vol.12(2009)

前のページへ戻る

  • タイトルクリックで京都大学学術情報デポジトリのページにつながります(リンク先では各記事のPDFファイルをご覧頂けます)。

 

特集:イメージ/感情
 イマージュと抽象 ――ライプニッツの感覚論と調和の思想―― 池田真治
 身体知覚はいつ感情になるのか? ――視覚意識と情動意識の中間レベル説に対する疑問―― 太田 紘史
 わたしはなぜ太るのか ――意識と身体をめぐる問いの試み―― 天野恵美理
 [書評]廣川洋一著 『古代感情論:プラトンからストア派まで』 鄭  英昊
 [書評]William M. Reddy, The Navigation of Feeling: A Framework for the History of Emotions 鄭  英昊
 

一般論文・書評
 Robustness, Reality and the Transcendental Yasuo Deguchi
 A Response to Robustness, Reality and the Transcendental Kerstin Knight
 A Possible Defense of Devidsonian Monism Shohei Edamura
 Some Notes on Make-up Joshua Wittig
 総合倫理学 (synthetic ethics) に向けて 久木田水夫
 [書評]Barry Dainton, Stream of Consciousness: Unity and Continuity in Conscious Experience 太田 紘史、
佐金  武
 [書評]David J. Buller, Adapting Minds : Evolutionary Psychology and the Persistent Quest for Human Nature 加地仁保子
 [書評]James J. Bono, Tim Dean, and Ewa Plonowska Ziarek, A Time for the Humanities : Futurity and the Limits of Autonomy 天野恵美理
 [書評]Jenny Edkins, and Nick Vaughan-Williams, Critical Theorist and International Relations 天野恵美理
 [書評]石井敏夫『石井敏夫論文集:ベルクソン化の極北』 天野恵美理
 [書評]中野啓明『教育的ケアリングの研究』 安井 絢子
 [書評]日本科学哲学会編、野本和幸責任編集『分析哲学の誕生 ――フレーゲ・ラッセル (科学哲学の展開 1)』 伊藤  遼