二十世紀学専修 大伴昌司

二十世紀学専修

研究室からのご挨拶

1960年代のことです。『少年マガジン』などの少年誌の巻頭グラビアや、怪獣図鑑、テレビ放送脚本など、ポピュラー・カルチャーの分野において先駆的な仕事をなしとげた人物がいました。

大伴昌司(1936年2月3日-1973年1月27日)です。

彼が確立したビジュアル・コミュニケーションの手法は、その後の日本において独自の発展をとげる雑誌文化のベースとなっていきます。

その大伴昌司の仕事場に遺されていた膨大な原稿や原画などが、2006年の冬、京都大学文学部二十世紀学研究室に寄託されました。現代文化研究、とりわけポピュラー・カルチャー研究上、貴重な資料です。

資料の整備と学術活用のために、二十世紀学研究室では大伴昌司資料のデジタルアーカイブ化に2008年4月から取り組み、順次公開することになりました。

2009年7月
京都大学文学部二十世紀学研究室
教授・杉本淑彦