思想家紹介 西田幾多郎

西田 幾多郎 明治3(1870)-昭和20(1945)

西田幾多郎

略 歴

明治3年5月19日石川県河北郡宇ノ気に生れる。金沢第四高等学校中退、東京帝国大学選科卒業。四高教授等を経て京都帝国 大学教授。明治44年刊の『善の研究』以下、多数の著作を発表。周囲に有能な同僚、門下生を集め、所謂「京都学派」の基礎を築いた。昭和3年退官後も、厳 しい時代の中で思索を続けたが、終戦の直前、昭和20年6月7日逝去。

主 要 著 書

『善の研究』(明治44年) 『思索と体験』(大正4年)
『自覚に於ける直観と反省』(大正6年) 『意識の問題』(大正9年)
『芸術と道徳』(大正12年) 『働くものから見るものへ』(昭和2年)
『一般者の自覚的体系』(昭和5年) 『無の自覚的限定』(昭和7年)
『哲学の根本問題』(昭和8年) 『哲学の根本問題続編』(昭和9年)
『哲学論文集第一』(昭和10年) 『続思索と体験』(昭和12年)
『哲学論文集第二』(昭和12年) 『哲学論文集第三』(昭和14年)
『日本文化の問題』(昭和15年) 『哲学論文集第四』(昭和16年)
『哲学論文集第五』(昭和19年) 『哲学論文集第六』(昭和20年)
『哲学論文集第七』(昭和21年)
*     *     *

西田は、東洋的思想の地盤の上で西洋哲学を摂取し、「西田哲学」と呼ばれる独自の哲学を築き上げた。その哲学は、近代日本における最初の独創的な哲学と評される。

西田の思想の背景には、確かに、東洋的宗教、とりわけ、西田自身が若い頃から行じていた禅仏教の宗教的体験があった。西田 が、従来の西洋哲学がもっていた〈主観と客観との対立〉〈現象界と実在界との区別〉といった前提を批判し、「何処までも直接な、最も根本的な立場」に立と うとするのは、その背景からである。

しかし、西田哲学は決して、宗教的体験を単に直接的に記述したものではない。西田が企図したのは、西洋の諸哲学と同じ次元 で語られる一つの「哲学」であった。西田が目指すのは、現実の世界の構造を何処までも「論理的」に解明することである。「純粋経験」「無の場所」「行為的 直観」「絶対矛盾的自己同一」といった独特の用語も、従来の論理によっては捉えることのできない「根本的」な事実を、真に具体的に捉えることのできる「論 理」として構想されたものに外ならない。

西田のこのような哲学は、宗教・自己・身体・生命・歴史・芸術・科学等、様々な観点から注目を集めている。

テ キ ス ト

A. 著作・日記・書簡他、西田のほとんどすべての文章を収めた全集:

  • 新版『西田幾多郎全集』全22巻(竹田篤司、クラウス・リーゼンフーバー、小坂国継、藤田正勝編)、岩波書店、平成14年より刊行中。綿密な本文校訂と引用の典拠を明らかにする注解とに特色がある。
  • 『西田幾多郎全集』全19巻(安倍能成、天野貞祐、和辻哲郎、山内得立、務台理作、高坂正顕、下村寅太郎編)最新第4版、岩波書店、昭和62年。

B. 現代哲学の諸分野に沿って西田のテキストを配列しなおした著作集:

  • 『西田哲学選集』全7巻・別巻2(上田閑照監修、大橋良介、野家啓一編集)、燈影舎、平成10年。
    「西田幾多郎による西田哲学入門」「科学哲学」「宗教哲学」「現象学」「歴史哲学」「芸術哲学」等の巻がある。

C. 岩波文庫に収録されているもの:

  • 『善の研究』。『思索と体験』。『続思索と体験・『続思索と体験』以後』。
  • 『西田幾多郎哲学論集I――場所・私と汝 他六篇』(上田閑照編)。
  • 『西田幾多郎哲学論集II――論理と生命 他四篇』(上田閑照編)。
  • 『西田幾多郎哲学論集III――自覚について 他四篇』(上田閑照編)。
  • 『西田幾多郎随筆集』(上田閑照編)。

D. その他

  • 『日本の名著47 西田幾多郎』(上山春平編)、中央公論社、昭和45年。
  • 『現代日本思想大系22 西田幾多郎』(西谷啓治編)、筑摩書房、昭和43年。
  • 『近代日本思想大系11 西田幾多郎』(竹内良知編)、筑摩書房、昭和49年。
  • 『西田幾多郎哲学講演集 ―歴史的身体と現実の世界―』(上田閑照編)、燈影舎(燈影撰書)、平成6年。

西田哲学への入門書

A. 西田の人と生涯とを知るために:

  • 西谷啓治『西田幾多郎――その人と思想』(『西谷啓治著作集』第9巻)、創文社、昭和62年。
    西田の門下生で、独自の宗教哲学を形成し、現在欧米でも評価の高い著者が、西田と出会い哲学を専攻することを決意した機縁などを含めて、印象深く語っている。
  • 上田閑照『西田幾多郎とは誰か』、岩波書店(岩波現代文庫)、平成14年。
    西田-西谷の宗教哲学の後継者と目される著者による伝記で、とりわけ、若き日の西田の参禅修行についての、著者自身の経験を背景にした記述は出色である。

また、西田の随筆・日記・書簡は、西田の人をよくあらわしている。以下の書が便利。

  • 上掲、岩波文庫『西田幾多郎随筆集』。
  • 上掲、『選集』第7巻「日記・書簡・講演集」(上田閑照編)。
  • 『寸心日記』、燈影舎(燈影撰書)。

B. 西田哲学の基本的な解説書:

  • 上田閑照『西田幾多郎を読む』、岩波書店、平成3年。
    初期西田における「純粋経験」の思想を中心に、西田の思想に即しながら、しかも西田の単なる繰り返しに止まらない分析が行われ、「経験」とその「自覚」としての哲学という立場が詳細に論じられている。
  • 高坂正顕『西田幾多郎先生の生涯と思想』(『高坂正顕著作集』第8巻)、理想社、昭和40年。
    西田に直接に教えを受けた著者が、西田の生涯と、それに伴う思想の展開とを、年次を追って適確に記述している。
  • 中村雄二郎『西田幾多郎』I・II、岩波書店(岩波現代文庫)、平成13年。
    西田の思想を「問題群」としてとらえ、著者自身の哲学的立場から批判的に再構成することが試みられている。
  • 藤田正勝『現代思想としての西田幾多郎』、講談社(講談社選書メチエ)、平成10年。
    西田の直接のテキストからは離れた具体例をも援用しながら、西田の思想を日常的な経験に近づけて理解しようとする試みがなされている。
  • 小坂国継『西田幾多郎の思想』、講談社(講談社学術文庫)、平成14年。
    NHKラジオの講座のレジュメを基にした著書であり、西田の思想を、その全体にわたって一般に紹介している。
  • 大橋良介『西田哲学の世界――あるいは哲学の転回』、筑摩書房、平成7年。
    西田の哲学を、西洋の諸哲学と対比させて論ずることにより、西洋において継承されてきた「哲学」に対して西田哲学がもたらした「転回」を明らかにした著書。

尚、西田による講演の記録は、難解な後期西田哲学への、西田自身による最良の入門書であるといえる。以下の書を参照。

  • 上掲、『西田幾多郎哲学講演集』。
  • 上掲、『選集』第1巻「西田幾多郎による西田哲学入門」。
  • 上掲、旧版『全集』第14巻。    上掲、新版『全集』第12巻(未刊)。

C. 西田哲学の研究として如何なる研究が行われているかを知るために:

  • 『西田哲学を学ぶ人のために』(大峯顕編)、世界思想社、平成8年。
  • 『没後五十年記念論文集 西田哲学』(上田閑照編)、創文社、平成6年。
  • 『西田哲学への問い』(上田閑照編)、岩波書店、平成2年。
    これらの書は、西田哲学に関する様々な観点からの研究論文を収録した論文集である。
  • 上掲、『選集』別巻第2巻「研究史と文献目録」(藤田正勝編)。
    西田の生前から現代に至るまでに現れた、西田哲学を巡る論文の代表的なものが収められている。

(西田に関する参考文献・研究文献としては、他にも重要なものが多くあるが、ここではすべてを取り上げることはできなかった。)

尚、『西田哲学―新資料と研究への手引き―』(茅野良男・大橋良介編、ミネルヴァ書房、昭和62年)と、上掲の『選集』別 巻2とに、西田哲学に関する内外の研究論文の目録(前者が昭和61年まで、後者がそれ以降平成9年まで)が掲載されている。この目録により、それぞれの関 心に応じて、西田哲学についての先行研究を検索することができる。

(杉本耕一記、平成15年1月)

Copyright © 2004 京都大学大学院文学研究科日本哲学史研究室 StatCounter - Free Web Tracker and Counter