研究室案内(学部生向け)

「知識とは何だろうか」と問う認識論は、哲学の歴史のなかでも主要な部分を形成してきた。現代において知識の問題を論じるに当たっては、当然「科学的知識」がその主要な対象となる。したがって、科学の哲学は現代哲学のなかでも優れて正統的な地位を要求する資格があると言えよう。本専修では、「科学とは何だろうか」という問いに哲学と科学史の二つの観点から答えることを目指す。「研究室紹介」で大まかなことは述べてあるので、もう少し専門的な事柄に立ち入ってみよう。

科学哲学

現代の科学哲学にはいくつかのルーツがある。日本ではいまだに科学哲学と分析哲学との混同さえ珍しくないので、ある程度の概観を与えておきたい。科学哲学に分析的手法は不可欠だが、科学の一般的あるいは具体的題材と無関係な分析は、「科学哲学」とは呼ばれない。

(1)一つは、近代科学の誕生とほぼ同時に歩みを始めた近世の哲学である。デカルトやカントを代表とする近世哲学の知識論の重要な部分は、当時の科学哲学であったと言ってもよいのである。しかし、科学と哲学が十分に分化していない時代の科学哲学と、分化した後の時代の科学哲学との間にはやはり大きな違いがある。

現代の科学哲学に近いものが出てくるのは19世紀であり、(2)例えば、ニュートン力学に基づく力学的世界観を強力に推進し、古典的確率論の集成者として知られるラプラスは、確率論と密着した科学方法論を提唱していた。さらに、(3)1830年以後のイギリスでは、ハーシェル、ヒューウェル、ミルといった科学者や哲学者が科学について論じ始め、デ・モーガンやジェヴォンズらの記号論理学の創始者たちもこれに加わる。また、(4)18世紀および19世紀の科学者には科学についての哲学的考察を展開した者が多いが、19世紀後半のウィーンを中心としたマッハやボルツマンらの活動は物理学の哲学に一時代を画した。さらに、(5)19世紀の終り頃には、カントールの集合論やフレーゲによる論理学革命が始まり、 20世紀前半の活発な数学基礎論の論争へとつながることになる。他方、(6)フランスでは、20世紀の初頭にポアンカレ、デュエムらの独自の科学哲学が出現する。(7)アインシュタインの相対性理論における考察にも大きな哲学的インパクトが含まれていた。

こういった流れから直接的、間接的に影響を受けて、(8)1920年代にウィーンとベルリンを中心として、多くの科学者や哲学者が参加した「論理的経験論」と呼ばれる学派が形成され、これが現代の科学哲学の最も直接的な母体となったのである。

その後、(9)1960年代に入って、科学史研究をふまえたクーンらの新たな問題提起により、科学的営みの歴史的あるいは社会学的な見方を重視する「新」科学哲学の動きが生じて、これがいろいろな動きを触発したことは事実だが、「新科学哲学」はもはや「新しい」とは言えない。

(10)クーンらの影響、あるいは社会学などからの影響を受け、一方では「科学論 Science Studies」という、科学研究の実態を様々な手法で研究する動きが多様化した。(11)他方では、「科学一般」を論じるのではなく、もっと個別的な分野に即して哲学的問題を追究しようとする動き、例えば「生物学の哲学」、「進化論の哲学」、「相対論、時空の哲学」、「量子力学の哲学」、「確率統計の哲学」、「社会科学の哲学」という、ある種の「専門化」の傾向が見られる。それとも関連し、(12)実験的知識の見直しを踏まえて、科学の認識論を再構築しようとする動きもある。

以上の概観からもわかるように、科学哲学の研究対象は科学そのものと同じほど多様である。数学の哲学、物理学の哲学、生物学の哲学、あるいは社会科学の哲学というように、ある程度研究分野を限定し、その分野での専門的な研究内容に即した哲学的問題を取り扱うこともできるし、「説明」「仮説の確証」あるいは「理論と事実」といったもっと一般的なテーマを選んで追究することもできる。そのために必要なものは、問題把握のセンス、論理的な分析能力と、選んだ研究テーマに関して具体的な専門知識を掘り下げていく根気である。科学的営みや知識を分析対象とする以上、具体的知識を欠いた研究は不毛である。

科学史

科学史研究は、科学の様々な分野での学説史研究が一つの基本となる。そのためには、やはり学説の歴史的脈絡を的確に捉えた上で問題の論理的展開を追究する姿勢が肝要である。もちろん、哲学史や思想史の場合と同様、成功した理論だけでなく、それと競い合った考えにも目を配り、十分広い文脈を考慮することが欠かせない。

正統的な学説史研究と並んで、科学的営みを歴史的・社会的な大きな文脈のなかで捉える立場もある。この立場では、主としてアイデアの展開に着目する思想史の視点よりも、科学の理論も他の歴史的事象と同じような多様な要因に影響されるものと見なす視点が重要視される。ただし、このような傾向が近年の流行であるとはいえ、正統的な学説史研究をなおざりにすると、「一時的な評論」に終わるおそれもある。歴史的な「証拠づけ」を忘れてはいけないし、その証拠づけのやり方も検討しなければならない。

科学史が歴史的研究であるかぎり、史料の検討および読解という文献操作は研究の基本である。対象とされる自然科学自体は歴史的に比較的新しい学問であるが、専門的な科学史研究には、現代的な意味での「自然科学」以外の様々な学問分野にわたる、原典および研究文献を読解する能力が必要である。もちろん学説の内容を理解するためには最低限の理系的知識は欠かせない。

しかし、注意しなければならないのは、すべての歴史的研究がそうであるように、我々が過去を研究するのはわれわれの生きている現代という時代を知るためでもあるということである。科学史も、現代社会が高度な科学技術社会である点にその存在根拠を得ている。