思想家紹介 田辺元

田辺 元 明治18(1885)-昭和38(1963)

田辺元

略 歴

明治18年2月3日東京神田に生れる。第一高等学校理科卒業後、東京帝国大学理科に入学するも文科哲学科に転科、卒業。東北帝国大学講師を経て、大正8年西田幾多郎の招きにより京都帝国大学文学部助教授に就任、昭和3年西田退官の前年に教授に昇任。西田との相互批判の中で独自の思想を形成してゆくと共に、多くの門下生を育て、「京都学派」の基礎を築く。昭和20年終戦の直前に退官、群馬県北軽井沢に隠棲。その後も意欲的に思索を続けたが、昭和37年4月29日逝去。

主 要 著 書 (著書名の後の数字は全集の巻号)

『最近の自然科学』2(大正4) 『科学概論』2(大正7)
『数理哲学研究』2(大正14) 『カントの目的論』3(大正13)
『ヘーゲル哲学と弁証法』3(昭和7) 『哲学通論』3(昭和8)
『哲学と科学との間』5(昭和12) 『正法眼蔵の哲学私観』5(昭和14)
『懺悔道としての哲学』9(昭和21) 『政治哲学の急務』8(昭和21)
『種の論理の弁証法』7(昭和22) 『実存と愛と実践』9(昭和22)
『キリスト教の弁証』10(昭和23) 『哲学入門』11(昭和24-27)
『ヴァレリイの芸術哲学』13(昭和26) 『数理の歴史主義展開』12(昭和29)
『相対性理論の弁証法』12(昭和29) 『マラルメ覚書』13(昭和36)

他に、著書として出版されなかった重要な論文として、最初の西田哲学批判「西田先生の教を仰ぐ」(昭和5)が全集4に、「種の論理」に関する論文が全集6-7に、晩年の「死の哲学」に関する論文が全集13に、それぞれ収められている。

*     *     *

多岐にわたる田辺の思想の底を一貫して流れているのは、直接無媒介なるものへの嫌悪である――これは西田哲学との間に明らかな対照をなす――。

田辺は、すべてがそこから考えられるがそれ自身は疑問に附されることのない一点、論理を越えた直観によってのみ捉えることのできる一点というものを前提することを強く拒否する。相対的な世界を越えた「絶対」、ただ直観する他ない直接的な「生」、何者にも依拠することなく自己自身のみによって存在する実存的な「個」といったものも、田辺の批判する所となる。

田辺によれば、歴史的な現実の世界においては、何者も、有限相対的なる我々の行為を離れては存在しえない。「絶対」は相対的なる我々の不断の自己否定という行為――所謂「懺悔」――を、「生」は「論理」による概念化を、「個」は歴史的社会的な「種」による制約を、それぞれ「媒介」とするのでなければならない。

これが田辺の所謂「絶対媒介の論理(弁証法)」であり、そこには、親鸞の絶対他力の思想に共鳴し、何処までも人間の有限相対的性に即して思索をおこなおうとする田辺の基本的な態度が現れている。
田辺元 群馬県北軽井沢の田辺元旧宅

テ キ ス ト

A. すべての著作と大部分の論文とを収めた全集:

  • 『田辺元全集』全15巻(西谷啓治、下村寅太郎、唐木順三、武内義範、大島康正編集)、筑摩書房、昭和38-9年。

B. 単行本の復刊:

  • 『懺悔道としての哲学・死の哲学』(長谷正當編、京都哲学撰書3)、燈影舎、平成12年。
  • 『歴史的現実』(黒田寛一編、こぶし文庫28)、こぶし書房、平成13年。
    講演「歴史的現実」および著書『種の論理の弁証法』を収録。
  • 『仏教と西欧哲学』(小坂国継編、こぶし文庫34)、こぶし書房、平成15年。
    『哲学入門――補説第三 宗教哲学・倫理学』の復刊。

C. 叢書:

  • 『現代日本思想大系23 西田幾多郎』(辻村公一編)、筑摩書房、昭和40年。
  • 『近代日本思想大系23 田辺元』(中埜肇編)、筑摩書房、昭和50年。

田辺哲学に関する参考文献

A. 田辺哲学への入門書:

田辺哲学への入門としては、何よりも、田辺自身の著した哲学入門が挙げられる。

  • 田辺元『哲学通論』(昭和8年初版、岩波全書。全集3巻に収録)。
    「気分的に直接に解つて居ること」bekanntと「概念を以て認識せられてゐること」erkanntとの区別を提示することからはじめ、西洋哲学における諸種の哲学的方法をその観点から解説・吟味した上で、両者を総合統一するものとして、自身の「絶対弁証法」の立場を提唱している。
  • 田辺元『哲学入門』(昭和24-27年初版、全集11巻に収録)。
    晩年の隠棲先である北軽井沢山荘で、信州哲学会(長野県の小・中学校の教員による会)会員に対して行われた講義の筆録。晩年の田辺の思想が体系的に、わかりやすい言葉で語られている。「哲学の根本問題」「補説第一 歴史哲学政治哲学」「補説第二 科学哲学認識論」「補説第三 宗教哲学倫理学」の4巻を収める。

田辺哲学の概観を与える解説書としては、

  • 高坂正顕『西田哲学と田辺哲学』(『高坂正顕著作集』第8巻)、理想社、昭和40年。
    同書の第4-8章は、田辺哲学の全体にわたる適確なまとめである。

田辺のみを扱ったものではないが、以下の書の中で田辺哲学の解説がなされている。

  • 『日本近代思想を学ぶ人のために』、世界思想社、平成9年。細谷昌志「行為的自覚の哲学――田辺元」。
  • 『日本の哲学を学ぶ人のために』、世界思想社、平成10年。中岡成文「種の論理――田辺元」。
  • 『現代宗教思想を学ぶ人のために』、世界思想社、平成10年。川村永子「田辺元」。
  • 『京都学派の哲学』、昭和堂、平成13年。中岡成文「種の論理は何を差異化するか」。
  • James W. Heisig, Philosophers of Nothingness , Honolulu:University of Hawaii Press, 2001.
  • 船山信一『日本哲学者の弁証法』、こぶし書房(こぶし文庫)、平成7年。
  • 小坂国継『西田幾多郎をめぐる哲学者群像』、ミネルヴァ書房、平成9年。

B. 田辺哲学の研究書

田辺哲学に関する研究論文集として、

  • 『田辺元 思想と回想』(武内・武藤・辻村編)、筑摩書房、平成3年。
  • 『田辺哲学とは』(西谷・高坂・高山・下村他)、燈影舎(燈影撰書)、平成3年。(初版は弘文堂、昭和26年)。
    上記二著には、田辺の近くにいた人々による回想も含まれている。
  • Religious Philosophy of Tanabe Hajime (edited by Taitetsu Unno & James W. Heisig) , Berkeley: Asian Humanities Press, 1990

単著の数は少ないが、以下のようなものがある。

  • 氷見潔『田辺哲学研究――宗教哲学の観点から』、北樹出版、平成2年。
  • Johannes Laube Dialektik der absoluten Vermittlung, Freiburg: Herder, 1984
  • 家永三郎『田辺元の思想史的研究』、法政大学出版局、昭和49年。
    本書は、戦後なされてきた「京都学派」に対する政治的な批判の典型的な一例である。

尚、前掲『田辺元 思想と回想』に、田辺哲学に関する内外の研究論文の目録(平成2年まで)が掲載されている。この目録により、それぞれの関心に応じて、田辺哲学についての先行研究を検索することができる。

(杉本耕一記、平成15年1月)

Copyright © 2004 京都大学大学院文学研究科日本哲学史研究室 StatCounter - Free Web Tracker and Counter