西村 雅樹(にしむら まさき)名誉教授

研究テーマと関心領域

●自己紹介
1947年京都市生まれ。京都大学文学部ならびに文学研究科で学んだ後、まず愛媛大学教養部、さらに広島大学総合科学部に勤務しました。
広島大学在職中に2年ほどオーストリア政府奨学留学生としてウィーン大学に留学しました。この時のさまざまな見聞は今も大いに役立っています。
2000年からは京都大学文学研究科・文学部の教授を務め、2012年に定年退職しました。

●研究テーマ
ドイツ語圏の文学や文化には広く関心を寄せていますが、ことに、「世紀末ウィーン文化」と呼ばれる19世紀末から20世紀初頭にかけての文化を、文学を中心として研究しています。
この時期ウィーンでは、文学、芸術、思想のさまざまな分野で、ある表現し難い根源的な事態の表現ということに強い関心が寄せられました。
その中でも目下へルマン・バールの著作を主に取り扱っています。またこの文化に関わったユダヤ系の知識人が抱えていたキリスト教文明への同化をめぐる問題についても、前述の関心につながるものとして取り組んでいます。

主な著作

『世紀末ウィーン文化探究――「異」への関わり』 著書、晃洋書房 2009
『言語への懐疑を超えて――近・現代オーストリアの文学と思想』 著書、東洋出版 1995
『ドイツ文学と美術』 編著書、日本独文学会研究叢書045 2006
『演劇と映画――複製技術時代のドラマと演出』 共著書、晃洋書房 1998
「世紀末ウィーンにおける「異」意識」 論文、『グローバル化時代の人文学――対話と寛容の知を求めて(上)』、京都大学学術出版会 2007
「若きウィーン派と日本」 論文、『文学と言語に見る異文化意識』、京都大学大学院文学研究科国際シンポジウム報告書 2004
「Bahr und Japan」 論文、『オーストリア文学』第17号 2001
「世紀末ウィーンの芸術と光」 エッセイ、『知のたのしみ学のよろこび』、岩波書店 2003

最近の授業

2011年度
学部演習Ⅱ ホフマンスタールのギリシャでの体験
特殊講義 ヘルマン・バールと世紀末ウィーン文化
大学院演習 Arthur Schnitzler: Das weite Land
学部・大学院演習 ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題
2010年度
学部講義 ドイツ語圏の文学と芸術
学部演習Ⅱ 若きリルケの文学
大学院演習 トーマス・マン『ファウスト博士』の世界II
学部・大学院演習 ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題
2009年度
学部・大学院特殊講義 マーラーとドイツ文学
学部演習Ⅱ ヴァッサーマンの小説
大学院演習 トーマス・マン『ファウスト博士』の世界
学部・大学院演習 ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題
2008年度
学部講義 20世紀オーストリアの文学
学部演習Ⅱ Hermann Hesse: Das Glasperlenspiel
大学院演習 S・フィッシャー社と20世紀前半のドイツ文学
学部・大学院演習 ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題
2007年度
学部・大学院特殊講義 ユダヤ人作家シュニッツラー
学部演習Ⅱ Gerhard Hauptmann: Ketzer von Soana
大学院演習 ムージルの文学
学部・大学院演習 ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題
2006年度
学部・大学院特殊講義 文学と芸術 ― ウィーン・ミュンヘン・ベルリン
学部演習Ⅱ Peter Handke: Die Lehre der Saint Victoire
大学院演習 オーストリアの表現主義
学部・大学院演習 ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題
新入生向け少人数ゼミ 西洋文学への招待
2005年度
学部講義 「若きウィーン派」の文学者の美術体験
学部演習Ⅱ ヘルマン・ヘッセの『伝説集』
大学院演習 20世紀への世紀転換期ドイツ語圏における言語批判
学部・大学院演習 ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題