宗教学研究室紀要 第2号(2005年)

全文

目次

<第19回国際宗教学宗教史会議世界大会(IAHR Tokyo 2005)企画報告集>

西谷啓治の空の思想の展開(IAHRパネル企画)

「根源的構想力」に至る西谷の思惟の展開 ―― ニヒリズムと「空」をめぐって

細谷 昌志 (3)

「空と即」における西谷の空の思想 ―― 空のイマージュ化と有の透明化をめぐって

長谷 正當 (7)

「空と即」における構想力論の背景

小野 真 (11)

レスポンス : 西谷の根源的構想力論の現代的意義

氣多 雅子 (16)

科学技術時代における哲学と宗教 ―― H.ヨナス『責任原理』の再検討 ――(IAHRシンポジウム企画)

加害者意識としての責任概念 ―― H・ヨナス『責任原理』における倫理と宗教

鶴 真一 (21)

ニヒリズム・生命原理・責任原理

竹内 綱史 (27)

科学技術時代に、「自然」はいかに宗教哲学の問題になるか

秋富 克哉 (34)

知としての恐れの感情

杉岡 正敏 (39)

責任原理と「アウシュヴィッツ以降の神」

杉村 靖彦 (45)

<論文>

京都学派の神秘主義研究の意義はどこにあるのか―― 西谷啓治の神秘主義理解を中心に

後藤 正英 (50)

Jamesian View of Religion in Empiricism

TSUTSUI Fumio (59)

根源知への志向としての神秘主義――エックハルトの知性論を通して

加藤 希理子 (65)

赦し、ほとんど狂気のように ―― デリダの宗教哲学への一寄与

川口 茂雄 (73)

ISSN 1880-1900