京都大学地理学談話会 卒論・修論発表会

2020-01-15

2019年度 論文発表会・予餞会のお知らせ

論文発表会

日時  2020年2月8日(土)午前10時~午後5時35分

発表会場 文学部新館6階 地理学実習室(L612)

《卒業論文の部》 10:00~16:15 (発表時間 各15分)

  • 若林良輔:高知市における高齢者の免許返納に伴うアクセシビリティの変化に関する分析
  • 山口真理子:大阪府八尾市久宝寺寺内町のまちづくりと活性化
  • 三谷 圭:高校陸上競技選手の地域差とその大学進学の特徴
  • 深谷一帆:地方圏における音楽産業の可能性―TAGO STUDIO TAKASAKIを中心に-
  • 布浦康平:大学生における神戸市三宮(三ノ宮)の地理的認識について
  • 中原大介:丹後半島の過疎漁村の現状と課題
  • 高橋徹大:木曽川上流域における堤外地集落の存続と課題

(全体質疑 15分)

<昼休み> 11:30~12:30

  • 塩崎皆人:「京都物産展」開催に対する需要と供給の構図―百貨店と出展企業の両視点から―
  • 榊原尚弥:浜松市の代表的観光地を訪れる人々の行動特性とその規定要因
  • 近藤悠人:テキストマイニングを用いた長野県小中学校校歌の景観イメージ分析
  • 郷田 希:広島市における土砂災害と森林の管理
  • 亀山久瑠美:大阪・鶴橋のコリアンタウンの発展過程の分析
  • 角谷優馬:日本統治時代の台湾・澎湖諸島における軍関連施設と地域住民
  • 海田麻友子:南草津駅開業後の草津市における都市構造の変容

(全体質疑 15分)

<休憩 15分>

  • 大友 葵:京都人イメージの成立と変容
  • 大垣美哉子:「海瀕舟行図」の基礎的研究
  • 上中健士朗:和歌山県広川町における祭が住民の防災意識に及ぼす影響
  • 岩松佳那:たばこのイメージからみる西欧と日本のジェンダー観比較
  • 伊野部稔隆:兵庫県西宮市における枝川・申川の廃川地開発過程
  • 東 大貴:大阪市におけるネパール人の急増とその住民コミュニティーについて

(全体質疑 15分)

<休憩 15分>

《修士論文の部》 16:30~17:35 (発表時間 各25分)

  • 正垣萌生:四日市公害が地域に及ぼした影響と人々の公害意識について
  • 雨宮いほ乃:アイルランドの伝統音楽とフェスティバルツーリズム

(全体質疑 15分)


予餞会

時間 午後6時~8時

会場 天寅(京都市左京区田中南大久保町40-2,電話075-781-3520,叡電元田中駅から徒歩1分)

予餞会費 当日,申し受けます。


地理学専修トップページ