講義案内

 

 

時間割(令和二年前期)

特殊講義
矢木
特殊講義
古松
特殊講義
高嶋
特殊講義
岩井
特殊講義
石川
特殊講義
山崎
特殊講義
特殊講義
宮宅
演習III
高嶋
特殊講義
浅原
特殊講義
江田
演習I
吉本
特殊講義
太田
特殊講義
中砂
特殊講義
吉本
特殊講義
承志
演習
村上
演習
中砂
演習II
中砂
演習
吉本
集中 講義
松村

 

※(学部)は学部生のみ、(院)は原則大学院生のみの科目。

講義内容【特殊講義】

宮宅潔 中国古代制度史と出土文字史料

(授業の概要・目的)
近年中国古代史の研究に大きな影響を与えている新出史料、すなわち竹簡・木簡史料について概説する。出土地域ごとに発見史をたどりながら、主要な竹簡・木簡群を紹介し、それが歴史研究、特に制度史研究に与えたインパクトについて講義する。

(授業計画と内容)
1.ガイダンス
2.中国簡牘史料の発見史
3.楚簡の概観
4.秦簡の概観
5.墓葬出土漢簡の概観
6.辺境出土漢簡の概観

初回のガイダンスの後、各単元を2~3回に分けて講義する。

石川禎浩 中国共産党の100年

(授業の概要・目的)
1920年代初頭に誕生した中国共産党は、きたる2021年に結党100周年を迎える。この間、コミンテルン指導下の革命政党から独立した巨大執政党へと大きく変貌し、その影響力がグローバルなものになる中、この党の100年の歩みを振り返り、党の組成や特性、および中国現代史に与えた影響について概説する。

(授業計画と内容)
1. ガイダンス
2. 中国における社会主義思想の伝播(1910年代まで)
3. 中国共産党の結成と初期の活動(1920年代前期)
4. 国共合作の開始と国民革命の展開(1920年代中期)
5. 国共合作崩壊後の農村革命(1920年代後期)
6. 中国共産党とコミンテルン
7. 中華ソヴィエト共和国の興亡(1930年代前期)
8. 農村革命根拠地の崩壊と長征(1930年代中期)
9. 陝北への移動と抗日統一戦線政策(1930年代後期)
10. 西安事変(1936年)
11. 抗日戦争と第二次国共合作
12. 延安整風運動と毛沢東の指導権(1940年代前期)
13. 抗日戦争の終結と国共内戦の開始(1940年中期)
14. 国共内戦の帰趨と中華人民共和国の成立(1940年代後期)
15. フィードバック

高嶋航 満洲とスポーツ

(授業の概要・目的)
満洲(現在の中国東北地区)は、これまでスポーツ研究では看過されてきた地域である。しかし、満洲は日本を考えるうえでも、中国を考えるうえでも、さらには東アジアを考えるうえでも重要な地域である。なぜならそこでは、日本(朝鮮を含む)と中国が併存し、対立し、混交するなかでスポーツが発達してきたからである。
本講義では、日本、中国、朝鮮の状況を踏まえつつ、戦前および戦時中の満洲におけるスポーツの概要と、個別の興味深い問題について論じる。

(授業計画と内容)
以下の各項目について講述する。各項目の講義の順序は固定したものではなく、担当者の講義方針と受講者の背景や理解の状況に応じて、講義担当者が適切に決める。
1-2回 近代日本のスポーツと帝国主義
3回 満洲におけるスポーツの始まり
4-5回 満洲と野球
6回 満鉄とスポーツ
7回 満洲スポーツの父岡部平太
8回 満洲とスケート
9回 満洲の軍隊とスポーツ
10回 満洲と甲子園
11回 満洲におけるスポーツの組織化
12回 満洲での日中スポーツ交流
13回 満洲スポーツマン列伝
14回 満洲と明治神宮大会
15回 満洲国と「国際」スポーツ

中砂明徳 1600年前後のポルトガル領インド

(授業の概要・目的)
本授業では、長年インドに滞在した経験を有するディオゴ・デ・コウトの『アジア史十巻書その十二』とイエズス会士フェルナン・ゲレイロの『東インド諸地方におけるイエズス会士の事業の年次報告集』を読解する。両書はともに、1600年前後のポルトガル領インドを概観した歴史書となっており、ポルトガル人の目を通じてという限界を有しながらも、当時のアジア全体の状況を並行的に観察する素材たりうる。
二書の解読を通じて、東アフリカから日本に及ぶポルトガル人と現地勢力の聖俗両面での交渉を俯瞰したい。

(授業計画と内容)
1、本授業の位置づけ
2、バロスとコウトによる『アジア史』シリーズの概観
3、コウト1、アフリカ・インド
4、コウト2、ゴア大司教の活動
5、コウト3、南インド情勢
6、コウト4、ペグー・日本
7、ゲレイロ『イエズス会士事業報告』の全体構成
8、日本
9、中国
9 モルッカ
10、ベンガル・ペグー
11、南東インド
12、南西インド
13、ムガル
14、エチオピア
15、フィードバック

山崎岳 倭寇と東アジア

(授業の概要・目的)
13世紀から17世紀まで朝鮮や中国の史料に現れる「倭寇」について、東洋史の立場からさまざまな角度で検討し、その社会的背景に踏みこみつつ解説する。

(授業計画と内容)
第1回 導論
第2回 海と環境
第3回 元末明初の倭寇問題
第4回 洪武帝と明初の対日関係
第5回 永楽年間の海洋政策
第6回 長江下流域の紛争と秩序
第7回 宋素卿と寧波倭乱
第8回 最後の遣明船
第9回 明代中期の海禁と密貿易
第10回 甓餘雑集に見る海
第11回 胡宗憲と籌海図編
第12回 王直と徐海
第13回 明末海寇の諸相
第14回 豊臣秀吉の朝鮮出兵
第15回 総括

浅原達郎 中国古代の暦(年と月と日)

(授業の概要・目的)
中国古代の年と月と日がどうなっていたかを考える。

(授業計画と内容)
「××の年の××の月の××の日に,……」と書いてあったら,それはいつを指しているのか。中国古代のことを研究しているものにとっては,これがとてもむずかしい。なぜむずかしいかというと,基本的には資料が足りないのが原因だが,それに加えて,天文学の知識がすこし必要であることと,とくに発掘などで出土した新しい資料をあつかわなければならないことがある。講師自身は天文学にはしろうとであるが,しろうとなりに勉強してきてわかったことを,話したい。
第1回 講義の概要,暦法とは
第2~3回 日を数える(干支で日を表わす方法 ユリウス通日との関係)
第4~6回 年を分ける(春夏秋冬とは 二十四節気 黄道を分ける星座の中国版)
第7~9回 日を分ける(時刻制度 定時法と不定時法 十二時制・十六時制)
第10~12回 月を分ける(月と日の関係 月相を表わすことば 月の大小)
第13~15回 月を数える(月と年の関係 正月の決め方 斗建と三正)
 なお,年を数える(干支で年を表わす方法 その起源である歳星紀年法)は後期に。

吉本道雅 先秦時代の国家と社会

(授業の概要・目的)
秦始皇帝の天下統一(前221)以後、清朝宣統帝の退位(1912)に至るまでの2000年余り、中国においては、英語圏でImperial Chinaと称される皇帝を頂点とする専制国家が持続した。本講義では、専制国家出現以前の中国史の推移を政治社会秩序のありかたを中心に概観する。在来文献に加えて、最新の出土文字資料・考古学的資料にも随時言及する。

(授業計画と内容)
以下の項目を逐次論ずる。
第1回     序論;東洋史と中国史、東洋史の時代区分
第2回・第3回 国家の出現;(1)新石器時代、(2)二里頭文化、(3)殷王朝
第4回~第7回 西周;(1)西周前期、(2)西周中・後期
第8回~第11回 春秋;(1)東遷期、(2)春秋前期、(3)春秋中期、(4)春秋後期
第12回~第15回 戦国;(1)戦国前期、(2)戦国中期、(3)戦国後期

*フィードバック方法は授業中に説明する。

古松崇志 中国石刻史料の研究

(授業の概要・目的)
中国史研究において、石刻史料はきわめて重要な史料群である。本講義では、中国本土およびその周辺の石刻史料を取り上げ、歴史研究に利用するための手法を、実際に受講生が史料(京都大学人文科学研究所所蔵の拓本実物を含む)を読み解きながら学んでいく。

1.ガイダンス(1回)
2.石刻学・石刻研究史の概観(2~3回)
3.石刻史料へのアクセス(伝統的な石刻文献を含めた典籍文献、新出史料集、ウェブ上のデータベースなど)概観(2~3回)
4.石刻史料釈読(7~9回)
5.まとめ(1回)

※釈読する石刻史料は、担当者の専門分野の契丹(遼)・宋・金・元(モンゴル帝国)時代のものを中心に取り上げる予定だが、適宜受講生の関心に応じた史料を読むことも検討している。また、担当者が勤務する京都大学人文科学研究所所蔵の拓本を実見する機会を設けるほか、できるだけ拓影(拓本の写真)のあるものを用いるが、典籍文献(伝統的な石刻文献や地方志、文集など)のみに載せられているものも適宜取り上げる。
※基本的に以上の予定にしたがって講義を進めるが、回数など変更の可能性があることに留意されたい。

辻正博 隋唐王朝の政治制度

(授業の概要・目的)
古代日本にも多様な形で影響を与えた隋唐王朝の政治制度については、これまで膨大な研究の蓄積がある。この講義では、北朝末から唐代前期までの政治制度について、政治史の動向にも目を配りつつ、概観する。ともすれば、静的なイメージで捉えられがちなこの時代の政治制度が、大きな変貌を遂げていることを改めて認識していただければと思う。

(授業計画と内容)
以下のテーマについて、およそ2~3週を目途に講義を進める。
 なお、初回授業(ガイダンス)時に、学期の授業計画および講義で必要される諸事項について説明を行うので、必ず出席すること。
1.隋王朝の政治制度
(1)文帝の時代と政治制度
(2)煬帝による制度変革―中華統一を承けて
2.唐王朝の政治制度
(1)王朝の成立事情と隋制の継承
(2)制度の骨格―太宗・高宗朝
3.武周王朝における制度変革
4.玄宗による制度の再整備―復古と改革
まとめとフィードバック

江田憲治 

(授業の概要・目的)
本講義では、中国近現代、とくに共産党史を対象領域とし、その理論闘争の歴史、それが現代の社会状況といかなる連続性を持つのかについて考察する。
 中国共産党の歴史過程について史料と研究にもとづいた批判的理解を可能にすることが目的である。
 なお、講義形式の授業のほか、適宜、受講者が従来の研究論文を要約して受講者が報告する発表形式の授業をも行う。

(授業計画と内容)
第1回 ガイダンス――中国共産党史と「理論」
第2回 中国社会主義の源流――五・四上海ストライキとアナルコ・サンジカリズム
第3回 陳独秀の社会主義受容とアナボル論争(1)
第4回 陳独秀の社会主義受容とアナボル論争(2)
第5回 中国国民革命論の展開――瞿秋白の「一回革命論」の問題性
第6回 中国共産党史へのスターリン主義の登場――瞿秋白の例
第7回 中国共産党史の党内抗争(1)――糾弾用語としての「路線」の登場
第8回 中国共産党史の党内抗争(2)――党内粛清と毛沢東独裁
第9回 中国共産党史における都市と農村(1)――「都市中心論」は存在したか?
第10回 中国共産党史における都市と農村(2)――李立三と毛沢東の戦略
第11回 中国共産党の党内民主――意思決定における論争を中心に
第12回 中国革命におけるトロツキズム運動――陳独秀の思想と行動
第13回 陳独秀の「最後の見解」をめぐって
第14回 中国共産党理論闘争史序説
第15回 中国共産党理論闘争史総括

太田出 中国近世の訴訟と地域社会

(授業の概要・目的)
明清時代を対象とする中国近世の法制史研究では、近年、地域社会において実は訴訟を起こすこと自体がかなり身近なものであり、「健訟」(盛んに訴訟を行う)と呼ばれるような状況が現出していたことが明らかにされている。本講義では、明清時代の裁判機構、法典、裁判文書について概要を説明した後、明清時代の裁判の性格をめぐる議論を整理しながら、地域社会の秩序形成を紛争と調停、判決の性格といった視点から捉えなおしてみる。史料としては、基本法典のほか、行政最末端の地方官庁レヴェルの裁判史料、さらに司法官が自らの名裁きを誇示するために出版した判決集=判牘を用いることにする。

(授業計画と内容)
第1回:ガイダンス
第2回:明清時代の裁判機構
第3回:明清時代の法典
第4回:明清時代の裁判文書(一)──中央档案と地方档案
第5回:明清時代の裁判文書(二)──判牘
第6回:明清時代の紛争と調停
第7回:明清時代の判決の性格
第8回:明清時代の人々にとって訴訟はどれぐらい身近なものだったか?
第9回:誰が訴状を書いたか?──代書
第10回:当時、弁護士はいたか?──訟師
第11回:訴訟関係者はどのようにして呼び出されたか?──胥吏・衙役
第12回:訴訟関係者はどこに宿泊したか──歇家
第13回:州県行政から見た裁判と徴税
第14回:明清時代の訴訟と地域社会
第15回:フィードバック

承志 マンジュ語『内国史院档』の研究

(授業の概要・目的)
マンジュ語『内国史院档』は、ダイチン=グルンの成立の歴史を研究する上で最も重要な原典史料であり、ジュシェン(女真)人のマンチュリア支配から中国本土支配への移行期の歴史を正確に把握するためにも必読の基本史料である。この授業では、マンジュ語の原典に基づいて文献解説と講読を行う。初回の授業では世界におけるマンジュ語史料の保存状況と研究の実態、必要な辞典類・目録・索引・史料集および主なマンジュ語史料のデジタルデータなどを紹介する。最終回ではまとめを行う。2-13回の授業では史料の読解、参加者との質疑・討論を行う。

(授業計画と内容)
第1回 イントロダクション
第2回 『内国史院档』の研究史とその内容
第3回~14回 『内国史院档』の読解
第15回 まとめ

矢木毅 朝鮮史詳説(中世篇1)

(授業の概要・目的)
朝鮮半島に成立した高麗国(918~1392)の歴史を概観し、政治・社会の特質について考察する。漢文史料の読解能力を高めるとともに、東アジア世界(特に中国)の歴史とも関連づけながら朝鮮史の理解を深めることを目的とする。

(授業計画と内容)
第1講 高麗時代史とその史料
第2講 後三国の動乱
第3、4講 高麗の建国
第5、6講 豪族勢力と王権
第7、8講 高麗と契丹
第9、10講 門閥貴族社会の形成
第11、12講 靖康の変と高麗
第13、14講 門閥貴族社会の動揺
第15講 まとめ(史料講読)

岩井茂樹 近世東アジアの交易と外交 Ⅳ

(授業の概要・目的)
中国が近隣地域と交易するさい、安全保障と徴税の確保のため、官府がこれを管理しようとした。宋代以降の市舶司、清代の海関はこの目的を果たすために設置された。また、周辺の諸国においても、対外交易を管理する制度が整備されていった。この講義では、このような交易制度に関係する資料を読み解きながら、制度変遷の過程を考察する。さまざまな時代の資料についての知識と、それを解読する技能とを高めるとともに、交易の制度や商人の活動、および外交との関わりなどについて、歴史的な理解を深めることを目的とする。
後期の授業では,海禁をめぐる洪武年間の政策、および永楽期の宦官による貿易活動の歴史上の意義、朝貢一元体制の解体の過程などを論じる。

(授業計画と内容)
1.民間貿易の禁止についての議論(第1~2週)
2.海禁の弛緩と広州における課税貿易の制度(第3~6週)
3.倭寇問題と福建の海禁緩和(第7~12週)
4.日本への「通番」(第13~15週)

村松弘一 秦漢時代の環境史

(授業の概要・目的)
本講義の目的は、人間と自然環境の関係史を扱う「環境史」の視点から中国古代史を読み解く方法を具体的な研究事例から提示することにある。「秦漢時代の環境史」を主題とするが、時代は春秋時代から魏晋南北朝時代まで、地域は中国内陸部から黄河下流域、朝鮮半島・日本列島に至るまで幅広い時間と空間を対象とする。テーマとしては、秦都の変遷と環境・開発、咸陽から長安への都市水利の変化、鄭国渠と白渠からみた灌漑水利と環境、秦の始皇帝陵の建設と環境、秦代の森林分布図、漢代の堤防建設、漢代の西方の民族と生業、陂(溜め池)の開発と災害、災害と救済などを取り上げる。

(授業計画と内容)
以下の予定で講義をおこなう。14・15回目ではそれまで理解した「環境史」の方法に基づき、履修者各自の研究課題を環境史的に見るというテーマで発表してもらう。
第1回 ガイダンス―秦漢帝国と環境の歴史
第2回 秦都の変遷と環境・開発①―西垂から周原へ―
第3回 秦都の変遷と環境・開発②―周原から櫟陽・咸陽へ―
第4回 秦漢帝国と都市水利-咸陽から長安へ
第5回 秦の始皇帝陵の建設と環境
第6回 秦漢帝国と灌漑水利―鄭国渠から白渠へ―
第7回 秦代の地図は何を示すか-天水放馬灘秦墓出土木地図の世界
第8回 漢代の堤防建設-香港中文大学蔵「河堤簡」から考える
第9回 漢代の羌胡内徙と生業転換―気候変動と帝国の拡縮―
第10回 魏晋期淮北平原の地域開発―咸寧四年杜預上疏の検討―
第11回 漢代淮北平原の地域開発―陂の建設と澤―
第12回 「塢」から見る朝鮮半島と中国大陸
第13回 漢帝国の災害と救済
第14回 環境史から見る中国史①(発表)
第15回 環境史から見る中国史②(発表)、振り返り

講義内容【演習】

高嶋航 梁啓超『飲冰室合集』選読

(授業の概要・目的)
梁啓超の文集『飲冰室合集』から重要な文章を選読する。

(授業計画と内容)
初回はガイダンスで二回目から読み進める。前期は「自由書」から読む。近代漢文を読解し、日本や西洋の影響を読み取ることを心懸ける。 一五回目はフィードバックとする。

中砂明徳 グローバル・ヒストリーとは何か

(授業の概要・目的)
「グローバル・ヒストリー」の必要性が呼号されるようになってかなりの時間が経ったが、看板はともかくその内実は何なのか、授業担当者自身いまだによくわかっていない。この授業では、日本人3人を含む14人の研究者の論文集 Global History and New Polycentric Approaches: Europe, Asia and the Americas in a World Network System, edited by Manuel Perez Garcia and Lucio de Sousa,2017を読んで、「グローバル・ヒストリーの現在」を確認したい。

(授業計画と内容)
1、趣旨説明
2~14回 1回につき論文1本を取り上げる。
 2、Global History, the Role of Scientific Discovery and the‘Needham Question’: Europe and China in the Sixteenth to Nineteenth Centuries
 3、Challenging National Narratives: On the Origins of Sweet Potato in China as Global Commodity During the Early Modern Period
 4、Economic Depression and the Silver Question in Nineteenth-Century China
 5、Kaiiki-Shi and World/Global History: A Japanese Perspective
 6、The Structure and Transformation of the Ming Tribute Trade System
 7、The Nanban and Shuinsen Trade in Sixteenth and Seventeenth-Century Japan
 8、The Jewish Presence in China and Japan in the Early Modern Period: A Social Representation
 9、Quantifying Ocean Currents as Story Models: Global Oceanic Currents and Their Introduction to Global Navigation
10、Global History and the History of Consumption:Congruence and Divergence
11、Mexican Cochineal, Local Technologies and the Rise of Global Trade from the Sixteenth to the Nineteenth Centuries
12、Social Networks and the Circulation of Technology and Knowledge in the Global Spanish Empire
13、Global Commodities in Early Modern Spain
14、Big History as a Commodity at Chinese Universities
15回 フィードバック

中砂明徳 『石民四十集』『督師紀略』

(授業の概要・目的)
明末に『武備志』という浩瀚な兵書を著したことで知られる茅元儀の文集『石民四十集』に収録される書簡を読む。科挙に挫折し、進士になれなかった彼は、策士・軍事通として有力政治家や皇帝に文章によって売り込みをかけた。その文章は、「憂国の士人が熱誠を尽くす」といった単純なものではなく、屈曲に満ち満ちていて、たいへん読みづらい。しかし、だからこそ魅力的でもある。特異ではあるが、ある意味では明末の風気をよく映し出した文章でもある。
 今年度は、天啓四年・五年(1624・25)の文章を読むとともに、彼の著作『督師紀略』を並行して選読する。

(授業計画と内容)
進度については、受講生次第なので、確言できない。第1回目に、これまで3年間本書を読んできたことをもとにした解説を行い、新規受講者に予備知識を与える。
以下、2回目~14回目まで、毎回書簡を1本ないし2本と『督師紀略』の関係部分を読む。学部生ないし他専修の学生にはより易しい『督師紀略』を、院生には書簡を読んでもらう。
15回目 フィードバック

村上衛 在中国イギリス領事報告を読む

(授業の概要・目的)
史料についての基本的な知識を得たうえで、中国近代の社会・経済に関する英文史料を精読する。英文史料を読むことによって、イギリス人などの外からの目を利用しつつ、中国近代社会経済史に対する理解を深める。

(授業計画と内容)
イギリス外交文書のうち、在中国イギリス領事の報告(FO228)を精読する。具体的には、内地流通に関わる商業紛争など、主として経済に関わる紛争を取り上げる。必要に応じてFO228に含まれている英文史料に対応する漢文史料も読む。なお、史料は非常に細かい内容のものが多いため、講義形式の解説を加え、史料を中国近代史の中に位置づけていく。
 初回と2回目の授業では史料についての解説を行い、3回~14回は担当者を決めて史料を読み進めていく。15回は読み進めた部分までの内容を振り返る。

吉本道雅  『春秋左伝正義』

(授業の概要・目的)
十三経注疏の一つである『春秋左伝正義』を輪読する。

(授業計画と内容)
前期の続き。魯の年代記の形式を採る『春秋』と、その注釈書の形式を採る『左伝』は春秋時代を研究するための基本的な資料である。『春秋』『左伝』の成立過程については今なお活発な議論が進行中である。『左伝』には、西晋・杜預の『春秋経伝集解』、唐・孔頴達の『正義』が附されている。本演習では『正義』を精読することで、漢文を文法的に正確に読解する能力を養うとともに、『正義』の引用する唐代以前の諸文献を調査し、また『正義』の論理構成に習熟することによって、経学の基本的な方法論を理解する。また、先秦期の文献・出土資料を全面的に参照することによって、『春秋』『左伝』の成立過程についても考察し、先秦史研究の資料学的素養を身につける。
第1回~第14回 『春秋左伝正義』の輪読
*フィードバック方法は授業中に説明する。

吉本道雅  中国古代史史料学

(授業の概要・目的)
銭穆『先秦諸子繋年』を輪読し、関連史料・研究を批判的に検討する。

(授業計画と内容)
前期の続き。従来の戦国史(453-221BC)研究は、戦国後期の秦史に偏しており、戦国前・中期や六国については、資料の絶対量の乏しさに加えて、『史記』紀年の混乱が、歴史的推移の時系列的把握を困難にしてきた。1990年代以降の戦国楚簡の出現は、とりわけ思想史的研究を活発化させているが、かえって文献に対する研究の立ち後れを露呈させている。本演習では、銭穆『先秦諸子繋年』(香港中文大学、1956)を輪読し、関連史料・研究を批判的に検討することによって、中国古代史研究に関わる文献・出土文字資料・考古学的資料の運用能力を向上させる。
第1回~第15回 『先秦諸子繋年』の輪読
*フィードバック方法は授業中に説明する。