福元健之

―業績―
(*は査読有り)
最新の研究状況については、リンク先をご覧ください。
(1) 論文・研究ノート・研究動向
1) *「ロシア領ポーランドにおける労働者の動員をめぐる情勢――「工場社会」の観点から」『史林』97-4、2014年7月、1~37頁
(2) 書評・紹介・その他
1) *(書評・阿部拓児、西山喬貴、南雲泰輔との共著)「田中きく代、中井義明、朝治啓三、高橋秀寿編著『境界域からみる西洋世界――文化的ボーダーランドとマージナリティ』」『史林』95-6、2012年11月、100~106頁
2) *(書評・大窪一也、住友一木、増永理考との共著)「A. Janku, G. J. Schenk, and F. Mauelshagen (eds.), Historical Disasters in Context: Science, Religion, and Politics」『史林』96-1、2013年1月、215~220頁
3) *(書評)「橋本伸也編『ロシア帝国の民族知識人――大学・学知・ネットワーク』」『西洋史学』254、2014年9月、84-86頁
4) *(書評)「S. Ury, Barricades and Banners: The Revolution of 1905 and the Transformation of Warsaw Jewry」『東欧史研究』37、2015年3月、76~83頁
(3) 学会・研究会報告
1) 「論文評・馬場哲「日本における西洋経済史研究」『日本経済史 6 日本経済史研究入門』(東京大学出版会、2010年)」歴史理論研究会第1回読書会(テーマ「メタヒストリー」)、北海道大学、2010年11月
2) 「19-20世紀転換期ポーランドにおける労働運動とナショナリズム――1892年「ウッジの反乱」を中心に」北大史学会、北海道大学、2012年2月
3) 書評:阿部拓児、佐々木博光、西山喬貴、福元健之、コメント:南雲泰輔「合評会・田中きく代、中井義明、朝治啓三、高橋秀寿編著『境界域からみる西洋世界――文化的ボーダーランドとマージナリティ』」西洋史読書会例会、京都大学、2012年7月
4) 「1905年革命前ポーランドにおける国民民主主義と労働者」ハプスブルク史研究会例会、京都大学、2012年12月
5) 「1905年革命前ウッチにおけるエンデツィアの労働者動員――「工場社会」の観点から」近代社会史研究会第247回例会、京都大学、 2013年10月
6) 「ロシア領ポーランドの労働者問題と1905年革命――「ウッチのロックアウト」における市民委員会の役割」西洋史読書会第82回大会、京都大学、2014年11月
7) “Comments on: Yoko Tateishi, “Memory of World War II and the Education of History in Putin’s Russia,”” in: the opening session of the Third Meeting of Korean-Japanese Forum of Western History, at: Sogang University in Seoul, on: February 2015
8) “Proposals from Younger Generation (Part 1): A Place for Exploration of Transnational Perspectives,” in: the conference of the Third Meeting of Korean-Japanese Forum of Western History, at: Sogang University in Seoul, on: February 2015
9) 「1905年革命期ロシア領ポーランドの労働者と知識人――「ウッチのロックアウト」を中心に」東欧史研究会2015年度第1回例会、大正大学、2015年6月
10) 「ロシア帝政末期ポーランドの地方医師――トランスナショナル・ローカルヒストリー序説」ポーランド史研究会第85回例会、関西学院大学(大阪梅田キャンパス)、2015年7月
11) 書評:藤原辰史、コメント:杉本陽奈子、福元健之「書評会・南直人『〈食〉から読み解くドイツ近代史』」西洋史読書会例会、京都大学、2015年8月
12) *”Polyphonic Solidarity in Poland: The Milk Drop Society in Łódź,” in: Summer Academy “Work and Non-Work in Global Perspective. Resonance, Connections and Contradictions.” (9-16 August, 2015), organised by the international research center “IGK Work and Human Lifecycle in Global History (Re:work)” (Humboldt-Universität zu Berlin) in cooperation with the Critical Global Institute and the History Department of Sogang University in Seoul, at: Sogang University in Seoul, on: August 2015
13) “Comments on: Georg Schinko, “Music-making and Singing as (Non-)Work: Differentiations and Hierarchies (Austira, ca. 1918-1938),”” in: Summer Academy “Work and Non-Work in Global Perspective. Resonance, Connections and Contradictions.” (9-16 August, 2015), organised by the international research center “IGK Work and Human Lifecycle in Global History (Re:work)” (Humboldt-Universität zu Berlin) in cooperation with the Critical Global Institute and the History Department of Sogang University in Seoul, at: Sogang University in Seoul, on: August 2015

前のページへ戻る