松村朋彦(まつむら ともひこ)教授

研究テーマと関心領域

●自己紹介
1959年京都市に生まれ、おもに京都と大阪のあいだで育ちました。生まれた家は寺町二条、梶井基次郎の名作『檸檬』に出てくる果物屋の向かいでした。このお店は、先年惜しまれつつその歴史を閉じましたが、このかいわいには、今でも昔の京都のたたずまいが残っています。 1983年京都大学大学院文学研究科修士課程修了、京都大学助手、京都府立大学講師・助教授、京都大学大学院文学研究科助教授・准教授をへて、2012年から現職。

●研究テーマ
ゲーテ研究から出発して、心理学、言語、旅行、読書、身体、異文化といったテーマにそくして、近代ドイツ文学を文化史・モティーフ史の観点から考察してきました。先年、近代ドイツ文学の異文化像にかんする研究に一応の区切りをつけ、現在関心を向けているテーマは次の二つです。
○五感で読むドイツ文学:
活字文化が視覚の優位をもたらしたというマクルーハンのテーゼに抗して、文学は五感のすべてに働きかけ、五感を統合するメディアであるという観点から、ドイツ文学を読みなおす。
○人間主義を超えて:
「人間」と「人間ならざるもの」とのあいだの境界が流動化しつつある現代の状況をふまえて、「人間」の周縁やその外部に位置するものの視点から、ドイツ文学をとらえなおす。

主な著作

五感の統合と協働――近代ドイツ文学と共感覚
 『希土』第38号 2013
人形から人造人間へ――近代ドイツ文学と人工の身体
 青地伯水編『啓蒙と反動』春風社 2013
猿が言葉を話すとき――ホフマン、ハウフ、カフカ
 松村朋彦編『動物とドイツ文学』日本独文学会研究叢書87 2012
味覚・愛・言葉――近代ドイツ文学と「食」のモティーフ
 『希土』 第36号 2011
非音楽的な音楽家――「貧しい辻音楽師」とその兄弟たち
 『AZUR』 第3号 京都府立大学ドイツ文学会 2011
近代ドイツ文学と視覚の変容――ゲーテ、リヒテンベルク、ホフマン
 『希土』 第35号 2010
越境と内省――近代ドイツ文学の異文化像
 鳥影社 2009
探検家たちと思索家たち
 『希土』第34号 2009
越境と内省――ゲーテと「世界文学」
 『ゲーテ年鑑』第50号 2008
根源としての東方――ゲーテ時代のドイツ文学のオリエント像
 『京都大学文学部研究紀要』第47号 2008
暴君から賢者へ――18世紀ドイツ文学・オペラのオリエント像
 『希土』第32号 2007
ローマのカーニヴァルとドイツ文学 ――ゲーテとE.T.A.ホフマン
 『京都大学文学部研究紀要』第46号 2007
Die Kinder von Inkle und Yarico――Die Karibik in der deutschen Literatur
 ”Humaniora Kiotoensia. On the Centenary of Kyoto Humanities” 2006
切り取られた耳――クラウディウス、ゴッホ、ハーンの日本
 『希土』第31号 2006
小説の中の絵――ゲーテからケラーまで
 『ドイツ文学と美術』日本独文学会 2006
インクルとヤリコの子供たち――ドイツ文学のなかのカリブ海
 『希土』第30号 2005
書記と詩人――ドイツロマン主義と書くことの自己反省
 『希土』第29号 2004
ドイツ文学とメスメリズム――ゲーテ、クライスト、ホフマンの場合
 『身体をめぐる政治 ― 眼差し、技術、ディスクルス』日本独文学会 2003
越境する文学――ゲーテにおける「移住」のモティーフ
 『ドイツ文学』第110号 2003
読書する恋人たち――『神曲』、『ヴェルテル』、『朗読者』
 『ゲーテ年鑑』第44巻 2002
文学と精神医学――ゲーテからビューヒナーまで
 『希土』第27号 2002

最近の授業

2013年度
講義:ドイツ語圏の文学と芸術
学部演習I:【前期】Patrick Süskind: Das Parfum 【後期】Reiner Maria Rilke: Die Aufzeichnungen des Malte Laurids Brigge
学部演習II:ドイツ文学研究法
大学院演習:【前期】ファウストとドイツ精神史 【後期】ファウスト文学の系譜
学部・大学院演習:ドイツ語学ドイツ文学の諸問題
2012年度
講義: 【前期】オペラになったドイツ文学 【後期】映画になったドイツ文学
学部演習Ⅰ: Heinrich von Kleist: Die heilige Cäcilie oder die Gewalt der Musik
大学院演習: カスパール・ハウザーとドイツ文学
学部・大学院演習: ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題

2011年度
講義: ドイツ文学のトポグラフィー
学部演習Ⅰ: Gottfried Keller: Spiegel, das Kaetzchen
学部講読: プロイスラーの世界
大学院演習: 悪の文学史
学部・大学院演習: ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題
2010年度
学部・大学院特殊講義: 【前期】五感で読むドイツ文学 【後期】人間主義を越えて
学部演習Ⅰ: Adalbert Stifter: Bergkristall
学部講読: ドイツ語で読む多和田葉子
大学院演習: 神話とドイツ文化
学部・大学院演習: ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題
2009年度
学部講義: 目で見るドイツ文学
学部演習Ⅰ: E.T.A. Hoffmann: Der goldne Topf
学部講読: ドイツの創作メールヒェンを読む
大学院演習: ドイツ文学史再考
学部・大学院演習: ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題
2008年度
学部・大学院特殊講義: 文学・映画・オペラ ― ドイツ文学とIntermedialitat
学部演習Ⅰ: Friedrich de la Motte Fouque: Undine
学部講読 : カフカの短篇・小品を読む
大学院演習: Heinrich Heine: Die romantische Schule
学部・大学院演習: ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題
2007年度
学部講義: ドイツ文学の名場面
学部演習Ⅰ: Adelbert von Chamisso: Peter Schlemihls wundersame Geschichtea
学部講読: ヘルマン・ヘッセの世界
大学院演習: 文学研究と文化研究
学部・大学院演習: ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題
2006年度
学部・大学院特殊講義: 文学・芸術・メディア―近代ドイツ文学とIntermedialitat
学部演習Ⅰ: Eduard Morike: Mozart auf der Reise nach Prag
学部講読: トーマス・マンの『トーニオ・クレーガー』
大学院演習: 文学と時間
学部・大学院演習: ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題
2005年度
学部講義: イメージとシンボルのドイツ文学史
学部演習Ⅰ: クライストの短篇小説
学部講読: ミヒャエル・エンデとドイツ文学
大学院演習: ライン河とドイツ文学
学部・大学院演習: ドイツ語学・ドイツ文学の諸問題