体交互作用
10 心理学 工藤 俊郎 知覚判断基準における記憶の機能
11 心理学 久保 真人 対人認知を規定する次元と自己評価との関係についての実験的研究
12 心理学 真鍋 かおり 印象の評価的一貫性の維持におけるconfirmatory strategy について
13 心理学 森 周司 知覚判断における系列効果
14 心理学 米澤 好史 文理解と推論における例示化効果の検討
15 社会学 菅 泰弘 「力の体系」としての社会-デュルケーム宗教社会学における信念と力-
16 社会学 田中 紀行 ウェーバーにおける近代的意識構造の問題
17 社会学 棚瀬 慈郎 死とシンボルについての社会学的考察
18 社会学 西井 涼子 エスニシティ論の理論的考察―プリモディアリティの社会的源泉―
19 美学美術史学 笹谷 純雄 ブランクーシの『ポガニー嬢』
20 美学美術史学 佐藤 理恵 小袖、近世初期の展開
21 美学美術史学 並木 誠士 大仙院客殿檀那之間襖絵の絵画史的位置
22 美学美術史学 原口 志津子 「石山寺縁起絵」―一、二、三及び五巻の空間構造
23 美学美術史学 安田 篤生 宗達の大画面絵画について
24 国史学 小林 啓治 日英関係の軍事的構造と日露戦争
25 国史学 塚本 明 近世の町共同体の構造と都市社会―京都を事例として―
26 国史学 池内 敏 幕藩制解体期における日朝外交再考
27 国史学 伊藤 俊一 十五・十六世紀における地域権力と惣村
28 国史学 吉川 真司 律令官僚制と天皇
29 東洋史 辻 正博 唐前半期の「山東」について―河北三鎮・河南二鎮理解の前提として―
30 東洋史 中砂 明徳 中世後期の江南―その開發をめぐって―
31 東洋史 角谷 常子 塩鉄論における賢良文学について
32 東洋史 八尾 隆生 ヴェトナム黎朝初期の政権のあり方をめぐって―官僚制国家の完成に至る過程の一考察―
33 西洋史 佐藤 卓巳 宣伝政党・ドイツ社会民主党と大衆プロパガンダ『真相』
34 西洋史 根津 由喜夫 ビザンツ都市とコムネノス朝政権
35 現代史学 杉山 茂 アメリカ合衆国のニカラグア干渉の再検討
36 現代史学 三宅 栄治 戦間期の日本エスペラント運動について-プロレタリア文化運動の一側面の研究-
37 地理学 内田 忠賢 奈良時代における村呼称の研究
38 地理学 松田 隆典 日常的生産行動からみた中心地体系-島根県斐川町の主婦の購買地選択を中心にして-
39 地理学 小田 匡保 大峰における聖域の地理学的構造
40 地理学 酒井 高正 日本の国内人口移動の動向について-最近の鎮静化局面の分析-
41 考古学 徐 朝龍 バルチスタンの先史農耕文化
42 考古学 宮川 禎一 新羅印花文陶器の編年
43 考古学 玉田 芳英 磨消縄文土器群の成立と展開
44 国語学国文学 竹田 純太郎 「終止ナリ」の考察-上代の用例を中心として-
45 国語学国文学 福島 尚 十訓抄編纂考―教訓のテーマからはずれた「派生的話題」発話現象の解釈を中心に―
46 中国学中国文学 浅野 純一 龔自珍の詩について-編年詩を中心に
47 中国学中国文学 大平 久代 月明柳翠考
48 中国学中国文学 中 裕史 艾蕪の小説創作-その主要な特徴について
49 中国学中国文学 馬 暁地 論屈大均両次北遊詩的愛国精神
50 中国学中国文学 松家 裕子 「陌上桑」をめぐって-祝婚歌の変容-
51 中国学中国文学 要木 純一 元雑劇「王粲登楼」について
52 英語学英米文学 金子 幸男 A Critical Approach to Under Western Eyes: An Experiment on Human Community
53 英語学英米文学 阪口 千壽 The World of Prison: A Study of Little Dorrit
54 英語学英米文学 干井 洋一 A Study of Roxana: structure and New Treatment
55 英語学英米文学 西出 良郎 Multiplicity of King Lear – On Its Views of Lear’s Experience
56 言語 前田 広幸 日本語における名詞句のgapについて
57 言語 白附 紀子 バスク語におけるResultative形式の研究
58 言語 矢野 初美 朝鮮語における名詞化素’gi’の成立について
59 西洋古典文学 吉武 純夫 Oedipus王の目つぶし-Sophoclesにおける
60 イタリア文学 小林 満 初期イタリア未来主義運動をめぐって―マリネッティ・ボッチョーニ・サンテリーアとミラノの都市表現―

 

修士論文 昭和59年度

昭和59年度(昭和60年修了) 修士論文題目

No. 専攻・専修 氏名 題目
1 哲学 中西 稔人 カントにおける自由概念
2 哲学 山本 精一 カントにおけるPersönlichkeit概念について
3 哲学 姜 輝英 『純粋理性批判』に於ける「神」の考究
4 倫理学 渡邊 啓真 「現在」とは何であるか-A.N.ホワイトヘッドより学んで
5 中哲史 末岡 宏 劉師培の春秋学
6 西洋哲学史 井澤 清 トマス・アクィナスにおける人間精神について-自己認識の問題をめぐって
7 西洋哲学史 高橋 洋介 キルケゴールに於ける悪魔的なもの
8 西洋哲学史 脇 宏行 トマス・アクウィナスにおける天使の自由決定力について
9 西洋哲学史 仲川 章 プラトン『クラテュロス』に於ける言語理論について-オノマの学から哲学へ-
10 宗教学 安藤 泰至 精神分析的解釈と「宗教的」なもの-フロイトの宗教論をめぐって-
11 宗教学 神尾 和寿 ニヒリズムの問題-ハイデガーのニーチェ解釈を手掛かりとして-
12 宗教学 山本 和人 ホワイトヘッド形而上学に於る幾つかの基本的枠組について
13 キリスト教学 芦名 定道 カイロスとロゴスードイツ時代におけるティリッヒの歴史的思惟
14 キリスト教学 山本 忠義 キェルケゴールにおける自己の問題について
15 心理学 竹西 正典 報酬分配規範からの逸脱行動を引き起こす諸要因について
16 社会学 永井 良和 都市的人間関係についての考察-アーバニズム論の動向をめぐって-
17 社会学 馬場 靖雄 後期パーソンズ理論の射程とその「継承」
18 社会学 牟田 和恵 社会運動分析のための一考察-資源動員パースペクティブからのアプローチ-
19 美学美術史学 小林 信之 「聖なるものと芸術」
20 美学美術史学 飯野 正仁 コミュニケーションとしての芸術
21 美学美術史学 三宅 真奈美 芸術作品の心理学的考察
22 国史学 飯塚 一幸 明治地方自治制についての一考察―郡をめぐる問題を中心として
23 国史学 植田 幸子 儀式における下級官人-外記方と蔵人方を中心に-
24 国史学 美川 圭 院政における議定制と議奏制
25 東洋史学 朴 鐘玄 変法派と革命派の交流について―孫文・楊衢雲・康有為各派の合作活動の背景とその展開―
26 東洋史学 松尾 洋二 呉佩孚集団と中国共産党-呉佩孚の武力統一政策への転換-
27 西南アジア史学 稲葉 穣 ガズナ朝におけるMaḥmūdiyānとMas’ūdiyān
28 西南アジア史学 今井 直之 イルハン国末期の政治状況について-Amīr Chūpānの活動を通じて
29 西南アジア史学 山本 隆 14世紀初頭ジュチウルスの政治状況
30 西南アジア史学 多田 守 初期オスマン朝におけるベイレルベイについて
31 西洋史学 井野瀬 久美恵 エリザベス朝末期の国際情勢と海上発展-サー・ウォルター・ローリーのガイアナ計画を例として-
32 西洋史学 合田 昌史 「15世紀海事革命」とポルトガル
33 西洋史学 小山 哲 アンジェイ・フリチ=モドジェフスキの国家改革論―16世紀ポーランドにおける国家観―
34 西洋史学 渡邊 伸 シュトラスブルク1525年
35 地理学 坂本 勉 湖東山地における谷地田の土地利用
36 考古学 菱田 哲郎 古代寺院成立期の窯業生産
37 考古学 南 秀雄 高句麗石室封土墳の成立と展開
38 考古学 藤村 淳子 古墳時代中期における土師器の変革
39 国文学 中前 正志 米俵飛鉢譚の解釈-日本の仏教説話と中国道教-
40 国文学 深澤 真二 貞門における俳諧の和漢漢和
41 国文学 森井 紳 格・格助詞と補充成分・修飾成分
42 国文学 楊 暁捷 中世における「平家物語」の享受についての史的研究
43 中国文学 小松 謙 元雑劇の開場について
44 中国文学 道坂 明廣 隋の煬帝について-その詩に関する一考察-
45 中国文学 林 武実 岡嶋冠山著『唐話纂要』の音系
46 フランス語学フランス文学 木下 誠 RIMBAUD ; La question du sujet
47 フランス語学フランス文学 黒川 修司 Marcel Proust et Gustave Moreau
48 英語学英米文学 近藤 直樹 Samuel Richardson and his Pamela
49 英語学英米文学 西谷 拓哉 A study of Melville’s The Confidence-Man : Its Ambiguity and Structure
50 英語学英米文学 内海 智仁 A study of Samuel Beckett’s Murphy Unreliable Narrative in Murphy
51 英語学英米文学 鈴木 邦彦 A study of Twelfth Night
52 英語学英米文学 西谷 真稚子 The Mind Incamp’d : A Reading of ‘Upon Appleton House’
53 英語学英米文学 羽根田 真理子 A study of The Scarlet Letter
54 ドイツ語学ドイツ文学 加藤 丈雄 Über Heinrich von Kleists “Penthesilea”
55 ドイツ語学ドイツ文学 友田 和秀 Über Thomas Manns Roman “Der Zauberberg”
56 ドイツ語学ドイツ文学 藤井 雅人 Über Goethes “Iphigenie auf Tauris”
57 ドイツ語学ドイツ文学 井戸 慶治 Novalis’ Fragmente als literarische Sämereien
58 言語学 家本 太郎 タミル・カンナダ両言語における受動構文の記述
59 言語学 河崎 靖 ドイツ語分離動詞の成立過程から見たゲルマン語の語順について
x-60 言語学 秋月 寛 通?的統語変化への普遍則の適用
61 イタリア文学 水野 智親 トリッシノによる『俗語詩論』の解釈とその背景
62 イタリア文学 中川 光 マキアヴェリの言語論について
<< 前ページへ 次ページへ >>