日本哲学史ワークショップ「日本哲学研究のオルタナティブ」を開催します

2018年11月23日に日本哲学史専修はワークショップを開催します。
今回のテーマは「日本哲学研究のオルタナティブ――若手研究者の新しいキャリアと哲学の可能性」です。

■ 趣旨
 若手ワーキングプアの存在や大学改革等によって、哲学をはじめとする人文系基礎学問を専攻する若手研究者のキャリアのあり方が良くも悪くも見直されてきています。そこで、本ワークショップでは、地方自治体にて日本哲学研究に業務として従事する中嶋優太氏および石井雅巳氏と、哲学を中心としたリベラルアーツの研究に取り組んでいる佐野泰之氏の3名の若手哲学研究者が登壇し、広義の哲学研究者が、大学の内外で、いかなる役割を果たしうるのか、活躍できる新たなフィールドはどこにあるのかについて、それぞれの実践報告を通して考える場としたいと思っております。