大学院専修案内

〔教員〕
教授 宇佐美文理 中国近世思想史
上記に加えて,人文科学研究所所属の下記の教員が教育と研究指導に参加している。
教授 武田時昌 中国科学思想史
准教授 古勝隆一 中国古典学

〔著書・論文〕
宇佐美「中国藝術理論史序説」(『哲学研究』第580 号2005),「「形」についての小考」(『中國文學報』第73 2007),『歴代名画記』(書物誕生―新しい古典入門) 岩波書店2010。
武田『はかる(下) ―はかりはかられる人と世界―』(共著) 中部高等学術研究所2007,『漢籍はおもしろい』(京大人文研漢籍セミナー1,共著) 研文出版2008,『陰陽五行のサイエンス思想編』(編著) 京都大学人文科学研究所2010。
古勝『中国中古の学術』研文出版2006,『古書通例』(東洋文庫・共訳) 平凡社2008,「『隋書』経籍志史部と『史通』雑述篇」(『東方学報』京都第85冊2010)。

文学部の専修案内に,私どもは「中国哲学史は,中国人の思索の歩みを研究する学問である」,「中国人が何をどのように考えたかを知ること,中国哲学史研究はこの一事につきる」と記した。中国人の思想的営みを歴史文化の一環として把握すること,これが中国哲学史に対する私どもの一貫した基本的姿勢である。従って,学部と大学院において研究教育内容が根本的に異なることはあり得ない。大学院の研究教育においても,学部におけると同様,「一切の先入観を捨て,中国人の立場に立ってその思考を跡づけることがまず必要であり」,そのために「何よりもまず中国古典,いわゆる漢文が正確に読めることが必要である」ことに何の変わりもない。大学院生にとっても,やはり「漢文読解力修得が第一の肝要事である」。ただし,研究者養成を主要目的とする大学院においては,当然のことながら,学部よりはるかに高度な学力が要求される。文意の正確な理解はもとよりのこと,その文献の文献学的考証,書かれた時代の状況,著者の生い立ちなどを正しくふまえた上で,内容のみならず用語や表現にまで鋭敏に反応する能力を修得しなければならない。読むことに関しては,修士課程修了の段階で,少なくとも自らの専門分野については独立した研究者としての能力を身につけてもらわなければならない。
しかし,学力養成のみが大学院教育の目的でないことは言うまでもない。その最終目的は独創的研究者としての基盤を確立すること,具体的にいえば学位(修士・博士) 論文を完成することであって,文献処理の精確さはその不可欠の前提にすぎない。ただ,この目的は全て院生諸君自身の力によって達成されなければならない。何を研究題目に選ぼうと,いかなる研究方法をとろうと,それが学術的水準を満たしている限り,まったく諸君の自由であり,私どもは原則として口出しはしない。というよりむしろ,誰の模倣でもない君独自の問題意識と方法でなければ困るのである(念のために注意しておくが,このことは先人の研究成果への敬意と学習が不要であることを意味するものでは決してない)。むろん私どもは,スーパーヴァイザーとして研究計画の策定,執筆項目の設定,参考文献の指示などできる限りの“指導”は惜しまない。が,それはあくまで技術向上のためのコーチングにすぎないのであり,研究の遂行は全て君自身の主体的責任と意欲によって果たされるべきものであることを銘記しておいてもらいたい。

トップページへ戻る