満洲語文語夏季講座2019

「『満文大蔵経』とハーバード燕京図書館所蔵満洲語資料の読解」と題し、国内外から第一線で活躍する研究者を講師として招き、『満文大蔵経』とハーバード燕京図書館所蔵の満洲語文書資料および多言語文書の研究・整理状況の講演から実際の档案文書資料への解読などの取り組みに至るまで、集中的に研修する機会を提供します。

[期間]2019年7月29日(月)~8月2日(金)
    午前10:00~午後5:00 (連続5日間)
[場所]京都大学大学院文学研究科附属羽田記念館
〒603-8832 京都市北区大宮南田尻町13 電話:075-491-6027
[講師]
承志(追手門学院大学基盤教育機構 教授), Matthew H. Sommer (蘇成捷)(スタンフォード大学歴史学部 教授), 岩井茂樹(京都大学人文科学研究所 教授), 張虹(中国遼寧省档案館 研究館員), 庄声(中国東北師範大学歴史文化学院 准教授)

[対象]どなたでもご参加いただけますが、満洲語学習経験のない方には受講をご遠慮いただく場合があります。
[受講料]無料(但し、資料代実費はご負担いただきます)
[定員]25名
[申し込み期間と方法]

    2019年6月28日(金)午前9時30分より募集を開始します。

羽田記念館宛てに電子メール(eurasia-haneda[atmark]bun.kyoto-u.ac.jp)で、「満洲語文語講座2019受講希望」と明記して、郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、職業、電話番号をご記入のうえ、お申込みください。

※先着順ではありませんのでご注意ください。受講いただける方には2019年7月3日(水)以降に順次ご連絡いたします。

[教材]満洲語档案文書PDF資料(受講者に事前配布予定)

[使用言語]満洲語 日本語 中国語 英語

[授業予定](詳細な内容は後日参加者へ送付予定)
(1) 10:00-11:00 (2) 11:10-12:10 (3) 13:10-14:10 (4) 14:20-15:20 (5) 15:30-17:00
■ 7月29日(月)
■ 7月30日(火)
■ 7月31日(水)
■ 8月1日(木)
■ 8月2日(金)

※なお、講演は公開で行われます。聴講ご希望の方は羽田記念館eurasia-haneda[at mark]bun.kyoto-u.ac.jp までお問い合わせください。

主 催:追手門学院大学基盤教育機構
共 催:京都大学大学院文学研究科附属文化遺産学・人文知連携センター 羽田記念館
科学研究費補助金 挑戦的研究(開拓)「満洲語の歴史社会言語学的研究-言語学と歴史学からの解明-」(研究代表者 久保智之, 九州大学, 領域番号: 17H06182, 研究期間:2017-2022)

協 賛:一般財団法人橋本循記念会
    ハーバード燕京図書館(Harvard-Yenching Library)
三島海雲記念財団

★なお、8月3日(土)、4日(日)には「第五回清朝と内陸アジア学術研討会」(アメリカのコロンビア大学と中国の東北師範大学との共催)が同会場で開催されます。詳細は後日お知らせいたします。

お問い合わせ先
 京都大学大学院文学研究科附属羽田記念館
  〒603-8832 京都市北区大宮南田尻町13
電話:075-491-6027
電子メール: eurasia-haneda[atmark]bun.kyoto-u.ac.jp
担当: 大崎紀子

Back to Top