2011年レクチャーシリーズ『外国語および外国文化への招待』

トップページに戻る

レクチャーシリーズ『外国語および外国文化への招待』

京都大学文学部「外国語支援プロジェクト」チームは、2011年2月21日(月)・22日(火)・23日(水)の3日連続で、『外国語および外国文化への招待』と題してレクチャーシリーズを行いました。

海外の大学院で学位を取得したメンバーたちが、外国語学習や留学に関するアドバイス、外国文化の紹介などを自由にレクチャーいたしました。

各レクチャーの担当者、概要は、以下をご覧下さい。


第1回 2月21日(月)17:00-19:00(文学部新館第1講義室)

フランス語

講師: 沢崎壮宏(哲学専修)

題目: 「人文学の出発点としての哲学教育 ― なぜ、「18歳で哲学する」ことを強いるのか?」

概要:

フランスは中等教育で「哲学」を必修科目として課す、残り数少ない国のひとつです。「哲学」の試験にパスしなければ、大学に進学することもできま せん。そうしつづけることに異議を申し立てるフランス人も少なくないようですが、それでも、「哲学」は生き延びています。いったい、「哲学」を教えること に何が賭けられているのでしょうか。「哲学」教師たちの証言に耳を傾けてみましょう。そして、彼らの「哲学」を教えるノウハウのうちに人文学の修得に直結 するフランス語学習の可能性を探りましょう。

イタリア語

講師: 内田健一(イタリア語学イタリア文学専修)

題目: 「イタリア語ことわざ巡り」

概要:

イタリアというと華麗な文化を有し、陽気な人々が暮らす国というイメージがありますが、実際にはそれとはかけ離れた別の姿があります。そのもう一 つのイタリアについて、今回のレクチャーでは、ことわざ(原文と翻訳)を紹介しながらお話したいと思います。取り上げることわざは、今日用いられている一 般的なものの他に、真実主義の作家ヴェルガが作中で利用したものや、耽美主義の詩人ダンヌンツィオが自らのモットーとして考案したものなどです。


第2回 2月22日(火)17:00-19:00(文学部新館第1講義室)

英語

講師: 海田大輔(科学哲学科学史専修)・周藤多紀(西洋哲学史専修)

題目: 「英語圏の留学・研究生活 — イギリス・アメリカの事例を中心に」

概要:

イギリス・アメリカの大学院での留学・研究生活の様子を、写真なども用いて紹介します。イギリス・アメリカ文化の紹介とともに、留学や英語学習に関する実際的なアドバイスも出来ればと思っています。
海田はダラム大学(イギリス)の博士課程について、周藤はセントアンドリュース大学(イギリス)の修士課程とセントルイス大学(アメリカ)の博士課程についてお話いたします。

ドイツ語

講師:山下和也(哲学専修)

題目:「ドイツ留学ノススメ」

概要:

ドイツ留学の魅力と、そのために必要な実用的情報、ドイツの大学生活の様子を、自分の留学体験を交え、プリントと写真や実物資料も使って、楽しく紹介。将来的にドイツの大学への留学を考えている人向け。


第3回 2月23日(水)17:00-19:00(文学部新館第1講義室)

中国語

講師: 二宮美那子(中国語学中国文学専修)

題目: 「中国語の世界」

概要:

最近、街中で中国語を見聞きする機会が各段に増えてきたように思います。みなさんも、日常生活の中で、中国語や中国の多様なイメージを受け取って いるのではないでしょうか。身近になってきた「中国語」、しかし一口に中国語と言っても、その内実は非常に多様で豊かで、分け入るほどに新しいすがたを見 せてくれます。今回は、そんな中国語の多様なすがたを、ほんの少しですがご紹介しようと思います。勉強法や留学に関しても、少し触れられればと思っていま す。

ロシア語

講師: エレナ・エブセーヴァ(言語学専修)

題目: 「近くて遠いロシア」

概要:

意外と情報が少なく、身近に感じにくいロシア。ロシアがどんな国か簡単に紹介し、またロシア語とはどんな言語であるか、どこで話されているのかについてお話します。


実施者: 京都大学文学部「外国語支援プロジェクト」チーム

問い合わせ先: gaikokugo@bun.kyoto-u.ac.jp

2011/3/1更新