安平弦司

―業績―

(*は査読あり)
(1) 論文
  1) ‘The Interconfessional Relationship and the Function of Toleration: The Struggle for the Public Practice of Faith in Utrecht, 1670s’, The Proceedings of the Japanese-Korean Joint Conference on Western History in Kyoto, Kyoto, 2014, pp.45-56.
2) *「宗派間関係と寛容の機能―1670年代ユトレヒトにおける信仰実践を巡る闘争―」『史林』98巻2号、2015年、1-35頁。
(2) 書評・紹介
  1) *「書評 Christine Kooi, Calvinists and Catholics during Holland’s Golden Age: Heretics and Idolaters」『史林』第96巻第2号、2013年、114-120頁。
2)  「論文評 藤内哲也「近世イタリアにおけるユダヤ人の移動とネットワーク」『新しい歴史学のために』283号、2013年、83-86頁。
3) 「新刊紹介 堀越宏一/甚野尚志(編著)『15のテーマで学ぶ中世ヨーロッパ史』」『西洋史学』249号、2013年、73-74頁。
4) *「書評 小沢弘明・山本明代・秋山晋吾編『つながりと権力の世界史』」『パブリック・ヒストリー』12号、97-102頁。
(3) 学会・研究会報告
  1) 松本涼・大窪一也・安平弦司「『新しい歴史学のために』読者交流会:281号特集「ヨーロッパ史における地域・国家・ネットワーク」書評会」京都民科歴史部会、京都府立大学、2013年1月。
  2) ‘The Interconfessional Relationship and the Function of Toleration: The Struggle for the Public Practice of Faith in Utrecht, 1670s’, Japanese-Korean Joint Conference on Western History in Kyoto, Kyoto University, December 2013.
3) ‘What is the Western History in the Age of Globalization?: Relativization of the Narrative on the Dutch National History in the Age of Nationalization’, 5th Flying University of Transnational Humanities: “Globalization and Health: East and West”, University of Pittsburgh, June 2014.
4) 「宗派間関係と寛容の機能―1670年代ユトレヒトにおける公的信仰実践を巡る闘争」西洋史読書会第82回大会、京都大学、2014年11月。
5) ‘Proposals from Younger Generation Part 2: Intellectual History of the Narrative on Western History in Korea and Japan’, Third Meeting of Korean-Japanese Forum of Western History, Sogang University, February 2015.
6) 「《公》なるものと寛容の臨界―17世紀半ばユトレヒトにおけるカトリック隠れ教会を巡って―」近代社会史研究会第253回例会、京都大学、2015年3月。
7) 「宗派化と宗派共存―1670年代ユトレヒトにおけるカトリック共同体と財政問題―」歴史家協会第14回大会、同志社大学、2015年6月。

前のページへ戻る