京大仏文研究会

京都大学フランス語学フランス文学研究会 平成31年度総会のご案内

会員各位

拝啓

時下、会員の皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、例年通り京都大学フランス語学フランス文学研究会総会を下記の要領で開催致します。ご多忙とは存じますが、是非ご出席下さいますようご案内申し上げます。

お手数をおかけしますが、ご出欠を同封の葉書にて5月7日(火)までにお知らせ下さい。総会のみ、懇親会のみのご出席でも結構でございます。

総会前に、受付にて年会費を徴収いたします。年会費は3000円となっております。

総会終了後、18時より会場近辺にて懇親会を行いますので、ぜひご参加ください。

懇親会費は3000円程度を予定しております。懇親会費および本年度会費を当日会場にて頂戴致します。

ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせ下さい。

電話/FAX:075-753-2829
E-mail:fransite_kyoto@yahoo.co.jp

敬具

平成31年4月23日

京都大学フランス語学フランス文学研究会

平成30年度運営委員長 西村 美咲

 

日時     2019年6月1日(土)午後1時30分より

場所     京都大学 吉田キャンパス 文学部校舎 1階 第1講義室

議事

平成30年度活動報告ならびに会計報告

令和元年度委員長、委員選出

研究発表

「古仏語訳セネカ『ルキリウス宛倫理書簡集』の文献学的研究」

宮下 拓也(京都大学大学院文学研究科博士後期課程1年)

「マンディアルグにおける19世紀フランス幻想小説の影響——ゴーティエ、バルザック、メリメを中心に」

松原 冬二 (京都大学非常勤講師)

特別講演

「小説の『語り手』をめぐって」

田口 紀子(京都大学名誉教授)

 

 

京都大学フランス語学フランス文学研究会 入会のご案内

 
「京都大学フランス語学フランス文学研究会」は、京都大学大学院文学研究科・文学部フランス語学フランス文学専修の修了生・卒業生・在学生および同専修の元教員・現職教員を主たる会員として1975年に設立され、雑誌『仏文研究』の編集・発行を活動の中心としています。『仏文研究』は水準の高い学術雑誌であると同時に、大学院生や若手の研究者の研究成果の発表の場ともなっています。また、年に1度開催される総会の際には、大学院生による研究発表と会員の方による特別講演が行われます。
本研究会の活動は会員の方々のご厚意によって支えられています。まだ会員になっていらっしゃらない方も、ぜひ同研究会の趣旨をご理解いただき、ご入会くださいますようお願い申し上げます。なお、同研究会についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。

会員の皆さまへのお願い
ご連絡先(住所、電話番号、メールアドレス等)が変更になった方は、下記までご連絡をいただきますようお願い申し上げます。

606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学文学部フランス語学フランス文学研究室内
京都大学フランス語学フランス文学研究会
電話 : 075-753-2829   e-mail : fransite_kyoto(アットマーク)yahoo.co.jp

過去の総会の記録
2019年度研究発表要旨
2014年度研究発表要旨
2013年度研究発表要旨
2012年度研究発表要旨
2011年度研究発表要旨
特別講演の原稿は原則として『仏文研究』に掲載させていただきます。

京都大学フランス語学フランス文学研究会会則・施行細則 (1995年)