太田紘史 心の哲学/神経科学の哲学


日本学術振興会特別研究員DC 2008-2011
日本学術振興会特別研究員PD 2011-

※2011年4月より東大駒場に所属しています:
東京大学 UTCP
東京大学 総合文化研究科 科学史・科学哲学研究室


主要業績

  • 太田紘史(submitted)「知識論証に対するタイプA物理主義的応答」
  • 太田紘史・佐金武(submitted)「意識経験の現象的統一――表象主義的アプローチとその問題」
  • 太田紘史・山口尚(submitted)「反機能主義者であるとはどのようなことか」
  • 太田紘史(forthcoming)「理論間還元と機能主義」
  • 太田紘史(forthcoming)「高階思考と質的意識」(『哲学研究』, 第589号)
  • 太田紘史(2009)「身体知覚はいつ感情になるのか?――視覚意識と情動意識の中間レベル説に対する疑問」(Prospectus, 12, pp. 17-31)
  • 太田紘史・佐金武(2009)「(書評)Barry Dainton Stream of Consciousnesss: Unity and Continuity of Cosncious Experience」(Prospectus, 12, pp. 106-118.)
  • Ota, K. (2009) ‘How Not To Find the Boundary of NCC’ (National Institute of Physiological Sciences International Workshop for Scientific Study of Consciousness, 19-20th September, Okazaki, Japan)
  • Ota, K. (2009) ‘Cartesian Materialism in Neural Studies of Consciousness’ (Annual Conference of Australasian Association of Philosophy, 7th July, 2009, Melbourne, Australia)
  • Ota, K. (2009) ‘’Theorization and Attribution of Consciousness’ (CUNY Cognitive Science Symposium, 13th March, 2009, New York, USA)
  • 太田紘史・大塚淳・田中泉史・中尾央・西村正秀・藤川直也 共訳 (2009) キム・ステレルニー、ポール・グリフィス著『セックス・アンド・デス―生物学の哲学への招待』(春秋社)
  • 太田紘史(2008)「現象性へのアクセス」(『哲学論叢』, 第35号, pp.)
  • 太田紘史(2007)「意識の表象理論」(『哲学論叢』, 第34号, pp. 102-113)