ユーラシア言語研究コンソーシアム年次総会

下記の通り合同研究会を開催します。どなたでもご参加になれますが、席に限りがありますので、事前に参加のお申込みをお願いします。 (English page)

(九科研合同研究会)
2016年度ユーラシア言語研究コンソーシアム年次総会 
「ユーラシア言語研究 最新の報告」

日時:2017年3月30日(木)11:10~19:55
場所:京都大学文学研究科附属ユーラシア文化研究センター(羽田記念館)

<プログラム>

11:10-11:15 開会 藤代節 
セッション1 司会:久保智之
1. 11:15-11:30 早津恵美子「日本語動詞の分類をめぐって-他動詞・自動詞と意志動詞・無意志動詞-」
2. 11:30-11:45 クラ エスラ「トルコ語の分詞をめぐる諸問題」
3. 11:45-12:00 江畑冬生「トゥバ語の再帰に関する予備的考察」
4. 12:00-12:15 澤田英夫「ビルマ語群北部下位語群ギャンノッ土語についての予備的報告」
5. 12:15-12:30 鍛治広真 「エウェン語形態論に於ける不規則性(仮題)」
6. 12:30-12:45 吉田浩美「バスク語アスペイティア方言の名詞のアクセント(中間報告)」
7. 12:45-13:00 梅谷博之「クリティック・付属語の認定基準に関する一考察」
8. 13:00-13:15 青山和輝「アゼルバイジャン語の複数接辞について」
9. 13:15-13:30 菅沼健太郎「現代ウイグル語のウムラウト現象に関する予備的考察」
13:30-13:45(休憩)
セッション2 司会:栗林裕
10. 13:45-14:00 佐藤久美子「トルコ語における複合語マーカー(s)iと名詞修飾に関する予備的考察」
11. 14:00-14:15 奥 真裕「社会言語学的観点からみた北カフカース・トルクメン語の借用(一次報告)」
12. 14:15-14:30 角道正佳「河湟語及び達斡尓語の従属節主語表示」
13. 14:30-14:45 菅原 睦「チュルク語詩における母音の長さと韻律システム」
14. 14:45-15:00 植田尚樹 「モンゴル語ハルハ方言における長母音と短母音の長さの「重なり」について」
15. 15:00-15:15 シャミシエワ ナズグリ「キルギス語の動詞bol-の意味と用法に関する一考察」
16. 15:15-15:30 児倉徳和「シベ語の補助動詞o- のテンポラリティとモダリティ」
17. 15:30-15:45 大﨑紀子「キルギス語の補助動詞kal-をめぐる二つの疑問」
15:45-16:00(休憩)
セッション3 司会:吉田浩美
18. 16:00-16:15 松本亮「ネネツ語の声門閉鎖音の音声的実現について」
19. 16:15-16:30 梅田遼「北サーミ語の自他交替−−フィンランド語との対照から」
20. 16:30-16:45 藤代節「再びrとlについて:北方の言語とロシア語」
21. 16:45-17:00 風間伸次郎「類型論的観点から見た「場所」と格表現の問題について(仮題)」
22. 17:00-17:15 日高晋介「ウズベク語における従属節の非対称性」
23. 17:15-17:30 早田清冷「順治期満洲語の音声:予備的研究」
24. 17:30-17:45 早田輝洋「満洲語の「舟」を表す単語の小史-外来と固有,同化と正書法-」
17:45-18:00 (休憩)
セッション4 司会:松本亮
25. 18:00-18:15 川澄哲也「漢語大通方言と“Negotiation”」
26. 18:15-18:30 久保智之 「シベ語とホルチン・モンゴル語の所有構造」
27. 18:30-18:45 林 徹「トルコ語・ドイツ語二言語使用の生徒に見る言語選択とその要因」
28. 18:45-19:00 岸田泰浩「分格と能格から見た日本語のガ格」
29. 19:00-19:15 山越康裕「ブリヤート語の動詞 *a- に由来する接語類」
30. 19:15-19:30 山田洋平「ダグール語と中期モンゴル語の述語人称」
31. 19:30-19:45 栗林裕「トルコ語の数量詞遊離」
19:45-19:55 総括 林徹

20:00- 懇親会(同会場にて)一般 2,000円、学生 1,000円

★プログラムPDF版ダウンロードはこちら

[参加科学研究費補助金プロジェクト]
I. 研究題目: 「「混成言語」から見なおすユーラシアの諸言語―言語接触と言語形成の類型を探る―」
研究種目: 基盤研究(B)
期 間: 2016-2018年度
受入機関: 神戸市看護大学
課題番号: 16H03417
代 表 者: 藤代節

II.  研究題目: 「モンゴル語の付属語の自立性に関する研究」
研究種目: 基盤研究(C)
期 間: 2013-2016年度
受入機関: 東京外国語大学
課題番号: 25370465
代 表 者: 梅谷博之

III. 研究題目: 「チュルク諸語の動詞複合体についての記述的・理論的研究」
研究種目: 基盤研究(C)
期 間: 2016-2019年度
受入機関: 岡山大学
課題番号: 16K02676
代 表 者: 栗林裕

IV. 研究題目: 「バスク語諸方言の文法記述(「親世代」と「子世代」のことばの違いをめぐって)」
研究種目: 基盤研究(C)
期 間: 2014-2018年度
受入機関: 神戸市外国語大学
課題番号: 26370491
代 表 者: 吉田浩美

V. 研究題目: 「エニセイ川流域諸民族の言語接触に関する基礎研究」
研究種目: 基盤研究(C)
期 間: 2016-2018年度
受入機関: 京都外国語大学大学
課題番号: 16K02707
代 表 者: 松本亮

VI. 研究題目: 「チュルク諸語北東グループ未解明言語の調査研究: 包括的記述と史的変遷の解明」
研究種目: 若手研究(A)
期 間: 2014-2016年度
受入機関: 新潟大学
課題番号: 26704004
代 表 者: 江畑冬生

VII. 研究題目: 「記憶領域のモデル化に基づくシベ語文法の研究」
研究種目: 若手研究(B)
期 間: 2014-2016年度
受入機関: 東京外国語大学
課題番号: 26770144
代 表 者: 児倉徳和

VIII.  研究題目: 「接触に起因する言語変容原理の解明に向けた中国青海省大通県の漢語方言調査研究」
研究種目: 若手研究(B)
期 間: 2014-2016年度
受入機関: 松山大学 
課題番号: 26770154
代 表 者: 川澄哲也

IX. 研究題目: 「初期満洲語の格体系の研究」
研究種目: 若手研究(B)
期 間: 2016-2018年度
受入機関: 東京大学
課題番号: 16K16819
代 表 者: 早田清冷

★お問い合わせ、参加の申し込みは下記までお願いします。
ユーラシア文化研究センター(羽田記念館)
電話 075-491-6027 または 電子メール eurasia-haneda(at-mark)bun.kyoto-u.ac.jp (担当:大崎紀子)