ZEPHYR

Zephyr 第25号  ( 2013年12月発行 )

Stopping Time: Suicide as a Means of Resistance in Nicholas Nickleby・・・・・・Kotaro Murakami
On the Interchangeability of on and of in the Peterborough Chronicle from 1070 to 1154・・・・・・Yuki Takahashi
The Auxiliary Do in Negative Constructions in Shakespeare’s Plays・・・・・・Hiroshi Yadomi

——————————————————————————–

Zephyr 第24号  ( 2011年12月発行 )
On the Pragmatic Functions of Modal Adverbs: A Corpus-based Study of Linguistic Variations in Present-day English・・・・・・Daisuke Suzuki
初期近代英語における*no doubt*及び関連表現について―シェイクスピア作品の分析から―・・・・・・鈴木 大介
「ニューゲート監獄訪問」再訪問―『ボズのスケッチ』におけるロンドンの縮図―・・・・・・村上 幸大郎
オスカー・ワイルドの童話におけるリアリズムとロマンス・・・・・・杉浦 泰志
自我に取りつくキメラ――*Caleb Williams*をめぐって・・・・・・向 淳志

——————————————————————————–
Zephyr 第23号  ( 2010年12月発行 )
Writer in Progress and the Representation of the World in Three Farmers on Their Way to a Dance・・・・・・Shinichiro Ohuchi
法副詞surelyの使用域と機能について・・・・・・鈴木 大介
Archaeological Metaphors in The Age of Innocence・・・・・・Sachiko Hiroshima
結末から読み直す『大いなる遺産』・・・・・・村上 幸大郎

——————————————————————————–
Zephyr 第22号  ( 2010年3月発行 )
Are They Merely “Prescriptive”? Multiple Negation and the 18th-century Grammars・・・・・・Ruiko Kawabe
A Preliminary to Fuller Investigations of Cognitive Mechanisms Underlying the There-Amalgam・・・・・・Isamu Takaki
Lisa, Lisa, and Lisa again: In Dubious Battle・・・・・・鈴木 実穂
『自負と偏見』における音楽に関する一考察・・・・・・谷 茉祐子
The Theme of the Body in The Original of Laura・・・・・・Joshua Wittig

——————————————————————————–
Zephyr 第21号  ( 2009年3月発行 )
“Is Oliver dreaming?” Revisited :The Mystery of Oliver Twist・・・・・・Tomoya Watanabe

「塔《で語られるレッドハンラハンの物語・・・・・・西谷 茉莉子

断片と連続 ―ドリアン・グレイにおける「時《― ・・・・・・北澤 良子

見えない人間を求めて ―ポール・オースターCity of Glass試論― ・・・・・・北爪 俊道

サミュエル・ベケットのself-traslationをめぐって ―『ゴドーを待ちながら』を中心に― ・・・・・・庄子 萌

——————————————————————————–
Zephyr 第20号  ( 2007年12月発行 )
Relationships in the Retribution : My Dombey and Florence in Dombey and Son・・・・・・Nanako Konoshima

循環する眠りと歴史 ―『バーナビー・ラッジ』における「眠り《について―・・・・・・渡部 智也

——————————————————————————–
Zephyr 第19号  ( 2006年12月発行 )
The Description of Characters in Joseph Conrad’s The Secret Agent・・・・・・Tomoki Imura

Thomas PynchonのVinelandにおける映像メディアとパラノイア、幽体離脱・・・・・・高野 忍

——————————————————————————–

Zephyr 第18号 ( 2004年11月発行 )
吊前を呼び合うこと? William Golding の The Inheritors におけるコミュニケーション …… 伊村 大樹

光の企み: “The Searchlight” 試論 …… 奥村 沙矢香

——————————————————————————–
Zephyr 第17号 ( 2003年11月発行 )
A Silent Character in The Waves……Sayaka Okumura

空耳の世界で  Invitation to a Beheading における音の幻想……皆尾 麻弥

——————————————————————————–
Zephyr 第16号 ( 2002年11月発行 )
Dramatisation of the Narrator’s Psychology in The Good Soldier ……Tomoki Imura

The Creation Imitated in “The Rime of the Ancient Mariner” …… Minne Kunifusa

「青白い炎《 ― 見えない三人と見えすぎる一人 ― …… 皆尾 麻弥

——————————————————————————–
Zephyr 第15号 ( 2001年11月発行 )
知性という悪因  ― Ian McEwan の‘Homemade’― ……国本 豊泰

Adrian Noble and Language in Romeo and Juliet ……Tomonari Kuwayama

Labelling Nouns and Evaluation in Discourse ……Nozomi Hayashi

オカルト・ロマンス   ― オスカー・ワイルド 「アーサー・サヴィル卿の犯罪」― ……山田 えりか


京都大学大学院英文学研究会ホームページ
英語学英文学・アメリカ文学専修ホームページ