Vol.10(2007)

 前のページへ戻る

タイトルクリックで京都大学学術情報デポジトリのページにつながります(リンク先では各記事のPDFファイルをご覧頂けます)。 

特集・人工生命
 フォン・ノイマンと「自己」の問題ーセルラー・モデルと自己複製 大西 琢朗
 Artificial Performerの可能性 藤川 直也
 GAからALをながめる 北口 耕平
 人工知能の人工生命への接近 久木田 水生
 人工生命からシステム生物学へ 大塚 淳
 [書評]S. Grand, Creation: Life and How to Make It 渡辺 一弘 
 

 
 ミステリーとしてのタイムトラベルーサイエンス・フィクションを哲学する試論 佐金 武

Copyright (c) 2005 Kyoto Univ. All Rights Reserved.