Vol.8(2005)

 前のページへ戻る

 

特集・ポップ=カルチャー
 想像された自然と想像という自然—漫画を哲学する試論 (PDFのみ) 佐金  武
 「声優おたく」はアンドロジニー?  沢崎 壮宏
 木下恵介の映画—覆い隠すヴェール:「涙」「良心的」「反戦平和」 児玉  斗
 フィクションの中のロボット ——ホワイダニットのジレンマとロボット工学三原則 久木田 水生
 ポップ文学と<私>のリアリティ—保坂和志試論 渡邉 一弘
 意志を拡大する—iPodのシャッフル機能がもたらす選択の新しい形 大塚  淳
 座談会:即興演奏について
こちらから座談会のメンバーによる演奏をお聴きいただけます)
藤川 直也(司会)
 

特集・ケア——ジェンダー・社会・認識——
 母性神話の終焉とケア倫理の可能性 沢崎 壮宏
 医薬分業と薬事行政 樋口 善郎
 組織の中でのケアの実現のために 竹中 利彦
 いつ、だれが、なぜ<死ななければならない>のか 三谷 尚澄
 On the Rejection of Reason by the Early Empiricist Seishu Nishimura
   
 ホッブズとヘーゲル—人間学の可能性 樋口 善郎
 

特別寄稿
 ヴィジョンとしての宇宙論——チャールズ・パースと「スフィンクスの謎」(2) (PDFのみ) 伊藤 邦武

Copyright (c) 2005 Kyoto Univ. All Rights Reserved.