フランス語学フランス文学専修(大学院)入学を希望する方へ

本専修の学生はフランス文学・芸術・歴史・言語について広く学び、とくに関心のある主題について深い知識を身につけることが求められます。研究対象は狭義の「文学」に限ることなく自由に選ぶことができます。それだけに学生自身が自覚的に問題意識をもつことが重要になります。
 本専修ではフランス語で修士論文を執筆することが義務づけられているため、高度の語学力が要求されますが、論文の準備と執筆を通して実践的に研究方法を習得してもらうことがその主眼です。本専修では各教員によるゼミ形式ではなく専任教員一同が研究指導・論文指導にあたります。専任のフランス人教員はフランスの伝統的なテクスト解釈法や小論文執筆の方法を実践的に教授し、さらにはフランス政府給費留学生試験の準備や修士論文の指導・添削にも関わっています。
 将来大学の教職についたり、研究者になることを希望する人には日本またはフランスで博士論文を執筆することが求められます。本専修は学生・大学院生に対して留学を推奨しており、留学に関する相談には教員がきめ細かく応じています。実際、大学間協定や奨学金制度を利用してフランスやスイスの大学に留学する学生、フランスの大学において博士論文を執筆する大学院生が多いことが本専修の特徴です。
 研究者の来日講演や国際シンポジウムの開催など、フランス語圏の大学との交流も活発に行われています。これらの講演会やシンポジウムについては当ホームページに随時案内が掲載されます。

2019年度の授業

増田、永盛、村上、ヴァンサンの文学研究科専任教員に加えて、人文科学研究所の森本淳生先生、学外からは大阪大学の岩根久先生にご出講いただいています。

本年度開講の特殊講義題目一覧

村上(前期)プルースト『失われた時を求めて』における戦争とユダヤ人
増田(後期)ルソーの『人間不平等起源論』を読む
永盛(前期)ラ・フォンテーヌ研究
Vincent(前期)Travel and Utopia in eighteenth century France : Diderot’s Supplément au voyage de Bougainville (1772)
Vincent(後期)Love, passion and hatred in Diderot’s and Laclos’s novels
森本(前期)ポール・ヴァレリー「若きパルク」を読む
森本(後期)ジャック・ランシエール『文学の政治学』を読む
岩根(後期)フランス・ルネサンスにおける古典の受容と詩の実践-ロンサールを中心に-