論叢

トップページへ戻る


【 新着情報】

 

 

  • 京都大学学術情報リポジトリへリンクしました。『哲学論叢』第35号までをご覧いただけます。各号の「リポジトリへのリンク」をクリックしてください。

 

 

  • 【お知らせ】 哲学・近世哲学史研究室に所属されていない方でもご投稿いただけるように、論叢刊行会の規約を改訂いたしました。詳しくはこちらをご覧下さい。

【巻号一覧】

I (1973) II (1975) III (1976) IV (1977) V (1978) VI (1979)
VII (1980) VIII (1981) IX (1982) X (1983) XI (1984) XII (1985)
XIII (1986) XIV (1987) XV (1988) XVI (1989) XVII (1990) XVIII (1991)
XIX (1992) XX (1993) XXI (1994) XXII (1995) XXIII (1996) XXIV (1997)
XXV (1998) XXVI (1999) XXVII (2000) XXVIII (2001) XXIX (2002) XXX (2003)
XXXI (2004) XXXII (2005) XXXIII (2006) XXXIV (2007) XXXV (2008) XXXVI (2009)
XXXVII (2010) XXXVII別冊(2010) XXXVIII (2011) XXXVIII別冊(2011) XXXIX (2012) XXXIX別冊(2012)
XXXIX (2013) XXXX別冊(2013)

 

※入手ご希望の方は下記までお問い合わせ下さい(一部1,050円。品切れの場合はご容赦下さい)。

〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学大学院文学研究科哲学研究室内 哲学論叢刊行会
TEL: 075-753-2754 MAIL: tetsugaku.ronso@gmail.com


第41号 別冊(2014)

<サーベイ論文>

[白川晋太郎]ブランダムにおける観察報告
[田中凌]色の哲学における「開示」および「透明性」


第41号(2014)

<特別寄稿>

[木岡伸夫]無のアナロギアーー山内得立における東西の〈総合〉ーー
[森岡正博]生命の哲学から見た脳死概念の一考察ーー大統領レポートと「息」の復権ーー
[植原亮]認識的バターナリズムへの道は開かれたかーー現代知性改善論のための断片ーー

<論文>

[澤田和範]ヒュームの自然主義と因果推論の正当化問題
[君嶋泰明]ハイデガーのデカルト解釈について
[西條玲奈]芸術作品の存在論における曖昧なタイプ説の批判的検討


第40号 別冊(2013)

<サーベイ論文>

[五十嵐涼介]カントの様相概念について

<書評>

[岡村太郎]Galen Strawson, The Evident Connexion: Hume on Personal Identity(Oxford University Press ,2011 ,165p.)
[田中凌]James R. O’shea, Wilfrid Sellars: Naturalism with a Normative Turn (Key Contemporary Thinkers) (Polity Press, 2007, vii+272p.)


第40号(2013)

<特別寄稿>

[石川徹]情念・観念説・共感
[伊勢俊彦]存在することと表出されることーーヒュームの社会哲学と観念説の限界ーー
[長田蔵人]カントのアンチノミー論と図式論ーー「現象の解明」をめぐる転換
[中釜浩一]「見知り」と「感覚データ」再考

<論文>

[岡村太郎]ヒュームおける「情念に関する自己」の位置づけ
[太田匡洋]ショーペンハウアーにおける類比推論についてーー「実在性」はいかにして可能かーー
[天野恵美理]『物質と記憶』における心身問題ーー二章のヴァリアントとの比較を通じてーー
[秋吉亮太]ブラウワーのバー帰納法における基本仮定の理解へ向けて
[白川晋太郎]『確実性について』における私的確実性について
[大川祐矢]集合か構造かーー命題の正体にかんする二つの立場ーー
[Shinya AOYAMA]Determination in Yablo: Distionction between the Mental/Physical in the Same Category
[太田紘史]直観的な道徳判断における抽象性と具体性の問題


第39号 別冊(2012)

<サーベイ論文>

[EDAMURA, Shohei]Discussions of 1P5 in Spinoza’s Ethics and the Guéroult-Loeb Interpretation in the English-Speaking World
[飯塚一]カントの数学論について
[八杉満利子]数学における概念拡張の仕組み : デデキントの研究計画に沿って
[ 白川晋太郎]言語ゲームにおける行為と命題の役割

<書評>

[山本俊一郎]Yves Mayzaud, Le Sujet Géométrique ou pour une solution de l’union de l’âme et du corps dans la philosophie de R.Descartes(L’Harmattan ,2004 ,190p.)
[枝村 祥平]Daniel Garber, Leibniz: Body, Substance, Monad (Oxford University Press, 2009, xxi+428p.)
[枝村 祥平]Maria R. Antognazza, Leibniz: An Intellectual Biography (Cambridge University Press, 2009, xxvii+623p.)
[西條玲奈]Theodore Sider, Writing the Book of the World (Oxford University Press, 2011, x+318p.)


第39号(2012)

<特別寄稿>

[出口康夫] カントとゼーグナー(下) ーーカント的「構成」の誕生ーー
[山脇雅夫] 他在における絶対者ーー『精神現象学』における実体=主体テーゼの考察ーー
[久米暁]フレーゲ・ギーチ問題の射程
[西村正秀]知覚経験の単称内容

<論文>

[岡村太郎]ヒュームの自我論における「知覚の所有者」問題
[千葉清史]『純粋理性批判』第二版「観念論論駁」の論証上の性格
[三木那由他]グライスにおける語用論的プロセスーー推意に関するもう一つの誤解ーー
[山田貴裕]二つの実在論ーー「世界観」の観点からの分析ーー
[WATANABE, Kazuhiro]Self-Ownership and Control Rights to Ability: Is Suicide Justifiable on the Basis of the Principle of Self-Ownership?


第38号 別冊(2011)

<サーベイ論文>

[太田和則]プラトン『パイドン』74b8-9の近年の解釈 : 「τῷ μὲν…, τῷ δ’ οὔ」の部分の翻訳について
[竹中利彦]パスカルにおける「精神」の機能とその「偉大さ」について
[飯塚 一]カントの「幾何学的構成」について
[大川 祐矢]単称思想と見知り
[ 池田 真治, 伊藤 遼, 久木田 水生]タイプ理論の起源と発展
[EDAMURA, Shohei]Are Amoralists like Color Blind People? : A Review of the Debate between Michael Smith and David Brink
[西條 玲奈]現代普遍論争の諸相 : 普遍者・クラス・トロープ
[安井 絢子]ケアの倫理における人間像 : ノディングスのニーズ論をめぐって

<書評>

[足立 瑞樹]Nicholas Griffin and Dale Jacquette (Eds.), Russell vs. Meinong: The Legacy of “On Denoting” (Routledge, 2009, xiv+384p.)
[枝村 祥平] Glenn Hartz, Leibniz’s Final System (Routledge, 2007, xvi+234p.)
[枝村 祥平]Michael J. Futch, Leibniz’s Metaphysics of Time and Space
[得能 想平]Jeffrey A. Bell, Deleuze’s Hume : Philosophy, Culture and the Scottish Enlightenment
[白川 晋太郎]Robert Stern, Transcendental Arguments and Scepticism: Answering the Question of Justification (Oxford University Press, 2000, x+272p.)
[大川 祐矢]Scott Soames, What is Meaning (Princeton U.P., 2010, ix+132p.)
[梶本 尚敏]Barry Dainton, Time and Space (second edition)(McGill-Queen’s University Press, 2010, xvi+464p.)
[渡辺 一弘]D. Steel & F. Guala, The Philosophy of Social Science Reader
[伊藤 遼, 太田 紘史, 大西 琢朗, 海田 大輔, 久木田 水生, 堀 沙織, 三木 那由他, 山口 尚]Bryan G. Norton, Searching for Sustainability: Interdisciplinary Essays in the Philosophy of Conservation Biology (Cambridge University Press, 2003, 564p.)


第38号(2011)

<特集:カント>

[福谷茂] 因果・時間・空間ーーカント第2類推についてーー
[寺田俊郎] カントの実践哲学における法的強制の位置ーー「法論」のパラドックスをめぐってーー
[出口康夫]カントとゼーグナー(上) ーーカント的「構成」の誕生ーー
[山根雄一郎] カントはなぜ「根源的獲得」概念に訴えたのか
[三谷尚澄] 経験論の再生と二つの超越論哲学ーーセラーズとマクダウエルによるカント的直観の受容/変奏をめぐってーー

<論文>

[澤田和範]ヒュームの因果論における必然性の観念について
[Kazuhiro WATANABE] On Goodman’s Reading of Hume : The Old Problem, The New Riddle, and Higher-Order Generalizations
[鄭英昊] 第二類推における継起の二義性
[伊藤遼] ラッセルの置き換え理論と二つのパラドクス
[大川祐矢] 『論理哲学論考』における意味と意義の区別
[君嶋泰明] 初期フライブルク期のハイデガー哲学と意味の段階性
[薄井尚樹] 心理学的原初としての生得性
[呉羽真] 内容外在主義と媒体外在主義
[三木那由他] 個体概念説による固有名の意味論


第37号 別冊(2010)

<サーベイ論文>

[太田和則]プラトン『国家』V巻の「二世界説」問題–知られる世界と思わくされる世界が別個にある?
[竹中利彦]パスカルの護教論における理性の役割–人間の欠陥を示すものとして
[鄭 英昊]『純粋理性批判』第二類推の諸解釈
[伊藤遼]証明論的意味論とその課題
[山田 貴裕]反実在論と「真理値リンク」問題
[山田貴裕]証言の認識論–還元主義と反還元主義
[坂井 賢太郎]分析形而上学における人格の同一性–人格の同一性は何によって担保されるか
[呉羽真]言語起源論と言語の機能–本能説と人工物説
[加地仁保子, 中尾央]人間本性と進化的説明
[加地仁保子]人間行動の進化的説明II–進化心理学と二重継承説
[安井 絢子]ケアとは何か–メイヤロフ、ギリガン、ノディングスにとっての「ケア」
[安井 絢子]ケアの倫理の特異性–正義の倫理との相違点から

<書評>

[鄭 英昊]Eric Watkins, Kant and the Metaphysics of Causality (Cambridge University Press, 2005, xi+451p.)
[鄭 英昊]高山守,『因果論の超克–自由の成立に向け』 (東京大学出版会, 2010, xvi+260頁)
[赤嶺 宏介]Rudolf A. Makkreel, Sebastian Luft (eds.), Neo-Kantianism in Contemporary Philosophy (Indiana University Press, 2010, x+331p.)
[天野 恵美理]安孫子信他,『思想2009年12月号』(岩波書店, 2009, 280頁)
[坂井 賢太朗]Søren,Overgaard, Wittgenstein and Other Minds : Rethinking Subjectivity and Intersubjectivity with Wittgenstein, Levinas, and Husserl (Routledge, 2007, viii+201p.)
[能美 孝啓]Kirk M. Besmer, Merleau-Ponty’s Phenomenology (Continuum, 2007, x+160p.)
[青山 晋也]Ernie Lepore & Kirk Ludwig, Donald Davidson: Meaning, Truth, Language, and Reality (Oxford University Press, 2005, xviii+446p.)
[堀 沙織]Henk W. de Regt et al. (eds.), Scientific Understanding: Philosophical Perspectives (University of Pittsburgh Press, 2009, ix+352p.)
[安井 絢子]品川哲彦,『正義と境を接するもの–責任という原理とケアの倫理』 (ナカニシヤ出版, 2007, xv+325頁)
[坂井 賢太朗]セオドア・サイダー 著, 中山康雄 監訳, 小山虎,斎藤暢人,鈴木生郎 訳,『四次元主義の哲学–持続と時間の存在論』 (春秋社, 2007, ix+437p.)


第37号(2010)

<特別寄稿>

[佐々木能章] ライプニッツのリスク管理
[須藤訓任] 哲学者の揺籃ーーショーペンハウアー母子の旅日記 1803-1804年ーー
[伊藤邦武]ラスキンの藝術経済論(二)

<論文>

[鄭英昊] 『純粋理性批判』第二類推に関する考察
[伊藤遼] ラッセルの置き換え理論とその位置づけ
[青山晋也] Davidsonにおける言語観の変化ーー言語、意味論、言語の話者という視点からーー
[三木那由他] 表現の意味について
[太田紘史] 知識論証に対するタイプA物理主義的応答


第36号(2009)

<特別寄稿>

[西脇与作] 二つのモデルが訴えるものーー知識の新プラグマティスム――
[伊藤邦武]ラスキンの藝術経済論(一)

<論文>

[鄭英昊] 超越論的演繹における所有としての表象
[三宅岳史] 『創造的進化』における生物の機能と形態の問題ーーベルクソンの目的性概念をめぐってーー
[佐々木崇] パースの可謬主義と連続性
[三木那由他] 理性による意味の基礎づけーーグライスにおける意味ーー
[Josha WITTIG] Why It Is Unethical to Apologize: An Examination of Apology and Regret
[呉羽真] 経験の豊かさは何によって測られるべきか?ーー「大いなる錯覚」を巡る議論の含意ーー
[三木那由他] 談話表示理論の展開ーー形式意味論の前線ーー

<サーベイ論文>

[加地仁保子] 人間行動の進化的説明ーー進化心理学と人間行動生態学ーー
[君島泰明] 拡張されたシステムーー認知、心、自己の境界ーー
[大西琢郎] 部分構造論理と論理定項

<書評>

[三木 那由他]Giovanna Cosenza (eds), Paul Grice’s Heritage (Brepols, 2001, 281p.)
[伊藤 遼]Edmund Husserl, Philosophy of Arithmetic: Psychological and logical Investigations with Supplementary Texts from 1887-1901, Translated by Dallas Willard, (Kluwer Academic Publishers, 2003, lxiv+513p.)
[太田 和則]R.M. Dancy, Plato’s Introduction of Forms (Cambridge University Press, 2004, xii+348p.)
[三木 那由他]飯野勝巳,『言語行為と発話解釈–コミュニケーションの哲学に向けて』(勁草書房,2007,xii+312頁)
[君嶋 泰明]Don Ross, David Spurrett, Harold Kincaid, and G. Lynn Stephens (Eds.), Distributed Cognition and the Will: Individual Volition and Social Context (MIT Press, 2007, xiv+369p.)
[BRAILLARD, Pierre-Alain]William C. Wimsatt, Re-engineering philosophy for limited beings (Harvard University Press, 2007, 472p.)
[天野 恵美理]Arthur Melnick, Kant’s Theory of the Self (Routledge, 2009, v+193p.)
[WITTIG, Joshua]Nick Smith, I Was Wrong: The Meanings of Apologies (Cambridge University Press, 2008, 298p)


第35号(2008)

<特別寄稿>

[Atsushi SHIMOJIMA] Sketching Formal Semantics of Graphical Meaning Derivation

<論文>

[稲岡栄次] 「学としての形而上学」とはなにか――「純粋理性の建築術」及び「形而上学の進歩」を手掛りにして――
[児玉斗] ニーチェの実験という隠喩について
[福島裕介] フッサールにおける志向の充実化について
[呉羽真] 生活世界における心――意識の問題と現象学の自然化――
[太田紘史] 現象性へのアクセス

<サーベイ論文>

**** 特集:因果的説明とベイジアンネットワーク****
[佐金武] 因果とは何かをめぐる哲学的論争 (1) ―― D. ルイスの反事実的条件法による分析とその批判――
[山口尚] 因果とは何かをめぐる哲学的論争 (2) ――メンジーズの機能主義とそれに対する批判――
[大塚淳] 哲学者のためのベイジアンネットワーク入門
[北島雄一郎] ベイジアンネットワーク、共通原因、そして因果的マルコフ条件
[渡辺一弘]ベイジアンネットワークと確率の解釈
********
[北口耕平] カントの自己直観と自己認識――それらはどのような意義を持つのか――
[君嶋泰明] 『存在と時間』におけるハイデガーの真理概念――トゥーゲントハットの異議に対する各種応答――
[三木那由他] 言われていることへの二つのアプローチ――折衷的ミニマリズムと文脈主義――
[藤川直也] 直接指示論とフィクションにおける名前
[久木田水生] 表示的意味論
[八杉満利子] 連続体上の計算概念について――再帰関数を超えるもの――
[山口健太郎] 決定不全性問題とその解決法――Mayoの誤謬統計学とLaudanの規範自然主義との連関を通して――

<書評>

[太田 和則]M. James & C. Crabbe (Eds.): From Soul to Self (Routledge, 1999, xi+158p.)
[北口 耕平]内田浩明: 『カントの自我論-理論理性と実践理性の連関』 (京都大学学術出版会, 2005, v+275p.)
[君嶋 泰明]Daniel O. Dahlstrom ;Daniel O.: Heidegger’s Concept of Truth (Cambridge University Press, 2001, v+462p.)
[三木 那由他]Shiobhan Chapman: Paul Grice, Philosopher and Linguist (Palgrave Macmillan, 2005, viii+247p.)
[福島 裕介]Richard Tieszen: Phenomenology, Logic, and the Philosophy of Mathematics (Cambridge University Press, 2005, x+357p.)
[呉羽 真]Dan Lloyd: Radiant Cool―A Novel Theory of Consciousness (MIT Press, 2004, xvii+357p.)
[中尾 央]N. Henrich and J. Henrich: Why Humans Cooperate: A Cultural and Evolutionary Explanation (New York: Oxford University Press, 2007, 267p.)
[佐金 武]Craig Bourne: A Future for Presentism (Clarendon Press, 2006, xiii+242 p.)
[佐金 武]入不二基義: 『時間と絶対と相対と』(勁草書房, 2007, 291p.)


第34号(2007)

<特別寄稿>

[森秀樹] 声と言葉

<論文>

[渡辺一弘] ヒュームの「理性に関する懐疑論」について
[佐金武] マクタガートに対していかに応答するべきか――ダイナミックな時間論を擁護して――
[三谷尚澄] コミットメントに基づく規範性理解の構造―― R. ブランダムによる推論主義のプログラムをめぐって――

<サーベイ論文>

[金田明子] 状況意味論によるパラドクスの分析――真理のパラドクスへの文脈鋭敏性アプローチ――
[北島雄一郎] ライヘンバッハの共通原因原理
[小草泰] 二次元可能世界意味論の展開 (1) ――初期の二次元意味論――
[佐金武] 二次元可能世界意味論の展開 (2) ――チャルマーズとジャクソンの認識的二次元主義――
[藤川直也] 二次元可能世界意味論の展開 (3) ――認識的二次元主義に対する批判的応答――
[太田紘史] 意識の表象理論

<書評>

[浮穴 智子] 福居純『スピノザ『エチカ』の研究–『エチカ』読解入門』 (知泉書館, 2002, xii+554p.)
[呉羽 真]J. Petitot, F. J. Varela, B. Pachoud, J. Roy, (eds.): Naturalizing Phenomenology: Issues in Contemporary Phenomenology and Cognitive Science (Stanford University Press, 1999, xxi+640p.)
[佐金 武]Oaklander, L. Nathan: The Ontology of Time (Prometheus Books, 2004, 366p.)
[三木 那由他]中山康雄:『言葉と心』(勁草書房, 2007, xiv+227p.)


第33号(2006)

<特別寄稿>

[山脇雅夫] 対話としての吟味――『精神の現象学』における「外」の問題――
[久米暁] 内的懐疑論の懐疑的解決――渡邊氏の書評に応えながら――

<論文>

[Seishu Nishimura] Diagnostic Approach to Cartesian Skepticism –A Debate between Williams and Stroud–
[大西琢朗] フレーゲの論理主義と数の存在論
[槙原千尋] 真理のデフレ論者としてのラムジー
[佐金武] チャーマーズの「意識しない心」について――思考可能性と意識の不在をめぐる問い――
[太田紘史] 経験科学における多重実現可能性と多様性分析

<サーベイ論文>

[北島雄一郎] 認識論的構造実在主義と存在論的構造実在主義
[久木田水生] 帰納論理プログラミング
[大塚淳] 生物学における機能説明
[佐金武] マクタガートの遺産――現代時間論のバトルライン
[池田真治] ライプニッツの無限小概念――最近の議論を中心に――

<書評>


第32号(2005)

<特別寄稿>

[伊勢俊彦]印象と表象――情念と徳から接続的対象へ――
[浅沼光樹]一つの反省哲学――西田哲学の形成とカント主義――

<論文>

[大塚淳] スピノザ『エチカ』における目的論とコナトゥス
[三谷尚澄] 自律を通じた価値の構成について――カント的義務の理論を擁護する試み――
[久木田水生] ラッセルの記述の理論とタイプ理論の関係について
[山倉裕介] 発話と意思疎通――メルローポンティにおける言葉の問題――
[藤川直也] 固有名の指示について――社会的規約、対象の同定、記述――

<サーベイ論文>

[池田真治] 前期ライプニッツにおける連続性概念の変遷
[佐金武] クリプキ以後の様相的認識論――思考可能なものは成立可能か?――
[薄井尚樹] シミュレーション説について

<書評>


第31号(2004)

[竹中利彦] デカルトの「高邁」の徳と人間の一性
[三原就平] ロックの自然神学
[枝村祥平] 形象的思惟を超えた知性と微分算――ライプニッツの発見の契機――
[池田真治] ライプニッツの無限論と「連続体の迷宮」
[三宅岳史] ベルクソン『試論』における力の概念
[大伴慎吾] 『論考』の「対象」と色排除問題
[槙原千尋] 後期ウィトゲンシュタインの真理論
[山倉裕介] メルロ‐ポンティの知覚論の射程

<特別寄稿>

[松田毅] 認識論的実在論――懐疑論と認識論の将来に関するウイリアムズの診断――


第30号(2003)

[折橋康雄] 教育と哲学――モンテーニュ「教育論」に於ける哲学の意義をめぐって――
[枝村祥平] 関係的述語と実在的関係――ライプニッツ哲学における個体と個体概念をめぐって――
[沢崎壮宏] 哲学者のパラドックス――ディドロの唯物論あるいは人間学――
[次田憲和] 無限の痕跡――超現象学の試み――
[佐藤慶太] 歴史における他者の不在――ヤスパースとハイデッガーにおける「歴史性」概念をめぐって――
[佐々木崇] 論理的真理に関するクワインの議論の検討
[薄井尚樹] クワインの自然主義

<特別寄稿>

[中山康雄] 志向性と社会の成立


第29号(2002)

[枝村祥平] モナドロジーの二つのアスペクト――ベールによるライプニッツ批判を通じて――
[長田蔵人] アンチノミーと充足理由律の問題
[三宅岳史] ベルクソン哲学における言語の消極性と積極性
[折橋康雄] 適用と実践哲学――ガダマーに於ける解釈学的適用の概念について――
[佐々木崇] パースに対するクワインの批判の検討
[浅沼光樹] 哲学のへりくだり――G・B・マシューズの〈子供の哲学〉について

<特別寄稿>

[出口康夫] スコーレムの有限主義


第28号(2001)

[石田真衣子] 「第六省察」における感覚の再考察の意味――感覚知覚の不明瞭さと知性の確実性――
[柴田健志] 『エチカ』における「第二種の認識」――現代フランスにおけるスピノザ研究の一段面――
[小川貴史] 意識の自然性――『精神現象学』「理性」章における意識から精神への転換をめぐって――
[佐々木崇] 「二つのドグマ」における分析性の問題
[安本英奈] 行為遂行的発言の特殊性

<特別寄稿>

[伊藤邦武] ヒュームの確率論

<特集>カント文献紹介


第27号(2000)

[久米暁] ヒュームの懐疑論と彼によるその解消
[千葉清史] 『純粋理性批判』における現象概念について――“経験的実在論を可能ならしめる対象概念”という観点からの考察――
[三谷尚澄] 「実用的世間知」と「定言命法」――カント哲学の「多元主義」的側面――
[小川貴史] 直接性・媒介性・二重性――ヘーゲル『精神現象学』における、「自己意識」から「理性」への移行の、分析的解明
[アンドレア・レオナルディ] 善の研究における神
[久木田水生] 無限と再帰
[松本祐史] 倫理学の二つの区分について――「他者」依存型倫理と「絶対」依存型倫理
[山田健二] エンジニアのジレンマ

<特別寄稿>

[福谷茂] イタリアで見たこと、考えたこと


第26号(1999)

[西村正秀] ロックの観念がもつ存在論的身分――アルノーの観念との比較的考察
[斎藤稔章] 「人倫性」としての人間的自然――『人倫の体系』に於ける人倫的統体の構成
[松本祐史] ニーチェにおける存在論的真理と倫理
[次田憲和] 超越論的方法の存在論的意義
[吉田寛] 『論考』における「私の言語」と「私の世界」
[アンドレア・レオナルディ] 純粋経験の形而上学と主観主義――西田の自己考察を手がかりとして

<特別寄稿>

[浜野研三] 潜在的能力から共通の運命へ


第25号(1998)

[沢崎壮宏] デカルトにおける方法論と形而上学
[竹中利彦] 蜜蝋の分析とデカルトの物体概念
[柴田健志] スピノザのエチカにおける「共通概念」の位置づけ――コミュニケーション能力としての理性について
[斎藤稔章] 「否定的なもの」としての人間的自然――『人倫の体系』に於ける「犯罪」の必然性
[山田健二] 述語が何であるかについて
[増田玲一郎] 可能世界の現実性


第24号(1997)

[沢崎壮宏] 思惟の様態としての感覚
[柴田健志] ライプニッツの自然学における「力」の概念
[久米暁] 人格の同一性についてのヒュームによる再考
[斎藤稔章] 「関係」としての人間的自然――『人倫の体系』第一部の位置
[菊地建至] 悲劇的な生と知――ニーチェ『悲劇の誕生』におけるアポロン的な仮象感覚の意義をめぐって
[橋本康二] ラッセルの最初の真理論
[羽地亮] 痛みの分析
[関水克亮] 現象論は何事かを語り得ているのか
[増田玲一郎] 条件文の意味

<特別寄稿>

[薗田坦] 無底と意志――J.ベーメの意志―形而上学の輪郭


第23号(1996)

[浅沼光樹] シェリングにおける神と自然過程
[斎藤稔章] 民族精神と人間的自然――ヘーゲルの「歴史の発見」
[樋口善郎] ヘーゲルにおける懐疑主義の克服
[竹島尚仁] 対自的存在と本質――ヘーゲル『論理学』存在論における反省と反省規定
[次田憲和] 感覚と身体――現象学的分析とその超越論的意義
[羽地亮] ウィトゲンシュタインにおける規準概念の形成過程――「文法と事実の区別」に寄せて

<特別寄稿>

[山形頼洋] アンリの身体論――内在の概念とキネステーゼ


第22号(1995)

リポジトリへのリンク22

[斎藤稔章] 精神の自然の権利としての人倫――ヘーゲルの最初の「精神哲学」に於ける意識と人倫
[折橋康雄] 天才と狂気――ディルタイに於ける芸術的構想力と狂気の問題をめぐって
[森秀樹] 倫理的同の構造――『全体性と無限』において
[次田憲和] 志向性の論理
[岩崎豪人] 意識についての哲学的アプローチ
[副島猛] On the Principle of Compositionality
[白旗優] 活動と意味

<特別寄稿>

[小林道夫] 近代における自然哲学の展開――物理学と宇宙論との関係を中心に


第21号(1994)

[濱岡剛] 定義と質料――アリストテレス『形而上学』における dimon (獅子鼻)問題をめぐって
[山下和也] カントの自由論――超越論的自由と実践的自由
[蔵田伸雄] カントの格率倫理学――カントの『道徳形而上学の基礎づけ』に関する一考察
[樋口善郎] シュライエルマッハーの解釈学における循環の問題
[竹島尚仁] 仮象の存在性格と二元論――ヘーゲル『論理学』本質論の一研究
[小川清次] ヘーゲルの「陪審裁判制」論――三月前期陪審裁判制要求運動との連関において
[布施伸生] 故郷世界と異郷世界の関係ダイナミックス――フッサールの生活世界論における目的論と事実性
[山本與志隆] 世界と死について――ハイデッガーの思惟を手掛かりにして
[副島猛] 直接指示説の一つの帰結――信念文におけるクリプキのパズルについて


第20号(1993)

[石田あゆみ] 有限と無限――ヘーゲルのイエーナ前期の問題
[斎藤稔章] 戦争と国家――イエナ時代初期のヘーゲルの戦争論
[橋本武志] 無と存在――前期ハイデッガーの根本思想
[戸島喜代志] 聴取と移行
[橋本康二] クワインによる「分析-総合」区分擁護
[蔵田伸雄] 道徳的葛藤と道徳判断の普遍化可能性――ウィンチの「道徳判断の普遍化可能性」に関する一考察

<特集>ウィトゲンシュタイン文献紹介


第19号(1992)

[赤井清晃] オッカムの論証理論について――アリストテレスの katholou と kath’ auto の解釈をめぐって
[松田克進] デカルトの感覚知覚批判――その三つの側面
[山脇雅夫] 反省と判断――ヘーゲル『大論理学』についての一試論
[伊藤均] フッサール現象学における習性と自我の問題
[戸島喜代志] 『存在と時間』における「不安」の概念
[山本與志隆] 存在と言葉の相即――ハイデガーの思惟を手掛かりにして
[吉本浩和] ハイデッガーにおける「形而上学の克服」
[橋本康二] 物理主義的真理論とは何か――フィールドのタルスキ批判をめぐって

<特別寄稿>

[伊藤邦武] パットナムの機能主義批判――読書ノート: Hilary Putnam, Representation and Reality, The MIT Press, 1988


第18号(1991)

[岩崎豪人] 知覚ともの――ヒューム哲学を手掛かりに
[太田伸一] カントの空間論
[寺田俊郎] 人間の絶対的価値について――カントのいう「目的それ自体」に関する一考察
[斎藤稔章] 人倫的自然の真実の権利
[布施伸生] 意味の枠――フッサールの本質看取について

<特別企画>ウィルソン教授インタヴュー


第17号(1990)

[武藤整司] デカルトの認識論における洗練の過程
[松田克進] 人間の行動の動機づけに関するスピノザの見解
[寺田俊郎] カントのいう道徳的なよさの検討
[斎藤稔章] 『ドイツ憲法論』の国家と社会
[樋口善郎] ヘーゲル哲学に於ける自己意識の問題性――『精神の現象学』を手掛かりにして
[松雄宣昭] フッサールに於ける二重の意識概念の批判的検討
[森秀樹] 近代批判の条件――「神話」を超える秩序形成の可能性をめぐって
[吉本浩和] 空間と存在――ハイデッガーを手掛かりとして
[中釜浩一] 現代時空論と不完全決定性の問題
[鬼界彰夫] 行為としての認識について

<特集>文献紹介――こころの哲学


第16号(1989)

[濱岡剛] 探求の出発点としてのバイノメナ――アリストテレス『ニコマコス倫理学』の場合
[太田伸一] 『純粋理性批判』における概念と判断
[竹山重光] カントにおける体系的統一の理念について
[斎藤稔章] 人間的自然の真実の権利――チュービンゲン・ベルン時代のヘーゲル
[田中茂樹] ヘーゲル『法の哲学』における「意志」論――自由と自然をめぐって

<特集>カント文献紹介


第15号(1988)

[石川徹] ヒュームの信念の理論について
[白石裕巳] カントの「感性」についての教説――時空論の根底にあるもの
[子野日俊夫] 『純粋理性批判』における、判断の二つの定義
[中敬夫] 後期メルロ=ポンティに於ける「無―差別」――<<見えるものと見えないもの>>の批判的検討
[染田靖] 不確定性と不完全決定性――翻訳の不確定性のテーゼの一解釈

<特集>デカルト文献紹介


第14号(1987)

[伊勢俊彦] ヒュームの知識論における自然な信念から学知への道程
[米田和夫] 「学」の成立についての一考察――『純粋理性批判』を手引きにして
[池田洋] 『純粋理性批判』における数学的認識の可能性について
[山本精一] カント実践哲学のおける「尊敬」の感情について――人間的意思への覚書
[佐野之人] ヘーゲル、青年時代の理想の実現としての『精神現象学』
[野村直正] 見るものと見えるもの――メルロ=ポンティの chair をめぐって

<特集>ヒューム文献紹介


第13号(1986)

[倉田隆] デカルトにおける「枚挙」について――『規則論』規則 VII の検討
[松田京三] カントの空間論に於ける不一致対称物 (inkongruentes Gegenstuck) について――カントの空間論の一考察
[品川哲彦] 個体について――フッサールを手がかりとして
[中釜浩一] できごとと対象――ホワイトヘッド科学哲学の中心概念
[中敬夫] 創造の根源としての創造しないもの――ミシェル・アンリの超越批判をめぐって


第12号(1985)

[伊勢俊彦] ヒュームにおける対象同定の問題
[犬竹正幸] 『純粋理性批判』における図式論の意義
[望月俊孝] カント哲学における自然と自由との間
[鼓澄治] ヘーゲル『論理学』(第一版、第二版)における元初 (Anfang) の問題
[佐野之人] ヘーゲル『大論理学』「元初論」研究―― AB 両版の比較検討を通じて
[加藤恵介] 時間と図式――ハイデガーの時間性に於ける問題


第11号(1984)

[安藤正人] デカルトにおける「情念」の規定
[鬼界彰夫] 過程と選択――存在の基底としてのモナド過程について
[石川徹] 因果性と帰納法――ヒューム哲学における
[木岡信夫] 瞬間・同時性・持続――ベルクソン行為的時間
[松田毅] フッサールにおける間主観性の現象学――他者認識と知の客観性の根拠
[宮原勇] 『論理学研究』における普遍認識の問題
[伊藤徹] ハイデッガーの歴史経験
[木曾好能] ホッブズの道徳哲学――読書ノート


第10号(1983)

[梁吉貴] 認識の階層構造について
[中村治] トマスにおける認識の構造について
[須藤訓任] 観想から自律へ――批判期前カントの人間観
[松田京三] カントに於ける空虚な空間の否定――カントの空間論への一考察
[犬竹正幸] カント『第一批判』における Realitat と可能性について
[小林富美子] カントの倫理学におけるア・プリオリな総合命題の可能性について
[吉田明] ヘーゲル精神現象学における理性、精神、法
[渡部菊郎] 真理的総合と時――ハイデッガー『カント書』の解釈の試み
[清水大介] 後期ハイデッガーに於ける有それ自身と有るもの
[野村直正] 行動概念の検討――メルロ=ポンティの構造の哲学
[梅原猛] 哲学するということ――日本原文化への問い


第9号(1982)

[安孫子信] 「コギト・エルゴ・スム」の一解釈
[酒井潔] Productio と Sequentia ――スピノザの場合
[大塚賢司] ロックにおける観念と実在
[吉田修] 『純粋理性批判』の叙述方法とその前提
[鼓澄治] 哲学とスケプティチスムス――ヘーゲルの echter Skeptizismus
[圓増治之] 哲学における「勇気」――ニーチェの場合
[田村均] 現象主義の検討
[レオ・ガブリエル](山下一道訳) 統合的思惟のゲシュタルトと構造


第8号(1981)

[中島英司] デカルトの感覚知覚論
[平松希伊子] 空虚な空間をめぐって――デカルトとロック
[鬼界彰夫] 代数的精神――ライプニッツにおける認識と方法
[斎藤了文] カント哲学におけるアプリオリについて
[美濃正] 「経験の第二の類推」についての覚書
[竹田浩一] アクチュアル・エンティティの生態と矛盾
[辻村公一] Ereignis und Shoki(性起)―― Heideggers Denken inder Begegnung mit dem Buddhismus


第7号(1980)

[伊藤邦武] パースの記号論的認識論
[宗像恵] ライプニッツの物体論
[阿部未来] 理念性の構成
[冨田恭彦] 「対象」の問題――フレーゲの見解をめぐって
[高田珠樹] 解釈の創造性をめぐって――ハイデッガーとロムバッハの場合
[向井久] ヘーゲルにおける形成と承認


第6号(1979)

[小林道夫] デカルトにおける近代自然観の成立とその形而上学的背景序論
[児玉正幸] ニヒリズムとニーチェの三概念
[美濃正] カントの第一の二律背反について
[浜野研三] Hard-headed Materialism について
[魚住洋一] フッサールにおける現象概念


第5号(1978)

[伊藤邦武] 『論理哲学論考』における「思考」と「自我」の規定
[北岡武司] カントの超越論的自由
[宗像恵] ライプニッツにおける偶然性の問題
[阿部未来] 生活世界の問題
[中山善樹] ハイデッガーの根本問題(続)
[岩熊幸男] ライプニッツの内包論理―― Generales Inquisitiones の一解釈


第4号(1977)

[山田弘明] 「クレルスリエ宛のデカルトの書簡 (1646 年 1 月 12 日付)」の訳解
[長岡成夫] ヒュームの「道徳感 (moral sense)」
[藤田正勝] イエナのヘーゲルと「精神現象学」
[竹内亨] ハイデッガーに於ける真性の問題(続)
[中山善樹] ハイデッガーの根本問題


第3号(1976)

[竹内亨] ハイデッガーに於ける真性の問題
[権八哲明] Rede-<有と時>-に於ける言葉の問題
[塚本正明] ディルタイにおける「相対性」の論理的基礎構造
[亀山純生] フォイエルバッハ『キリスト教の本質』における「人間の本質」
[中岡成文] 若きヘーゲルの書物における人格・静安・記憶等のモチーフ
[牧野広義] ヘーゲル論理学における矛盾論


第2号(1975)(品切れ)

[小川侃] 嘔気――現象学的存在論的探求(その1)
[中山善樹] 前期ハイデッガーに於ける「有」と「時」の概念に関して
[入江重吉] ヘーゲルの目的論――その主題と基本的視座
[種村完司] 理念と客観的真理
[山下一道] 純粋理性批判における人間認識の超越論的構造
[河野勝彦] デカルトと数学


第1号(1973)(品切れ)

[野田又夫] 日本思想史の一般的特徴
[小川侃] シェリング後期哲学の方法および立場
[塚本正明] ディルタイにおける「体験」について
[小浜善信] アウグスティヌス「三体一体論」の imago Dei
[中沢義和] ベルグソン試論
[尾関周二] ヘーゲルの「概念」について
[岩本光悦] 有の有限性
[碓井敏正] マルブランシュの認識論
[向井俊彦] ヘーゲルによる分析的方法と総合的方法の批判について
[溝口宏平] ハイデッガーに於ける有の問と歴史
[小林道夫] フッサールの現象学的反省の二面性の問題


京都大学哲学研究室

トップページへ戻る