京大以文会ホームページ

京大以文会とは

「京大以文会」は、京都大学文学部と大学院文学研究科の同窓会です。本会の名称は、『論語』(顔淵篇24)にある「君子以文會友」(君子は文を以て友を会す)からとられています。 本会は、会員相互の親睦をはかり文学研究科・文学部の研究・教育を助成する目的で、前身の「京大倶楽部」を引き継いで昭和30年(1955年)に発足し、平成17年(2005年)4月には、各界で活躍するO.B.を招いて創立50周年記念式典を行いました。
本会は、一万人を超える会員の皆様のご支援のもとに、毎年、会誌『以文』の発行、年次総会等と懇親会、文学部卒業生祝賀記念パーティーの開催、各教室主催の講演会の後援、支部活動の援助等を行っています。
平成16年(2004年)4月に国立大学が法人化され、現在、大学の性格が大きく変りつつありますが、このような流れの中で、京大文学部・文学研究科も自立性と自己発信の機能を強化していかなければなりません。その際、文学部・文学研究科の活動を側面から支援する殆んど唯一の団体が以文会であり、その意味で、以文会の果たす役割は今後さらに大きくなると思われます。これに伴って、以文会も、従来の組織形態・運営方法から脱して新しい時代に対応した同窓会に成長する必要があります。平成17年度に名誉会長のポストを設け学外のO.B.をお迎えしたのはその第一歩ですが、この線に向って今後とも、以文会を学外O.B.に軸足を置き皆様の御要望に応える同窓会とすべく、一層努力する所存です。卒業生修了生の皆様の一層の御支援と御鞭撻をお願いする次第です。

京大以文会会長  水谷 雅彦

京大以文会規約   ●京大以文会東京支部規約   ●京大以文会発行の書籍『以文会友 京都大学文学部今昔』   ●在学生の皆様へ(京大以文会のご案内)

第10回京大以文会東京支部総会・懇親会のご案内

京大以文会東京支部(関東一円)の第10回総会・懇親会・講演会を以下の要領で開催することになりましたので、ご案内申し上げます。在校生も参加する予定です。世代を超えた活発な交流を期待します。

日時: 2016年9月24日(土)16時~19時00分(受付は15時30分より開始します)

会場: 日本教育会館9階 喜山倶楽部(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)TEL.03-3262-7661

※学士会館ではございませんのでご注意ください。

会費: 6,000円(30歳未満は4,000円)

出欠に関するご連絡は、以文会メールアドレス:ibunkai*bun.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)にお願い致します。

●3月24日(火)に、全学卒業式、文学学士学位記授与式、学部卒業祝賀会、が行われます●

①全学学部卒業式: 午前10時より 〈みやこめっせ〉 にて

②学士学位記授与: 午前11時45分より、文学部第3講義室にて

*印鑑と筆記用具を持参のうえ、学位記を受領してください

*3月24日当日に受領できない場合は、3月17日(火)までに教務掛窓口で郵送の手続きをとってください。(学生証と印鑑が必要)

③学部卒業祝賀会: 13時より、文学部第1・2講義室にて

*京大以文会(文学部同窓会)主催の卒業祝賀会です

*軽食・飲み物を準備します。親族・友人の参加も歓迎します

*参加費は無料

*祝賀会参加費は無料ですが、以文会の今年度会費を未納の方は2000円をお支払いください。

*年会費2000円は、24日当日、学位記授与会場の第3講義室前でお支払いください。

お知らせ

『以文』57号に収録されたアンダーソン先生のオリジナル原稿および訳稿は以下のリンクでご覧になれます。

● My Route to Kyoto  (in English, PDF)

●  『京都への長い道』 (日本語訳 藤田和生先生, PDF)

 

———————————————————————————————————

【注意!!】「明光出版」からの往復はがきにご注意ください。

会員の皆様へ

最近、「明光出版」と名乗る業者から、本学部卒業生に対して、「京都大学(文学部・経済学部)職業別同窓名鑑」を発刊する旨の「往復はがき」が送付され、個人情報と購入希望を照会しているようです。
この件については下記のとおりですのでご注意ください。

1.「明光出版」は、京都大学文学部及び京大以文会とは全く関係がありません。

2.皆様は「明光出版」へ個人情報や購入希望の有無について一切回答する義務はなく、 また、ハガキを返送された場合、個人情報流出の危険性があります。

京都大学文学部及び京大以文会では責任を負うことができませんので、くれぐれもご注意をお願いします。

平成25年3月4日
京都大学文学部・京大以文会

————————————————————————————————————

会員の皆様へ

2013年2月16日に開催された評議員会において規約が改正され、2013年4月1日からこれまで準会員であった在学生(学生、院生)をすべて正会員とすることが決定されました。

これは昭和8(1933)年に誕生し、昭和30(1955)年に現在の同窓会組織として再出発した以文会にとってターニングポイントにもなる大きな改革です。これまで以上に、在学生と同窓生のつながりをつよめ、両者がともに構成する文学部文学研究科という共同体のさらなる発展をはかろうとするためのものです。

4月に入学予定の新入生に対しては、以文会の入会案内を送り、標準修学期間(学部4年、修士2年、博士3年)の会費全額を前納してもらうようお願いします。また在学生には、毎年、『以文』発送時にその年度の会費の納入をお願いすることになります。これまで準会員であった在学生に対するサービスは、会誌の提供、卒業・修了懇親会の開催などのサービスだけでしたが、これを契機に、昨年試験的に実施して成功をおさめた「キャリアガイダンスin Tokyo」といった、各界で活躍する卒業生によるキャリア相談や指導、あるいは就職活動を希望する在学生による「OB・OG訪問」の仲介などの学生支援サービスをいっそう充実させていく予定です。また、学生評議員、学生理事として以文会活動自体への参加も今後実現に向けて検討していく所存です。

新たに在学生会員を迎える以文会に対する一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。

2013年2月22日

京大以文会会長  川添信介