中国語学中国文学専修ホームページ

教員紹介 『中國文學報』
院生紹介 京都大学中国文学会
研究室紹介 研究室への問い合わせ
時間割

お知らせ

◎2020年

  • 令和2年度時間割を更新しました。
    https://www.bun.kyoto-u.ac.jp/chinese_lang_lit/cll-time_table/
  • 2020年4月8日(水)に予定していた研究室ガイダンスですが、必要文書の配布を以て対面式ガイダンスに代えることとしました。文書はメール等で共有します。4月8日(水)に送信する予定ですので、各自よく読んでおいてください。
  • 『中國文學報』第92冊が刊行されました。
    堂薗淑子 慧遠「佛影銘」と謝靈運の山水詩──兩者の「佛影銘幷序」、及び謝詩「入華子崗是麻源第三谷」「從斤竹澗越嶺溪行」をめぐって──
    金鑫 元結の近體詩批判と「全聲」の思想
    楊維公 「妙文」の「讀法」──江戸時代における『第六才子書』の讀まれ方──
    興膳宏 金樓子譯注(十二)
    大野圭介 種村和史著『詩經解釋學の繼承と變容──北宋詩經學を中心に據えて──』

◎2019年

◎2018年

◎2017年

 

文学部新館7階北側711号室

中国語学中国文学研究室は、現代中国語と古典詩文の読解力を基礎として、中国語学・中国文学の様々な領域が研究の対象として開かれています。伝統を重んじるとともに、新たな視点、方法も随時取り入れられ、授業では活発な議論が交わされています。

鈴木虎雄先生書き入れ本『玉台新詠集』

『中國文學報』第一冊

青木正兒先生「王維詩意圖」

 見もの読みもの

最終更新日 2020/04/01
*中国語学中国文学専修の本ホームページは院生の力によって運営されています。
*情報には正確を期しておりますが、必ずしも最新の情報ではありません。
*正確な情報をお知りになりたい方は、文学研究科や本研究室へ直接お問い合わせ下さい。