講義案内

講義案内(平成28年度前期)

タイ族仏塔(中国雲南省)

タイ族仏塔(中国雲南省)

 

 

時間割(平成28年度前期)

特殊講義
矢木
特殊講義
岩井
特殊講義
木田
演習
吉本
特殊講義
演習
村上
特殊講義
高嶋
特殊講義
石川
演習
杉山
演習
高嶋
特殊講義
江田
特殊講義
浅原
特殊講義
中砂
特殊講義
榎本
演習(院)
杉山
特殊講義
吉本
特殊講義
杉山
演習(院)
吉本
演習
中砂
特殊講義
冨谷
集中 特殊講義
古畑

 

※(学部)は学部生のみ、(院)は原則大学院生のみの科目。

講義内容【特殊講義】

木田知生 中国近世史史料学Ⅰ

(授業の概要・目的)
前年度に引き続き、宋代史の史料学を中心に中国近世史史料学を講じる。
近年,以前に増して史料の様相が大きく変貌している。かつての版本や教材に勝る史料版本や教材,さらには新たな「工具書」が次々に登場し,旧来の利用範囲内に視野が留まっていては,十分な研究遂行が困難な時代がすでに到来しているのである。
本研究では,そうした時代状況に鑑み,旧年度に講じた史資料についても,再考すべきものは再度取り上げて解説する。また,以前に論じていなかった史料文献に関しても詳述し,併せて近年中国内外で進行している各種史資料のデータベース化状況にも論及する。

(授業計画と内容)
1.宋代史史料文献を中心に,概説と導入を含め中国近世史領域の史料文献の解説と閲読を行う。
2.上記に関連する史料文献や「工具書」についての解説。
3.近年の史料文献の整理出版状況とデータベース化の動向に留意し,その解説を行うほか,関連する資料文献を講読し,史料文献の現状を把握するように努める。
4.原則上,講義形式で授業を進めるものの,大部分は関連史資料の講読と分析作業が主軸となる。
5.毎回の授業内容と講読教材に関しては,あらかじめ事前に定めて指示する。

石川禎浩 中国現代史特殊講義

(授業の概要・目的)
中国現代史に大きな影響を与えた毛沢東にかんして、その伝記的検討を行い、毛沢東についてのイメージ生成や評価、および関連資料の収集や編纂がどのように行われてきたかについての理解を深める。

(授業計画と内容)
第1回 毛沢東研究に関する基本的図書の紹介
第2-4回 初期の毛沢東(1893-1921)
第5-7回 共産党員としての毛沢東(1921-1934)
第8-10回 共産党指導者としての毛沢東(1935-1949)
第11-12回 エドガー・スノウ『中国の赤い星』以前の毛沢東イメージ
第13-15回 エドガー・スノウ『中国の赤い星』の中の毛沢東イメージ
第16回 フィードバック

中砂明徳 漢訳イエス伝を読む

(授業の概要・目的)
マテオ・リッチの『天主実義』はイエスという男についてはほとんど語るところがない。福音書にもとづいたイエス伝の漢訳は、リッチより一世代後のジュリオ・アレーニの『天主降生言行紀略』を待たねばならない。この授業では本書成立の背景、種本との関係を探り、ついでテクストの訳語使用や文体の特徴をみることで、中国におけるキリスト教受容と翻訳の問題を考えたい。

(授業計画と内容)
1回 キリスト教漢訳文献についての研究状況の紹介と本授業の位置づけ
2、3回 漢訳文献全体の展望
4、5回 種本について
6~11回 テクストの検討
12~13回 他地域のイエス伝との比較
14回 まとめ

杉山正明 『集史』「チンギス・ハン紀」の根本的検討

(授業の概要・目的)
13-14世紀のモンゴル世界帝国の時代に出現したペルシア語史書の『集史』 Jami’ al-Tavarikhは文字通りの世界史であり、各地に蔵される複数の写本を利用しつつ、他の多言語史料とつきあわせて精読する。

(授業計画と内容)
モンゴル世界帝国を構成する四大部分のひとつ、西アジアに展開したフレグ・ウルスでは、第七代君主ガザンと宰相ラシードゥッディーンのもと、かつてない世界史の編纂がおこなわれ、ガザン没後も弟オルジェイトゥにひきつがれ、1310-11年に成った。その結果、ひとくちに『集史』とはいうものの、ガザン主導の「幸いなるガザンのモンゴル史」という前半と、それを踏まえつつ改訂・増補して「世界諸族志」もくわえたいわゆる『集史』という二段階の合成物となった。そこには、かなりの改文・修正が見られる。トプカプ・サライ蔵本を底本に、タシュケント蔵本、大英図書館蔵Or.2927、Or.7628などを参照しつつ、幾つかの東方史料ともひきくらべ検討する。

浅原達郎 説文解字(字義)

(授業の概要・目的)
清代の学者による説文解字の注釈を,とくに字義に重点を置いて読みながら,古文字学の基礎となるべき説文解字の読み方を探る。

(授業計画と内容)
ひたすらていねいに読むことを心がけるが,ただ,出土文字資料との関連には留意したい。説文解字のどの文字を読むかは,受講者の希望を聞いて決める。テキストには,段玉裁『説文解字注』(経韻楼本)を用いる。おのおの持参することが望ましいが,持ち合わせないひとは,無理に準備する必要はない。講義の進め方の詳細については,初回の授業で説明する。

榎本渉 東シナ海と中世日本

(授業の概要・目的)
海商の出現に伴う東シナ海交通の活発化という事態が、日本列島にいかなる影響を与えたか、平安~南北朝時代を対象として取り上げます。

(授業計画と内容)
以下の各テーマを扱います。第一回は「1.時代の概要」となりますが、第二回以降の順序は必ずしも固定したものではなく、また学生の理解度に応じて一つのテーマを複数回にまたがることもあります。

1.新羅海商と唐海商
2.宋代公憑から見た宋海商
3.大宰府の貿易管理
4.博多の海商と入宋僧
5.宋風文化の拡大
6.宋元交替と日本
7.元末内乱と南島路
8.中世日本人の世界観

辻正博 隋唐史料論

(授業の概要・目的)
隋唐時代の社会を研究するためには、種々の史料を利用せねばならないこと改めて言うまでもない。この講義では、各種史料の成立事情と特徴、利用に際しての注意点などについて、具体例を織り交ぜつつ解説する。

(授業計画と内容)
以下のテーマについて、2~3週を目途に講義を進める。
なお、初回授業(ガイダンス)時に、学期の授業計画および講義で必要される諸事項について説明を行うので、必ず出席すること。
1.実録・国史と正史
2.『資治通鑑』
3.会要
4.石刻史料―特に墓誌について
5.敦煌・トルファン出土資料

江田憲治 

(授業の概要・目的)
本講義では、東アジア近現代を対象領域とし、近代当初にあって東アジア世界がいかなる構造的変革を見たかを確認した上で、東アジアとくに中国がどのように西洋文明を受容し、またこれを変容させたか、それが現代の社会状況といかなる連続性を持つのか、について考察する。
東アジア、とくに中国の歴史過程について史料と研究にもとづいた批判的理解を可能にすることが目的である。
なお、講義形式の授業のほか、適宜、受講者が従来の研究論文を要約して受講者が報告する発表形式の授業をも行う。

(授業計画と内容)
①ガイダンス
②「近代」の前提としての中国近世文明
③「近代」の前提としての中国近世文明
④先行研究要約報告
⑤東アジア世界の「近代」と諸国の変容
⑥東アジア世界の「近代」と諸国の変容
⑦先行研究要約報告
⑧中国における西洋文明の受容―民主主義を中心に
⑨中国における西洋文明の受容―民主主義を中心に
⑩先行研究要約報告
⑪中国における「党」と国家――中国共産党を中心に
⑫中国における「党」と国家――中国共産党を中心に
⑬先行研究要約報告

矢木毅 朝鮮史詳説(近世篇1)

(授業の概要・目的)
高麗末から朝鮮前期(壬辰倭乱以前)までの歴史を概観し、政治・社会の特質について考察する。漢文史料の読解能力を高めるとともに、東アジア世界(特に中国)との連関のなかで朝鮮史への理解を深めることを目的とする。

(授業計画と内容)
第1講 朝鮮時代史とその史料
第2、3講 元明交替と高麗
第4、5講 遼東の情勢
第6、7講 朝鮮王朝の建国
第8、9講 土木の変と朝鮮
第9、10講 士禍の時代
第11、12講 党争の始まり
第13、14講 倭乱前史

岩井茂樹 前近代の外交と文書資料Ⅰ

(授業の概要・目的)
中国では官府の保存公文書を「案巻」などと称していた。清朝時代にはあらたに「档案」という用語が使われるようになった。案巻や档案は史書や地方誌の編纂のさいに利用されることはあったものの,朝廷の内閣大庫や地方官衙の架閣庫などに保管され,公開利用などの制度はなかった。1920年代末に内閣大庫の档案が市中に流出する事件が起こってから,あらためてその価値が認識され,保存措置が講じられるとともに,1930年代以降,中央研究院などによる組織的な研究が開始された。今日にいたるまで中国・台湾ですすめられた档案資料の整理・出版は,档案資料の利用におおきな利便をもたらしている。
一方,日本では外國との文書のやりとりのさいに前例を参照する「勘文」の手続きがおこなわれ,その必要から記録が作成された。また,漢文による外交文書を作成するうえでの便宜から過去の文書例を編纂することがおこなわれた。
このようにして伝存した歷史資料を利用するための知識と,そこから得られる情報の分析の方法について学ぶ。

(授業計画と内容)
1.東アジアの国際關係にかかわる文書資料の利用とそのおもな成果について概述する。(第1週)
2.日本と琉球における対外関係資料の整理と伝存の状況について。(第2~4週)
3.『異国牒状記』について(第5~6週)
4.『異国出契』所収文書の釈読。(第6~第9週)
5.『歴代宝案』所収文書の釈読(第10~第14週)

高嶋航 近代中国とジェンダー

(授業の概要・目的)
近代中国におけるジェンダーの問題を、日本と比較しつつ検討する。

(授業計画と内容)
以下の各項目について講述する。各項目の講義の順序は固定したものではなく、担当者の講義方針と受講者の背景や理解の状況に応じて、講義担当者が適切に決める。
1.男性性の定義、研究史
2.近現代中国における男性性の検討
1.冒険・探検
2.軍事
3.教育
4.ファッションなど

吉本道雅 左伝研究序説

(授業の概要・目的)
『左伝』は『春秋』の注釈の形式を採りつつ前722~前468年の歴史を編年体で記述した史書である。『史記』十二諸侯年表は、孔子の弟子、左丘明の編纂とするが、唐代以降、戦国時代の作品とみなす説が有力となっている。『左伝』の成書年代・成書地域を検討し、記述の重点を確認することで、戦国時代における歴史記述・歴史認識のありかたを考える。

(授業計画と内容)
以下の項目を逐次講ずる
第1回~第3回 『春秋』『左伝』に関する伝統的理解
第4回~第9回  『左伝』の成書年代
第10回~第12回 『左伝』の成書地域
第13回~第15回 『左伝』の歴史認識
*フィードバック方法は授業中に説明する。

冨谷至 漢倭奴国王から日本国天皇へ(学部) 唐律疏議(院)

(授業の概要・目的)
・漢倭奴国王から日本国天皇へ
1世紀から8世紀にかけての日本と中国との国際関係を述べる

・唐律疏議
唐の律(刑法)の注釈である唐律疏議を精読する。

(授業計画と内容)
・漢倭奴国王から日本国天皇へ
(1) 樂浪海中に倭国在り――倭国の認識 (2) 「漢倭奴国王」の金印
(3) 諸葛孔明と卑弥呼――魏志倭人伝の背景 (4) 倭の五王の時代

・唐律疏議
唐律疏議を前年度に引き続き、担当を決めて、訳文・注釈を作成し、発表する。

古畑徹 渤海国の歴史的位置付けとその叙述方法をめぐって

(授業の概要・目的)
渤海国はその国家・構成種族・領域等を直接継承する国家が存在しなかったために現在の国民国家的な「一国史観」の枠組ではとらえにくい存在であり、それゆえに、近年では、高句麗とともに中国・韓国(北朝鮮)間の「歴史論争」の対象となってきた。この授業では、そうした「歴史論争」を超えるための一つの方法として、地域的枠組みの立て方によって渤海国の歴史的な位置付けが異なることをあきらかにするとともに、それをどのように叙述すれば多面的でありながら有機的な渤海像を描けるのかを考えてみたい。授業は、日本における最も一般的な概説書である濱田耕策『渤海国興亡史』を事前に読んで来てもらい、その知識を前提にし、かつその叙述方法を比較対象にして、古畑が執筆中の渤海史概説書の原稿を学生とともに検討していく。

(授業計画と内容)
基本的に以下のプランに従って講義を進める。ただし、この間の原稿の進捗状況や講義の進みぐあいなどによって、順序や同一テーマの回数を変えることがある。

第1回 ガイダンス/事前レポート受取
第2~4回 濱田耕策『渤海国興亡史』に対する質問・疑問への回答と解説、受講生との質疑応答
第5~7回 ユーラシアのなかの渤海国(原稿をもとに受講生と議論)
第9~11回 「東北アジア」のなかの渤海国(原稿をもとに受講生と議論)
第12~14回 海洋国家としての渤海国(原稿をもとに受講生と議論)
第15回 総括

講義内容【演習】

杉山正明 アジア諸地域における碑刻・刻文の歴史文献学的研究

(授業の概要・目的)
アジア諸地域では、古代イラン・インド、漢代以後の中国などにおいて磨崖刻文や王柱・碑碣類が出現し、以後は中央ユーラシアや韓半島・日本でも見られる。研究室所蔵の拓本も含め、広く利用・解読をめざす。

(授業計画と内容)
以下の各テーマのもとに、それぞれ1~3週の割合で、演習方式を採りつつ進める。①石に文を刻すという行為の意味とその発生。②ヨーロッパを含めた碑刻・刻文・墓誌などの多様な展開と各地域・各時代の特性。③東洋史学所蔵拓本の紹介・把握と実際の扱い方や利用・保存。④関係する内外各機関とその所蔵拓本ないし拓影、および厖大な石刻目録類や石刻書研究史。⑤中華地域における漢文でしるされた碑碣の類別と展開、とくに神道碑・墓誌銘などの違いや文集。⑥代表的な漢文碑刻のうち、未解読ないし検討不十分のものについての解読・討論。⑦チンギス・カン碑石をはじめ、モンゴル語および蒙漢合刻・複数語合刻碑の読解と習熟。⑧いわゆるモンゴル命令文とその碑刻について。⑨ペルシア語・シリア語・パスパ字碑刻の検討。

吉本道雅 『春秋左伝正義』

(授業の概要・目的)
十三経注疏の一つである『春秋左伝正義』を精読する。

(授業計画と内容)
昨年度の続き。魯の年代記の形式を採る『春秋』と、その注釈書の形式を採る『左伝』は春秋時代を研究するための基本的な資料である。『春秋』『左伝』の成立過程については今なお活発な議論が進行中である。『左伝』には、西晋・杜預の『春秋経伝集解』、唐・孔頴達の『正義』が附されている。本演習では『正義』を精読することで、漢文を文法的に正確に読解する能力を養うとともに、『正義』の引用する唐代以前の諸文献を調査し、また『正義』の論理構成に習熟することによって、経学の基本的な方法論を理解する。また、先秦期の文献・出土資料を全面的に参照することによって、『春秋』『左伝』の成立過程についても考察し、先秦史研究の資料学的素養を身につける。
第1回~第15回 『春秋左伝正義』の輪読
*フィードバック方法は授業中に説明する。

高嶋航 辛亥革命前後の学生の日記を読む

(授業の概要・目的)
辛亥革命を学生たちはどのように受けとめたのか。その前後に彼らはどのような学校生活を送っていたのだろうか。日記というメディアを通して、彼らの日常/非日常をたどり、辛亥革命の社会的影響について考えてみたい。

(授業計画と内容)
具体的には葉聖陶と呉みつの日記を読み、北京、上海、蘇州の学校における辛亥革命前後の状況を理解する。日記の文章は平易であるので、その背景を調べることに重点を置く。

吉本道雅  中国古代史史料学

(授業の概要・目的)
楊寛『戦国史料編年輯證』を輪読し、関連史料・研究を批判的に検討する。

(授業計画と内容)
昨年度の続き。従来の戦国史(453-221BC)研究は、戦国後期の秦史に偏しており、戦国前・中期や六国については、資料の絶対量の乏しさに加えて、『史記』紀年の混乱が、歴史的推移の時系列的把握を困難にしてきた。1990年代以降の戦国楚簡の出現は、とりわけ思想史的研究を活発化させているが、かえって文献に対する研究の立ち後れを露呈させている。本演習では、楊寛『戦国史料編年輯證』(上海人民出版社、2001/台湾商務印書館、2002)を輪読し、関連史料・研究を批判的に検討することによって、中国古代史研究に関わる文献・出土文字資料・考古学的資料の運用能力を向上させる。
第1回~第15回 『戦国史料編年輯証』の輪読
*フィードバック方法は授業中に説明する。

中砂明徳 『明清档案』を読む

(授業の概要・目的)
中央研究院が刊行した『明清史料』及び刊行中の『明清档案』に収録されている清朝順治年間の文書を読み、中国制圧の過程を清朝サイドから見てゆく。明末清初の動乱に関する歴史記述とそれを承けた研究は、満洲人王朝の世界史的意義が強調されるようになった今日においてもなお「敗者」の側に片寄りすぎている。あらためてこの史料集を読むことで、勝者の視点から冷静に支配確立の過程をたどりたい。

(授業計画と内容)
1回 『明清档案』のテキストの性格を説明し、昨年読んだところについて言及しながら、順治元年~二年にわたる政治情勢について解説する。
2~5回 順治二年後半期
6~9回 順治三年前半期
10~14回 同年後半期

杉山正明 『元典章』の精読と関連する諸文献

(授業の概要・目的)
モンゴル帝国治下の中華地域にかかわる法制・布告・判例集として名高い『元典章』については、日本・中国などで各種の試みがなされているが、この授業ではひたすらに同書を精読し、事実の鮮明化をはかる。

(授業計画と内容)
『元典章』に盛り込まれている内容は、その事項や判例ごとに多様であり、モンゴル治下に包摂されるまでの中華各領域での前史や慣行・あり方によって状況はまちまちとならざるをえない。くわえて、モンゴル国家としての分封・分領体制が基本にあり、それぞれの分領所有王侯の立場によっても、事態はさまざまに変転する。華北と江南のみならず、江淮・陝甘・四川雲南・嶺南・遼東といった地域ユニットごとにも事情は複雑に錯綜し、その時々の権力構造を十分に把握していないと、益々理解は困難になる。文字の表面だけを追うのは、きわめて危険である。この授業では、そうしたさまざまな要件を踏まえ、さらに同じモンゴル帝国治下のフレグ・ウルスにおける類似の書であるDastur al-Katibの諸写本も参照しながら徹底精読する。

村上衛 在中国イギリス領事報告を読む

(授業の概要・目的)
史料についての基本的な知識を得たうえで、中国近代の社会・経済に関する英文史料を精読する。英文史料を読むことによって、イギリス人などの外からの目を利用しつつ、中国近代社会経済史に対する理解を深める。

(授業計画と内容)
イギリス外交文書のうち、在中国イギリス領事の報告(FO228)を精読する。具体的には、内地流通に関わる商業紛争など、主として経済に関わる紛争を取り上げる。必要に応じてFO228に含まれている英文史料に対応する漢文史料も読む。なお、史料の内容は非常に細かいものが多いため、講義形式の解説を加え、史料を中国近代史の中に位置づけていく。