文化遺産学・人文知連携センター

topphoto
左上:羽田亨博士収集 西域出土文献写真 右上:羽田記念館
左下:吉田南キャンパスで出土した埴輪  右下:京都大学構内遺跡発掘現場

文化遺産学・人文知連携センター(CESCHI)について
Center for Studies of Cultural Heritage and Inter Humanities

文化遺産学・人文知連携センター(CESCHI)は、日本における内陸アジア研究の拠点の役割を果たしてきた文学研究科附属ユーラシア文化研究センター(羽田記念館)と、京都大学構内遺跡の発掘調査・研究を進めてきた文化財総合研究センターを再編・統合しつつ、人文学諸分野を横断・総合する研究を進め、その成果を組織的に発信することを目的として、2019年4月に設置されました。

文化遺産学・人文知携センター設立記念シンポジウムを開催します

本センターの設立を記念し、下記の通りシンポジウムを開催します。おおくの方々のご参加をお待ちしております。

「文化遺産でつなぐ人文知 ―京都からユーラシア世界へ、原始から未来へ―」

【日時】令和元年9月13日(金)13時30分~17時 【会場】京都大学文学部校舎 第3講義室

参加費無料・申込不要

プ ロ グ ラ ム

【第1部 提題】
1 羽田亨の夢を追って—京大文学部内陸アジア学の軌跡—
         吉田 豊(文学研究科教授/文化遺産学研究施設内陸アジア学推進部門)
2 京都大学構内を発掘する     吉川真司(文化遺産学研究施設長)
3 文化遺産学の新たな展開     吉井秀夫(センター長)
4 人文知の新たな連携を目指して  松田素二(人文知連携拠点長)

【第2部 パネルディスカッション】
テーマ「人文知の未来に向けて」
  出口 康夫(人社未来形発信ユニット長) × 吉井 秀夫 × 松田 素二

【主催】京都大学大学院文学研究科 【共催】京都大学人社未来形発信ユニット

topphoto

シンポジウムのチラシはこちらをご参照ください。

行事のお知らせ

■2019年8月31日(土)、9月1日(日)(京大文化遺産調査活用部門)
東海縄文研究会 第8回例会
詳細はこちら

■2019年8月3日(土)、4日(日)(内陸アジア学推進部門)
グローバルな視点でみるユーラシア大陸:第五回清朝と内陸アジア国際学術研究会 終了しました
 詳細はこちら

■2019年7月29日(月)~8月2日(金)(内陸アジア学推進部門)
満洲語文語夏季講座2019 終了しました
 受講生募集は締切ましたが、14:20~17:00の研究発表・講演は公開しております。
 詳細はこちら

■2019年7月18日(木)~10月6日(日)(京大文化遺産調査活用部門)
京都大学文書館企画展「この地に百三十年ー吉田キャンパス成立史ー」(於:京都大学百周年時計台記念館1階 歴史展示室)に、本部構内から出土した尾張藩屋敷関連資料を出品しています。
詳細はこちら

2019年度に開催された行事(終了したもの)についてはこちらをご参照ください。

センターの概要

本センターは、「文化遺産学研究施設」と「人文知連携拠点」から構成されています。
●文化遺産学研究施設
文化遺産学研究施設は、前身の両センターの活動実績を継承しつつ、日本国内のみならず、世界各地の文化遺産の保存・活用に関わる研究を広く展開していくことを目的とし、以下の4部門から構成されています。
■比較文化遺産学創成部門
比較史の視点や方法を用いて、国内・国外の文化遺産に関わる諸問題を研究し、その成果をもとに文化遺産の保存・活用に対する連携・提言を進めます。

■京大文化遺産調査活用部門
京大構内遺跡の発掘調査とその整理・検討を進め、その成果を京大独自の文化遺産として多角的に活用・発信することを目指します。
本部門の詳細はこちらをご参照ください。

■内陸アジア学推進部門
羽田記念館で蓄積されてきた多様な学知と資料をもとに、内陸アジア学の研究を進め、その成果を講演会・講習会などを通して公開していきます。
羽田記念館および同館で開催される行事についてはこちらをご参照ください。

■ユーラシア宗教遺産学部門
宗教を有形・無形の文化遺産として捉える「宗教遺産学」の研究法を用いて、ユーラシアの諸宗教の比較研究を進めます。

●人文知連携拠点
人文知連携拠点は、文化遺産学研究施設の調査研究成果をはじめとして、文学研究科の諸専修が蓄積してきた研究成果を横断的に連携させることを通して、新しい学知の創造を目指します。また、学内外諸機関との連携を強化しつつ、人文知の成果を広く社会に発信することを目指します。

教員構成

センター長 吉井 秀夫教授(考古学)

文化遺産学研究施設
施設長 吉川 真司教授(日本史学)

■比較文化遺産学創成部門
部門長 吉井 秀夫教授(併任)(考古学)
■京大文化遺産調査活用部門
部門長 吉川 真司教授(併任)(日本史学)
■内陸アジア学推進部門
部門長 井谷 鋼造教授(併任)(西南アジア史学)
■ユーラシア宗教遺産学部門
部門長 上島  享教授(併任)(日本史学)

人文知連携拠点
拠点長 松田 素二

構成教員一覧はこちら