西洋中世哲学史・大学院をめざす方に

要求される条件

哲学を志した人でも最初から中世哲学をやろうという人は比較的まれです。ですから、他の大学で関連する他の分野において学部を卒業してから、大学院で中世哲学を始めようという人がこれまでも結構多く見られました。
しかし、京都大学文学研究科・文学部では現在、大学院と学部とで共通の授業が多く、全体を一つのものと捉えられています。ですから、他大学から本研究室の大学院に入学しようとする方々にも、中世哲学を学ぶために一定の用意のあることが期待されています。具体的には次の2つのことが要求されます。
  • ラテン語の読解能力
    中世哲学を本研究室で学ぶためには、原典テキストのほとんどがラテン語で書かれている。本研究室における勉学の中心はその原典の読解である。したがって、中世ラテン語の読解能力は必須条件である。
    その中世ラテン語といっても、古典期の通常学ぶラテン文法と大きく異なるわけではない。古代の教父の著作においてもそうであるし、いわゆるスコラ哲学の原典についても、基本的な相違があるとはいえない。とはいえ、とりわけスコラ期のラテン語については、文法上の破格用法や語彙の変化がないわけではない。しかし、そのような「くせ」は古典期の文法と語彙力を身につけていれば処理できるものである。
    だから、本研究室で研究を希望する方は、何をおいてもラテン語の力を蓄えていることが必要である。
  • 西洋哲学全般についての知識
    京都大学の哲学・哲学史の専攻で学部を卒業しようとすれば、「哲学」、「西洋古代哲学史」、「西洋中世哲学史」、「西洋近世哲学史」の概論的講義を履修することが課されている。ということは、大学院で中世哲学を学ぼうとする者も、哲学的思考の原理的なありかたと古代から近世に至る西洋哲学史全体についての一定の知識を持っていることが前提されている

    大学院での研究は一応「専門的」なものであるが、中世しか知らないということは好ましくない。

    “One cannot write the history of philosophy without philosophizing.” (Anthony Kenny)

    このことは当然中世の哲学を研究する場合には当てはまるからである。

いくつかのプラクティカルなこと

  • 大学院の入学試験は毎年2月なかばに、1回行われるだけである。その情報は文学部のページの冒頭からたどることができる。
  • 哲学専修と西洋哲学史専修の入試問題は共通のものである。過去問題は文学部の教務掛の窓口で見ることができる。
  • 京都大学文学研究科・文学部には「学部聴講生」と「大学院聴講生」(修士号を持つ者のみ)の制度がある。上記のような「要求される条件」をクリアするために、聴講生を経て大学院入試に挑む方々も多い。この聴講生となるためにも試験が行われ、上記の文学部のページ冒頭から情報を得ることができる。