永盛 克也 教授

○現在の研究テーマと研究活動の概要

フランス古典悲劇と16-17世紀の文学理論との関係、特に創作理論としてのレトリックとの関係を究明することを課題としている。17世紀には悲劇の目的が「教化すること」から「感動させること」へと移行していることを考えるならば、いわゆる「情念のレトリック」と悲劇作品との関係が重視される必要があろう。アリストテレスにおいて、「説得」という点において分かち難く結びついているレトリックとポエティック(詩学)の関係は、ホラテイウス以来、教訓と快楽の折衷という問題にすり替えられていった。このような伝統のなかで、ルネサンス期と17世紀の文学理論家たちの所論が同時代の作品にどのように反映しているかを分析し、17世紀後半における文学作品の創造と受容の双方に関わる理論的問題を浮かび上がらせることを研究の目的としている。

○研究成果の公刊

●共著

『身体のフランス文学−ラブレーからプルーストまで』(吉田城・田口紀子編、京都大学学術出版会、2006年)

『ラシーヌ劇の神話力』(小田桐光隆編、上智大学出版局、2001年)

●論文

「17世紀の詩学における「認知」」 (『Stella』第37号, 九州大学フランス語学フランス文学研究会発行, 2018年, p. 113-132.)

« Civilité et honnêteté chez Racine » (Memoirs of the Faculty of Letters, Kyoto University, LVII, 2018, p. 183-204.)

« Confidents et conseillers du roi dans la tragédie du XVIIe siècle » (Dramaturgies du conseil et de la délibération. Actes du colloque organisé à l’Université de Rouen, publiés par Xavier Bonnier et Ariane Ferry. Publications numériques du CÉRÉdI, “Actes de colloques et journées d’étude (ISSN 1775-4054)”, n° 16, 2016)

« Histoire et fiction dans la tragédie du XVIIe siècle » (Comment la fiction fait histoire. Emprunts, échanges, croisements, éd. Noriko Taguchi, Honoré Champion, 2015, p. 23-37.)

« L’écriture du moi dans le discours moraliste au XVIIe siècle » (Les destinataires du moi : altérités de l’autobiographie, éds. Kuwase, Masuda et Sempieri, Editions Universitaires de Dijon, 2012, p. 29-36.)

« Les étapes de la composition d’une tragédie racinienne » (Comment naît une œuvre littéraire? Brouillons, contextes culturels, évolutions thématiques, éds. Kazuyoshi Yoshikawa et Noriko Taguchi, Honoré Champion, 2011, p. 25-38.)

« Racine et Sénèque. L’échec d’un idéal stoïcien dans la tragédie racinienne » (XVIIe siècle, no 248, 2010, p. 411-421.)

「ラシーヌ悲劇の生成過程」(田口紀子・吉川一義編『文学作品が生まれるとき−生成のフランス文学』所収 、 京都大学学術出版会、2010年、 p. 57-81.)

「フランス絶対王政と古典悲劇−「王の身体」をめぐって」(吉田城・田口紀子編『身体のフランス文学−ラブレーからプルーストまで』所収、 2006年、p. 56-73.)

「17世紀文学における身体の意識と表現」(吉田城・田口紀子編『身体のフランス文学−ラブレーからプルーストまで』所収、2006年、p. 30-34.)

「16−17世紀フランスにおける翻訳の諸相—ユマニスムから古典主義へ」(21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第4回報告書『人文知の新たな総合に向けて』上巻 京都大学大学院文学研究科、2006年、p. 427-429.)

「ロラン・バルトと演劇」(21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第2回報告書『人文知の新たな総合に向けて』文学篇1 京都大学大学院文学研究科、2004年、p. 295-305.)

「ローマ史とラシーヌ的神話作用」(小田桐光隆編『ラシーヌ劇の神話力』 所収 上智大学出版局、2001年、p. 198-210)

« La fonction de la mythologie dans Phèdre »(『仏文研究』第30号、1999年、 p. 39-49.)

« Essai de définition du tragique racinien », Etudes de langue et littérature françaises, Tokyo, no 74 (1999), p. 17-32.(日本フランス語フランス文学会発行)

« Le problème de la focalisation dans la tragédie racinienne : le cas d’Iphigénie »(『仏文研究』第29号、1998年、p. 53-63.)

« Racine et la catharsis » (Equinoxe, Kyoto, Rinsen Books, no 15, printemps 1998, p. 66-87.)

« Illusion et désillusion dans Mithridate »(『仏文研究』第27号、1996年、p. 89-101.)

« La reconnaissance dans les tragédies de Racine »(『仏文研究』第26号、京都大学フランス語学フランス文学研究会発行、1995年、p. 17-30.)

●その他

« Tristan au Japon » (Cahiers Tristan L’Hermite, XXXVII, 2016, p. 113-115)

書評:Béatrice Guion, Du bon usage de l’histoire, Champion, 2008.(『仏文研究』第43号、2012年、p. 69-72.)

Compte-rendu : John E. Jackson, L’Ambiguïte tragique. Essai sur une forme du tragique au théâtre, Jose Corti, 2008. (Revue d’histoire littéraire de la France, 2010, no 4, p. 1015-1016.)

翻訳:クリスチャン・ビエ「フランスにおけるピエール・コルネイユの劇作品の演出」(小倉博孝編『コルネイユの劇世界』所収、上智大学出版、2010年、p. 348-374.)

書評:Georges Forestier, Jean Racine, Gallimard, 2006.(『仏文研究』第39号、2008年、p. 147-152.)

「コメント」(シンポジウム「グローバル化時代の人文学―対話と寛容の知を求めて」報告書、21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」、京都大学文学研究科、2007年、p. 27-30.)

「両大戦間のフランス演劇におけるギリシア神話の翻案について」(共著、21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第4回報告書『人文知の新たな総合に向けて』上巻 京都大学大学院文学研究科、2006年、p. 452-457.)

「シェイクスピアとフランス・ロマン主義」(21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第35班「翻訳の諸相−異文化翻訳と受容」ニューズレター Trans No.18、2006年)

「シェイクスピアとヴォルテール」 (21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第3回報告書『人文知の新たな総合に向けて』文学篇1 京都大学大学院文学研究科、2005年、p. 603-605.)

書評:Racine, Œuvres complètes, éd. G. Forestier, Gallimard (la Pléiade), 1999.(『仏文研究』第30号、1999年、p. 233-236.)

書評:Laurent Thirouin, L’Aveuglement salutaire. Le réquisitoire contre le théâtre dans la France classique, H. Champion, 1997.(『仏文研究』第29号、1998年、p. 171-176.)

共訳:『アンテルナシオナル・シチュアシオニスト5 スペクタクルの政治』(インパクト出版会、1998年)

翻訳:J.-C. ランベール著『スガイ』(ニューアート西武出版、1991年)

○その他の研究活動

●研究発表・学術講演

« Esther de Racine : le texte et le contexte » (Conférence à l’Université de Lorraine, 14 mars 2018)

« La reconnaissance (anagnorisis) dans la poétique du XVIIe siècle » (Conférence à l’Université de Lorraine, 13 mars 2018)

« Le bon usage ou la civilité dans le discours au XVIIe siècle : le cas de Racine » (Colloque international « Transitions au pays de la civilité ? », Université Nationale Centrale de Taiwan, 2017年11月)

« Les fonctions du récit dans la tragédie et dans le nô » (Conférence à l’Université de Lorraine, 2016年3月)

「フランスにおける文芸共和国―モンテーニュからヴォルテールまで」(京都大学大学院文学研究科・文学部公開シンポジウム「ヨーロッパの文芸共和国―わたしたちにとっての遺産」、京都大学、2015年12月)

« Confidents et conseillers du roi dans la tragédie du XVIIe siècle » (Colloque pluridisciplinaire « Dramaturgie du conseil et de la délibération », Université de Rouen、2015年3月)

「フランス17世紀演劇研究の現在」(ロマンス語文献学研究会、同志社大学、2014年3月)

« Histoire et fiction dans la tragédie du XVIIe siècle » (Colloque international « Comment la fiction fait l’histoire – Emprunts, échanges, croisements – » 関西日仏学館、2011年11月)

« Cas particulier d’un mécénat artistique à l’aube de l’ère moderne au Japon » (Conférence à l’Université Nancy 2, 2011年3月)

« L’année 1674 dans la littérature française : introduction » (« Journée d’études dix-septiémistes françaises au Japon : théâtre, poésie, philosophie, histoire des idées ― à l’occasion de la parution du numéro spécial « Japon » de la revue XVIIe siècle ― », Université Waseda, 2010年11月)

« Les étapes de composition de la tragédie racinienne » (Colloque international «Comment naît une œuvre littéraire? – Brouillons, contextes culturels, évolutions thématiques –» 関西日仏学館、2007年12月)

「ラシーヌ悲劇の生成過程(試論)」(科学研究費補助金「フランス文学の総合的生成研究−理論と実践」研究班 京都大学、2007年4月)

国際シンポジウム「グローバル化時代の人文学―対話と寛容の知を求めて」コメンテーター(21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」、京都大学、2006年12月)

« L’écriture du moi dans le discours moraliste au XVIIe siècle » (Colloque international «L’écriture du moi comme dialogue : à qui s’adresse l’autobiographie ?» 関西日仏学館、2005年4月)

「16−17世紀フランスにおける翻訳の諸相—ユマニスムから古典主義へ」(21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第35班「翻訳の諸相−異文化翻訳と受容」 第二研究班第7回研究会 京都大学、2005年1月)

「ロラン・バルトと演劇」(21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第35班「翻訳の諸相−異文化翻訳と受容」 国際フォーラム「多才の人 ロラン・バルト」 関西日仏学館、2004年1月)

« Racine et la catharsis » (Séminaire de recherche « Rencontre de jeunes dix-septiémistes japonais avec M. Marc Fumaroli » 京都大学、2003年10月)

「フランス絶対王政と古典悲劇−「王の身体」をめぐって」(科学研究費補助金「フランス文学における身体−その意識と表現」研究班 京都大学、2002年4月)

「ラシーヌ悲劇とカタルシス」(日本フランス語フランス文学会春季大会 成城大学、1998年5月)

« Le politique dans les tragédies de Racine » (Séminaire de recherche sur la littérature française du XVIIe siècle à l’Université Paris IV, 1991年3月)

「ラシーヌ悲劇の空間構造」(京都大学フランス語学フランス文学研究会総会 京大会館、1989年5月)

京都大学教育研究活動データベース