松村朋彦(まつむら ともひこ)教授

研究テーマと関心領域

●自己紹介
1959年京都市に生まれ、おもに京都と大阪のあいだで育ちました。生まれた家は寺町二条、梶井基次郎の名作『檸檬』に出てくる果物屋の向かいでした。このお店は、先年惜しまれつつその歴史を閉じましたが、このかいわいには、今でも昔の京都のたたずまいが残っています。 1983年京都大学大学院文学研究科修士課程修了、京都大学助手、京都府立大学講師・助教授、京都大学大学院文学研究科助教授・准教授をへて、2012年から現職。

●研究テーマ
ゲーテ研究から出発して、心理学、言語、旅行、読書、身体、異文化といったテーマにそくして、近代ドイツ文学を文化史・モティーフ史の観点から考察してきました。先年、近代ドイツ文学の異文化像と、ドイツ文学における五感のモティーフ史にかんする研究に一応の区切りをつけ、現在関心を向けているテーマは次の通りです。
○人間中心主義を超えて――ドイツ文学の他者像:
「人間」と「人間ならざるもの」とのあいだの境界が流動化しつつある現代の状況をふまえて、「人間」の周縁やその外部に位置するものの視点から、ドイツ文学をとらえなおす。

主な著作

●著書
『越境と内省――近代ドイツ文学の異文化像』、鳥影社 2009
『五感で読むドイツ文学』、鳥影社 2017

●共著
青地伯水編『文学と政治――近現代ドイツの想像力』、松籟社 2017
青地伯水編『映画でめぐるドイツ――ゲーテから21世紀まで』、松籟社 2015
青地伯水編『啓蒙と反動』、春風社 2013

最近の授業

2018年度
講義:ドイツ文学の名場面
特殊講義:ゲーテ『若きヴェルターの悩み』を読む
学部演習:【前期】Adalbert Stifter: Katzensilber 【後期】ドイツ文学の名作を読む
学部講読:Theodor Storm: Die Regentrude
大学院演習:【前期】ドイツ的とは何か? 【後期】ドイツ文学研究の基礎知識
学部・大学院演習:ドイツ語学ドイツ文学の諸問題
2017年度
講義:映画でみるドイツ文学
特殊講義:ドイツ文学と日本の作家たち
学部演習:【前期】Novalis: Heinrich von Ofterdingen 【後期】Arthur Schnitzler: Traumnovelle
学部講読:Erich Kästner: Als ich ein kleiner Junge war
大学院演習:【前期】ドイツ文学と言語懐疑 【後期】ドイツ文学研究の基礎知識
学部・大学院演習:ドイツ語学ドイツ文学の諸問題
2016年度
講義:ドイツ文学と音楽
特殊講義:ゲーテとその同時代人たち
学部演習:【前期】Theodor Storm: Bulemanns Haus 【後期】Wilhelm Raabe: Else von der Tanne
学部講読:Michael Ende: Über das Ewig-Kindliche
大学院演習:【前期】動物と文学 【後期】幻想文学のモティーフ史
学部・大学院演習:ドイツ語学ドイツ文学の諸問題
2015年度
講義:文庫本で読むドイツ文学
特殊講義:『ヴィルヘルム・マイスター』を超えて――ゲーテ以降のドイツ小説
学部演習:【前期】Joseph von Eichendorff: Das Marmorbild 【後期】Adalbert Stifter: Der Nachsommer
学部講読:Yoko Tawada: Fremde Wasser
大学院演習:文学研究の方法論

学部・大学院演習:ドイツ語学ドイツ文学の諸問題