会誌『哲學研究』

『哲學研究』はわが国でも極めて古い歴史を持つ哲学研究の専門誌です。創刊は大正5年で、現在は610号が最新刊です。現在は目安として年2号の刊行です。

バックナンバー・最新号の購入を希望する方は、氏名・住所・必要冊数・必要書類を京都哲学会事務局までご連絡ください。

また、京都大学学術情報リポジトリ(KURENAI) を通して、創刊号から最新号までの電子版を公開しています 。冊子版による最新号の発行の約1年後より、公開を開始します。従来通り冊子版の発行は継続し、これを会員の皆様にお届けいたしますが、電子版もご活用いただければ幸いです。


第611号
(令和6年(2024)2月28日 発行)

<目 次>

    • 周藤 多紀
      トマス・アクィナスの《モドゥス》研究(三)-《モドゥス》の意味論的側面-
    • 中嶋 優太
      若き西田幾多郎の生の倫理 -新資料「倫理学講義ノート」におけるギュイヨー受容-
    • 三上 航志
      「高邁なる者」の形而上学的基礎 -デカルトにおける書簡の道徳と『情念論』の道徳-

(定価 2,500円 税別)

第500号以降の目次はこちら


京都哲學會のトップページに戻る